■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~長町武家屋敷を訪ねて、おいしいいっぷく~
金沢の中心地香林坊を一歩奥に入ったところにひっそりたたずむ「武家屋敷跡」があります。
”長町(ながまち)武家屋敷跡”です。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 015


武家屋敷の入り口「せせらぎ通り」です。

「長町」の由来は「加賀八家(かがはっか)」の一人、長氏の屋敷があったことから長町となったそうですが、位置的には少しずれているようです。

「加賀八家」とは、加賀藩の八人の家老のことです。
石高が1万石あれば「大名」と言われた時代に、この八人の家老は八人共1万石以上の石高を持っていた。
特に筆頭家老の「本多家」は5万石だそうです。
まさに「大名家老」と言われる所以ですね。

image直江兼続


余談ですが、この本多家の祖、本多政重は上杉家の家老「直江兼続」の娘婿になり娘が死んだ後もしばらく「兼続」にもかわいがられていましたが、自ら身を引き「本多」の姓に戻り「前田家」の家来となり、みるみるうちに出世をしたそうです。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 016

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 017


”長町武家屋敷跡”に位置するあたりには主に上級、中級武士がすんでいたそうです。しかし現在では、当時の武家屋敷はほとんど残っていません。唯一中級武士だった「野村家」だけ当時の面影を残して公開されています。
「野村家」は石高は1200石で代々「奉行」の職についていたそうです。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 026


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 027


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 023


武家屋敷を模した、民芸土産物店の「わらじ屋」です。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 029


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 028


武家屋敷跡に沿って流れる「大野庄用水」です。
金沢の街にはこのような用水があちこちに流れています。
水の街「金沢」と言われる所以ですかネ。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 022


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 024


この武家屋敷跡群の中にはもう一つお気に入りのスポットがります。

文政五年(1822)創業の九谷焼窯元 鏑木商舗の本店です。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 019


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 020


暖簾をくぐり中に入ると座敷になっていて

靴をぬいで上がるとそこには所せましと「九谷焼きの器」が展示されてます。

店舗と展示場を兼ねたようなスペースです。

どれにしようか迷うのは私だけでしょうか。

_no212size4hina.jpg



お手頃の物から高価なものまで多種多様に並んでいます。

奥座敷に入れて貰うと

鏑木商舗さんの歴史を物語るものが展示されています。明治時代に3度も世界万博で賞をいただいたそうです。

歴史に裏付られた魅力的な焼物もあります。


top-banner.jpg


特にお気に入りはヨーロッパのワイングラスと久谷焼きをコラボさせたこのワイングラスです。

ボウル部分がガラスでステム部分が九谷焼で出来てます。

素晴らしいですネ。どうやって接着させたのでしょうか。それは「企業秘密」でしょうネ。

ここにはもう一つ素敵な場所が用意されています。それは食事とお茶処の「おいしいいっぷく鏑木」です。

地の食材を使った美味しいこだわり食事が食べられます。

歩き回った「足休め」にお茶とお食事はいかがでしょうか。

幻想的なひと時が味わえるのではないでしょうか。


武家屋敷跡とおいしいいっぷくでした。



















スポンサーサイト


旅・はいかい | 12:14:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad