■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 川端の湯宿 滝亭 ~
金沢の奥座敷 『滝亭』 でランチです。




DSC_滝9389











『滝亭』は、金沢の南に広がる田園地帯と里山の境に、静かに佇む料亭旅館です。

予約をすればランチだけでもいただけます。

と言う分けで、今日はミニ懐石です。




DSC_滝9367











先付・前菜




DSC_滝9363






これだけで、お腹が膨れてしまいそう!!




DSC_滝9366





DSC_滝9365











湯の華豆腐



豆乳の中につまんだら崩れてしまいそうな絹ごし豆腐が隠れていました。




DSC_滝9369











海老芋と鰤の揚げ出し




DSC_滝9373











能登豚朴葉焼き


具の下に敷き込まれていた自家製味噌が、豚肉の美味しさを引き立てていました。

「良くかき混ぜてお食べ下さい」はナイスサジェスチョンでした。



DSC_滝9372











酢の物(山菜・もずく・紅ずわい蟹・蛇腹胡瓜)


口の中をさっぱりするのにナイスタイミングでした。




DSC_滝9374











食事(紅葉鯛御飯)


金沢山間地米こしひかり「滝の精」


抜群に美味しかったです。

お腹いっぱいで食べれるか不安でしたが、完食してしまいました。




DSC_滝9375











能登豚汁


金沢味噌と八丁味噌袱紗仕立て




DSC_滝9376






DSC_滝9377











デザート



茶碗蒸しのような、ソフトな杏仁豆腐でした。




DSC_滝9380











滝の音がわずかに聞こえるだけの、静寂な田園風景の中で、

悠久の時間をゆっくり過ごさせていただきました。

ここだけが、時間の流れが緩やかになったような錯覚に陥ります。

食事が始まってから、気が付くと2時間程時計の針が進んでいました。

ビックリですネ。

こんなにゆっくり昼食をとったことがあっただろうか。

いずれにしても、美味しい食事と素敵な時空の流れを経験させていただきました。



       ごちそうさまでした!!




お詫び

おまりに美味しそうなので、写真を撮るのを忘れて食べてしまったメニューが多々あります。

謹んでお詫び申し上げます。

以後このようなことの無い様、心して取り組まさせていただきます。











続いて、もう一つの目的 「入浴タイム」 です。





〖脱衣室〗




DSC_滝9381











〖内湯〗




DSC_滝9386











〖滝の見える露天風呂〗




DSC_滝9385






男湯から見た滝です。




DSC_滝9382





         DSC_滝9383








正面(女湯)から見ると、こうなっているそうです。

残念ながら、訳あって(勇気がなくて)観ることは出来ませんでした。




i_about_02.png





二つの滝が流れていて「宝生の滝」と「辰巳の滝」と言うそうです。


滝の落ちる爽快な音を聞きながら、露天風呂に身を鎮めている

これもまた悠久の時空を漂うような最高の気分ですネ。


  最高です!!









〖泉質〗


ナトリュウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ泉)

無色透明・無臭






以上 『滝亭ランチ&スパ』 でした。
スポンサーサイト


食べる | 20:49:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad