■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 小網神社 ~
一枚の写真の中にほとんどの神社施設が収まってしまうような

極めてコンパクト配置された、しかしながら落ち着いた雰囲気を醸して鎮座している

神社がありました。

強運厄除の神様として崇められている 『小網神社』 です。

「鳥居」「拝殿」「神楽殿」「手水舎」「社務所」が写っています。


DSC_6238.jpg











社号       小網神社

所在地      東京都中央区小網町16-13

主祭神      倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

          市杵島比賣神(いちきしまひめのかみ)

          福禄寿他

創建       不明

社格       旧村社










〖由緒〗



創建年代は不詳ですが、悪疫消滅鎮静の為に、恵心僧都が

文正元年(1466年)稲荷大神を勧請、時の領主太田道灌が「小網稲荷神社」と命名した。

江戸期は寺院の境内社として浅草新寺町にあったが、明治維新に際して復職、稲荷神社

とした後、明治2年に当地へ鎮座した。











〖強運厄除の由来〗



東京大空襲で周囲が丸焼けになる中、社殿を含む建物全部が戦災を免れたり

第二次世界大戦の際、この神社の御守をうけて戦地に赴いた兵士が全員無事帰還したこと

などから、強運厄除の神様として、崇められるようになった。











〖鳥居〗




DSC_6237.jpg



  ≪扁額≫




         DSC_6236.jpg











〖手水舎〗




DSC_6241.jpg











〖狛犬〗




         DSC_6245.jpg





         DSC_6246.jpg











〖拝殿〗




DSC_6244.jpg





         DSC_6249.jpg











〖社殿彫刻〗




    ≪昇り竜≫




DSC_6256.jpg












     ≪降り龍≫




DSC_6251.jpg











〖本殿彫刻〗




    ≪養老の滝≫




         DSC_6253.jpg











〖万福舟乗弁財天〗



小網神社の弁財天は元は同じ境内にあった万福寺に安置されていたものを、

明治時代の神仏分離令の後に万福寺が廃絶になった為、こちらに遷座(せんざ)

されたものです。

同寺にちなみ、又像が舟に乗っていることから「万福舟乗弁財天」と称されている。




         DSC_6248.jpg







境内の「銭洗いの井」で金銭を清め、財布などに入れておくと財運が授かることから

「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。

早速、財運を授かるべく、便乗させていただきました。

縁起物として財布に入れている「50円硬貨」です。




DSC_6247.jpg











〖まゆ玉みくじ〗



本物のまゆ玉の中に入っている珍しいおみくじがありました。

強い生命力を持つ蚕が作るまゆ玉は、多産・生命力を意味する縁起物だそうです。






         DSC_6260.jpg







〖どぶろく祭〗



毎年11月には、五穀豊穣に感謝し、無病息災・強運厄除を祈願し

参拝客にどぶろくが振る舞られるそうです。

これは大事な、チェックポイントですネ。











〖御朱印〗



本日は「御朱印帳」を持参しなかったので、半紙書きをお願いしたところ

「当社は半紙書きは、いたしておりません」とのお断りをいただきました。

これから行かれる方は、くれぐれも「御朱印帳」はお忘れなく。







以上 『小網神社』 でした。
スポンサーサイト


神社 | 23:10:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad