■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 湯島の白梅 ~
”梅” の時期は受験シーズンとも重なりあってかなぜか毎年 『天満宮』 が続きます。

お馴染みの『湯島天満宮』 です。

こちらには、通勤エリアと言うこともあって、ちょくちょくお邪魔させていただいてます。

"梅”とは関係ないのですが、昨年の9月、落語協会主催の「謝楽祭」の時もお邪魔しました。





〖おさらい〗



所在地 東京都文京区湯島3丁目30番1号

主祭神 天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)

菅原道真公

創建 雄略天皇2年(458年)

本殿様式 権現造

別名 湯島天神

境内社 摂社 戸隠神社

末社 笹塚稲荷神社











【由緒】

雄略天皇2年、雄略天皇の勅命により「天之手力雄命」を祀る神社として創建された。

天平10年(1355年)住民の請願により菅原道真を勧請して合祀した

平成12年に「湯島神社」から「湯島天満宮」に改称した。










【表鳥居】

寛文7年(1667年) 創建

銅製

東京都指定有形文化財




DSC_0663.jpg





「社号標」は露店に隠れて全景を見ることは出来ません。














〖扁額〗


銅板に緑青が歴史を物語っています。

神紋の「加賀梅鉢」も風格を漂わせています。




         DSC_0664.jpg








〖手水舎〗




DSC_湯0661












〖参道〗


両側に露店が出され参道も手狭になっています。

これだけ人出があると、真ん中は「神様の通る道」参詣者は左側通行。

は中々守れませんネ。

それにしてもすごい人出です。毎日が縁日でしょうか。

さすがに、落語の「初天神」に出てくるような子供はおりませんが。






DSC_0657.jpg





     51ODNVsgDFL__SX425_.jpg










〖狛犬〗



梅をバックにしていると何となく狛犬も誇らしげですネ。

年に一度の晴れ舞台で「見栄」でも切っているんでしょうか。




DSC_0660_01.jpg




DSC_0659.jpg











〖裏参道・夫婦坂・社号標〗




         DSC_湯0647




         DSC_0648.jpg












〖拝殿・本殿〗



本殿は樹齢250年の「総木曽檜造り」です。

大きく見せる為の、切り妻を思わせるような三角の屋根が特徴です。




DSC_0665.jpg




          ≪トリビアの水溜り≫

            長野県の木曽谷で育った”木曽檜”は細胞壁が綿密で年輪幅が細かく

            反り、曲がり、などの狂いや割れが非常に少なく弾力性の高い

            性質を持った極めて建材に適した木材です。

            そして、特筆すべきは他の樹種の追随を許さない耐用年数の

            長さです。 伐採後数百年かけて強度が増加していき、その後

            徐々に強度が低下していきますが、伐採時の強度に戻るまでには

            1200年~1300年と言う気の遠くなるような時間を要する

            性質を持った、日本が世界に誇る木材の一つです。

            世界遺産の法隆寺の五重塔はこの”木曽檜”で造られています。












〖撫で牛〗



ご存じ、菅原道真公がこよなく愛した”お牛様”です。

皆さんに撫でられて、黒光しています。

直してほしいところを撫でるとご利益があるらしい。


「頭部」と「顔」の部分がやけに光って見えます。




DSC_湯0658






手水舎の横にもおりました。




DSC_湯0662











〖梅と天神〗




         DSC_0666_01.jpg




         DSC_0667_01.jpg







DSC_0668_01.jpg




         DSC_0650_01.jpg




DSC_0652_01.jpg




         DSC_0653_01.jpg













〖梅一輪〗




DSC_0670_01.jpg




         DSC_0675_01.jpg




         DSC_0677_01.jpg





         DSC_0678_01.jpg




DSC_0706_01.jpg




DSC_0688_01.jpg










鉢植えも綺麗でした




         DSC_0656_01.jpg





         DSC_0695_01.jpg




         DSC_0696_01.jpg










〖梅ひとつ〗





DSC_0692_01.jpg




DSC_0693_01.jpg




DSC_0673_01.jpg










以上、梅の香満載の 『湯島天満宮』 でした。








       ” 別れろ、切れろは芸者の時に言う言葉 !!             


                今の私には 『死ね!』 と言ってくださいな!!”







       ゆ~うぅしまぁー とおれぇぇーばぁ おもぉいだあすー

       お-つうたぁー ちからのうぉ ここおろ いいきー 










    かぁーッ!! 乙だねぇーお蔦 白梅!!
スポンサーサイト


神社 | 21:42:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad