FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ Pesent from "HIBIYA PARK” ~
「日比谷大江戸まつり」にお邪魔した際日比谷公園から素敵な贈り物をいただきました。

30~50年に一度しか咲かないと言われている幻の花

”アオノリュウゼツラン”の花が開花していました。

一生の内一度見れるかどうかの花が開花しているのです。

”アオノリュウゼツラン”は中南米の熱帯域で育ち、テキーラの原料になる植物です。

別名「センチュリー(世紀の)プラント」とも呼ばれています。

その花が、日比谷公園の一番奥「ペリカンの噴水」の脇に堂々と咲いていました。

現物に対面してびっくりです。なんと、花の高さは6メートル以上もありました。

まさに、威風堂々 です。




         s-リュウゼツランDSC_4896_01








天に向かって伸びていました。

「蘭」と言うからもう少し小ぶりでコンパクトな花かと思いきや

想像とは大きくかけ離れた現実でした。

周囲の高層ビルと比較しても、決して高さで引けを取りません。




         s-リュウゼツランDSC_4899_02










この「アオノリュゼツラン」は1960年に日比谷公園のこの場所に植えられたそうです。

まさしく59年かけて初開花しました。

よく、あきらめずに59年間もの間育てましたよね。

担当者に  「あっぱれ!!」 です。




    s-リュウゼツランDSC_4892_01









天まで届けーっ!!





         s-リュウゼツランDSC_4895_02

















もう一つ、小さなプレゼントを公園からいただきました。

「雲形池」のほとりにひっそり赤くなっていました。

この真夏の炎天下に密かに輝いていました。





   ”小さい秋  み~つけた!!”




s-リュウゼツランDSC_4890_01















日比谷公園の最後のプレゼントはこちら




s-日比谷大江戸DSC_4989_01





明治36年、日本ではじめての洋式公園として誕生した日比谷公園の開園と同時に

オープンした老舗レストラン『日比谷松本楼』です。当時からおしゃれな店として

評判を呼び、ハイカラ好きなモボやモガのあいだでは「松本楼でカレーを食べてコーヒーを

飲む」ことがステータスとなり大流行しました。

1971年中核派の放火によって焼失された店舗の再建に寄せられた支援に対する感謝の

為に毎年9月25日限定で行う「チャリティ10円カレー」でも有名になりました。






松本楼の横にそびえるシンボルとも言える大銀杏”首掛け銀杏”です。

当初は日比谷見附にあったものですが、道路拡張の際に伐採されかかりました。

それを耳にした日比谷公園の設計者である”本多静六博士”が自分の首を掛けてでも

移植を成功させると言って移植を実行させたことから、”首掛け銀杏”

呼ばれるようになりました。




        s-日比谷大江戸DSC_4887_01












と言う訳で、御朱印代わりに”ハイカラビーフカレー”をいただきます。

食前のビールは”ピッチャー”でいただきました。




         s-日比谷大江戸DSC_4993_01





s-日比谷大江戸DSC_4992










以上、サプライズなプレゼントまでいただいた『Pesent from "HIBIYA PARK”』でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました





スポンサーサイト



旅・はいかい | 20:54:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 日比谷大江戸まつり2019 ~
『 日比谷大江戸まつり 』 にお邪魔しています。

このお祭りは、2020東京に向けて江戸・東京の伝統文化、お祭りを日比谷公園から発信する

目的で、去年から始まりました、今年が第2回目です。




306675_1.jpg







会場は、日比谷公園の噴水広場を中心に開催されています。

センターのステージでは、 江戸時代に遊郭吉原で大晦日に行われていた”吉原の狐舞”

が演じられています。

当時も狐の面をかぶり、御幣と鈴をもった「狐舞ひ」が現れ、新年を寿いだと

伝えられています。




s-日比谷大江戸DSC_4902_01




         s-日比谷大江戸DSC_4911_01





          s-日比谷大江戸DSC_4914_01











広場の外周で今では全国で開催されている”阿波踊り”が始まりました。



”東京高円寺阿波おどり  弁慶連” です。


2007年の結成。




s-日比谷大江戸DSC_4920_01









子供踊り



元気いっぱいな掛け声で足並み揃ったかわいい踊りです。




         s-日比谷大江戸DSC_4934_01








女踊り



優雅でしなやかに、また集団での美しさも強調しています。



s-日比谷大江戸DSC_4941_01





         s-日比谷大江戸DSC_4946_01








男踊り



姿勢を低く落としながらも全身を自由に使い、男性特有の勇壮さを表現した踊りです。




s-日比谷大江戸DSC_4984_01

















”東京高円寺阿波おどり  美踊連” です。


1972年の結成。




s-日比谷大江戸DSC_4952_01








子供踊り








         s-日比谷大江戸DSC_4955_01








女踊り




         s-日比谷大江戸DSC_4967_01









女男踊り



優雅な団扇さばきで静と動を兼ね備えた踊り

女性らしさの中にあるかっこよさを追求しています。





           s-日比谷大江戸DSC_4968_01












その他に、神輿やよさこい、ステージでは剣舞など会いますが

炎天下につきこの辺で失礼させていただきます。





以上 『日比谷大江戸まつり』 でした。











気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


| 22:20:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ビルとアートと向日葵畑 ~
江戸城外堀遺跡の”弁慶橋(紀尾井町)”のたもとの旧紀州徳川家の江戸屋敷跡に

現代アートと高層ビル群のコラボレーションが行なわれている。




s-向日葵DSC_4868_01




         s-向日葵DSC_4872_01











この現代アートオブジェを制作したのは

大巻 伸嗣 さん

題名は   Echoes Infinity ~Immortal Flowers~

史跡にふさわしく日本の伝統的な花柄や紋様をイメージしたそうです。

日本語に訳すと”永久に反響し続ける不滅の花”でしょうか? 

(間違っていたらごめんなさい!)




s-向日葵DSC_4870_01










周囲のビルの景色に溶け込んで、アクセントを添えています。




         s-向日葵DSC_4848_01





         s-向日葵DSC_4850_01










オブジェを通して観る景色と、オブジェに映りこむ景色とが合成され

「貼り絵(ちぎり絵)」のような新しい景色を創造しています。

やっぱり、  ”芸術は爆発だ!” ですか。




         s-向日葵DSC_4854_01





         s-向日葵DSC_4856_01










そのオブジェのすぐ横に、この夏なんと”向日葵畑” が現れました。





s-向日葵DSC_4853_01









「和モダン」をテーマとして令和最初の夏を楽しむイベント『KIOI SUMMER 2019』 です。

メタリックな景色の中、和みますねー!!

向日葵は一見暑さをイメージしますが、なぜか涼しげなんですネ。




s-向日葵DSC_4841_01









向日葵の花の上部に少し見えているのが、江戸切子柄が施された光るオブジェです。

”和モダン”ですネ。




s-向日葵DSC_4847_01









向日葵畑からもオブジェはしっかり見えています。

向日葵畑の前で、オブジェを観ながらランチですか、

徳川江戸屋敷跡は令和の時代になっても優雅ですネ。




s-向日葵DSC_4861_01









都会の中の向日葵達です。

コンクリートとアスファルトの森の中でもしっかり咲いて太陽を見ています。




s-向日葵DSC_4860_01





s-向日葵DSC_4858_01





s-向日葵DSC_4864_01









以上、紀州徳川家の史跡に咲く『ビルとアートと向日葵畑』 でした。











気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


旅・はいかい | 05:26:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ アートアクアリューム2019 ~
今年も “涼” を求めて、やってまいりました。

お江戸日本橋のど真ん中にある大きな金魚屋さん『アートアクアリューム』 です。

ここはいつも大きな金魚鉢に沢山の金魚を泳がして、度胆を抜くのが定番ですが、

入口付近の通路には、壁に可愛い鉢が組み込まれていました。

本番へのプロローグでしょうか。




s-アートアクアリウムDSC_4686_01





         s-アートアクアリウムDSC_4703_01













こちらで人気の巨大金魚鉢シリーズの一つ“超・花魁”です。





s-アートアクアリウムDSC_4704_01





光の色が変わります。

上も下も金魚だらけです。





s-アートアクアリウムDSC_4725_01









こちらも結構大きな金魚鉢です。

鉢の凹凸が金魚の表情を面白くしています。




s-アートアクアリウムDSC_4759_01











こちらは、初めて見ました。

蓮の形をした大型金魚鉢です。

幻想的です。




s-アートアクアリウムDSC_4812_01










今年はその他にも、いろいろな形をした金魚鉢がセットされていて

見る目を楽しませてくれました。




         s-アートアクアリウムDSC_4726_01








鋭角にカットされた金魚鉢の表面に、光が乱反射され不思議な空間を金魚が遊泳しています。




s-アートアクアリウムDSC_4732_01




s-アートアクアリウムDSC_4752_01










こちらは、金魚鉢の表面の所々にレンズがはめ込められていて、

大小の遠近感の中、金魚が遊泳しています。




s-アートアクアリウムDSC_4741_01





s-アートアクアリウムDSC_4744_01








その他鉢は小降りになりますが、それぞれ面白い金魚の形態を

見せてくれていました。




         s-アートアクアリウムDSC_4764_01







金属の光の間も物ともせず泳いでいました。

気にならないのですネ。




s-アートアクアリウムDSC_4774_01





         s-アートアクアリウムDSC_4811_01





s-アートアクアリウムDSC_4815_01










今年のテーマは“エド・金魚の涼”ですので

やはり 『和』 が主役です。



格天井を模した、天井水槽です。

去年もありましたが、縁どりの剛さが違いますね。頑丈になっています。




s-アートアクアリウムDSC_4712_01











何やら怪しげですネ。

首から上が無いのが味噌です。

敢て、顔のないところを映しておきました。そうしないと・・・・・・・・!

ありそうでなかった「金魚風呂」 




s-アートアクアリウムDSC_4714_01











出口のそばには、金魚と和服とプロジェクションマップのコラボです。




         s-アートアクアリウムDSC_4720_01





     s-アートアクアリウムDSC_4837_01












以上ですが、久しぶりの

HURIMMUKANAIDE です。

やはり、金魚と和服、浴衣はよく似合います。

会場でも目立ちました。




page.jpg









でも、こちらにはかないませんでした。

KYONOITIOSI !


”ようこそ  金魚の竜宮へ! ”




s-アートアクアリウムDSC_4782_01











以上、自分も金魚鉢の中にいるような錯覚に陥る 『アートアクアリューム2019』  でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


旅・はいかい | 22:47:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 鎮守 氷川神社 ~
何度目かの参詣です。

とは言うものの、地元故いつでも来れる感があり、

地元の割には、久しぶりの参詣です。3年ぶりでしょうか。

オートレース場の目の前と言う特異な環境の中

横尾忠則のデザインした「オリジナル御朱印帳」でも人気の『鎮守 氷川神社』 です。




DSC00442-620x379.jpg













社  号          鎮守 氷川神社

鎮座地           埼玉県川口市青木5-18-48

主祭神           素盞鳴命(スサノウノミコト)

               櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)

社格等:          村社

創  建          応永年間(1397~1428年)

社  殿          権現造

例大祭:          10月20日

境内社          浅間神社   弁天社   磯前神社   天神社   三峰神社

                稲荷神社   古峰神社   不動尊堂









【由緒・沿革】



鎮守氷川神社は室町時代(700余年前)の初期(応永年間)の創建にかかる地方(武蔵国)の

古社で古来より時代時代に幾度か社殿が修復され再建されて来ましたが、明治17年に本殿、

拝殿が再建されました。

しかし、大正12年の大震災により拝殿、鳥居が倒壊した為、昭和天皇の御即位の御大典を記念し、

昭和2年拝殿・鳥居等を再建し、昭和61年5月25日氏子崇敬者の御奉賛により、

新社殿御造営大事業が成されました。


御祭神は伊邪那岐神、伊邪那美神の御子である素盞鳴命を又、夫婦神として櫛稲田姫命を

主祭神としてお祀りしている。

素盞鳴命が八俣の大蛇を退治したことから、厄祓い・厄除けの霊験あらたかであり、

主祭神が夫婦神であることから縁結び、夫婦和合、そして子育ての御神徳がある神として

崇敬されて今日に至っています。











【社号標】




         s-氷川神社DSC_4651_01










【大鳥居】




s-氷川神社DSC_4653_01





    《鳥居扁額》




         s-氷川神社DSC_4655_01











【鳥居狛犬】


こちらには、3対の狛犬がいます。

まずは鳥居の足元に鎮座していました。

この鳥居は、真新しいですね。造りたて、機械彫り感が漂います。




s-氷川神社DSC_4657_01      s-氷川神社DSC_4656










【手水舎】




s-氷川神社DSC_4659_01






吐水口は水を司ると言われる竜の彫刻。

こちらも最近はやりのエコ手水。人が近づくと水が出てきます。




         s-氷川神社DSC_4660_01














【参道狛犬】



参道の途中に鎮座していました。

こちらは少し年季が入っています。

大正15年(1926)の奉納です。

なんとなく趣のある、個性的で愛嬌のある顔つきですよね。




s-氷川神社DSC_4662s-氷川神社DSC_4661
      









【拝殿前狛犬】



これは年代ものです。

神様に近づくに従って、古くなっていきますネ。

嘉永4年(1851)の奉納です。

歴史が詰まっている顔をしてますネ。




s-氷川神社DSC_4665      s-氷川神社DSC_4664










【拝殿】



昭和2年に再建。

社殿全体の造営は、昭和61年完成

権現造




s-氷川神社DSC_4663_01




    《拝殿扁額》



氷川神社の総元締め「大宮氷川神社」の宮司さんが書かれています。




         s-氷川神社DSC_4666_01










【本殿】



裏に回ると本殿が、緑の杜に囲まれて幣殿と拝殿とつながって佇んでいました。

神域の静まりを呈しています。



s-氷川神社DSC_4670_01










【御神木】



本殿の裏に「大欅」の御神木がそびえていました。




         s-氷川神社DSC_4672_01











【お百度石】



拝殿の正面横にお百度石が置かれていました。

慶應10年(1868)の奉納

大政奉還の頃でしょうか。日本中がごった返していた時期ですネ。

この小石が100個あるということでしょうか。




s-氷川神社DSC_4677_01








【富士塚】




         s-氷川神社DSC_4674_01










【神撰田(しんせんでん)】


神様に供えるお米を作っています。




s-氷川神社DSC_4673










【絵馬】



絵馬も、お願いごとによりいくつかの種類が用意されているようです。

とは言うものの、皆さんお好きな絵馬に願い事を書かれているようですが。




         s-氷川神社DSC_4679_01









人気の絵馬は、こちらのようです。




s-氷川神社DSC_4667_01





s-氷川神社DSC_4675_01










【御朱印】



ここ、『鎮守 氷川神社』 では、御朱印帳だけではなく

”御朱印”にも工夫を凝らしています。

季節によって、御朱印の色が違います。




s-氷川神社DSC_4678_01








今は、夏なので「ブルー」です。

それプラス、今年は令和元年なので金色の「菊の御門」が押されていました。

賑やかで明るくていいですネ。




         s-氷川神社DSC_4682_01










以上、参詣者のために色々工夫している 『鎮守 氷川神社』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


神社 | 21:50:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 浅草 ほうずき市 ~
お江戸の町に急ぎ足で  がやってきました。

下町の夏の風物詩 『浅草のほおずき市』 です。




s-ほうずき市DSC_4594_01











創建は628年、都内最古といわれる浅草寺境内を彩る『ほおずき市』は、毎年7月9日10日の

両日の縁日にともなって催されます。

浅草寺では室町時代末期(16世紀半ば)頃から、「功徳日」といわれる縁日が設けられるように

なりました。功徳日とは、その日に参拝すると、100日、1,000日分などの功徳が得られるという

特別な日を指します。功徳日は寺社によって異なりますが、現在、浅草寺では月に1度

年に12回の功徳日を設けています。このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳がある

とされることから、特に「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれています。

一日お参りすると、45,000日お参りしたことになる勘定です。

この数の由来は諸説あり、米の一升が米粒46,000粒にあたり、一升と一生をかけた

ともいわれていますが定かではありません。46,000日はおよそ126年に相当し、

人の寿命の限界ともいえるため、「一生分の功徳が得られる縁日」であると言われています。

四万六千日の縁日の参拝は江戸時代には定着し、われ先に参拝しようという気持ちから、

前日9日から境内は参拝者で賑わうようになったそうです。 そのため9日、10日の両日が

縁日とされ、現在に至っています。

四万六千日に伴うほおずき市の起源は、明和年間(1764〜72)とされています。

四万六千日の縁日は浅草寺にならって他の寺社でも行なわれるようになり、芝の愛宕神社では

四万六千日の縁日にほおずきの市が立つようになりました。

その愛宕神社のほおずき市の影響を受け、四万六千日の本家である浅草寺にも

ほおずき市が立つようになったそうです。

現在では、たった二日間の縁日で55万人の人出でにぎわいます。




s-ほうずき市DSC_4588_01











ほうずきには、朱色と緑が鮮やかで鉢に植えられた「丹波ほおずき」や、

大きなほおずきが一本の枝にブル下がっている「枝ほおずき」などが人気を呼んでいます。

そのほかに、小さなほおずきが沢山なっている「千成ほおずき」などがあります。




        s-ほうずき市DSC_4636_01





s-ほうずき市DSC_4599











浅草寺の広い境内の中に120店舗以上のほおずきを売る屋台が立ち並び、威勢のいい

売り子の声が浅草の青空に響きわたります。




s-ほうずき市DSC_4608_01










吊り下げられたほおずきの鉢ばかりでなく、狭い屋台の床には買い手を待つ

青々としたほおずき鉢がずらりと足の踏み場もないほど並べられています。




         s-ほうずき市DSC_4601_01













『浅草のほうずき市』の名物はなんといっても、ねじり鉢巻きに法被姿の

粋なお姉さんが頭の高さほどに「鉢」を掲げて、掛け声をかけながら ほうずきを売る

姿ですネ。 まさに浅草らしい「いなせ」な姿ですネ。   

が、残念ながら年々この姿が減ってきています。確かに重い鉢を頭の高さにに掲げるには

かなりの腕力と体力を要します。そんな売り方ができるお姉さんが少なくなったのでしょうネ。

(投擲系の陸上部員をバイトに使ったらどうでしょうか?)

特に若い方は、おへその辺で「ほうずきの鉢」を抱きかかえて売っているのが多くみられます。  

ちょうど、ほおずきで顔が隠れるからいいのかな。   




         s-ほうずき市DSC_4593_01








でも、これでは町のお花屋さんの売り場と一緒かも?

中にはしっかり上に掲げて売っている御嬢さんもいましたよ。




         s-ほうずき市DSC_4598_01





         s-ほうずき市DSC_4611_01








おしゃれですネ!

ピアスが風鈴になっていました。




         s-ほおずき市DSC_4614_01











売り手ばかりではありません。

買い手の方にも粋な方がおりました。

こちらは本格派です。着物も振袖です。今はやりのレンタル浴衣ではありませんよ!




         s-ほうずき市DSC_4630_01







「粋」 ですネ!

浅草に  がきましたネ !!








テレビ局の情報番組も現地レポートに訪れてきていました。

旬の話題の先取りでしょうか。




s-ほうずき市DSC_4624_01











処で、話は変わりますが、皆さんは「ほおずき」を漢字で書けるでしょうか!



勿論、私は書けません!


辞書を引いてみると。  (古いか!今ならネットで見てみると。でしょうか)

         

  鬼灯、鬼燈(ほおずき)     これは以前見たような記憶があります。


   酸漿(ほおずき)          これは初めて見ました。絶対書けない。  



と、書くそうです。  (何かどこかの試験にでも出そうな漢字ですネ)




s-ほうずき市DSC_4645_01










『浅草のほおずき市』 でほおずきと一緒にセットで「江戸風鈴」が売られています。

(勿論「江戸風鈴」単独でも購入はできます)

これは、お寺の軒の四方に邪気除けとして吊り下げられていた青銅製の「風鐸(ふうたく)」の

代わりに「江戸風鈴」を吊り下げるためです。

風鐸は風鈴と同じで風にそよぎ、音を出します。その音が聞こえる範囲を聖域として

邪気を払うと言われています。

この「江戸風鈴」も浅草の夏には無くてはならないものですネ。




s-ほうずき市DSC_4649_01









以上、ほおずきの売り手の掛け声と、風鈴の音が境内に鳴り響く『浅草酸漿市』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


旅・はいかい | 21:46:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 八景島シーパラダイス ~
折角ここまで来たので『八景島シーパラダイス水族館』 にお邪魔させていただきます。

各水槽は、その周りにたくさんの人だかりがあり、映り込みも激しいので早々にスルーさせていただきました。

その中でも、目に留まったものを紹介します。


ペンギンです。

アクリル板越しに観客のもっているパンフが餌に見えたのでしょうか?

子供ペンギンのぬいぐるみより

パンフを必死に咥えようと試みています。

その表情が面白かったので思わずシャッターを押しました。




s-シーパラ水族館DSC_4244_01









大きな体に似合わず、とぼけた顔が愛嬌のある「トド」です。






s-シーパラ水族館DSC_4252_01




言われる前にお断りしておきます。

    「自撮り写真」ではありません!







子供たちにも人気がありました。



”トドちゃ~ん!あ・そ・ぼうー”




s-シーパラDSC_4255_02










「イワシ」の大群にサメが包囲されていました。

イワシの大群の動きは「舞」を見ているようで力強く面白いですネ。




s-シーパラ水族館DSC_4285_01











こちらも、大群での動きが幻想的で面白い「クラゲ」です。




s-シーパラ水族館DSC_4277_01










メインの「イルカショー」 です。



まずは、前座でしょうか。

「アザラシ」の逆立ちです。

狭いアクリル板の上なので、バランスを取るのが難しそうです。

「どうだ!」と言わんばかりの”どや顔の微笑み”が印象的です。





s-シーパラ水族館DSC_4325_01










続いて、人気者の「シロイルカ」です。

以前、テレビコマーシャルで丸い気泡を吹き出すことで話題になったシロイルカです。

もちろんその時のシロイルカではないでしょうけれど。

愛嬌は変わりませんネ。




        s-シーパラ水族館DSC_4376_01





s-シーパラ水族館DSC_4378_01










今のシロイルカは「泡の環」ではなく、口から水を外にいる人間に向かって噴射して驚かせます。




s-シーパラ水族館DSC_4383_01









いよいよ「イルカのショー」です。

まずは、垂直跳び




s-シーパラ水族館DSC_4390_01





こちらは、まさにハイジャンプでしょうか。

凛々しいですネ。 背筋がピンと直角に曲がっています?

名付けて、秘伝「差し金飛び」 

意味がよくわかりませんが!




        s-シーパラ水族館DSC_4410_01











どこまで届くか「立ち泳ぎ}


お姉ーさんの背の高さとほぼ一緒!

これで尾ひれが水面から浮いていたら ”ミスター イルック”  

(一応、イルカとイリュージョンとマリックをかけてます!)


ほんとに、Mr.マリックに弟子入りできるかも。




s-シーパラ水族館DSC_4471_01










こちらは、「幅跳び」ですか




s-シーパラ水族館DSC_4494_01











「一回転半ひねり飛び」

しかも、シンクロしています。

すいません、名前が変更になったんですネ。

 「アーティステック」していますネ。 (なんかなじまネー)




s-シーパラ水族館DSC_4507_01












エンディングの「連帯飛行」です。

歌舞伎で言ったら「見得」を切るところでしょうか。




s-シーパラ水族館DSC_4547_01







よく訓練されたイルカ達のショーでした。

運営するのは西武グループの「株式会社横浜八景島」ですがこの会社はほかにも、

今、都内で異質な水族館として人気を博している「マクセル アクアパーク品川」や

「仙台うみの杜水族館」、「羽村市動物公園」、「上越市立水族博物館 うみがたり」などの

経営もしています。 なるほどと納得しますネ。

でも「羽村市動物公園」の経営もしているとは、昔多少縁があったところなのでびっくりです。



以上、 『八景島シーパラダイス』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました


旅・はいかい | 21:00:21 | トラックバック(0) | コメント(0)