■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~気多大社にて~
能登半島の付け根、羽咋市(はくいし)に「万葉集」にも歌われた2100年の歴史をもつ”気多大社(けたたいしゃ)”が鎮座します。

”能登一宮”とも言われ「万葉」の時代から能登一圓に神威を有していたそうです。

まずは、「鳥居」です。


気多大社 010

気多大社 011


歴史と風格を示す堂々の鳥居です。

「鳥居」から「参道」「神門」「拝殿」「本殿」と北へ向かって一直線に配置されている。

参道の横にある「手水処」です。

気多大社 017


「手水処」にも品がありますネ。

「ししゃく」などにも手入れが行き届いています。


「神門」です。

気多大社 016

切妻造、四脚門、屋根は「檜皮葺」で国の重要文化財に指定されています。


「拝殿」です。


気多大社 018


入母屋造り、屋根は、同じく「檜皮葺」でトータルコーディネイトされています。

ここも、国の重要文化財です。

奥に「本殿」があり、三間社(3間×4間)と言う大きさで、類例の少ない「両流造」となっており、同じく国の重要文化財ですが、残念ながら一般の人は見れません。


「拝殿」の奥横にある「神庫」です。

気多大社 023

ここは、石川県指定文化財になっています。


「拝殿」の左側には「若宮神社」があります。


気多大社 020


「一間社流造」「檜皮葺」で国の重要文化財にしていされています。



右側には「白山神社」があります。


気多大社 022

三間社流造、檜皮葺、ここも国の重要文化財です。

気多大社は、合わせて5つの重要文化財を有しています。

また、本殿背後には、国の天然記念物となっている「いらずの森」と呼ばれる広さ3.3ha(1000坪)の常緑広葉樹の自然林が茂っており、古くから「神域」として一般人の出入りが禁止されています。

気多大社 024


「入いらずの森」の内には、「奥宮」と言う拝殿があります。しかし、一般の人は参拝できない。

”昭和天皇”が「気多大社」に行幸された際に、この「入らずの森」にお踏み入りになり、御製(歌)を詠んだそうです。

記念の石碑が置かれています。

気多大社 019


その他に、「入らずの森」に面して、いくつかの「摂社」があります。

「揚田神社」です。  社殿はありません。

気多大社 025



「大玉神社」です。

気多大社 026


「菅原神社」です。

気多大社 028


やはり合格祈願ですか。

困った時の「神頼み」




この「気多大社」には代々受け継がれた奇祭と言えるお祭りがあります。

それは毎年12月8日から12月16日に行われる「鵜祭(うまつり)」です。

12月8日に「鵜崖」と言う場所で捕えた「鵜」を「気多大社」に奉納するお祭りです。

「鵜」を献上する人々は、「鵜捕部」と呼ばれ、鹿渡島に先祖代々から住み、

現在までもその役に仕えているそうす。

麻糸を付けた竹竿で鵜を捕える手法は、一子相伝の秘伝だそうです。

献上された「鵜」は、社殿に放され宮司に導かれるが、その進み具合によって翌年の作物の豊凶を占なわれる。

「鵜」を背中に背負って運ばれる姿は、毎年のようにテレビに放映されます。


と、由緒と格式のある「気多大社」ですが、今は、「縁結びの神」の方が広く知られています。

なにせ、もともと「気多大社」の御祭神である「大国主神(大黒さま)」は、縁結びの神様ですから。


気多大社 014


気多大社 027


でも、ただ縁結びにご利益があるというだけではありません。

日本で唯一、縁結び専用の祈願所”気麗むすびどころ”があります。

何と6,400通の「縁結び成果」が奉納されているそうです。


「むすび松」もあります。

2本の松の木が根本で結ばれています。


気多大社 021



以上が「気多大社」の案内ですが、気多大社には、あと1つ変わった経歴があります。

それは”神社本庁離脱”です。

何回かの裁判の末、最高裁で神社本庁からの「独立」を勝ち取りました。

なんとなく「気多大社」の気骨を感じる一抹を垣間見るような経歴です。

スポンサーサイト


神社 | 12:49:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad