■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 三溪園(さんけいえん) ~
横浜・本牧にある 『三溪園』 に来ています。

昔、1~2度来た記憶があります。

残念ながら、蓮池ぐらいしか記憶にありません。

今日は改めてじっくり見学してみたいと思います。




         DSC_3889.jpg









『三溪園』 は明治時代から大正時代にかけて生糸貿易で財をなした実業家・原三渓が

本牧埠頭に面した谷あいの地に造り上げた広さ175,000㎡(東京ドーム3.7個分)の

私庭及び公開日本庭園です。日本各地から移設した歴史的建造物と四季折々の自然とが

調和した景観が見どころです。

平成19年に国の名勝に指定されました。







〖正門柱(せいもんちゅう)〗


明治39年開園時に造られた正門です。

入り口風景はなるほど公園とは何処か違う、

誰かの豪邸に入って行く雰囲気を醸し出しています。




DSC_3890.jpg








〖蓮池〗



案内所を通って直ぐ右に「蓮池」があります。

丁度”蓮の花”が満開です。



DSC_3892.jpg




上野・忍ばすの池の蓮の花より一回り大きく、色は濃く、ショッキングピンクに近い。

蓮の種類としては背が高く、繁殖力が強い

大阪方面に自生している”原始蓮(げんしれん)”です。


埼玉県行田の工事現場から出た2000~3000年前の「蓮のタネ」を発芽させた

”大賀一郎博士”が命名したそうですが、その行田の”古代蓮”とは違う種類です。




         DSC_3903.jpg




DSC_3893.jpg








「蜂」達も甘い蜜を吸いに集まってきています。




         DSC_3891.jpg





DSC_3894.jpg








ここで、大発見の報告です。

以前より、もやもやしていた疑問に結論がでました。

「蓮の花」が咲くとき、「ポン」と言う音を発生すると言うのは

「真実」なのか「伝説」なのか?




正解は 、「ポン」とは鳴りません!!!
  

     単なる” 田舎伝説 ” でしたーっ!!。



先出の蓮の大家”大賀一郎博士”が不忍の池で実証したそうです。

      ”蓮は鳴りません”


これでスッキリしました。

来年はマジで不忍池に朝から行こうと思ってましたから。




         DSC_3899.jpg








〖睡蓮池〗



蓮とよく似た花に「睡蓮」があります。

「睡蓮の花」も「蓮の花」と同じで4日間の命です。

「睡蓮」は「蓮」と違って水面の直ぐ上で花が咲きます。

花は少し小さめで「可憐」です。




DSC_3909.jpg




DSC_3911.jpg



DSC_3910-1.jpg











〖大池〗

〖三重塔〗  (重要文化財)


「蓮池」の左側は「大池」です・

「大池」の向こうに見えるのは「旧燈明寺の三重塔」です。

室町時代1457年に京都・木津川の燈明寺内に建てられたものを移築しました。

関東地方に在る木造の塔では最古の塔です。




         DSC_3951.jpg








〖鶴翔閣(かくしょうかく)〗 (横浜市指定有形文化財



明治35年構築

三渓が住まいとして建てた950㎡の大規模住宅です。




DSC_3906.jpg




DSC_3908.jpg











〖御門〗 (横浜市指定有形文化財)


江戸時代宝永5年(1708年)に構築。

京都東山の西方寺より移築





DSC_3913.jpg








〖白雲邸〗 (横浜市指定有形文化財)



大正9年構築

三渓が隠居所として建てた。




         DSC_3914.jpg









〖臨春閣(りんしゅんかく)〗 (重要文化財)


江戸時代 慶安2年(1649年)構築

紀州徳川家、初代藩主 徳川頼宣(よりのり)が紀ノ川沿いに建てた別荘。

内苑エリア(未公開)は雁行の「臨春閣」を中心に造られている。




DSC_3916.jpg




DSC_3919.jpg


                          亭樹より「臨春閣」を望む









〖月華殿〗 (重要文化財)


江戸時代 慶長8年(1603年)構築

京都・伏見城内にあり、大名の控えの間として使われていた。




DSC_3921.jpg









〖聴秋閣(ちょうしゅうかく)〗 (重要文化財)


江戸時代 元和9年(1623年)構築

京都・二条城内




DSC_3922.jpg








〖松風閣(展望台)〗


展望台から、本牧ふ頭、本牧コンビナートが眼下に広がります。

横浜港が商業・観光の港ならここは工業港でしょうか。




DSC_3928.jpg




DSC_3925.jpg











〖臥竜梅〗




DSC_3930.jpg










〖旧東慶寺仏殿〗  (重要文化財)


江戸時代 寛永11年(1634年)構築

縁切り寺の別名で知られる鎌倉・東慶寺の仏堂




         DSC_3932.jpg




          DSC_3931.jpg


             寒霞橋より旧東慶寺仏殿を望む










〖旧矢箆原家住宅(きゅうやのはらけじゅうたく)・合掌造り〗 (重要文化財)


江戸時代 後期

飛騨・白川郷内より

飛騨三長者の一人とも言われた、矢箆原家の住宅

現存する合掌造では最大級の大きさの民家です。

囲炉裏では毎日薪がくべられていて、周囲に青白い煙が立ち込めています。




         DSC_3941.jpg




DSC_3934.jpg








内部は磨かれて黒光りしていますネ。

囲炉裏には火がともっています。




DSC_3938.jpg




         DSC_3940.jpg









〖茶店〗


茶店も雰囲気ありますネ。

ここも民家を移築したんでしょうネ。




DSC_3943.jpg










〖旧燈明寺本堂〗 (重要文化財)


室町時代 康正3年(1457年)構築

京都・燈明寺より




DSC_3945.jpg










「観心橋」から「「涵花亭」




DSC_3947.jpg









以上時代ロマンたっぷりの 『三溪園』 散歩でした。


明治、大正時代の横浜の繁栄、文化人の意気込みが伝わってくるような

爽やかでしかしおおらかな雰囲気のある庭園でした。

"蓮の花伝説"も解決してなんか得した気分です。

また桜の季節にでもお邪魔しましょうか。

(今度は三重塔まで言ってみます。それまでお預ずけ。 では)



スポンサーサイト


旅・はいかい | 21:16:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad