■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 等々力渓谷(とどろきけいこく) ~
東京23区で唯一の渓谷『等々力渓谷』に来ています。

東京都の名勝にも指定されている自然あふれる散歩スポットです。

今の時期で言うなら”都会の避暑地”でしょうか。

東急大井町線 等々力駅から2~3分で入り口に到着です。

駅からは丁寧な矢印で案内がされているので、地図などは不要です。




DSC_等々力7003_01





map.jpg











階段を降りると、もう足元が『等々力渓谷』 です。

朱塗りの”ゴルフ橋”の下からスタートです。




DSC_等々力7004_01




橋の名前は、戦前ここに「等々力ゴルフコース」があったことに由来するそうですが

もう少し情緒のある名前が付けられなかったのでしょうか。

下を流れる川は「矢沢川」標高差は10mほどです。




         DSC_等々力7007_01





         DSC_等々力7008_01











10m上の世情とは全く別世界が展開されています。

マイナスイオンに溢れ、気温も2~3度違うような気がします。

電車の音も、車の音も聞こえません。

聞こえて来るのは、過ぎる夏を引き留めんばかりに泣き叫ぶ「蝉の声」だけです。

ここでは、不思議にその蝉の声さえ涼しさを呼ぶ声に聞こえます。




         DSC_等々力7011_01





DSC_等々力7019_01











差し込む日差しも”等々力グリーン”のフィルターを通すと

まろやかになって肌にとどきます。




         DSC_等々力7013_01











水辺に掛けられた橋を渡って左岸へ行くと

「等々力渓谷横穴古墳」があります。

古墳時代末期から奈良時代にかけて形成されたと推定される古墳だそうです。




DSC_等々力7022_01







1024px-Todoroki_Keikoku_3rd_Yokoana_Kofun.jpg











流れに沿ってしばらく行くと




DSC_等々力7020_01











「稚児大師御影堂」があり”稚児大師像”が祀られている

”稚児大師”とは”弘法大師”の幼い時の呼び名です。

その御影堂の前にはちょっと不釣り合いな立派な「手水鉢」が置かれていました。




DSC_等々力7031_01





DSC_等々力7027_01





  todoroki_127.jpg














御影堂を出て「利検の橋」を渡ると




DSC_等々力7037_01











正面に「不動の滝」が流れ落ちています。

800年前この上にある「等々力不動尊」が開創された時い湧出したと伝えられ

滝の水は「霊水」として信仰されている。

現在でも、修行僧の姿を見かけることが有るそうです。

800年の信仰の歴史の重みでしょうか。




         DSC_等々力7033_01






又、この滝の落ちる音がこの地域一帯に轟き渡ったことから、この土地の地名

”等々力”が付けられたと言う説があります。

800年昔はもう少し水量があったのでしょうか。











”不動の滝”の直ぐ横に”稲荷堂”が鎮座しています。




DSC_等々力7032_01












”稲荷堂”と”不動の滝”を挟んで向かい合う様にあるのが、

子供達にも人気の甘味処「雪月花」です。

ちょっと一休みに持って来いですヨ。

おじさんはちょっと「パス&スルー」




         DSC_等々力7035_01





DSC_等々力7034_01











又、しばらく川の流れに沿って歩くと右手斜面中腹に「日本庭園」が造られていました。

と言うより、少しずつ構築している最中でしょうか。




DSC_等々力7038_01





DSC_等々力7039_01






日本庭園出口の「歌舞伎門」です。




DSC_等々力7041_01









自然豊かな『等々力渓谷』に人造的な日本庭園が必要なのかは問題があると思いますが

まあ、ただの斜面にしておくよりはましではないでしょうか。








以上、だいたい1Kmの『等々力渓谷』の散歩でした。

渓谷の清涼感がいくらかでも伝わったでしょうか。

もう一度入り口まで戻りますが、

やっぱり景色の主役はこちら

”ゴルフ橋”のような気がします。




         DSC_等々力7045_01





         DSC_等々力7046_01





         DSC_等々力7048_01





DSC_等々力7049_01











以上、世田谷の軽井沢 『等々力渓谷』 でした。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 20:45:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
良い風景です!
癒されます🎵
2016-09-05 月 11:22:44 | URL | とし [編集]
御返事




コメントありがとうございました。

たまには、こんなことにでも行って

酒とオートで汚れた心を綺麗に洗うことをお勧めします。

心も健康にしましょう!!






> 良い風景です!
> 癒されます🎵
2016-09-05 月 15:25:52 | URL | アル酎ハイマーはいかい士 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad