■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 鳥ぎん銀座本店 ~
時間つぶしに銀座を歩いていると

路地裏に美味しそうな”灯”を見つけました。

時間も昼時を少し回ったころ。

寒さに震える身体も「曲がりなさい!!曲がりなさい!!」と言っている。




         銀座 鳥銀 016






路地を入ってほどなく

足が止まったのはここ『鳥ぎん銀座本店』




         銀座 鳥銀 015









『鳥ぎん』は戦後間もなく、この場所で”焼とり”と”釜めし”をメインに

酒を飲ませる店を開いて今日に至っているそうです。

そして今もそれは変わっていないそうです。






階段を降りて地下1階の店内に入ると、清潔感溢れる広い空間が広がる。

決して、路地裏の焼き鳥屋の雰囲気ではなかった。

カウンターとテーブル席があったが、やはりカウンターが特等席だろう。

カウンターの一番角に座る。



酒は「灘の生一本 沢の鶴」を注文

すぐに、お通しの「白子おろし」と酒が来る。

グラスを枡で受けてる以上、枡も満たすのが一般的だが。

やはり期待した通りでした。

枡一杯に酒が注がれる。




銀座 鳥銀 003








メニューをみるといたってシンプルでした。


   焼とり各種

   釜めし各種

   一品料理は「もつ煮込み」「冷奴」「サラダ」のみ


聞くと「焼とり盛り合わせ」にコースがあると言う。

”まずは、コースで一通り食べてから単品を頼め!!”

東十条の「とあるもつ焼き屋のおやじ」に云われたのを思い出した。

(つぶやき:あんたこそ、店の名前と場所が少しずれてるやろ!!)



と言う訳で”エンジョイコース(焼とり8種)”を注文

「焼鳥」「ねぎま焼」「つくね焼」「鳥皮焼」「ぎんなん焼」「うずら玉子焼」「もつ焼」「椎茸焼」




銀座 鳥銀 005




どれも旨い!!

表面はカリッと中はジューシー。

これをするには、焼き時間を短くしなければならない。

そしてそれをするには「生きのいい良い肉」でなければならない。


焼き場を見てみると、納得です。




         銀座 鳥銀 006






あまりの旨さに、「釜飯」を頼んだことも忘れ焼とりを追加する。

「ねぎま焼」「ぎんなん焼」「椎茸はさみ焼」「鴨やき」




銀座 鳥銀 008




銀座 鳥銀 009




これも又旨かった特に「鴨やき」は最高でした。

「今日一の焼とり」は「鴨やき」でした。









いよいよ、メインディシュの「釜めし」です。

注文を受けてから炊き込むそうです。




銀座 鳥銀 010




中身は、これが又今が旬の”かき釜めし”です。

見るだけでもよだれがでます。




銀座 鳥銀 011




茶碗によそって ”いただきます!!”   

箸を挟んで”合掌”




銀座 鳥銀 013





実に”美味”

出汁も最高です。

”薄からず””出しゃばらず”年期の入った味です。

その辺の化学調味料で作った味ではありませんネ。



本当に「焼とり」も「釜めし」も最高でした。

看板に偽りなし!!







大満足と大満腹で店を出ると、狭い路地を挟んで目の前に

”ニュー鳥ぎん”がありました。




銀座 鳥銀 020





以前、暖簾分けをして独立したそうです。

今は別々の店としてお互い切磋琢磨しているそうですが

名物は「焼とり」「釜めし」と同じです。

出てきたお客さんに聞くと、こちらはやや狭く「路地裏風」の雰囲気だそうです。

それぞれに特徴があり、お客さんも好き好きがあるようです。


今度はこちらにも顔を出してみたいと思います。






以上、銀座の路地裏の素敵な焼鳥屋『鳥ぎん銀座本店』でした。








スポンサーサイト


お酒 | 18:04:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad