FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ おたぬきさんと御衣黄と ~
不要・不急な外出粛清に基づき、遠出ができないので、またまた近場でお茶を濁します。

職場の近くの桜です。

ですが、大好きな”おたぬきさん”の境内にある大好きな桜”御衣黄”です。

”おたぬきさん”はご存じ日本女子最高の出世頭「桂昌院がこよなく信仰した「福寿稲荷」

の愛称です。 他を抜いて出世をさせてくれる神様だから”おたぬきさん”と言われました。

京都の貧しい八百屋の娘が、たまたま徳川3代将軍家光のお供で京都に来ていた「春日野局」と

出会い、大奥で下働きをするようになり、たまたま大奥に来た「家光」の目に留まり

側室の一人となり、やがて5代将軍となる「綱吉」を産み将軍の生母として世間から敬われた。

大奥2千人のお女中さんみんながあこがれて、ご利益にあやかろうと通った「福寿稲荷」です。

その”おたぬきさん”の象徴の石像を覆い包むように気品にあふれた『御衣黄』が咲いています。



         s-おたぬきさんDSC_2035_01










ここは「柳森神社」の境内です。

狭い境内の中に7つの神社、祠が同居しています。

”おたぬきさん”はその一つですが、人気度は、地主の柳森神社をもしのぐ勢いです。

出世物語りでは、男子の「木下藤吉郎」に少し引けをとっていますが

決して世の中の人が桂昌院の出世物語を忘れたわけではありません。

桂昌院は若いころの名を「お玉」と言います。

若い女性が、桂昌院のように、位の高い男性や裕福な男性と結ばれることを

桂昌院の出世に例えて”玉の越”と言われ、今でも言い継がれています。




s-おたぬきさんDSC_2059_01







         s-おたぬきさんDSC_2052_01









『御衣黄』は別名”黄桜” 。

名前のように薄緑の透き通るような花を咲かせます。

この花に魅せられて、自社の会社名やその商品名にまでしてしまった

京都伏見の有名な酒蔵さんもいます。




s-おたぬきさんDSC_2041_01





s-おたぬきさんDSC_2037_01





         s-おたぬきさんDSC_2050_01











「御衣黄」の花は散る頃には花の中央が朱色に変色してきます。

朱を帯びてくるともうじき散りますよと言う合図です。




s-おたぬきさんDSC_2048_01





         s-おたぬきさんDSC_2045_01










以上、大好きな『おたぬきさん』と大好きな『御衣黄』 の春爛漫でした。




s-おたぬきさんDSC_2061_01








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポンサーサイト



旅・はいかい | 14:12:06 | トラックバック(0) | コメント(0)