■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 土用の子の日 ~
浦和駅前です。

浦和と言えば「うなぎ」ですよね。


なんたって「うなぎの蒲焼」の発祥の地ですから




         DSC_2420.jpg








時期もちょうど合わせとように「土用」

そして今日は”平賀源内大先生”がうなぎ屋に頼まれて書いたと言われる


 ”本日土用の丑の日”  の 前の日 です。

立秋(春・夏・冬)の日から約十八日間手前の「土用」の間に来る「丑の日」を

「土用の丑の日」と言い、「丑」は十二支の一つですから年によって2回くる年もあります。

最初の丑の日を「一の丑」次を「二の丑」と呼んでます。


そして今日はその「二の丑の日」の前日なんです。 残念!!

でも「丑の日」は、名の売れたうなぎ屋さんは、混んでいて大変ですよ。

行列ですから。




      源内423 400










まあ ”ニアピン”と言うことで、

新し物好きの”平賀源内大先生”も許してくれるのではないでしょうか。




ところで”平賀源内大先生”に替わって問題です。


”うなぎ”と”ウナギ”の違いはなんでしょうか。


      注)ひらがなとカタカナと答えた方はそのまま電源をOFFへ





答えは1分30秒後!!









前置きが長くなりました。

と言う訳で  創業明治21年  老舗の ”満寿家”さん にお邪魔してます。




DSC_2424.jpg







橙色の白熱電灯は日本人の心をそそりますネ。

まねき色でしょうか。



         DSC_2425.jpg









受付から、待合室を観ています。沢山の椅子が行儀よく並んでいます。

正面が玄関です。

明日はここが一杯になるんでしょうネ。

くわばらくわばら!




         DSC_2447.jpg










一年前に改築したばかりなので店内も綺麗です。




DSC_2429.jpg




DSC_2435.jpg








「小屋組み」も立派な材料でしっかり造られています。

気持ちいいですネ。




DSC_2437.jpg








まずはビールでしょうか。




         DSC_2433.jpg









うなぎの注文は、怖いのでメニューを見てからにしましょう。

防衛本能が働きますネ。




DSC_2432.jpg








すごいですね。

うな重は特上の上に ”坂東太郎” なるものがあります。

こやつは、いったい何者なんでしょう。

うなぎ風情に固有名詞、しかも「苗字」まで付けて

一見して思い浮かぶのは、名前からして「利根川で取れた天然ウナギ」でしょうか。




         DSC_2446.jpg






恐る恐る店員さんに聞いてみました。

” Boo~!!”でした。

「天然ウナギ」ではないそうです。

しかし極めて「天然ウナギ」に近く成る様に、

エサや環境を整備して養殖された”ブランドウナギ”だそうです。

したがって、入手が不定期でいつどれだけ入るかは、

養殖業者さん次第だそうです。

それで入り口にこんな看板があったのか




         DSC_2426.jpg






残念だなー!!

せっかくだから食べたかったのに!!

売り切れじゃーしょうがないかぁ!!





で頼んだランクは 「ヒ・ミ・ツ」 にしておきましょう。



それでで「ヒ・ミ・ツ」の現物がこれです。




DSC_2438.jpg




         DSC_2445.jpg






相変わらず、写真が下手ですね。

喰い地が先に走ります。


しかし、とってもおいしかったです。

浜松で何度か「天然うなぎ」を戴きましたが

”坂東太郎”ではな買ったけれど、「天然」に近い肉の弾力がありました。




        ”ごちそうサマー!!”  です。




”坂東太郎”か!!  利根の川風背にうけてー 帰るとするかー!!





おっとっと!!

問題の正解言うの忘れてた。

正解は、皆さん知ってますよね。



    加工された鰻を    うなぎ

    加工される前の鰻を ウナギ     と表現します。




以上 『土用の子の日』 浦和で平賀源内しちゃいました。



スポンサーサイト


食べる | 06:14:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad