■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 王子稲荷神社 ~
JR王子駅から、線路沿いにしばらく東十条の方角を行くと『王子稲荷神社』がある。

落語の「王子の狐」の舞台となっていることでも有名で古くより庶民に愛されてきた。

関東の稲荷神社の総元締めに当たる神社です。

毎年大晦日の夜に、関東一円の稲荷神社から狐たちが集まって参詣したという伝承がある。



王子稲荷神社 012













道路に面して門があり、その門にはこのような看板が掲げてありました。


          王子稲荷神社 001



 国認定 重要美術品  『顔面著色鬼女図』  日本画家・蒔絵師  柴田是真作 とあります。

江戸時代に奉納された「絵馬」だそうです。


 『顔面著色鬼女図』 


「その昔,羅生門に出没していた「鬼女」を,ある武将が鬼女の腕を切り落として退治した。

その6日後、取られた腕を取り返すべく鬼女は武将の伯母に化けて武将の屋敷を訪れた。

鬼女は程よく腕を取り返すや否や、伯母から転じて元の鬼女に戻った」

その戻った場面を描いた図だそうです。

麗美な服装とグロテスクな面貌との対照が場面の凄味を高め、人々を慄然とさせ、柴田是真の名を

世に知らしめ、出世作となった。



          額面著色鬼女図



この絵馬の奉納者は当時の「砂糖問屋組合」の代表者で、

天保の改革で各方面の粛正を強いていた幕府に対し

取り上げられた商権を「切られた鬼女の腕」に例えて、復活の大願成就を籠めたものらしい。








門を入るとすぐ右側にこんな建物がありました。



          王子稲荷神社 002


元来は「手水舎」だったんでしょうネ。

さすが「お狐様」 幼稚園児の「砂場」に化けてます。

それにしてもずいぶん立派な「日射よけ」ですね。





階段の手前に摂社の「市杵島神社」がある。

鳥居もしっかり造られている。



          王子稲荷神社 003




          王子稲荷神社 004







やはり、狛犬ではなく「狐」ですネ。


          王子稲荷神社 005






階段を上がると、ありました屋根のない手清め水が




          王子稲荷神社 010


「母屋とられて、もらい水」ですか








【拝殿】です。

階段を上がってすぐ正面にあります。

立派の一言です。



          王子稲荷神社 006





          王子稲荷神社 008



輝いてます。

棟が多く、肩をいからしたような造りは「権現造り」でしょうか。






拝殿の天井には、幕府の御前絵師・谷文晁の「竜」の板絵があると聞いたので

上がらせていただきました。


          王子稲荷神社 007




これも立派な素晴らしい絵ですが、どうやら谷文晁の「竜」ではなさそうです。








拝殿の横に「舞殿」がありました。



          1本殿?








拝殿の横の階段を上がると

「本宮社」があります。


          王子稲荷神社 009





「本宮社」の横には「石祠」があります。



          洞窟





「狐穴」


          狐の穴
    




「お石様」


願い事を唱えながら持ち上げるそうです。


          お石様









大晦日に『王子稲荷神社』に参詣する狐たちは、まず近くにある「装束の榎」と呼ばれた大きな榎の下で

装束を整えてから参詣したそうです。

榎の下に集まった狐たちが灯す火(狐火)によって来年の作物の豊凶を占ったそうです。



          狐図Ⅰ





現在はこの模様を再現した「狐の行列」が、大晦日に地元の方々によって行われています。


          20.jpg





又「狐の嫁入り」も有名です。


          狐図Ⅱ





王子稲荷神社 013-crop






以上『王子稲荷神社』でした。

スポンサーサイト


神社 | 16:15:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad