■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~利家と松を訪ねて~
ここは、加賀百万石の藩祖”前田利家”とその妻”お松の方”が祀られている「尾山神社」です。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 001


荘厳です。さすが「加賀百万石」
独特なフォルムですネ。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 014


この”尾山神社”は明治6年に金沢城の「金谷御殿」の跡地に”利家と松”を祀る為に建てられた神社です。
特徴は何といっても明治8年に建立された”神門”にあります。
オランダ人ホルトマンの設計で「津田吉之助」によって建てられました。
外装は石積みの3階建てで、3連のアーチを持つ「楼閣門」です。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 012

内部は、和・洋・中の折中造りになっていて、当時で言うところの「ギヤマン」がはめ込まれています。
他に類を見ない金沢が誇る建造物の一つです。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 002


本堂も風格がありますネ。見るからに「百万石」です。
屋根の重さでつぶれるような心配はいりません。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 010


館名のリレーフも「百万石ゴールド」で輝いています。
金粉の「濃度」が濃く見えるのは、気のせいでしょうか。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 013

”前田家”の家紋「幼剣梅鉢」です。
宗家と分家では花芯の剣の形が違うそうです。
この「幼剣」が本物の宗家です。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 005


馬上の利家です。「槍の名人」と言われただけあって「槍」を持ってます。
凛々しいです。実際も数々の手柄を立てて「織田信長」の信頼を厚くしたそうです。
背中に背負っている大きな袋は戦場での「流れ矢」を防ぐための袋だそうです。
さすがに「流れ玉」には効果がないので時を経ずして無くなっていったそうです。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 003

利家が戦場でかぶっていた「兜」です。
本当に「ゴールド」だったかどうかはともかく、実践向きにシンプルで「質実剛健」さが見られます。
利家らしい形です。




尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 004


「お松の方」の石碑です。
利家と松は母親どうしが兄弟の「従妹」の関係にあります。
「お松の方」は学問、武芸に通じ、利家の影、日向となり助けたそうです。

「お任せ下さいませ」は名セリフとして有名になりましたよネ。

又2男9女の実子をもうけ、戦国時代にあっては、最も多い記録として残っているそうです。
利家の死後も自ら人質となり、「江戸」に下り「前田家」の為に奔走したそうです。
後に「徳川幕府」は各大名の妻子を江戸に住まわせる仕組みを作りますが、そのきっかけとなった「第1号」だそうです。



尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 006


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 008


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 009


境内の庭園です。
「金谷御殿」の庭園をそのまま生かした「築山、池泉」の回遊式庭園です。
春には大きな桜の木に桜の花が満開に咲き、参詣者の目を楽しませます。


今日は”利家と松”を訪ねて「温故知新」の旅でした















スポンサーサイト


神社 | 07:43:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad