■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 秋 燃ゆる ~
東京近郊で一番の”紅葉スポット”武蔵野の面影を色濃く残す『平林寺』に来ています。

残念ながら、山門や本堂は改修工事の為見ることは出来ません。

参詣は次回にゆだねて今回は”紅葉”見学に徹します。


広さ48ha、東京ドーム9個分の境内が真っ赤に燃えてます。

この燃え盛る紅葉を観に沢山の方が”紅葉狩り”を楽しんでいます。

入り口を入ると広場で早速”真っ赤な紅葉”がお出迎えです。




平林寺 001




平林寺 002




いきなり先制パンチでしょうか。

いやいや、まだまだ序の口でした。

赤く燃える空が続きます。




平林寺 003




平林寺 005




平林寺 006












いつの間にか”赤の空間”に迷い込んでしまったような錯覚にとらわれませんか。

こころなしか、吸い込む空気でさえも赤く染まっているように思えます。




平林寺 009




”もみじの桃源郷”でしょうか。




平林寺 010











空や四方や空気ばかりではありませんよ。

床にも”緑と赤の絨毯”が敷き詰められています。

”レッド・グリーン”カーペットです。




          平林寺 011




平林寺 015









”赤い炎”がまだまだ林の奥へと誘っています。





平林寺 018




平林寺 025




          平林寺 028









もみじの絨毯にさそわれるがままに、足が自然に進みます。



          平林寺 019




平林寺 049




平林寺 053









此の辺で「箸休め」に

建造物とのコラボレーションをどうぞ




平林寺 030




平林寺 031




平林寺 035




          平林寺 036




平林寺 044





「石仏」にも”秋”のおすそ分けですか。

”秋”は境内一帯に降り注いでいます。






          平林寺 074








江戸時代「玉川用水」から分水し、乏水地帯であった多摩地区にとって”命の水”

と言われた”野火止用水”が『平林寺』境内まで入っていたんですネ。

しかもまだ面影を残している。

ビックリです。




平林寺 075







平林寺 108










再び”もみじの絨毯”を進みます。




平林寺 061




平林寺 068




平林寺 064




平林寺 066




平林寺 069








水面に映る”もみじ”と”いちょう”どちらも誇らしげに胸を張ってます。

「逆さもみじと逆さいちょう」でしょうか。

よく見てないと見過ごしますネ。



         平林寺 092








         平林寺 101









以上『平林寺』の”紅葉狩り借景”いかがでしたでしょうか。

観てるだけで顔が日に焼けたようではありませんか。

又何度も来てみたくなる場所の一つではないでしょうか。



スポンサーサイト


旅・はいかい | 06:21:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad