■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 東白庵 かりべ ~
「江戸っ子の年の瀬」と言えば”蕎麦”でしょう。

と言う訳で、蕎麦を食べに神楽坂に来ています。

JR飯田橋の駅から神楽坂を登り切り左に入り、

”割烹 加賀”の先の小さな袋小路にひっそりとありました。

『東白庵 かりべ』です。

よく見て行かないと通り過ぎてしまいそうな、隠れ家のようなお店です。

通りから観るとこんな感じです。  初めての人は解かりませんよネ。




         神楽坂 蕎麦 001







小さな「袋小路」を入り正面から観ると、何となく納得します。




神楽坂 蕎麦 002





店主の苅部さんは、閉店した「竹やぶ 六本木ヒルズ店」の店長を8年勤めていて

3年半前に独立してこの神楽坂に店を出したそうです。

いわゆる、生粋の”竹やぶ系”です。







店内は、しっとり落ち着いた雰囲気で、これから出される食物の「プロローグ」を充分感じさせます。

と言う訳で、蕎麦と言えば切っても切れない「日本酒」をまず注文

お通しはよく味の沁みた”凍み豆腐”

抜群の組み合わせです。



神楽坂 蕎麦 003





軽くつまめる”玉子焼き”を追加。

玉子4つを使うそうです、贅沢玉子でしょうか。



神楽坂 蕎麦 004






「江戸っ子」は”せいろ”かと思いましたが

少し冷えているので”天ぷらそば”をオーダー。




丁度酒が切れた頃合いに合わせたように、”天ぷらそば”が到着です。




神楽坂 蕎麦 006




天ぷらと蕎麦が別々になっています。

揚げたての天ぷらを蕎麦汁に入れた時の「ジュッ」をお客さんに感じてもらいたいからだそうです。

天ぷらも上品に”すまし汁”のようです。 量も少なめでちょうど良い。

これが”竹やぶ系”なんでしょうね。




神楽坂 蕎麦 007




天ぷらは”才巻海老のかき揚げ”です。

ボリュームがあって、見るからに「プリ、プリ」してます。

では、店員さんのご要望にお応えして、天ぷらの「浸水式」です。

    『ジュッ!!』


神楽坂 蕎麦 009




蕎麦は上品で海老のかき揚げはしつこくなく、ほんのり甘くとても美味しかったです。

汁まで「完食・完飲」でした。

又、接客が最高でした。

”竹やぶ六本木ヒルズ店”でミシュランの一星を取った時の店員さんが来ているそうですが

流石”一星”フレンチやイタリアンとは違うソフトな”思いやり蕎麦接客”でした。

『東白庵 かりべ』に


     ”ごちそうさま!!”



スポンサーサイト


食べる | 19:47:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad