■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~たたら祭りです~

”たたら祭り”に来てます。

たたら祭り 094



”たたら祭り”は川口市が市営オートレース場と市役所通りを使って毎年行っている市民祭りです。

今年で35年目になるそうです。

そして今年は市制80周年の記念も兼ねています。

観光協会や商店街が中心になって行う他のお祭りと違って市が主催ですので中身が多種多様ですので又違った趣があり色々楽しめます。

”たたら”とは、鉄を溶かすときに風を送る「ふいご」を意味するそうです。

元々の語源は、モンゴル語の「猛火」からきているようです。

「たたらを踏む」はあしをバタバタさせることですが「地団駄」も「地たたら」が語源だそうです。


「鋳物の街」川口にはふさわしいネーミングです。


たたら祭り 020





『宵祭り』の始まりです

まずは、「初午太鼓(はつうまだいこ)」


たたら祭り 023


たたら祭り 024


たたら祭り 028


たたら祭り 031

たたら祭り 033



粋ですネ

いなせですネ。

二の腕のタトゥーかっこいいですネ。

「ばち」を握った目つきが魅力的ですネ。




続いて、「たたら流し踊り」

ひたすら、「たたら音頭」を踊り続けます。


たたら祭り 037


「始まりますよー!!」

「ゲートイン!!」


たたら祭り 044


「オン・ユア・マーク!」


たたら祭り 047



「始まりましたー」


たたら祭り 050


たたら祭り 051


「お遍路さんじゃないですよネ」

「大丈夫ですかー」


たたら祭り 042


川口市のマスコット「キュポラン」も参加しています。

みんなから握手をされています。 人気者ですね。

「キュポラン」の名はもちろん鉄を溶かす炉「キューポラ」からきています。



たたら祭り 043


こんな方もいらしてました。

黒服(SP)の方も5~6人いらっしゃいます。大変ですね。暑いのに

耳につけているのは「補聴器」ですか。  お若いのに、かわいそう

当の本人は、涼しそうに浴衣でみんなに握手を求めています。 人気者ですかネ。



それにしても沢山の人が踊っています。

38団体、6000人以上の人が参加しているそうです。

お年寄りが元気ですネ。

と言うより、お年寄りばっかりですネ。

川口市の「後期高齢者」が全員集まったのかと思いました。

オーッ、若い看護婦さんもいましたか。 ホッ。






さあ、宵祭りの最後は「サンバ カーニバル」です。


たっぷりご鑑賞を!!



たたら祭り 054


綺麗ですネ。 白い帽子が邪魔ですけど!



たたら祭り 060


たたら祭り 062


たたら祭り 058


「じゃまなんですけど!!」

「怒りますヨ ほんとに!」


たたら祭り 075


たたら祭り 076


「目と目」は通じあってますよネ。


たたら祭り 079


おや!! 

こんなところで「内輪もめ」はやめましょう。

暴力はいけませんヨ。  皆が観てますヨ。

仲良くしましょうヨ。 仲良く。 

なんてったって、お祭りですから。


たたら祭り 081


良かったですネ!  仲直りできて!

さすが切り替えがはやいですネ。 

やっぱり、「笑顔」の方が綺麗ですヨ。 ビバ!!


たたら祭り 056


郵便配達の「親子」もいました。

うーむ。「姉妹」じゃーあないでしょ。

でも、なんでこんな時 郵便配達なんですかネ。


たたら祭り 059


「バンザイ!!」

私も「バンザイ!!」 「感激!!」



以上とっても楽しい「サンバ カーニバル」でした。




『オートレース会場』です。


たたら祭り 001


たたら祭り 099


「フリーマーケット会場」


たたら祭り 090


オートレース場に接する道路が「車両通行止め」となり、市民が持ち寄った「フリーマーケット」会場となっています。

すごい人出ですが、残念ながら今回は掘り出し物はありませんでした。



「子供チャレンジコーナー」です。


たたら祭り 011


たたら祭り 135



子供「初午太鼓」です。


たたら祭り 008


「空カン立て」です。

おかーさんの方が必死です。

親がビールを飲んでいる家の子は扱いが上手かも。



たたら祭り 006


「劇団ひとり」も居ます。  あ~「階段ひとり」か。


たたら祭り 002


お化け屋敷です。 愛嬌があります。



まだまだ子供の遊び場は沢山あります。





打って変わって「川口特産品コーナー」です。



たたら祭り 110


たたら祭り 112


たたら祭り 111


ベーゴマを唯一製造、販売している工場です。

まだ、あったんですネ。



たたら祭り 115


たたら祭り 116


川口は「鋳物」の街ですが、鋳物を作るには、鋳型が必要です。その鋳型を造るためには「木工型」が必要なので自然と「木工」も盛んになったのです。




「ハイテクコーナー」もありました。


たたら祭り 106


川口の「機械技術研究会」が作った「蕎麦打ち機」だそうです。

試しに食べてみました。


たたら祭り 108


結構おいしかったです。

しかし「ハイテク」が「蕎麦打ち機」と言うのもどうでしょうか。

やっぱり美味しかったのは別に要因があったかも。


たたら祭り 109





「模擬店めぐり」


たたら祭り 096


一番人気は「関西流大だこたこ焼き」でした。

本当にうまそうでした。


たたら祭り 105


未成年はお酒を飲んではいけませんが「売る」のはいいんですよね。



たたら祭り 104


普通のたこ焼きです。



たたら祭り 113



たたら祭り 095




「バザールコーナー」


たたら祭り 017


女性の下着売り場です。 なぜ下着売り場ですかネ。よく判りません。

なぜか男性の客が多いですネ。



たたら祭り 019


お祭りに「不動産相談」ありですかネ。

意味が解りません。


たたら祭り 128


今どき珍しいですネ。 本物の「金魚すくい」がありました。


たたら祭り 130


なんと、「ランチュウ」専門の金魚すくいもありました。

初めて見ました。感動です。



たたら祭り 125


たたら祭り 126


学校の耐震補強の必要性アッピールと「地震体験」をやっておりました。

家族ずれに人気のようです。

さすが「川口」やるネ。



たたら祭り 119


たたら祭り 121


一画に「和太鼓コーナー」もありました。

同じ会場の中で「和太鼓コーナー」が何か所か設けられています。



たたら祭り 015


たたら祭り 127


市民ステージです。

市民が演奏や踊りを披露しています。


たたら祭り 124


ふくしコーナーです。


たたら祭り 098


お年寄りや施設の方々が普段の練習の成果を発表してます。



バイクコーナーです。


たたら祭り 101


人気の女性ライダーらしいです。

並んでサインをもらっています。

私は結構です。ハイ。



メインステージです。


たたら祭り 091


地元出身の方のライブのようです。

いまいち、盛り上がりに欠けているかな。

大宮が「コブクロ」で

川口がこの方だそうです。

大宮に住もうかな。


たたら祭り 137


やっぱり子供にはかなわないか


たたら祭り 155


市長さんの挨拶です。

張り切ってます。


たたら祭り 156


希望の風船飛ばしです。

でも風船っていつかは消えて無くなるんですよネ。「希望」はどうなるのでしょうか

不吉ではないですか。





待ってました、いよいよ「神輿巡行」です。


たたら祭り 151


たたら祭り 150


たたら祭り 162


巡行距離が短いのが残念です。

それと、仕方がないが、神輿が少し小さいですネ。

まぁ、気持ちですから良いとしよう。




でもって、「今日一のお気に入り」はこれです。


たたら祭り 139

たたら祭り 141


たたら祭り 142



お祭り会場の向かいでやっていたローカル(正確にはロートルだったかな)バンド演奏です。

懐かしい「ベンチャーズ」ナンバーのオンパレードでした。

「ハイボール」2杯飲んでしまいました。

エレキギターに合わせて「ベロベロベロベロベーン」でした。失敬。


これで”たたら祭り”は夜の「花火大会」を残すのみとなりましたが、全体を見て何か感じませんでしたか。

多くの方は「川口市民は何と和太鼓が好きなんだろうか」と思ったのではないでしょうか。

これには少し「わけ」があります。

その「わけ」は”初午太鼓”に起因します。

正式には、”川口初午太鼓(かわぐちはつうまだいこ)”と言います。

川口市は「鋳物の街」ですから、「鋳物工場」が沢山ありました。

「鋳物工場」では鉄を溶かす為に、高温度の「火」を使う危険な作業を行っています。

そこで「鋳物職人」は一年の初めの「午」の日に、稲荷神社に火伏を願い、奉納太鼓を叩いたのが

この「初午太鼓」の始まりだそうです。

初午の日は、どの工場でも太鼓の音が一晩中鳴り響いたそうです。

今は「鋳物工場」自体が殆ど無くなりつつありますが、この「川口初午太鼓」だけは、子供達に脈々と引き継がれ

て継続しております。 

素晴らしいことですね。

暖かい目で見守りましょう。



以上”たたら祭り”でした。

「花火大会」の報告は、またの機会に。






















スポンサーサイト


旅・はいかい | 20:36:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad