■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 土用の丑の日 ~
『土用の丑の日』に鰻を食べる事を発想し、流行らしたのは”平賀源内”と言われています。

根拠は無く、単なる「俗説」と言う方もおりますが、いいじゃないですか”平賀源内”で。

下町の鰻屋のおっさんが流行らしたより、遥かにセンセイショナルで面白いし、

食べる鰻も味わいがでると言うもの。



       250PX-~1









”平賀源内”説はともかく『土用の丑の日』のおさらいです。

『土用』とは雑節の一つで元々年に4回あり「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれ前18日間を言う。

現在は「立秋」の前18日間だけが習慣として残っている。

『丑の日』は日にちを十二支で割り付けたもの。

したがって『土用の丑の日』とは「立秋(今年は8月7日)」の前18日の中で「丑」に当たる日の事。

十二支は12日間周期ですから、めぐり合わせによっては、2回「丑の日」に当たる年もある。







       土用の丑の日 003

    〖”さんほれ”の壁に貼られているポスター (美味しそうですネ)〗






つまらない(美味しくない)話はこのくらいにして本題の美味しい話です。



       


       土用の丑の日 011-crop







JR秋葉原駅のほど近く、神田佐久間町に”和食処 さんほれ”と言う和食屋さんがあります。

ふぐと鰻をメインに、手の込んだ季節料理を出す洒落たお店です。



       土用の丑の日 007




       土用の丑の日 005-crop







外見は高級そうで、コスパが高そうに見えますが、そんなことはありません。

”女将”も”値段”も、いたって大衆的です。

時々、仕事の帰りに寄らせてもらっています。

場所柄か「ランチ」もやっているようです。



       土用の丑の日 001-crop







いつ来ても、期待を裏切らないものを出してくれるのがうれしいですね。

大将も江戸っ子らしく、気持ちのいい対応をしてくれます。

大将の造った「〆鯖」は大のお気に入りです。


店名の”さんほれ”は聞いたところによると(又聞きですが)

「お客」「仕事」「土地」の3つに惚れると言う意味らしい。

よく判りません。



       土用の丑の日 002









いつも壁に美味しそうな”うなぎ”のポスターが貼られています。(前記)

そんなポスターにつられた訳ではありませんが、

『土用の丑の日』と言うことで『鰻ランチ・うな重』です。

ちょっと贅沢だったでしょうか。




       土用の丑の日 009

              〖ポスターではありません本物です〗








美味しいです。

ふわっと!柔らか。

タレの甘みも丁度良く「ばか旨」です。

あっと言う間に完食です。

憧れの”さんほれ”の鰻ランチいただきました。



夜の”さんほれ”もいいですよ。

会社帰りのサラリーマンで賑います。



       土用の丑の日 004





酒徳利も、「夜」もおいでと誘っているようです。

「招き徳利」か!!

暑い時は夕涼みに

寒い時は温もりに、ちょっと寄ってみたくなるお薦めのお店です。


『土用の丑の日』平賀源内エレキテルを思いながら食べる「鰻ランチ」でした。





スポンサーサイト


食べる | 07:53:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad