FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 代々木八幡宮 ~
山手通りをややかすめる様に鎮座していました。

『代々木八幡宮』 です。




         s-代々木八幡DSC_2137_01











社  号          代々木八幡宮

鎮座地           東京都渋谷区代々木5丁目1-1

主祭神           応神天皇

社各等           村社

創  建          建暦2年(1212年)

例  祭          9月23日











【由緒・沿革】



建暦2年(1212年)、源頼家の近習・近藤三郎是茂の家来であった荒井外記智明によって

創建された。頼家が修禅寺で暗殺された後、智明は武蔵国代々木野に隠遁し主君の冥福を

祈る日々を送っていたが、建暦2年8月15日の夜、鎌倉の八幡大神から宝珠のような鏡を授かり、

託宣を受ける夢を見た。そこで、同年9月23日、元八幡の地に小祠を建て鶴岡八幡宮より勧請を

受けたのが始まりです。

昭和25年、境内の発掘調査が行われ、縄文時代の住居跡などが発見された。

境内には竪穴式住居を復元したものがおかれている。











【社号標】



深く掘られた社号が威厳の大きさを物語っているようです。



          s-代々木八幡DSC_2116_01











【狛犬 Ⅰ】



参道の入り口に威風堂々と鎮座していました。

「吽形」はかなりの鳩胸に造られていました。


s-代々木八幡DSC_2118      s-代々木八幡DSC_2117











【一の鳥居】




s-代々木八幡DSC_2119











【二の鳥居】




s-代々木八幡DSC_2120











【参道 狛犬】



参道の中ほどに鎮座していました。

顔がやや横向きなので以前は神殿の前に置かれていたものでしょうか。




s-代々木八幡DSC_2122      s-代々木八幡DSC_2121











【手水舎】


新型コロナウイルスまん延防止の為、柄杓の回し使いができないので原則使用禁止に

なっています。ただし、こちらは社務所に行けば柄杓を貸してくれるそうです。

親切ですネ。




s-代々木八幡DSC_2123










【本殿 狛犬】


阿形が子供を吽形が毬を持っています。

どちらも勇猛果敢な面構えです。

ご丁寧に台座にも彫刻が施されています。

阿形が竜、吽形が虎

神殿の前なので、お尻が神様に向かないように横向きに置かれています。




s-代々木八幡DSC_2126      s-代々木八幡DSC_2127











【本殿】




s-代々木八幡DSC_2132




   ≪本殿扁額≫




s-代々木八幡DSC_2131





s-代々木八幡DSC_2134








「唐破風」にも鳳凰の彫刻が施されていました。



s-代々木八幡DSC_2133








【御神木】




         s-代々木八幡DSC_2135











以上、近すぎて中々参詣できなかった 『代々木八幡宮』 でした。












気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


    

スポンサーサイト



神社 | 10:35:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 秋葉神社 ~
又、手短なところで失礼します。

上野駅から歩いて7~8分のところに鎮座する”秋葉原”の地名の起源ともなった

『秋葉神社』にお邪魔しています。




s-秋葉神社DSC_2075_01











社  号          秋葉神社

鎮座地           東京都台東区松が谷3-10-7

主祭神           神火産霊大神(火の神)

               水波能売神(水の神)

               埴山毘売神(土の神)

社各等           郷社  

創  建          1870年(明治3年)

例  祭          5月18日










【由緒・沿革】 



当初の名は鎮火社といった。1869年(明治2年)暮れの大火を受け、明治天皇の勅命により

翌1870年(明治3年)に現在のJR秋葉原駅構内(東京都千代田区神田花岡町)の地に、

火の神火産霊大神、水の神水波能売神、土の神埴山毘売神の三柱を祀神として

勧請したのが始まりです。

1888年(明治21年)に鉄道線の拡張の為現在地に移転。

1930年(昭和5年)秋葉神社と改名して今日にいたる。

尚、日本全国に約400社点在する「秋葉神社」とは効用が”火伏”と同じですが

直接の関係はない。俗に言われている秋葉山から勧請したと言うのも間違いです。












【社号標】




         s-秋葉神社DSC_2066_01











【鳥居】



s-秋葉神社DSC_2072




    ≪鳥居扁額≫




         s-秋葉神社DSC_2073_01








もう一つ鳥居がありました。
 




s-秋葉神社DSC_2065_01











【手水舎】




s-秋葉神社DSC_2067_01













【狛犬】



立派な狛犬でした。

犬と言うより獅子に近いですネ。




s-秋葉神社DSC_2069_01      s-秋葉神社DSC_2068_01











【本殿】




s-秋葉神社DSC_2070_01











以上、時節柄参詣者のいない、静まり返った『秋葉神社』 でした。

尚、撮影は”緊急事態宣言”の発令前に行ったものです。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



神社 | 23:01:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 御衣黄と福禄寿 ~
不要不急の外出禁止、緊急事態宣言、休業要請等のお達しにより「爺・写夢歩」も

滞りがちですいません。

今日は、通勤の途中で”途中下車 写夢歩”です。

お邪魔しているのは、飛鳥山公園のお隣「七社神社」です。

七社神社の社殿前には、狛犬と並んで『御衣黄と福禄寿』がゲートを創るように向かい合って植えられています。

左が”御衣黄”右が”福禄寿”です。




s-七社神社DSC_2113_01





        s-七社神社DSC_2115_01











こちらの御衣黄は、花が咲いた時は緑ですが、日に日に赤身が増して最後は朱色に染まり

散っていきます。




s-七社神社DSC_2082_01






s-七社神社DSC_2085_01





s-七社神社DSC_2098_01











こちらの御衣黄の特徴は、同じ木なのに下部は赤身が多く上部は緑色が多いのです。

不思議ですネ。元々品種改良で造られた木ですのでバラツキがあるんですかネ。




s-七社神社DSC_2094_01





s-七社神社DSC_2088_01





s-七社神社DSC_2091_01











同じ桜の仲間 「福禄寿」です。

まさにショッキングピンクです。




s-七社神社DSC_2112_01





s-七社神社DSC_2110_01




七社神社はこの2本の木ばかりでなく”泣き相撲”や20人程の巫女さんが舞を奉納する

”春光絵巻”などの行事でも知られています。









以上、七社神社の『御衣黄と福禄寿』 でした。

尚、写真は「緊急事態宣言」の発令以前に、撮影したものです。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 19:09:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ おたぬきさんと御衣黄と ~
不要・不急な外出粛清に基づき、遠出ができないので、またまた近場でお茶を濁します。

職場の近くの桜です。

ですが、大好きな”おたぬきさん”の境内にある大好きな桜”御衣黄”です。

”おたぬきさん”はご存じ日本女子最高の出世頭「桂昌院がこよなく信仰した「福寿稲荷」

の愛称です。 他を抜いて出世をさせてくれる神様だから”おたぬきさん”と言われました。

京都の貧しい八百屋の娘が、たまたま徳川3代将軍家光のお供で京都に来ていた「春日野局」と

出会い、大奥で下働きをするようになり、たまたま大奥に来た「家光」の目に留まり

側室の一人となり、やがて5代将軍となる「綱吉」を産み将軍の生母として世間から敬われた。

大奥2千人のお女中さんみんながあこがれて、ご利益にあやかろうと通った「福寿稲荷」です。

その”おたぬきさん”の象徴の石像を覆い包むように気品にあふれた『御衣黄』が咲いています。



         s-おたぬきさんDSC_2035_01










ここは「柳森神社」の境内です。

狭い境内の中に7つの神社、祠が同居しています。

”おたぬきさん”はその一つですが、人気度は、地主の柳森神社をもしのぐ勢いです。

出世物語りでは、男子の「木下藤吉郎」に少し引けをとっていますが

決して世の中の人が桂昌院の出世物語を忘れたわけではありません。

桂昌院は若いころの名を「お玉」と言います。

若い女性が、桂昌院のように、位の高い男性や裕福な男性と結ばれることを

桂昌院の出世に例えて”玉の越”と言われ、今でも言い継がれています。




s-おたぬきさんDSC_2059_01







         s-おたぬきさんDSC_2052_01









『御衣黄』は別名”黄桜” 。

名前のように薄緑の透き通るような花を咲かせます。

この花に魅せられて、自社の会社名やその商品名にまでしてしまった

京都伏見の有名な酒蔵さんもいます。




s-おたぬきさんDSC_2041_01





s-おたぬきさんDSC_2037_01





         s-おたぬきさんDSC_2050_01











「御衣黄」の花は散る頃には花の中央が朱色に変色してきます。

朱を帯びてくるともうじき散りますよと言う合図です。




s-おたぬきさんDSC_2048_01





         s-おたぬきさんDSC_2045_01










以上、大好きな『おたぬきさん』と大好きな『御衣黄』 の春爛漫でした。




s-おたぬきさんDSC_2061_01








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 14:12:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 十番稲荷神社 ~
地下鉄大江戸線「麻布十番駅」の出口の隣に鎮座していました。

”7番出口を出て徒歩0分” の看板に偽りはありませんでした。

神社の形態は他の都会の神社同様”ギュッ”と濃縮されたように佇んでいます。




         s-十番稲荷DSC_2034_01











社  号          十番稲荷神社


鎮座地           東京都港区麻布十番1-4-6

主祭神           倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

               日本武尊(やまとたけるのみこと)

               市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

               田心姫命(たぎりひめのみこと)

               湍津姫命(たぎつひめのみこと)

社各等           旧末廣神社:旧村社

               旧竹長稲荷神社:旧無格社

創  建          旧末廣神社      慶長年間(1596~1615年)

               旧竹長稲荷神社   不詳











【由緒・沿革】



十番稲荷神社は、戦前存在した末廣神社と竹長(たけちょう)稲荷神社が合併した

神社です。

両社は1945(昭和20)年4月15日の空襲により焼失している。

戦後の1950(昭和25)年6月、復興土地区画整理により、両社境内地を旧麻布永坂町48番地の

現在地に換地され隣接指定された。

この後、合併して社号を十番稲荷神社と改称した。

1997(平成9)年3月29日に現社殿に建て替えられています。











【社号標】




         s-十番稲荷DSC_2020_01











【鳥居】



この鳥居は平成9年現社殿新築の際、旧鳥居が老朽化の為建て替えらえましたが

旧鳥居は、麻布十番出身の喜劇王、”エノケン”こと榎本健一氏が奉納したものでした。




s-十番稲荷DSC_2019_01










【狛犬】



この狛犬は、戦前の昭和12年に、前身である「末広神社」に奉納されたものです。

奉納したのは、麻布十番出身でコロンビアレコード所属の歌手として「船頭可愛や」などの

ヒットで知られる、「音丸(本名 永井満津子)」さんです。

戦時中は、地中に埋めていたため戦災をまぬがれたそうです。




s-十番稲荷DSC_2022_01      s-十番稲荷DSC_2021









いかにも壮観で勇猛そうな立派なブロンズ像です。

土に埋めて、確保した気持ちがわかります。

焼夷弾なら十分防げますよネ。




         s-十番稲荷DSC_2030_01





         s-十番稲荷DSC_2031_01










【手水舎】




コロナウイルスの為使用不可となっていました。




         s-十番稲荷DSC_2023_01












【社殿】



地下鉄南北線、大江戸線の開通のため、平成9年建て替えとなった。




s-十番稲荷DSC_2025





   ≪変額≫




         s-十番稲荷DSC_2026










【おかえるさん】




正面に向かって右側、地下鉄の出口のすぐ横に鎮座していました。

地元の方たちから「おかえるさん」と呼ばれて親しまれているそうです。




s-十番稲荷DSC_2016_01





    ≪かえる御守と上の字様≫



江戸時代 文政4年(1821)7月2日、麻布古川あたりより始まった大火で、このあたりが殆ど

焼けてしまった時、なぜか備中成羽(今の岡山県西部)の領主、山崎主税助

(やまさきちからのすけ)の屋敷のみが類焼を免れました。これは邸内の池の大かえるが、

水を吹きかけて猛火を退けたからであると言われ、山崎家に御札を求める人々が

あとを断ちませんでした。 そこで山崎家では文政4年の9月より、「上」(じょう)という一字が

書かれた御札を万人に授けるようになりました。この御札は「上の字様」と称され

、防火・火傷のお守りとして信仰を集めました。

その後「上の字様」は末広神社(前の社名)を通して授与されるようになりましたが、

戦後中断してしまいました。しかし、「上の字様」の復活を願う声は多く、昭和50年8月より

「かえるのお守り」として復活し、かえるの石像も奉納されました。











【宝船】




「かえるさん」の反対側、正面向かって左側に置かれていました。

かなり細かな細工彫りの石造です。名のある人が掘ったのではないでしょうか。




s-十番稲荷DSC_2032




平成9年、地下鉄開通に伴い神社社殿が新築されたのを期に、新たに製作、奉納されました。

平成30年10月末には、ご崇敬の方から「ご利益を授かったお礼」として、「宝」の文字に金箔が

施されました。










以上、 都会の中で近代化の波に乗せられながらも歴史をしっかり伝える

『十番稲荷神社』 でした。

狐はいませんでしたネ








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



神社 | 22:58:44 | トラックバック(0) | コメント(0)