FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 虫ききの会 ~
鈴虫などの虫の声が聴ける 『虫ききの会』 なる催しが行われていると言うので、

ここ”向島百花園”にお邪魔しています。

こちらは、江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に造られた庭園です。

骨とう商を営んでいた佐原鞠塢が交遊のあった江 戸の文人墨客の協力を得て、

下町の中心であった向島の地に、花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造り、

開園しました。

又、この園のすぐそばには、池波正太郎の人気小説「剣客商売」の主人公”秋山小兵衛”の

「終の住まい」となったとさされる「鐘ヶ淵」や桜餅で有名な江戸時代から続く「長命寺」などがあり

江戸時代の下町の香りを色濃く残しているところです。

勿論、今の時代を象徴するスカイツリーもあるところですよ。


当時の一流文化人達の手で造られた、庶民的で文人趣味豊かな庭として、やや小ぶりですが

小石川後楽園や六義園などの大名庭園とは異なった江戸文化の美しさをもっています。

その江戸庶民の美学が脈々と引き継がれて今日に至り『虫ききの会』に繋がっていると

思うと何とも粋な催しです。




その催しを、後押しするように園内には少し秋の陽射しが差し込んでいます。




         s-向島百花園2DSC_5467_01











今はまだ陽が落ちていないので、蝉の鳴き声しか聞こえませんが、陽が落ちると

「虫の音」に変わるようです。

陽が落ちるまで少し園内を回ります。




ここが一押し、スカイツリーが池越しに観えるスポットです。

まだスカイツリーもライトアップされていません。




         s-向島百花園2DSC_5477_01











池には主がいました。

堂々としていて、人が近づいても逃げません。




         s-向島百花園2DSC_5484_02











規模は小さいけれど竹林もありました。




s-向島百花園DSC_5483_01










瓢箪棚には大きな瓢箪が夕日を浴びてなっていました。

これだけ大きいと気持ちが良いですね。

奥に見えている他の瓢箪と比べてもその大きさのすごさが判ると思います。




         s-向島百花園DSC_5468_01












いよいよ陽が落ちかけました。

空が暮れなずんできました。




s-向島百花園DSC_5538_01










『虫きき会』を開催している間は6時になると希望者に鈴虫などが5~6匹入った虫かごが渡され

園内の好きなところでその虫を放すことが出来ます。

毎日行っているそうですから、もうすでに沢山の虫が園内に放されたことになります。

その虫たちが鳴くのですね。そしてそれを聞きながら散歩をしたり食事をしたり

するのが『虫ききの会』だそうです。

言われてみると、耳を澄ますと蝉に変わって虫の声がわずかに聞こえます。




夜のスカイツリーです。




         s-向島百花園DSC_5548_01











四阿から行燈のあかり越しに池を眺めます。

「豚の蚊取り線香」は『虫きき会』にとっては必需品のようです。




         s-向島百花園DSC_5496_01










行燈も蝋燭の灯りです。

淡いひかりが虫の音を演出しています。




         s-向島百花園2DSC_5535_01











この園の名所の一つです。

秋になると萩の花が咲き乱れる”萩のトンネル” です。




         s-向島百花園DSC_5541_01











入口のすぐ横では竹が色とりどりに光っていました。

”竹あかり” でしょうか。




s-向島百花園DSC_5562_01











FURIMUKANAIDE




         s-向島百花園DSC_5511_01











以上、暮れなずむ空に、虫の音がかすかに響く『向島百花園』でした。








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。




スポンサーサイト



旅・はいかい | 22:20:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 縁むすび風鈴 ~
沢山の若者で賑わっていました。



s-氷川神社風鈴DSC_5444_01











鳥居を潜ると、透き通るような音色とともに、沢山の短冊を付けた風鈴が出迎えてくれました。




s-氷川神社風鈴DSC_5382_01







色とりどりの風鈴が並びます。

色は11色あるそうです。見た目も艶やかです。




s-氷川神社風鈴DSC_5391_01










境内の中に入ると、白い透明な風鈴だけがブル下がっている風鈴棚もあります。

これはこれで神聖な感じがしますネ。




s-氷川神社風鈴DSC_5399_01










社務所でいただいた短冊に願い事や思いのたけを書いて好きな風鈴に取り付けると

願いが叶うという言い伝えです。 これが「縁むすび風鈴」です。


どうも


”素敵な人と結ばれますように”

と言う類の女性の願いが多いようです。

でも、良いですよね!

辺に解ったようなしたり顔をして冷めているより人間らしくて、ほのぼのとします。



s-氷川神社風鈴DSC_5410_01









そして、願いが叶うと、こうなるのでしょうか!




s-氷川神社風鈴DSC_5392_01









境内の奥の本殿横には「風鈴の回廊」が造られています。




s-氷川神社風鈴DSC_5431_01






         s-氷川神社風鈴DSC_5434_01











「風鈴の回廊」を抜けると、当社の名物「絵馬トンネル」 を潜ります。




s-氷川神社風鈴DSC_5421_01





         s-氷川神社風鈴DSC_5422_01











「縁むすび風鈴」と同時に「恋あかり」と言う行事もやっているそうです。

社務所で購入した「ぼんぼり」をぶら下げて川越の町を歩くのだそうです。




s-氷川神社風鈴DSC_5388











境内の真ん中で「一年安鯛おみくじ」なるものもやっておりました。

針のついた竿でおみくじを咥えた鯛を釣りあげて、運勢を占うようです。




s-氷川神社風鈴DSC_5386










以上、良き縁を願う人で賑わう『縁むすび風鈴』 でした。




s-氷川神社風鈴DSC_5439_01












気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 21:24:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 川越氷川神社 ~
川越の総鎮守 『川越氷川神社』 に来ています。

5年ぶりです。

”縁結び風鈴” なる催しをしていると言うのでお邪魔しました。

タイトル通り、境内は若者でごった返しています。




氷川DSC_5441_01







初めにお断りしておきますが、私が縁結びを願ってこの催しに来た訳ではありません。

単なる興味本位だけですのであしからず。




と言う訳でまずは、参詣 です。





社  号          川越氷川神社

鎮座地           埼玉県川越市宮下町2-11-3

主祭神           素戔嗚尊(すさのうのみこと)

               奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)

               大己貴命(おおなむちのみこと)

               脚摩乳命(あしなづちのみこと)

               手摩乳命(てなづちのみこと)

社格等           別表神社   

創  建          欽明天皇2年

例  祭          10月14日、10月15日

社殿様式         入母屋造











【由緒・沿革】



541年(欽明天皇2年) 入間川で夜な夜な光るものがあり、これを氷川神の霊光だと捉え、

当地に氷川神社を勧請したと伝えられています。

太田道灌以来、川越の総鎮守とされ歴代川越藩主の篤い崇敬を受けた。

国の重要無形民俗文化財である川越まつり(川越氷川祭)は、毎年10月14日に氷川神社にて

斎行される例大祭です。

二組の夫婦の御神体を祀っていることから「家族円満、縁結びの神様」として信仰されてきました。

氷川神社に古くから伝わる「境内の玉砂利を持ち帰り、たいせつにすると良縁に恵まれる」との

言い伝えにちなみ、本殿前の白い玉砂利を巫女が麻の網に包み神職がお祓いした「縁結び玉」が

毎朝8時より20体頒布されています。

また毎年、七夕を含む夏には境内に飾られた2,000個以上の江戸風鈴に、願いを書いた短冊を

結ぶ祭事「縁むすび風鈴」で賑わいます。












【大鳥居】



杉材で造られた大鳥居です。

「大鳥居」横に立てられた立て看板によると、高さが15メートルで国内随一の規模とありますが

これには諸説あり、他の書物が表現するように「国内最大級の規模」の方が事実に近いと

思われます。




s-氷川神社風鈴DSC_5368_01








【扁額】



こちらは、正真正銘 幕末の幕臣・勝海舟の直筆によるもののようです。




         s-氷川神社風鈴DSC_5369_01











【鳥居】



道路にに面した、小ぶりな石造の鳥居です。





s-氷川神社風鈴DSC_5443_01











【手水舎】



確か5年前にはこの手水舎はありませんでした。

手洗い場のような台があり、水がちょろちょろ出ているだけでした。

立派な神社の割には、手水舎が貧相だった記憶があります。

今は、立派な手水舎が立っています。




s-氷川神社風鈴DSC_5442_01







   ≪吐水口≫




大きめのがっちりした、水を司ると言われる龍の吐水口がついていました。




s-氷川神社風鈴DSC_5376_01











【拝 殿】




氷川DSC_5440_01











【本 殿】



入母屋造銅板葺向拝付で、1849年(寛永2年)に松平斉典の寄進により完成しました。

彫物師は、嶋村源蔵と飯田巌次郎、江戸彫りの精巧な彫刻が施されています。




s-氷川神社風鈴DSC_5435_01








【狛犬】



拝殿や鳥居の傍にはいませんでしたが、本殿の前にはしっかり鎮座していました。




         s-氷川神社風鈴DSC_5436_01











【舞 殿】




s-氷川神社風鈴DSC_5384_01











【境内社  柿本人麻呂神社】




         s-氷川神社風鈴DSC_5385_01











【戌 岩・御神水】




s-氷川神社風鈴DSC_5397_01











【御朱印】




s-氷川神社風鈴DSC_5449_01      s-氷川神社風鈴DSC_5451_01











以上、縁結び風鈴で賑わう 『川越氷川神社』 でした。








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


神社 | 22:11:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 清瀬ひまわりフェスティバル ~
『清瀬ひまわりフェスティバル』 に行ってきました。

JR武蔵野線新座駅から西武バスで10分程度。

バス路線は違いますが、位置的には紅葉の時お邪魔する”平林寺”の少し先ですかね。

都内最大級と言われている2万4千㎡の広大な農地に向日葵が満開でした。




s-向日葵DSC_5328_01





s-向日葵DSC_5350_01










今日は、台風一過の”ピーカン”です。

日陰のほとんどない広大な畑を歩いているだけでクラクラしてきそうです。

そんな好天気のお陰で、想像したよりは見学者が少ないようですが

それでも結構な人が来ています。 (なんせ入場料はタダですから)

見学者が入らないようにシャッターを切るのに苦労します。

特に、引いて広さを撮ろうとすると人が入ってしまいます。





s-向日葵DSC_5332_01









どうしても、アップ気味の写真が多くなります。



s-向日葵DSC_5339_01




s-向日葵DSC_5353_01





s-向日葵DSC_5355_01









ひまわりと青い空と白い雲はセットでお似合いです。




s-向日葵DSC_5347_01









こちらに、人は入りません。

ひまわりの”ピン顔” をどうぞ。




s-向日葵DSC_5308_01





         s-向日葵DSC_5302_02





       s-向日葵DSC_5318_01










開き直って、思いっきり人を撮ってみました。

沢山のカメラにポーズを作ってくれました。

最近はやりの”映えポーズ”でしょうか。

”ひまわり娘” です。




s-向日葵DSC_5327_01










こちらは、 FURIMUKANAIDE




         s-向日葵DSC_5323_01










以上、これ以上居たら熱中症になりかねない『清瀬ひまわりフェスティバル』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 21:23:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 不忍池4日目の蓮の花 ~
やはり、危惧した通り遅かった。

1週間、いや10日程遅かったかも。

『上野不忍の池の蓮』 はほとんど散っていた。

ザンネ~ン!!

仕事帰りにでも確認すればよかったか。

夕方は、花は閉じているとはいえ、数ぐらい確認できたわなー!

最近、陽が傾くと同時に思考のほとんどが、別のことに占有されてしまう病気に

かかっているのかも!




s-忍ばずの池DSC_5261_01






不忍の池の蓮は咲いている時期が長いと言うのが定番ですが、

蓮の花が長く咲いているわけではない。

不忍池の蓮だろうと、行田の蓮だろうと蓮は4日で散ってしまう。

ただ、不忍の池の蓮は花の数が多いだけ、長く咲いていうように見えるだけ。

今年のように、梅雨が明け一気に熱くなって一気に咲いてしまうと散るのも早いか!

わずかに残っている”大器晩成蓮”を探してみましょう。







この蓮も今日でお別れでしょうか。

4日目の蓮は、咲いたまま散るんですネ。

一番きれいに咲いてそのまま散る。 ある意味ロマンですネ。

蝉の一生にいていますが、蝉ほどやかましくはない。



s-忍ばずの池DSC_5224_03











池の淵当たりの蓮はほとんど枯れてしまいましたが

少し離れた、奥の方に隠れるように咲いていした。

こちらもなんとなく”4日目の蓮”ぽいですネ。




s-忍ばずの池DSC_5245_02






         s-忍ばずの池DSC_5243_02









蓮の花がほとんど散ったので、それに合わせて見学者もほとんどいません。

したがって、ゆっくり眺めてゆっくりカメラを構えられるのは助かります。

取り直しも気にすることなく時間を掛けられます。




s-忍ばずの池DSC_5268_02







全く離れた違う花ですが、DNAが同じなのでしょうか、

咲き方も散り方も同じように見えます。





s-忍ばずの池DSC_5276_03











本日のお気に入りショットはこちらです。 




s-忍ばずの池DSC_5228_04















蓮の花の背景に「弁天堂」が映ってないと『不忍池の蓮』の証明にはなりませんネ。

何とかこのショットでご勘弁を!




s-忍ばずの池DSC_5266_02







以上、ちょっと遅かった上野『不忍池、4日目の蓮の花』 でした。












気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 11:28:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ お台場&レインボーブリッジの夕景 ~
お台場海浜公園です。

2年ぶりでしょうか。 海に沈む夕焼けを見に来ました。

正確には、お台場の海を越えて、対岸の「天王洲」当たりに沈むのですが


間もなく、お台場のマジックアワー ”夕焼けショー”が始まりますネ。




s-雅叙園DSC_5163_02







夕日がお台場の空と海を茜色に染め替えました。

海に落ちた夕日を横断しているのは東京湾観光船の”ヒミコ”でしょうか。





         s-雅叙園DSC_5126_02
















若者たちも、お台場の夕日をバックに記念撮影です。

プロポーズなどをするには最高のシュチエイションではないでしょうか。


”ガンバレ! 青少年!!”

”政治家になんか負けるな!!”       なんのこっちゃ!?
  



s-雅叙園DSC_5149_02





s-雅叙園DSC_5136_03











「レインボーブリッジ」には、両サイドに歩行者専用道路があります。

自転車も降りて、後輪に専用の下駄をはかせ押していかなければなりません。

その歩道を渡り、芝浦埠頭側に向むかいます。




s-雅叙園DSC_5168_02









丁度中間あたりでしょうか。

東京タワーがしっかり見えています。




s-雅叙園DSC_5180_02










s-雅叙園DSC_5174_02









対岸の豊洲埠頭が綺麗に輝いています。

中央の暗い部分が、工事中のオリンピック選手村です。

出来上がって、全棟に灯りが付けばもっと綺麗になりますネ。




s-雅叙園DSC_5186_02





s-雅叙園DSC_5187_02










もう、目的地の「芝浦埠頭」が近付いてきました。

なんだかんだ、けっこう歩きました。




s-雅叙園DSC_5184_02










「東京タワー」もこんなに近づいて大きく見えます。

東京タワーもスカイツリーに負けず劣らず頑張っていますネ。

応援したくなりますよネ。




s-雅叙園DSC_5191_02














芝浦ふ頭でレインボーブリッジを降りて橋桁の袂に来ました。

竹芝桟橋を行きかう客船や屋形船が通り過ぎていきます。




s-雅叙園DSC_5216_02







以上、 昼間の顔とは全く違う顔を見せて暮れた

『お台場&レインボーブリッジの夕景』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 22:28:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 和のあかり×百段階段2019 Ⅱ ~ 
星光の間




こちらには、沢山の作品が置かれていました。その中で一番目を引いたのが

日本唯一の藍染の技術、籠染で使われていた真鍮製の型を内照式オブジェにした

「籠染燈籠」です。

着物などに使われた「和柄」が浮かび上がっています。




s-雅叙園DSC_5038_01





s-雅叙園DSC_5039_01








その他にも、個性的なデザインんのランプシェードが沢山置かれています。




s-雅叙園DSC_5033_01






         s-雅叙園DSC_5034_01








こちらも黄昏の風景画を見ているようでした。




         s-雅叙園DSC_5040_01











こちらも和紙を使って独創的で気に入っているのですが、ランプシェードと言っていいのでしょうか。




s-雅叙園DSC_5043_01





s-雅叙園DSC_5032_01









ここは、壁全体がランプシェードでしょうか。




s-雅叙園DSC_5037_01











清方の間




百段階段に、バイパス階段がついていました。




         s-雅叙園DSC_5077_01





「清方の間」の入口のところで一枚の折り紙で折りこんで創られた色とりどりの美しい

ランプシェードが出迎えてくれました。

黒の漆のテーブルに見事に映り込んでいます。




s-雅叙園DSC_5047_01








山口県柳井市の「柳井金魚ちょうちん祭り」 です。




s-雅叙園DSC_5071_01






小動物が、可愛らしげに輝いていました。

目と目が合ってしまいます。




       s-雅叙園DSC_5055_01





          s-雅叙園DSC_5057_01











最上階 頂上の間




昭和でしょうか、大正でしょうか。

郷愁をそそるほのぼのとした原風景の「あかり絵」です。





s-雅叙園DSC_5070_01







月を見ている内に月に腰掛けた気分になったのでしょうか。

兎もちゃんと餅つきをしています。

3人でそんな兎の話で盛り上がっているのでしょうか。






         s-雅叙園DSC_5062_01






やっぱり平成、令和の夕焼けとは違いますネ。

哀愁のようなものが漂います。




s-雅叙園DSC_5063_01










今風の作品も置かれていました。




         s-雅叙園DSC_5069_01











砂を使ったサンドアートで、テーマは「竹取物語」。

不思議な砂の世界を感じられます。




s-雅叙園DSC_5068_01










以上、  ”和”がたっぷり詰まった百段階段『和のあかり×百段階段2019』 でした。 













気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました



旅・はいかい | 21:15:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 和のあかり×百段階段2019 ~
ホテル雅叙園東京にて開催されている、夏の企画展「和のあかり×百段階段2019」に、

お邪魔しました。正式タイトルは『和のあかり×百段階段2019 ~こころの色彩~』 です。

華やかな7つの部屋で構成される有形文化財「百段階段」を舞台に、毎年夏の期間に

開催されるアートイルミネーションです。 今年で5回目の開催ですが、これまで31万人を超える

来場者を記録しているそうです。

今回は、青森から鹿児島まで全国40の個人、団体が参加して“こころの色彩”をテーマに、

いつか見たこころの中に映し出される原風景を “和のあかり”で表現しています。





入口のEVホールには、受付嬢代わりに、大迫力の青森ねぶたが迎えてくれました。



         s-雅叙園DSC_5113_01









会場となる「百段階段」です。実際は99段しかありませんがこれは、

完成したらあとは朽ちて行くだけになってしまうからと言う日本古来の”未完の美”の

実践で百に一つ足らない99段で未完の状態にしているということだそうです。

古い寺社建築などに見られる「美意識」です。




         s-雅叙園DSC_5109_01
         




         




最初の部屋は「十畝(じゅっぽ)の間」

竹あかり作家NITTAKE氏の作で、背面に立つ竹は都会のビルをイメージし、

「都会の中に生まれたオアシス~夏の涼しさ~」を表現しているそうです。




s-雅叙園DSC_5104_01





s-雅叙園DSC_5108_01











「漁礁の間」



こちらは、長崎の「ランタンフェスティバル」が展開されていました。

空中には龍や鯉、金魚が処狭しと泳いでいました。




s-雅叙園DSC_5097_01





s-雅叙園DSC_5100_01





s-雅叙園DSC_5101_01









こちらには、たまたま「青森テレビ」のクルーが取材に来ておりました。



         s-雅叙園DSC_5103_01










「草丘の間」




山鹿灯籠浪漫 百華百彩

和傘工房 朱夏

一葉式 生け花 家元 粕谷 尚弘



和傘を使った”和のあかり”が幻想的に床に映り込んでいました。床の間のあかりとコラボした

生け花もマッチしていました。




s-雅叙園DSC_5084_01





s-雅叙園DSC_5093_01





s-雅叙園DSC_5091_01










「静水の間」


江戸職人の匠の技、匠の繊細な手仕事の魅力を紹介していました。



”江戸切子”は復活どころか進化しつ続けています。




s-雅叙園DSC_5018_01





         s-雅叙園DSC_5019_01





        s-雅叙園DSC_5026_01







「北斎」や「写楽」の名画を団扇で影絵にして涼むなんて”粋” ですね。


いかにも江戸っ子らしい遊び心です。



s-雅叙園DSC_5079_01





s-雅叙園DSC_5080_01










以上、百段階段の7つの部屋の内の4部屋の紹介でした。

残りは次記事にて紹介します。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました




芸術 | 22:36:13 | トラックバック(0) | コメント(0)