■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 手打ちそば 龍瓶 ~
その店は川口市の芝、産業道路を少し蕨駅に向かったところにありました。

品良く控えめで「慎ましやか」と言う言葉が似合う店構えでした。




龍瓶016




         龍瓶011








店内の造りも、テーブル席5つといたってシンプルでした。

大将は元は橋を造る土木技術者さんと聞きました。

脱サラをしてこの商売を始めたようです。

そんな方に良くありがちな、凝りすぎて肩肘張ったような

窮屈なお店ではなく

自然体のとても爽やかな雰囲気を醸し出していました。

初めてお邪魔したのですが、何か随分前から来ていたような錯覚をしてしまいます。

女将さんの、ほんのり溶け込むような接客のせいもあるのかもしれない。




龍瓶003








大将の妹さんが創っていると言う陶器が置かれてました。

極、自然体で「気に入った方はどうぞ」と言っているように

さり気なく飾られていました。




龍瓶004








で、まずしきたりに沿って”お酒”戴くことにする。

2種類ある日本酒メニューの内 岐阜 玉泉堂酒蔵さんの

”無風(むかで)”を常温でオーダー

初めて呑むお酒です。

ほどなく、お通しと共にテーブルに届く。

うーん、なる程爽やかな呑くちです。

お通しもブリュームたっぷりですネ。

私なら、これだけで充分お酒が進みます。




龍瓶002




取りあえず、あまりお腹にたまらないつまみ”スモーク鴨”を注文する

これが又良い色でした。

見た目通り、さっぱりして美味しかったです。




龍瓶005








お酒は、残りのメニューの 山形 東北銘醸さんの

”初孫”を戴く

これも初呑みです。




         龍瓶006




女将さんがお猪口も変えてくれました。

このお酒も同じように切れ味のよい爽やかな呑みくちです。

大将の好みなんでしょうか。(大将は飲めなかったかな?)

女性でもぐいぐいいけそうです。









いよいよ、本丸の”手打ちそば”を戴きます。

看板メニューの『二色そば』を注文しました。

”せいろそば”と”田舎そば”相乗せです。

どちらも、そば粉は北海道の幌加内(ほろかない)からの直送だそうです。




龍瓶007

         ー おわび ー

           きれいに写した写真が無くてすいません。
           意地が汚いから撮るの忘れてすぐ食べちゃうから。

            反省)大人なんだから、いい加減学習しないとな。





”せいろそば”の方は、きめが細かく上品で”更科風”でしょうか。

”田舎そば”はガツンと”真田そば風”でしょうか。

”つゆ”は”やぶ”のようなけんか腰ではなくまろやかでこくがありました。

タップリ”つゆ”にそばを浸していただきました。


とても美味しかったです。

で、そろそろおいとましようとすると、この店にはまだ名物があると言う。

この「名物」と言う言葉の響きになぜか弱い。

えーっ!!あの店に行って、あれ食べてこなかったの!!

と言われるのはしゃくでしょう。 単なる負けず嫌いか!!

で、その名物は、と聞くと”かき揚げ”と言う。


実は、隣のお客さんが、”山菜の天ぷら盛り合わせ”を食べていた。

沢山の種類の山菜が入っていてとても美味そうだった。

しかし、量が多くて余しそうで、泣く泣くあきらめていたところだった。




これは食べなきゃダメでしょう。

早速、”かき揚げ”を注文し

更に”かき揚げ”が一人では、さみしがるといけないから”初孫”も追加オーダーする。

これは自然の流れでしょう。 仕方がないよネ。





 グワーッ!!

 デケーッ!!

 ビックリ!!




龍瓶008






「ミドルケーキ」が来たかと思いました。

が、これがまた実に旨い!!名物と言うだけのことはある。!!

細かく刻んで入ったかぼちゃが良い甘さを出してる。

子供でも美味しく食べれる。

女将も言ってましたが、長い牛蒡などがないから好きなように食べれる。

こんな風に




龍瓶009



美味しそうでしょ。

最初は大きさにビックリしましたが。

あっと言う間に完食です。

これは蕎麦の汁の中に浸して「天ぷらそば」にするのはもったいない。

単品で充分お酒の友、あるいは「かき揚げ定食」に値します。


揚物は女将さんが担当のようで、先ほどの「山菜の天ぷら」にしても

この「かき揚げ」にしても作り手の思いが伝わってくるようなきめの細かいお味です。


お酒も美味しかったです。

そして、BGMにはジャズが流れていました。



龍瓶010









店の造りも雰囲気もそれから接客も、そして”お味”もどれも 爽やか な

『手打ちそば 龍瓶』さんでした。


又、人に教えたくなる店を発見してしまいました。 ご馳走様です。

スポンサーサイト


お酒 | 12:55:49 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
こんにちは(*´∀`*)
手打ちそば龍瓶にご来店いただきありがとうございました!
あれもこれも食べてほしくて
色々注文させてしまいすみませんでした(^-^;
是非また食べに(呑みに)来てくださいね(^o^)/
2015-04-10 金 08:50:56 | URL | りゅうこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad