■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 千べろツアー ~
今日は、飲み仲間ブログ仲間で『千べろツアー』です。

場所は『千べろ』の聖地「上野アメ横ガード下」

案内してくれるのは初対面の”特級営業マン”さん

意外と若かったのでびっくりです。

挨拶もそこそこに早速一軒目



〖たきおか〗

席は空いてません。

なぜならば、元々立ち飲み屋に席などないから。

テーブルやカウンターの隙間に入り込む。

早速半分空いていたテーブルに会釈をして陣取る

まずはビールで乾杯!!




千べろ001








関東の立ち飲み常連さんは、よくごぞんじでしょうが、

注文したものと現金の「物・金」交換です。

したがって、テーブルに現金を用意しておく。

さすがですね”特級営業マン”さんは、

お札が飛ばないように専用の金属クリップを持って来ている。




何が旨いかわからない時の定番「もつ煮込み」をオーダー。





千べろ002









店内は満杯状態。




千べろ004








店員さんも脱兎のごとく飛び回っています。

その店員さんをタイミングよく捕まえてオーダーするのもコツがあるらしい。




千べろ007








なんとか捕まえて”ハイボール”




         千べろ005










こんなところで呑むときはサクサクと呑んで、切り上げるのがコツらしい。

て言うことでハイボール2杯飲んでところで、退散です。










〖昇龍〗

2件目です。

『千べろ』の王様”大統領”の横に有る「昇龍」に来たのだが満員なので

少し先の肉屋の奥のEVで地下に降り「昇龍」の支店に来た

ここはディープだ。知ってる人しか来ない。

肉屋の奥のその又地下だもの

案の定、店に入ると客はいない。

店員は「何か用か」と云わんばかりの顔つきを我々に向けている。

一目で接客業に向いていないのが解かる。

『千べろ』の達人”特級”さんがいなければ帰っていたかもしれない。

テーブルに着いた我々は、

とりあえず「生ビール」と名物だと言う「大餃子」を2つ注文する

すると店員は「つまみは一人一個以上です」と言う。

それを聞いた”特級”さんは、「はじめてきた訳じゃねーよ、そんなこたー判ってらー」

と言わんばかりに「今から頼むから心配すんな」と語気を強める。





千べろ008








気が付くといつの間にか「酒」を呑んでる。

しかも冷酒。銘柄は覚えていない。

春巻きもある。




千べろ009




千べろ010








冷酒が二本空いたところで席を立つ

勘定はいつの間にか”特級”さんが払い済みだった。










次は上野アメ横名物の「道路」呑み



〖文楽〗

名前が粋じゃぁないですか。




千べろ011





千べろ013








でもって、やっぱ「乾杯」からですかネ。




千べろ018





焼酎のロックを呑んだと思っていたら

どうやら水割りですネ。

手が汚いし、手まで”加齢醜”でしょうか。




つまみはここでも「もつ煮込み」ですか。

「もつ煮込み」は『千べろ』のおせち料理ですネ。



千べろ020











今いるところは銀座で言えば銀座4丁目”アメ横千べろ通り”のど真ん中です。

右側が「大統領」です。




千べろ016







あっちこっちで『千べろツアー』やってます。

『千べろ談議』の花盛りです。




千べろ015




千べろ017
















焼きトンが来ました。

つまみが来るたびに「乾杯」ですか。



千べろ024




千べろ021









もうすでに焼酎何杯飲んだか記憶なし。

腹も膨れたし、まぶたも重くなったので

失礼と思いつつも私だけお先にをしました。

歩いた水平距離は30歩程度の距離でしたがとても濃厚な時間でした。

”特級”さんに感謝です。

有り難うございました。

又、声を掛けて下さい。









後日談ですが、あの後残ったお二人は、しばらく飲んだ後

なんと「河岸」を変えて「北越谷」まで行って第2弾をやったそうです。

「北越谷」だったら近いので、一眠りしてから再度合流と言う手もあったかナ。

残念!!

次回は頑張ろう。















スポンサーサイト


お酒 | 22:23:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad