■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 恵方巻き&恵方呑み 考 ~
節分の”豆まき”は「魔を滅す」と言われ、

節分の伝来と共に中国より伝わった由緒正しき「風習」です。



ところが、同じ節分の「風習」でも『恵方巻き』は少し違います。

その由来について諸説あるようなので少し整理します。


元来戦国時代から”巻き寿司”は存在したと言う方がおりますが

これには根拠がないようです。


節分の日に「巻き寿司」を食べる風習は、大正時代”花街”で始まりました。

当時から縁起を担ぎ「恵方」の方角に向かって食べたそうです。

ただし、”花街”の中だけなので庶民には浸透しませんでした。

そしてその「風習」も忘れられていきました。




250px-Eho-maki_by_zenjiro.jpg








時代は過ぎて昭和7年、どうしても2月に入ると売上が落ちる事を憂れいていた

大阪の寿司組合(大阪酢商組合後援会)が試行錯誤の結果

”土用の丑の日”に負けないキャッチフレーズがないかと言うことで、

販売促進の手段として、この花街の「巻き寿司」を復活させる事にした、

一大キャンペーンを行なった結果、徐々ではあるが、庶民に浸透しはじめた。



俗説で「セブンーイレブンが考え出した」とか「広島のセブンーイレブンが始めた」

と言われることがありますが、それは間違いです。



昭和58年”ファミリーマート”がコンビニで初めて、この「巻き寿司」を店頭販売した。

続いて、平成元年”セブンーイレブン”も店頭販売を開始した。

そして”セブンーイレブン”は、他のコンビニに先駆けて平成9年に全国販売を展開する。

その後、他のコンビニもそれに追従した。

但しその時の商品名は「節分の巻き寿司」 「幸運巻き寿司」 「丸かぶり寿司」などであった。

「恵方巻」と言う商品名は平成元年 広島のセブンーイレブンの個人オーナーが

「恵方巻」と命名して売り出したのが最初です。

その後この「恵方巻き」の呼び名がゴロが良く、呼びやすいことから全国的に浸透した。




以上が「恵方巻き」の成立ちですが、キャッチコピーの先駆者としての

平賀源内の”土用の丑の日”はともかくとして、

単なる利益追求の為の集客手段としてのキャッチコピーの尻馬に乗る気がしない。


伊勢丹、モロゾフ、メリーの「バレンタインデーのチョコレート」

福岡の和菓子屋の「ホワイトデーのマシュマロとキャンディ」



性格がゆがんでいるのでしょうか。

どれも好んで食べようとは思わない。




しかし、ごく最近耳にするようになった

『恵方飲呑み』大賛成です。 (単なる酒飲みじゃねーのか!!)


2015risshun_manner2





もちろん、このままの「作法」でもいいのですが、

なにか、物足りなくないですか。     (やっぱ、ただの酒飲みじゃねえか!!)

2~3秒で終わってしまいますもの。

なんか、物足りないっすよ。



そこで提案です。


『新 恵方呑み』の作法


1.地元の酒を用意する。

      地元に育まれた水を使って造られた”地酒”はその土地々の”氏神様”に

      敬意を表する事にもなるのではないでしょうか。

2.肴(鰯)を用意する。

      節分ですから鰯ですよネ。節分にも敬意を表しないと。

      ここが「恵方巻き」と違って大人ですよね。


3.お気に入りの酒器に酒を注ぐ。

4.恵方の方角を向く。

5.鰯を一口つまむ。

6.気持ちを落ち着け、願い事を思い浮かべる。

7.地酒をいただく


8.そしてこれを三度繰り返す。

      日本人にとって三と言う数字は昔から縁起いい数字とされている




himonoya_jht-29.jpg






いかがでしょうか。

これなら満足するのではないでしょうか。     (お前だけだよ ば~か!!)


それぞれの地元の酒蔵さんとタイアップして、広めてみませんか。

そして将来は”かんぱい条例”のように”恵方呑み条例”を作りましょう。

      

『新 恵方呑み発祥の店』 募集中です。

賛同された方連絡お待ちしています。





以上”アル酎ハイマー”な戯言でした。
スポンサーサイト


戯言 | 08:08:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad