■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 日比谷神社 ~
以前、『烏森神社』を取り上げた時、

新橋駅の周辺には2つの神社あると書いたことが有ります。

JR新橋駅日比谷口に近いのが『烏森神社』

JR新橋駅烏森口に近いのが『日比谷神社』 と

その『日比谷神社』に来ています。

烏森口から徒歩で5分とかかりません。

JRの高架線路に、へばりつくように佇んでいます。




         DSC_日比谷0068











社号      日比谷神社

所在地     東京都港区東新橋2丁目1-1

主祭神     豊受大神(とようけのおおかみ)

         祓戸四柱大神(はらいどのよつばしらのおおかみ)

創建      不詳

別名      鯖稲荷











〖由緒・歴史〗


創建時は日比谷公園内の大塚山に鎮座していた。

慶長年間、江戸城拡張に当たり、芝口(東新橋)に移され、明治時代は鉄道(東海道線)の

敷設に伴い新橋四丁目にそして、今度は道路拡張に伴い現在の東新橋二丁目に

2009年に遷座した。遷座の歴史です。

最後の遷座によって造られた通称”新虎通り”が平成26年3月に開通し、

沿道は「日本のシャンゼリゼ通り」と形容される街づくりが進められている。





           hibiya yjimage










〖鯖神社〗


日比谷公園の中にあったころ、全国の苦しんでいる旅人達に神社の社務所を解放し、

無病息災の祈祷をうけさせたところ霊験が著しく表れ、旅人達から「旅泊(さば)稲荷」

と呼ばれるようになった。

新橋に遷った後は、当時は海がまじかだったことから鯖などが良く獲れた為、

いつしか「鯖稲荷」と呼ばれるようになった。

それと同時に、虫歯に苦しむ人が「鯖」を断って祈祷すると霊験があるとされ

成就すると鯖を奉納する習わしが生まれた。











〖社号標〗




         DSC_日比谷0054










〖鳥居〗




         DSC_日比谷0055











〖手水処〗




DSC_日比谷0057











〖本殿〗




DSC_日比谷0056





DSC_日比谷0061











〖境内社〗



         DSC_日比谷0058











〖狛犬〗


本殿には居ないのに境内社には狛犬がおりました。

しかも、稲荷社なのに「狐」ではなく「狛犬」でした。




         DSC_日比谷0059





         DSC_日比谷0060











しかし、大都会の中の神社ですね。

後ろは新幹線をはじめ、沢山の電車がひっきりなしに行き来してます。

周りを見渡せば、ビル、ビル、ビル。コンクリートだらけです。

「鎮守の杜」では無く「鎮守のコンクリ」でしょうか。




DSC_日比谷0062





         DSC_日比谷0067











以上 『日比谷神社』 でした。





         DSC_日比谷6217
スポンサーサイト


神社 | 05:46:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad