■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 十思(じっし)公園 ~
昼休み、ちょっと時間があるので昔懐かしい場所に散歩の足を延ばしてみた。

日本橋小伝馬町の『十思公園』 です。

昔、この近くに職場がありましたので、

朝食や昼食の場としてよく利用させていただきました。

”十思”とはあまり聞きなれない名前ですが、お隣の「十思小学校」の名から

付けられたのですが、唐の時代天子のわきまえなければならない戒めを記した

十か条のことで、この十か条を校風、教育理念として掲げた小学校だそうです。

その「十思小学校」も今はすでに廃校となっていました。寂しいです。

暮も押し迫ったころ、先生たちに頼まれて生徒の為の餅つき大会を手伝ったのが

つい最近の事の様に思い出されます。


又、曲面に造られた校舎の外観が特徴的で強く印象的に記憶にあります。

造られた当時としては、とてもお洒落でハイカラな校舎だったのでしょうネ。




        f0142606_21234380.jpg











ここ『十思公園』 は一見、見た目は都内のどこにでもあるような公園ですが




DSC_十0004





慶長年間から明治8年まで270年に渡って数十万人の囚人を収容した

”伝馬町牢屋敷跡”なんです。

ですから本来は”史跡”と言うべき公園です。

勿論、この『十思公園』だけでなく旧十思小学校、道路向かいの「大安楽寺」を含めた

2618坪の広大な敷地一帯が”伝馬町牢屋敷跡”です。

「大安楽寺」のあるところが”処刑場”にあたります。


当時の牢屋敷を俯瞰して観ると、こんな感じでしょうか




        rouyamitorizu1.jpg








さらに今の場所にラップさせると



dr00.jpg










〖処刑場跡〗




DSC_十0003




         DSC_十6235










処刑された人達の霊を祀って建立されました。




      dr09.jpg






    




江戸時代は、懲役や禁固の処罰が無かったので「伝馬町牢屋敷」は今で言う

「刑務所」ではなく、死刑や島流しなどの刑が確定するまでの未決囚を収監する

留置所兼死刑執行場のような施設でした。




牢内は囚人による完全自治制がしかれており、牢屋役人ですら権限が及ばない

世界でした。 幕府が指名した牢名主を頂点とする厳然たる身分制度が敷かれていた。

牢内の人数が増え、生活するのに支障をきたすようになると「作造り」と呼ばれる

殺人が行われました。


    ① 牢内の規律を乱すもの

    ② 元岡っ引きや目明し  

    ③ いびきのうるさい者

    ④ 牢外からの金品による差し入れの無い者

が標的にされ、暗殺後は「病気で死にました」と届け出て、お咎め無し。

いずれにしても人間としての扱いとは程遠かったようです。





『十思公園』 の中に当時日本橋石町(現在の日本橋三越近辺)にあった時を告げる鐘

”時の鐘”が移築保存されています。

この鐘の音を合図に処刑が執行されたようです。




         DSC_十0005












   ” 身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 

                      留め置かまし大和魂 ”
   




DSC_十0008









大老・井伊直弼による”安政の大獄” でここ「伝馬町牢屋敷」に収容されて

処刑された”吉田松陰”の辞世の句碑が公園内に置かれています。   







吉田松陰は、この「伝馬町牢屋敷」2度収容されています。

一度目は安政元年(1854年)にペリーが再来した折、米国船に乗って密航しようとして

失敗し、伝馬町送りとなった。

この時、収容されている牢仲間に学問を教えたと言う逸話もありますが、

半年程で出獄を許され、地元長州で蟄居(ちっきょ)の身となった。 

この時"松下村塾”を開いて、高杉晋作や久坂玄瑞と言った志士を育てた。



二度目は、井伊直弼が朝廷の勅許を得ずに日米修好通商条約を結んだことに憤激し

あからさまに幕府批判を展開したことを咎められ「安政の大獄」の網にかかり

橋本佐内、高野長英らと共に収容され、その後井伊直弼の逆鱗に触れ処刑となった。  





”松下村塾”の弟子たちが吉田松陰の死を悼み奉納した石碑も隣にありました。




         DSC_十0007
  









以上、江戸の歴史が残されている 

大切にしなければいけない史跡 『十思公園』 でした。
スポンサーサイト


歴史探訪 | 21:23:48 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
こんばんは♪
ご訪問、コメント有難うございました(^-^)

『十思公園』凄い歴史があった所だったのですね。
興味深く、読ませて頂きました。
”伝馬町牢屋敷跡”だったとは・・・。
そして、”吉田松陰”の辞辞世の句碑も・・・。
隠れた歴史跡でしたね・・・。
2016-08-26 金 20:47:21 | URL | 梅サクラ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad