FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 酒屋角打ちフェス ~
上野の森で『酒屋角打ちフェス』 なるイベントをやっていると言うので、会社帰りにお邪魔

してみました。




s-立ち飲みDSC_1480_01











まず 「角打ち」と言う言葉を知らない人のために「角打ち」の意味のおさらいをします。

「角打ち」は”カクウチ”と読みます。

酒屋の店頭で升酒を立ったまま直接に飲むこと。それが転じて、酒店の一角を仕切って立ち飲み用に

することや、そこで飲むことを「角打ち」と言います。

「角打ち」という言葉はもともと四角い升の角に口を付けて飲むことから「酒を升に入れたまま

飲むこと」という意味で使われていた言葉でした。それがいつからか、お酒を販売する「酒屋で

酒を立ち呑みする」という意味で使われるようになったのです。

ただし、今ではもっと進化をし、立ち呑み形式の居酒屋で酒を飲む場合でも「角打ち」と呼ぶ

ようになりました。

関東は立飲みは「立ち呑み」と言い、関西では酒屋のカウンターで飲むことを「立ち呑み」、立ち飲み屋で

飲むことを「立ち飲み」といって区別をしていたようです。

私が、初めて「角打ち」と言う言葉を耳にしたのは、九州の博多でした。

博多では、街のあちこちに「角打ち」と呼ばれている立ち飲み屋がありました。

博多駅の地下にもありました。当初は博多だけの表現かと思ったのですがそうでもないようです。

そして、仕事帰りに若いOLが、その「角打ち」で呑む姿を目にしたときは

さすがにびっくりした覚えがあります。関東ではそのころは立ち飲み屋で飲む方たちは、

失礼ながら、依存症かそれに近い方たちと思っていましたから。

もうふた昔ほど前の話ですが、しかし今では私自身が「角打ち」で呑んでます。











上野の会場では、椅子席も用意されていました。

座っても飲めますよ!




s-立ち飲みDSC_1481_01






会場のセンターに背中合わせで酒屋が並び、広め目のイートコートを挟んで両サイドに食べ物

屋ブースが並ぶ配置になっています。判り易い配置です。







s-立ち飲みDSC_1482_01











受付で、お猪口とコインと利き酒チケットのセットを購入し、いざ酒屋へ!

せっかくですから、まず利き酒コーナーから




s-立ち飲みDSC_1485_01






利き酒用の小さなお猪口で結局合わせて9杯飲みましたが全くわかりません。

まあ、ただで飲めただけでいいか!




s-立ち飲みDSC_1484_01










酒屋さんを一回りサーフィンした結果、酒屋さんなので色々な酒を扱っていますが、やっぱり

地元の酒に特化して扱っているところがいいかなと、まずはこちらにお邪魔しました。

富山県のブースです。




s-立ち飲みDSC_1489_01






富山には美味しいお酒がたくさんあるので楽しみです。コインを払いお猪口でいただきます。

つまみは、立ったままの「酒談義」です。

まず、口開けは酒屋さんおすすめの


若駒酒造場    特別純米無濾過 生原酒    弥久(びきゅう)  29BY

            原料米       富山産五百万石 100%使用

            精米歩合率    55%

            29BYとあるので平成29年度に発酵させた酒なので1~2年寝かせた酒

            と言うことですかネ。(製造年月日は不明・・・・製造年月日とは瓶詰めした日

            です)

            すっきりとした飲み口でした。




         s-立ち飲みDSC_1487_01











次は、私が普段から好んで呑んでいるお酒です。



富美菊酒造     羽根屋    純米大吟醸 50 生酒   翼


            原料米       富山産五百万石

            精米歩合率    50%

            フランス日本酒品評会 「KURA MASTER 2018」 金賞受賞

            「インターナショナル・ワイン・チャレンジ 2016」 金賞受賞

            「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」2015, 2016 金賞受賞

            少々甘口ですが、舌に残る甘い薫りは後を引きます。




         s-立ち飲みDSC_1488_01












続いても、酒屋さんのおすすめ



吉乃友酒造      純米大吟醸    后 (きさき) 50


              原料米       自社製  山田錦 100%

              精米歩合率    50%

              ロンドン市民が選ぶベスト生酒(NAMAZAKE AWARDS)に

              「后28%(吉乃友酒造)」が最高賞 受賞

              以前から、酒蔵が自家製の酒米を耕作する話はありましたが、こちらは

              逆です。 酒米を作る農家が酒をつくったのです。

              農業ベンチャーの「越のめぐみ」が跡継ぎのいなかった「吉乃友酒造」を

              子会社化し、自分たちの作った米で、自分達の作りたい酒を造りだした

              のが「后」です。精米歩合28%の ”后 28” いつか呑んでみたいです。

              「后 50」の味は、とても上品でフルーティーで女性好みでしょうか。

              まさに、名前の通り「后」の味です。




         s-立ち飲みDSC_1490_01











もう一つのおすすめ



本江(ほんごう)酒造     北洋 袋吊生酒 雫の大吟醸  


                   原料米       山田錦         

                   精米歩合率    35%

                   

                   酒袋に詰めた醪(もろみ)を槽(ふね)の上に吊り、余分な圧力を

                   加えず、自らの重さで落ちる雫のみを瓶詰めしたものです。

                   旨味が舌に残り、後味の良いお酒です。

                   歩合率 35% もすごい数字ですネ。










次は兵庫県の酒屋さんです。

手作り感が良いですネ!!




s-立ち飲みDSC_1495_01







酒屋さんのおすすめは



香住(かすみ)酒造      生酛(きもと) 純米 生原酒 香住鶴


                   原料米       兵庫県産  五百万石

                   精米歩合率    63%     

  
                   2019年・ロンドン酒チャレンジ 「純米部門」 プラチナ賞受賞

                   燗酒と言ったら生酛造りでしょうか。

                   秋の夜長にぬる燗でダラダラと長酒がしたくなるような旨味です。   




         s-立ち飲みDSC_1494_01
       

                              








続いて石川県の酒屋さんです。

こちらは菊姫酒造専門のようです。 まあそれぞれ色々な事情があるでしょうから。



菊姫合資会社     鶴の里 生酒 


              原料米       兵庫県産  五百万石

              精米歩合率    65%     

              酵母         山廃


             「I・W・C(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」は2007年に

             SAKE(日本酒)部門新設、その初代 チャンピオン 金賞受賞
   
             赤ラベルなので 28BYでしょうか。

             ミルキーな風味が特徴です。




         s-立ち飲みDSC_1496_01










以上、呑平で賑わう上野 『酒屋 角打ちフェス』 でした。








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポンサーサイト



お酒 | 22:13:25 | トラックバック(0) | コメント(0)