■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~鋸山(のこぎりやま)で”修行僧!!”~
房総の霊峰『鋸山』です。
標高は329mほどです。
良質の建築用石材の産地として江戸時代から盛んに採石が行われた。
その切り出した石切り場の形が鋸のようなので『鋸山』と呼ばれるようになったそうです。
本名は『乾坤山(けんこんざん)』と言うそうです。
全然かわいくないですネ。やっぱり『鋸山』にしときましょう。

南房総 091


『鋸山』には『日本寺』があります。
日本一の「磨崖仏」がある『日本寺』です。


南房総 089


「磨崖仏」とは岩を彫刻した「大仏」のことです。
大分の「臼杵の磨崖仏」が有名ですが、そこの「磨崖仏」より大きいそうです。
現在の高さが31mあるそうです。ビルで言うと10階建くらいですかネ。
楽しみですネ。入場料を払って出発です。

「近道」と言う矢印にしたがって進む。

南房総 098

南房総 097

04092909tozandou.jpg




行けども行けども「磨崖仏」の姿は見えない。
階段を「登ったり」「降りたり」「登ったり」「登ったり」「登ったり」
見えてくるのは「階段ばかり

04092914jigokunozoki(鋸山)


石切り場跡のせいか登りもくだりも「急すぎる」
”ヘロヘロ”です。
”入る時、確か30分程で「磨崖仏」いけます”言っていたやつを呼んで来い。
一時間以上登ったり降りたりしている。
エスカレーターを考えた人を心から尊敬します。

04092917okunoin(日本寺)

南房総 093

南房総 092



途中の「五百羅漢」「千五百羅漢」素通りです。
「膝が笑う」どころか「膝がえづいて」います。
体中の「コンドロイチン」と「グレコサミン」が空っぽになった。


南房総 094

や~っと着きました。
疲れすぎて有難味が薄れてる。
しばし動けない。


でも「大仏」何か人のいいおじさんのような顔をしています。
これも「南房総」の温暖な気候風土がはぐくんだのか。

南房総 096

南房総 095


帰りは少しでも楽が出来るかと、別のルートで戻りましたが、全く変わりありませんでした。

なんだかんだでやっとの思いで出発地点に戻りました

本当に疲れた。”ヘロヘロ ”です。

「野宿」も脳裏をかすめた。
入城の時ちゃんと説明してくれ!
ちゃんと「年齢制限」しろ!

とんでもない一日でした。













スポンサーサイト


神社 | 13:32:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad