FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 浅草 ほうずき市 ~
お江戸の町に急ぎ足で  がやってきました。

下町の夏の風物詩 『浅草のほおずき市』 です。




s-ほうずき市DSC_4594_01











創建は628年、都内最古といわれる浅草寺境内を彩る『ほおずき市』は、毎年7月9日10日の

両日の縁日にともなって催されます。

浅草寺では室町時代末期(16世紀半ば)頃から、「功徳日」といわれる縁日が設けられるように

なりました。功徳日とは、その日に参拝すると、100日、1,000日分などの功徳が得られるという

特別な日を指します。功徳日は寺社によって異なりますが、現在、浅草寺では月に1度

年に12回の功徳日を設けています。このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳がある

とされることから、特に「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれています。

一日お参りすると、45,000日お参りしたことになる勘定です。

この数の由来は諸説あり、米の一升が米粒46,000粒にあたり、一升と一生をかけた

ともいわれていますが定かではありません。46,000日はおよそ126年に相当し、

人の寿命の限界ともいえるため、「一生分の功徳が得られる縁日」であると言われています。

四万六千日の縁日の参拝は江戸時代には定着し、われ先に参拝しようという気持ちから、

前日9日から境内は参拝者で賑わうようになったそうです。 そのため9日、10日の両日が

縁日とされ、現在に至っています。

四万六千日に伴うほおずき市の起源は、明和年間(1764〜72)とされています。

四万六千日の縁日は浅草寺にならって他の寺社でも行なわれるようになり、芝の愛宕神社では

四万六千日の縁日にほおずきの市が立つようになりました。

その愛宕神社のほおずき市の影響を受け、四万六千日の本家である浅草寺にも

ほおずき市が立つようになったそうです。

現在では、たった二日間の縁日で55万人の人出でにぎわいます。




s-ほうずき市DSC_4588_01











ほうずきには、朱色と緑が鮮やかで鉢に植えられた「丹波ほおずき」や、

大きなほおずきが一本の枝にブル下がっている「枝ほおずき」などが人気を呼んでいます。

そのほかに、小さなほおずきが沢山なっている「千成ほおずき」などがあります。




        s-ほうずき市DSC_4636_01





s-ほうずき市DSC_4599











浅草寺の広い境内の中に120店舗以上のほおずきを売る屋台が立ち並び、威勢のいい

売り子の声が浅草の青空に響きわたります。




s-ほうずき市DSC_4608_01










吊り下げられたほおずきの鉢ばかりでなく、狭い屋台の床には買い手を待つ

青々としたほおずき鉢がずらりと足の踏み場もないほど並べられています。




         s-ほうずき市DSC_4601_01













『浅草のほうずき市』の名物はなんといっても、ねじり鉢巻きに法被姿の

粋なお姉さんが頭の高さほどに「鉢」を掲げて、掛け声をかけながら ほうずきを売る

姿ですネ。 まさに浅草らしい「いなせ」な姿ですネ。   

が、残念ながら年々この姿が減ってきています。確かに重い鉢を頭の高さにに掲げるには

かなりの腕力と体力を要します。そんな売り方ができるお姉さんが少なくなったのでしょうネ。

(投擲系の陸上部員をバイトに使ったらどうでしょうか?)

特に若い方は、おへその辺で「ほうずきの鉢」を抱きかかえて売っているのが多くみられます。  

ちょうど、ほおずきで顔が隠れるからいいのかな。   




         s-ほうずき市DSC_4593_01








でも、これでは町のお花屋さんの売り場と一緒かも?

中にはしっかり上に掲げて売っている御嬢さんもいましたよ。




         s-ほうずき市DSC_4598_01





         s-ほうずき市DSC_4611_01








おしゃれですネ!

ピアスが風鈴になっていました。




         s-ほおずき市DSC_4614_01











売り手ばかりではありません。

買い手の方にも粋な方がおりました。

こちらは本格派です。着物も振袖です。今はやりのレンタル浴衣ではありませんよ!




         s-ほうずき市DSC_4630_01







「粋」 ですネ!

浅草に  がきましたネ !!








テレビ局の情報番組も現地レポートに訪れてきていました。

旬の話題の先取りでしょうか。




s-ほうずき市DSC_4624_01











処で、話は変わりますが、皆さんは「ほおずき」を漢字で書けるでしょうか!



勿論、私は書けません!


辞書を引いてみると。  (古いか!今ならネットで見てみると。でしょうか)

         

  鬼灯、鬼燈(ほおずき)     これは以前見たような記憶があります。


   酸漿(ほおずき)          これは初めて見ました。絶対書けない。  



と、書くそうです。  (何かどこかの試験にでも出そうな漢字ですネ)




s-ほうずき市DSC_4645_01










『浅草のほおずき市』 でほおずきと一緒にセットで「江戸風鈴」が売られています。

(勿論「江戸風鈴」単独でも購入はできます)

これは、お寺の軒の四方に邪気除けとして吊り下げられていた青銅製の「風鐸(ふうたく)」の

代わりに「江戸風鈴」を吊り下げるためです。

風鐸は風鈴と同じで風にそよぎ、音を出します。その音が聞こえる範囲を聖域として

邪気を払うと言われています。

この「江戸風鈴」も浅草の夏には無くてはならないものですネ。




s-ほうずき市DSC_4649_01









以上、ほおずきの売り手の掛け声と、風鈴の音が境内に鳴り響く『浅草酸漿市』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


スポンサーサイト
旅・はいかい | 21:46:00 | トラックバック(0) | コメント(0)