■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 王子神社(王子権現) ~
”飛鳥の小径”来た帰りに寄らせてもらいました。

以前から気にはなっていた『王子神社』です。

江戸時代は”王子権現”として庶民に親しまれていました。

京浜東北線王子駅を出て音無川を少し歩き、右に在る石段を登ると

そこはすでに境内です。

シンボルの「大銀杏」が出迎えてくれてます。




         ouzi01.jpg





康平年間(1058)以前の平安時代に紀州熊野から勧請された。

そのことにより「岸村」と言われていた当地が

「王子村」と改名になった由緒ある神社です。






鳥居の奥は木々が茂る静かな杜が形成され

その奥に権現造りの社殿が折り目正しく”凛”として佇ずんでいる。




DSC_0604.jpg










手水舎も何を省くことなくしっかり存在感を主張している。

手を洗うのではない心を洗う。心を清める。




DSC_0605.jpg











拝殿です。

慎ましやかで品が良さが漂いますネ。




     ousi02.jpg








神殿です。

綺麗に磨き抜かれています。





DSC_0620.jpg










狛犬です。

子連れ狛犬です。

久しぶりに見ました。新宿の「花園神社」以来でしょうか。


「阿」の方が子供が遊ぶ”毬”を持ってます。




         DSC_0608.jpg




         DSC_0616.jpg










「吽」が子供を連れています。




         DSC_0610.jpg




DSC_0612.jpg




         DSC_0613.jpg










「阿」も「吽」も「子供」も表情豊かで凛々しい顔をしてますネ。

名のある人の作品ではないでしょうか。



良い物を見さしていただきました。








以上、都会の喧騒の中、静かに凛々しく佇む、

隠れた心霊スポット 『王子神社』 でした。












スポンサーサイト


神社 | 09:04:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad