■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 黒門前緑地 ~
金沢城の黒門を出たところに『黒門前緑地』があります。

名前の通り、そのまんまです。

金沢地検の検事正の官舎があったところに、科学者だった「高峰譲吉」の家を移築して

造られた公園です。

金沢には「○△緑地」と言う公園があちらこちらに造られていて、

市民はもちろんのこと観光客の方々の憩いの場となっています。

そんな形で”歴史”や”所縁(ゆかり)”を残していくことはとても大切なことだと思う。

それは『過去』からの預かり物”だから『未来』にしっかり渡さないといけない。




         黒門前緑地 012

















検事正と聞くと今でも昔でもお偉いさんで、豪華な官舎にお住まいかと思いきや

意外と「慎ましやかな」シンプルな官舎です。




         黒門前緑地 007




         黒門前緑地 004








”高峰譲吉”は「アドレナリン」「タカジアスターゼ」の創製で世界的に知られた科学者です。




黒門前緑地 006




黒門前緑地 002




         黒門前緑地 005









そしてこの『黒門前緑地』一番気になったのが、『豪姫』所縁(ゆかり)の地であったと言うこと。



黒門前緑地 009




         黒門前緑地 008




『豪姫』は前田利家の四女で、母はご存じ『まつ』です。

幼少のころ、子供の無かった秀吉に養女として出される。

秀吉はこの『豪姫』を溺愛した。

後に「豪が男であったら関白にしたものを」と言わしめたのは有名な実話です。(手紙が現存)

又、病弱だった『豪姫』が「宇喜多秀家」に嫁いだ後も、病気が「狐が憑いた」のが原因と聞くと

稲荷の総本山「伏見稲荷」に「豪姫から出て行かなければ、日本中の狐を皆殺しにする」と

手紙で恫喝した。




黒門前緑地 010








そんな『豪姫』も、夫である秀家が「関ヶ原の決戦」に敗れると、秀家と離れ離れになり

子供を連れて、兄・前田利長が納める加賀の国へ逃げて来てこの地に移り住んだ。

それが、『黒門前緑地』だったのですね。



歴史は大切にしましょうネ。





スポンサーサイト


旅・はいかい | 21:36:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad