■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 荒川土手の「春霞」 ~
春の息吹を探しに『荒川土手』に来ました。

残念ながら寒の戻りでしょうか、「春うらら」とはいきませんでした。

上着を一枚多く羽織っての散歩です。



荒川土手の春霞 002




でも、『荒川土手』には確実に「春」は来ていました。

まず空気の色が違います。緑は緑に、赤は赤に鮮明に映し出してくれます。

「芝桜」が綺麗ですネ。



荒川土手の春霞 001




「これでもかピンク」とでも名付けましょうか。

みなもも、光っています。

水の動きも滑らかで、冬の時のように重くありません。




荒川土手の春霞 003






対岸に見えるのが、埼玉県川口市の高層マンション群です。

赤羽側とどちらが都会だか判りませんネ。

『アド街ック天国』で「埼玉のマンハッタン」と言わしめた風景です。






草木はすでに「春満開」です。



荒川土手の春霞 005



荒川土手の春霞 007







水辺は水温が少し低いせいか、小魚の活性は今一のようです。



荒川土手の春霞 006



荒川土手の春霞 008





その反面水鳥は思ったより元気です。



荒川土手の春霞 011






「干潟」ももう少しですかネ。


荒川土手の春霞 009



荒川土手の春霞 010











しかし、いずれにしても、もう少し「荒川」の水自体を綺麗にする必要がありますネ。

まだまだ生活ゴミなどが流れている。


やっぱ、人間は魚や水鳥と共生・共存しないといけないでしょう。


少なくとも河原を利用した人だけでもゴミは持ち帰りましょうヨ。

あっちこっちゴミの山じゃないですか。

綺麗だったものは綺麗にして「未来」に引き渡しましょう。

大人の礼儀です。





荒川土手の春霞 012






それにしてもすごい人出です。 お祭りでもあるんですかネ。

野球をしている人、サッカーをしている人、それを応援している人、家族でピクニックしてる人

ものすごい数です。




荒川土手の春霞 015






つい先日「お花見」が終わったばかりなのに、もう「B・B大会」ですか。

私も嫌いではないですよ。



陰暦の二十四節気の一つに『啓蟄』と言うのがありますが、

その意味は「春の暖かさを感じて、冬籠りしていた虫が外に這い出る頃」

と教わりました。

う~む。虫だけではないですね。 い~や虫以上ですね、人間の数は

どこから這い出て来たのでしょうか  

(アホカァ!! お前もその一人だろうが偉そうに!!・・・・『天の声』)

少し前の冬には、この吹きさらしの河川敷には、せいぜいジョギングをする人か、犬を散歩する

お年寄りしかおりませんでしたが、今日はどうでしょう。

堰を切ったように(河原だけに)人が集まって来ています。

世の中、景気も『啓蟄』と言うことですか。 





春の神様が、橋の麓にこんなところをプレゼントしてくれました。




荒川土手の春霞 014






東京23区内で唯一の蔵元『小山酒造』さんです。

明治11年創業の老舗の蔵元です。



荒川土手の春霞 013




小山酒~1







全日空の機内誌『翼の王国』の2013年12月号の特集で取り上げられ、

全国的にも注目を浴びています。

見学もできるのですが、残念ながら今日は休日でお休みでした。






今日は荒川土手で『春霞』と『啓蟄な仲間達』を堪能させていただき、

『春が来た』を実感しました。



スポンサーサイト


旅・はいかい | 12:53:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad