■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 羽子板市 ~
江戸の年の瀬の風物詩の一つ

浅草『浅草寺の羽子板市』にお邪魔しています。




羽子板市 002




場所は『浅草寺の境内』の五重塔の前あたりです。

仲見世通りとは少し違う賑わいを醸し出しています。

明らかに違うのは”外人の方”が殆ど見受けられません。




羽子板市 013




羽子板市 028








時折、威勢のいい「三三七拍子」が聞こえてきます。




羽子板市 015








高額商品の絵面はほとんどが”歌舞伎物”です。

「藤娘」「連獅子」「助六」「勧進帳」などが主体でしょうか。




         羽子板市 004




         羽子板市 005




         羽子板市 007




         羽子板市 008




綺麗ですね。

羽子板とは思えないですネ。 芸術作品ではないでしょうか。

お店によってそれぞれ”顔”が違うそうです。

で、やっぱりひと際綺麗なのは「女形」でしょうか。




         羽子板市 026








羽子板の「女形」にも負けず、「売り子さん」の笑顔も素敵でした。




         羽子板市 030









それぞれの店の一番高額・高級商品には、

企業名・商店名・個人名あるいは大学名まで書かれています。

ここで、問題です。

この名札の意味するものはなんでしょうか




         羽子板市 014




         羽子板市 018




         羽子板市 017







もちろん「売約済」ではありません。


正解は、この商品を製作するに当たって「費用負担をしてくれた方」の名前です。

所謂、スポンサーに対するお礼の宣伝行為なんです。

何か勘違いしてしまいますよネ。

ですから決して「なんだ、あれほしかったのに売れちゃってんのかヨ」

なんて言ったら大変なことになりますヨ。

ウン十万ですから。











恒例の今年の世相を反映した「羽子板」もちゃんとありました。

まずは、日本中を沸かし、元気づけた”エアー圭”こと『錦織 圭』




         羽子板市 011








惜しい人を亡くしました。”ポッポ屋”の『高倉 健さん』




         羽子板市 012








”人形の久月”も造ってました。

こちらは説明いりませんよネ。




         羽子板市 033




         羽子板市 034




         羽子板市 035




         羽子板市 036









そして、今日一番のお気に入り羽子板がこちらです。




         羽子板市 016




綺麗でしょう。 ”金メダル級”です。

ほんとにこれ「羽子板」って思いますよね。







全てが高額ですので購入することは出来ませんでした。

なにせ、一番小さい「手のひらサイズ」で五千五百円ですから。

お金が羽子板の羽根と一緒に飛んで行ってしまいます。



しかしながら年の瀬の独特の”エキス”を一杯浴びることが出来ました。

『羽子板市』に感謝です。









江戸の年の瀬の風物詩の一つ

浅草『浅草寺の羽子板市』にお邪魔しています。




羽子板市 002




場所は『浅草寺の境内』の五重塔の前あたりです。

仲見世通りとは少し違う賑わいを醸し出しています。

明らかに違うのは”外人の方”が殆ど見受けられません。




羽子板市 013




羽子板市 028








時折、威勢のいい「三三七拍子」が聞こえてきます。




羽子板市 015








高額商品の絵面はほとんどが”歌舞伎物”です。

「藤娘」「連獅子」「助六」「勧進帳」などが主体でしょうか。




         羽子板市 004




         羽子板市 005




         羽子板市 007




         羽子板市 008




綺麗ですね。

羽子板とは思えないですネ。 芸術作品ではないでしょうか。

お店によってそれぞれ”顔”が違うそうです。

で、やっぱりひと際綺麗なのは「女形」でしょうか。




         羽子板市 026








羽子板の「女形」にも負けず、「売り子さん」の笑顔も素敵でした。




         羽子板市 030









それぞれの店の一番高額・高級商品には、

企業名・商店名・個人名あるいは大学名まで書かれています。

ここで、問題です。

この名札の意味するものはなんでしょうか




         羽子板市 014




         羽子板市 018




         羽子板市 017







もちろん「売約済」ではありません。


正解は、この商品を製作するに当たって「費用負担をしてくれた方」の名前です。

所謂、スポンサーに対するお礼の宣伝行為なんです。

何か勘違いしてしまいますよネ。

ですから決して「なんだ、あれほしかったのに売れちゃってんのかヨ」

なんて言ったら大変なことになりますヨ。

ウン十万ですから。











恒例の今年の世相を反映した「羽子板」もちゃんとありました。

まずは、日本中を沸かし、元気づけた”エアー圭”こと『錦織 圭』




         羽子板市 011








惜しい人を亡くしました。”ポッポ屋”の『高倉 健さん』




         羽子板市 012








”人形の久月”も造ってました。

こちらは説明いりませんよネ。




         羽子板市 033




         羽子板市 034




         羽子板市 035




         羽子板市 036









そして、今日一番のお気に入り羽子板がこちらです。




         羽子板市 016




綺麗でしょう。 ”金メダル級”です。

ほんとにこれ「羽子板」って思いますよね。







全てが高額ですので購入することは出来ませんでした。

なにせ、一番小さい「手のひらサイズ」で五千五百円ですから。

お金が羽子板の羽根と一緒に飛んで行ってしまいます。



しかしながら年の瀬の独特の”エキス”を一杯浴びることが出来ました。

『羽子板市』に感謝です。






スポンサーサイト
旅・はいかい | 21:22:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad