■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 四万温泉郷 其の四 ~
〖四万の甌穴(おうけつ)〗



四万温泉郷の入り口近くの、国道353号線沿いの「四万川」に大小8個の甌穴が

見られます。

甌穴とは、川の渦巻き状の流れにより、石や砂が同じところを循環し、

川底の岩盤を浸食してできた丸い穴です。

何万年もの年月を経た自然の驚異的産物です。




         06.gif













甌穴の入り口の目印です。







         DSC_5670.jpg










不安定な階段を使い川底へ降りれます。




         DSC_5671_01.jpg





DSC_5672_01.jpg









この落差が瞬間的に川の流れの勢いを増して、

らせん状の流れをつくっていのかもしれない。




         DSC_5674_01.jpg





         DSC_5683_01.jpg










はっきりと大きな甌穴が観られます。






DSC_5679_01.jpg







自然の力ってすごいですね。

時間の単位も「万年」ですから。

地球の自然のことで人間が知っているのは、せいぜい2千年ちょっとですから。

自然から見れば、”チャンチャラおかしい”でしょうね。









≪四万のノスタルジー≫



四万温泉の魅力の一つは、昭和の面影を残したノスタルジックな街並みに有ります。

”千と千尋の神隠し”のイメージモデルとなった「積善館」です。

映画の1シーンを見ているようです。




積善館







この「積善館」は元禄時代から湯宿を営んでいるそうです。

本館は日本最古の「湯宿建築」と言われています。



ちなみに、四万温泉に向かう途中、国道353号線に「メロディライン」が

設置されていました。その曲名が「千と千尋の神隠し」のテーマソング

「いつも何度でも」だったのも納得です。










以上、魅力たっぷり、自然たっぷりの『四万温泉郷めぐり』 満喫しました。
スポンサーサイト


旅・はいかい | 12:56:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad