■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ TOKYO 数寄 フェス ~
上野の杜に”数寄者”が集いARTを発信していました。




数寄yjimage










沢山あるイベントの中で、こちらを見学させていただきました。



チームラボ


”浮遊する、呼吸する球体”


不忍池沿いの並木道から弁天堂へ続く参道の両脇に「光るボール」が

浮遊するかのごとくに置かれていました。




DSC_数寄8945





DSC_数寄8952











人がボールに触れると色が変わり音色が響きます。




DSC_数寄8953





DSC_数寄8954





DSC_数寄8955











大きさの割には、重量感が無くすぐに離れて行ってしまうボールに

戸惑いながら、頼りなげに触ります。

中々、自分の手の中に留めて置くことが出来ません。




DSC_数寄8979











不忍池が七色に縁取られました。




DSC_数寄8958











「弁天堂」も色化粧です。




DSC_数寄8961




DSC_数寄8968_01





DSC_数寄8969





DSC_数寄8971










本日の〖FURIMUKANAIDE〗




         DSC_数寄8975





          DSC_数寄8976_01











岡倉天心が「茶の本」の中で発進した『数寄』と言う日本の美意識は

とても我々凡人には理解できませんが、贅を尽くした「イルミネーション」や

「プロジェクションマッピング」のような派手さではなく、手を延ばせば届くような身近にある

シンプルだけれども、キラリと光る謙虚な佇まいの美しさを感じさせていただきました。










以上 『TOKYO 数寄 フェス』 でした。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 07:49:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad