■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ ナリサワ ~
ランチを青山で「フレンチ」することになりました。

アジアでNO1フレンチシェフの呼び声の高い”成澤由浩”がオーナーシェフをしている

『ナリサワ(旧:レ・クレアション・ド・ナリサワ)』です。

青山通りからビルの吹き抜けをくぐったところにありました。

ちょっと探しちゃいました。




        青山ランチ 030







一番厨房側の席に通されました。

厨房がガラス張りで見えるようになってます。

店側であえてそうしているようです。

”創作ショー”なんでしょうかネ。

お客の中には「うっとうしい」と思われる方もいるかもしれませんが

私は、面白かったです。



        青山ランチ 003










2014年の”新秋”の料理テーマが決まっているようです。




        青山ランチ 033


”森とともに生きる(Evoive with the Forest)” だそうです。






まずはシャンパンでしょうか。

ソムリエの方によると今年はとても出来がよいそうです。




        青山ランチ 005-crop








【森のエッセンス・里山の風景】




        青山ランチ 006




苔と土に見立てているのは「おから」です。 木の枝に見えるのは「牛蒡」です。

横の木のコップには、削った木を浸しておいた「水」木のエッセンスエキスでっす。

”なるほど”感心するくらいの素晴らしい景色です。

これから出てくる料理に期待感が膨らみます。








【森のパン2010】




        青山ランチ 007




        青山ランチ 008




「グレープフルーツと「山椒の木の芽」を練り込んだパンを発行させるようです。

テーブルサイドで作業を見せていただきました。

後は発酵待ちです。








【炭】




        150x150_square_30038005.jpg




玉ねぎのフリットでした。








【沖縄】
 



        青山ランチ 009




スタッフの女性が持ってきてくれました。

沖縄の海蛇”伊良部”だそうです。




        青山ランチ 010




具は冬瓜に仔豚、沖縄産の芋の揚物

スープは、”伊良部スープ”








”森のパン”が焼けました。  




        青山ランチ 011




        青山ランチ 012




バターは苔に見せたほうれん草とブラックオリーブに包まれていました。




        150x150_square_30038057.jpg




パンは、外がカリットして、中はもっちり香ばしく、とても美味しかったです。 

結構な量がありましたが、バターもパンも残さずいただきました。








【ウニ・ユズ】    




        青山ランチ 013




利尻産の雲丹がとってもジューシーでおいしかったです。








【”灰2009”海岸の風景】
        



        青山ランチ 014




”灰2009”全く理解不能でした。

海岸の風景もよく判りませんでした.すいません








【賀茂なす】




        青山ランチ 015




大勢の厨房スタッフがピンセットを使って一つ一つ色物を挟み最後にそれを崩さないように

透明のゼリーシートのようなもので包んでいました。

本当に「茄子の切り身」一つにも手間暇かけてます。









【ラングスティーヌ・菜園】




        青山ランチ 017


野菜の下に駿河湾産の手長海老が隠れていました。

海老とドレッシングがぴったり合って、ジューシーで心地よい歯ごたえと風味を出していました。








【ワイン】


”ソムリエ”にワインの作り手の話と共にすすめられた「白ワイン」をいただきました。




        青山ランチ 019









【ハモ・白桃・インゲン】




        青山ランチ 021




初めて食べる感蝕でした。

不思議な味でした。

この鱧は骨切りしたものではなく、骨を抜いたものだそうです。

そこに「桃」と「インゲン」と「カボス」があり、

全体に「酢味噌」が掛けられていました。









【天城の軍鶏】




        青山ランチ 022




厨房の中で、チーフらしき人が、長い時間をかけて、一羽ごと捌いてました。

そして、たかが5分、10分差でも客のテーブル時間に合わせて焼いていました。

皮はパリ、中はジューシーな「軍鶏」でした。








【ベッリーニ】




        青山ランチ 023



白桃のサバランにシャンパンを注いで出来上がりです。








【チョコレート】




        青山ランチ 026




        青山ランチ 028




抹茶のわらび餅をチョイスさせていただきました。

美味しかったです。






スタッフの方が丁寧に「材料」や「産地」を説明してくれたのですが、

「フレンチ」に疎いこともあって、良く記憶できていません。

本当にすいませんです。

でも”美味しい”事だけは解かりました。

もう少し「フレンチ」を勉強してまた来たいと思います。

親切な「スタッフ」や「ソムリエ」の方本当にありがとうございました。











スポンサーサイト


食べる | 22:26:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad