FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ アートアクアリューム2018 ~
今年も、コレド・日本橋三井ホールで始まりました。

今年は、”金魚と錦鯉とプロジェクションマッピング”のコラボです


薄暗い場内に七色の光線が忙し気に走り抜けています。

嫌が追うにも、これから展開される物への期待が膨らみます。





DSC_アート5285_01










入口からの通路天井が”和”を意識してか「格天井(ごうてんじょう)」になってました。

ただし格子の中は、花鳥風月の絵ではなく、”金魚の水槽”でした。


天井を金魚が泳いでいるんです。




DSC_アート5493_01





DSC_アート5283_01









≪超・花魁≫



アートアクアリューム10年の集大成として誕生した新たな超大作で

世界一の大きさの金魚鉢です。

今までの「花魁」は1,000匹の金魚が泳いでいましたが、この「超・花魁」は

3,000匹の金魚が泳いでいます。




       7037a86bd14a41e2b3759b8057c7a12f.jpg








七色に変わるライティングがされています。




DSC_アート5300_01











≪大政奉還金魚大屏風≫




会場を二つに仕切るように造られた金魚鉢の舞台の上に、幅5,4Mの

屏風状に造くられた、薄型の水槽が18連並んでいます。

その水槽屏風(ビョウブリュウム)に屏風絵の替わりに、プロジェクションマッピングが

投射されています。

そしてその屏風の中では金魚が泳いでいます。驚きの発想ですネ。


投射されているプロジェクションマッピング内容は、江戸末期の徳川幕府による

大政奉還によってもたらされた、日本美術史の移り変わりが流れるようにを表現されています。




DSC_アート5290_01







舞台に見えるところも、実は大きな水槽になっていて迷彩色の映り込みの中

沢山の弁柄色をした金魚が泳いでいて”和”を表現しています。




DSC_アート5491_01









≪プリズリウム F18≫



18面体の水槽です。

光の関係で色々な表情の金魚を観ることが出来ます。



image.jpg






DSC_アート5435_01










≪アースアクアリュウム・ジャポニズム≫




地球をイメージした直径1,5Mの球体水槽の中を錦鯉が乱舞しています。




ph_EarthAquariumJaponism_03.jpg







新潟県長岡市山古志から取り寄せた最高級の錦鯉が優雅に泳いでいます。



DSC_アート5340_01










≪キリコリュウム≫



江戸切子で出来た金魚鉢の中を金魚が泳いでいます。

金魚は”和”の景色に良く似合います。




DSC_アート5449_01









≪その他の展示金魚の抜粋≫



それぞれの涼しさを!!



         DSC_アート5501_01










DSC_アート5391_02









DSC_アート5366_01










         DSC_アート5359_01









DSC_アート5329_01









DSC_アート5475_01








展示されている金魚達と同化していました、まるで金魚と一緒に水槽の中に

いるようでした。




         DSC_アート5477_01











≪追伸≫



夜の部には、こんなコーナーも用意されています。




DSC_アート5387_01












以上、とても幻想的な『アートアクアリュウム2018』 でした。

今度は『ナイトアクアリュウム』 に来てみたいと思います。

スポンサーサイト
旅・はいかい | 22:26:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 夏の高校野球地区予選が始まりました ~
今年は、第100回記念大会です。

したがって、正式名称は『第100回全国高等学校野球選手権記念大会』です。

その甲子園大会に出場すべく、全国の高校球児は地区大会球場で泥にまみれています。


甲子園出場校は、第100回を記念して、以前から地方大会で参加校が多かった

愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡を2地区に分け、合計56校に増えました。


それぞれの地区にとっては夢が膨らむ話ですネ。

試合数も優勝チーム以外の全チームが負けるまで行うので55試合行うことになります。




        photo_poster_01.jpg







ルールも変わりました。

今年の第90回記念選抜高等学校野球大会から採用された『延長戦におけるタイブレーク制』が、

本大会及び地方大会でも導入されます。なお本大会の決勝戦ではタイブレーク方式を採用せず

延長15回終了時点で同点の場合は引き分けとし、翌日以降に再試合となります。

しかし、その再試合で延長13回に入った場合には準決勝までと同じ形で

延長イニング数無制限でのタイブレーク方式が採用されます。











埼玉県大会川口市民球場




埼玉県の高校球児です。




≪ナイスバッティング≫




DSC_野4994_01





DSC_野5269_01





DSC_野5266_01











≪タッチアップ GO!≫




DSC_野5126_01











≪スィングアウト≫




DSC_野4843_01








軸がぶれていない良いスィングだけどナァー!


DSC_野4883_01











≪ボテボテ≫



ちょっと力み過ぎかも!




DSC_野4866_01





DSC_野4879_01






白い線から内側に打ちましょう!


ルールですから!




DSC_野4918_01










≪ナイスピッチ≫



手の握りからしてストレートでしょうか?




DSC_野4943_01











≪ナイスキャッチ≫




DSC_野4975_01







ノーバンドキャッチ!! ファインプレーですネ。




DSC_野4976_01










≪ナイス 連携!≫



明瞭、適格な指示でした。




DSC_野4935_01











≪ホームスライディング≫




レフトもしっかりカバーに入っています。




        DSC_野5029_01






” セ~フ ”



         DSC_野5030_01









痛恨の落球か!!




DSC_野5150_01






” セーフ ”




DSC_野5152_01











≪痛ッ!!≫




膝部にデットボールです。




DSC_野4952_01






倒れ込んで、しばらく起きれませんでしたが、何とか出塁しました。

しかしその後、やむなく交代となりました。






DSC_野4956_01











痛恨の自打球です!!


これが一番痛かったのではないでしょうか。

これが本当の”デッド ボール”になりかねない球でした。

幸いなことに、どこにも怪我がなかったようです。

本当に良かったですネ。 

彼が真の ”ゴールデンボーイ” だったのでしょうか




DSC_野5039_01










以上、第100回全国高等学校野球選手権記念大会  『埼玉大会 川口市民球場』 でした。

スポーツ観戦 | 06:49:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 興禅院の紫陽花達 ~
地元にも紫陽花の名所があると言うので来てみました。

埼玉県川口市にある『興禅院』 です。

興禅院は、曹洞宗の寺院で、1546年開創という古い歴史を持ったお寺です。








山門やその周辺も落ち着いた雰囲気を醸し出しています。




DSC_興禅4759_01





         DSC_興禅4697_01











紅葉では、知る人ぞ知る鑑賞スポットと聞いたことがありましたが

紫陽花も咲いているんですネ。

山門を潜り、本堂の手前を右に曲がって「鐘楼」の前を進むと、紫陽花畑が開けていました。




DSC_興禅4699_01






境内には道案内の矢印が掲示されていました。

拝観料を取っている訳ではないのに親切ですね。



色々な種類の紫陽花が咲いていました。

しかし、やはり好きな”ガクアジサイ”に目がいきますネ。



≪ピンク≫




DSC_興禅4700_01





DSC_興禅4717_01











≪紫≫




DSC_興禅4702_01











≪緑&紫≫>




DSC_興禅4709_02











≪ブルー≫




DSC_興禅4715_01











≪白≫




         DSC_興禅4721_01









≪紫&ブルー≫




DSC_興禅4751_01











ちょうど夕暮れ時だったので、逆光を入れてみました。



≪ブルー≫




DSC_興禅4731_01





DSC_興禅4741_01










≪紫&ブルー≫




DSC_興禅4740_01







DSC_興禅4747_01











時期ですネ。こんなお客さんも来ていました。




DSC_興禅4736_01











本堂左の墓地内のスダジイの大木には、元禄年間のお地蔵様が

根本に抱えられていました





DSC_興禅4754_01











以上、 『興禅寺の紫陽花達』 でした。

旅・はいかい | 05:07:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 所沢ゆり園 Ⅱ ~
≪赤≫





赤は清楚と言うより”妖艶”でしょうか。




DSC_百合4650_01





         DSC_百合4639_01






DSC_百合4529_01





DSC_百合4548_01





DSC_百合4558_01





DSC_百合4587_01












≪白≫



まさしく、清楚です。




DSC_百合4629_01





DSC_百合4669_01










アップにしても綺麗です。


このショットが一番気に入ってます。




DSC_百合4668_01





         DSC_百合4531_01





DSC_百合4544_01





         DSC_百合4545_01





DSC_百合4570_01











≪赤橙≫




DSC_百合4671_01





DSC_百合4670_03











≪ピンク≫




DSC_百合4675_01











以上、百合香る花園 『所沢ゆり園』 でした。 

旅・はいかい | 21:29:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 所沢ゆり園 ~
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花


言い尽くされた、美女を形容するフレーズですが

所沢メットライフドーム(西部ドーム)の横で、

夏、一ケ月限定の「百合園」がオープンされていると言うので”歩く姿” を見にきました。



入口を入ると、3万㎡の丘に、百合が絨毯を敷き詰めたように咲き乱れていました。

壮観な景色です。見渡す限り ゆり、ゆり、ゆり です。




DSC_百合4686_01





DSC_百合4662_01










早咲きの「すかしゆり種」と遅咲きの「ハイブリッド種」が50種類、45万株が植栽されていて

今は、ちょうど両種の花がラップして咲き乱れている時期だそうです。

特に、ハイブリッド種は素晴らしい芳香を漂わせています。

50種類の百合の区別して紹介するのは難しいので、色別で紹介しようと思います。





まず一番沢山の花をさかせている黄色の花からです。




≪黄 色≫




幾つか丘がある中で、一つの丘は

丘一面が、黄色に埋め尽くされていました。これも壮観です。




DSC_百合4643_02





DSC_百合4621_01






しかし、被写体もバックも同じ色なので、アングルに苦労しました。




DSC_百合4647_02





         DSC_百合4656_01











百合はやはりそれぞれ単独で見せる力強さや美しさが魅力でしょうか。

まず、力強さから




           DSC_百合4505_02





         DSC_百合4648_01






         DSC_百合4667_01







優雅な美しさを!

歩く姿に見えるでしょうか!




DSC_百合4551_01





         DSC_百合4571_01









幻想的で、怪しげな魅力も!




DSC_百合4597_01





DSC_百合4674_01












≪橙≫



黄色との線引きが難しかったのですが、とりあえず分けてみました。




DSC_百合4661_01






DSC_百合4592_01





         DSC_百合4589_01





         DSC_百合4645_01











以上、 『所沢ゆり園』 黄色と橙の花 でした。


まだ、続きます

旅・はいかい | 22:17:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 妙法寺 ~
鎌倉市大町にある『妙法寺』に来ています。

室町時代から続く日蓮宗の寺院です。江戸時代には、徳川将軍家と御三家から篤く

信仰されていました。

鎌倉屈指の苔が美しい寺として知られており、中でも苔に覆われた階段は風情があり

「杉本寺」と甲乙つけがたいとの評判です。

一見の価値がありますよネ。










千葉の安房国(あわのくに)から、鎌倉に出てきた「日蓮」は、ここ松葉ヶ谷草庵で

二十数年間布教活動を行っていました。

『妙法寺』はその跡地に造られた日蓮宗の寺院と伝えられています。





正面にある「総門」は開かずの門です。

出入りは、横の受付小屋からです。

拝観料を払うと、本堂に備えるための火のついた一本のお線香をいただきました。




myohoji-somon.jpg











本堂です。


現在の本堂は、江戸時代の文政年間に肥後細川家によって建立されました。

幼くして亡くなった息女の菩提を弔うために建立された。




         DSC_妙4492_01










本堂の対面には大覚殿が建っています。

内部に祀られているのは、釈尊像と肥後細川家より寄進された加藤清正像・法稲荷大明神です。

建物の外には賽銭箱と鰐口(わにぐち)が設置されています。




myohoji-daigakuden.jpg












大覚殿の先にあるのが仁王門です。

総門と同じように、閉じられていて、くぐることはできません。

門の内部には仁王像が祀られています。全体が朱塗りなのは、

江戸時代に将軍の御成(おなり)があったためです。





DSC_妙4471_01










紫陽花の「御成道」でしょうか。

粋ですね!




DSC_妙4475_01










「仁王門」の脇を通って進むと、その先に苔むした階段が表れました。

なるほどこれは絶景です。

「杉本寺」よりやや翠が深いでしょうか。

階段の長さも少し長いようです。

大きなシダと苔の愛称も抜群です。






         DSC_妙4442_01










「苔の階段」横の灯籠も、趣を演出してますネ。

時代を背負っている感にあふれています。




         DSC_妙4453_01









足元には、岩に埋もれた、小さな「抱き仏像」がおりました。




DSC_妙4448_01










横の階段を登ると、本尊が祀られている「法華堂」があります。

良いですね!

”何も削らず、何も足さず” 質実そのままですネ

朱塗りの豪華さとは違う趣が表れています。



江戸時代の文化年間に徳川御三家の一つ、水戸徳川家によって建立されました。

中に祀られているのは、開山者である日叡が作った本尊、厄除祖師です。

法華堂の脇には、日蓮が自ら植えたと伝わるソテツが植わっています。






myohoji-hokkedo.jpg




         DSC_妙4470_01










「法華堂」の横の、苔とシダに囲まれた中にあるのが、同じく質実な「鐘楼」

今は石仏が祀られている「釈迦堂跡」です。




         DSC_妙4461_01










「苔の階段」を上からのぞきます。


水分が下へ向かうせいなのか、下の方が翠が濃いように思われます。

でもシダは元気に育っています。




         DSC_妙4459_01










『妙法寺』にも季節の花が咲いていました。




≪ききょう≫




DSC_妙4437 (1)_01










≪百合≫




         DSC_妙4483_01










≪ノウゼンカズラ≫




DSC_妙4493_01










以上、時代がタイムスリップしたような趣たっぷりの 『妙法寺』 でした。

旅・はいかい | 22:56:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 鎌倉 報国寺 ~
「杉本寺」から歩いて5~6分程のところにありました。

竹林で有名な 『報国寺』 です。





DSC_報4365_01

                      ≪藥医門≫





足利氏、上杉氏の菩提寺として栄えた『報国寺』は、京都の嵐山ほどのスケールは

ありませんが、境内の竹林、「竹の庭」が非常に有名なお寺です。

ミシュラン・グリーンガイドでは、鎌倉で2箇所しかない「三つ星」の評価を得ています。

その「竹の庭」はこの本堂の裏庭になります。




DSC_報4376_01











【竹の庭】




         DSC_報4385_01





       DSC_報4382_01





         DSC_報4384_01







2千本の孟宗竹(もうそうちく)が生えているそうです。





DSC_報4377_01





DSC_報4389_01








竹で薄暗くなっている「竹の庭」の奥にぽつりと朱い灯をともしている

お茶処”休耕庵”がありました。

自然に体が吸い寄せられます。




DSC_報4381_01







お茶を飲みながら竹林の景色を眺め、歴史や文学にに思いを寄せるのも

一興ではないでしょうか。




hokokuji_kyukoan_03.jpg








『報国寺』の境内に住んでいたことのある、川端康成は、この山間のしじまの音なき音を

「山の音」と表現したそうです。

ここで、茶を飲みながら、孟宗竹の間から聞こえてくる”山の音” 聞いたのでしょうか。




         DSC_報4390_01




















「竹の庭」の奥には、枯山水の庭園がありました。

息をのむような美しさです。 心が洗われますネ。




DSC_報4396_01

















『報国寺』 の魅力は竹林だけではありません。

境内一帯に広がる「苔の庭」も素敵です。


寺の入り口で迎えてくれるのは、苔で造られた「ミニ枯山水」です。



DSC_報4370_01





DSC_報4369_01









枯山水を「竹の庭」へ向かって進むと、苔むした灯籠や石仏が並んでいます。




         DSC_報4372_01





         DSC_報4374_01









「竹の庭」を出たところにもありました。




DSC_報4386_01





         DSC_報4388_01



















「竹林」「苔」だけではありません。

季節を彩る「四季花」が迎えてくれました。


「地雨」によく似合う”紫陽花”




DSC_報4363_01





       DSC_報4367_01






DSC_報4393_01





DSC_報4401_01






DSC_報4402_01










”半夏生(はんげしょう)”も咲いていました。




         DSC_報4398_01





雑節の一つ”半夏生”の頃(7月2日から7月7日)に花を咲かせるから「半夏生」

”半夏生”の頃だけ、虫寄せのため葉の色を半分、白くするから「半化粧」とも言われます

いずれにしても粋な名前ですネ。




         DSC_報4395_01










まだまだありますよ。  歴史が生きています


【足利一族の墓(やぐら)】



竹林の道を通り抜けると、横穴式墳墓が見えてきました。

土地が狭く、平地に墓を作るのが難しかった鎌倉で崖の斜面を切り抜いて作った

とっても珍しいお墓です。

この報国寺は永享の乱(1438年)において足利義久がわずか10歳で自刃した寺で

ここで関東の足利公方が滅亡しました。その足利一族の墓です。




DSC_報4392_01










【鐘楼(かねつき堂)】



茅葺の屋根が趣と歴史を物語っているようです。



DSC_報4403_01





hokokuji_shoro.jpg











【五輪塔群】



鐘楼脇には鎌倉幕府滅亡時に、北条高時に殉じた鎌倉将士の墓と伝えられる五輪塔群があります。




         DSC_報4405_01










以上、見どころ満載の 『報国寺』 でした。

旅・はいかい | 22:59:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 鎌倉 杉本寺 ~
苔寺で有名な『鎌倉 杉本寺 』 です。

奈良時代に行基が開いたとされる鎌倉最古の寺です。

「仁王門」まで急な階段が続きます。





         DSC_杉4422_01













階段を登りきると「仁王門」です。





DSC_杉4409_01






「金剛力士像」は鎌倉時代の仏師「運慶」の作と言われています。

奈良の「東大寺」まで行かなくても、「運慶」の”金剛力士像”を拝顔できるとはなんと素晴らしい。

真贋なんて野暮な発想はやめましょう!

”阿形”の顔つきなんか、そっくりではないでしょうか。




DSC_杉4413_01      DSC_杉4414_01










境内全体が苔に包まれています。



         DSC_杉4407_01










「仁王」門をくぐると目の前に見えるのが、苔に覆われた風情のある階段…!

”苔好き”にはたまらない風景ではないでしょうか。

この苔の階段は鎌倉の山の石を切り出して作られたそうです。

この鎌倉で切りだされる石は柔らかいのですり減りやすいことや、苔がつきやすいことから、

長い時間をかけてこのような素敵な苔むした階段ができました。この苔の景観を守るために

雨が降らない日が続くと水をまくこともあるそうです。

現在は苔が滑りやすく石が崩れる危険があるため通行禁止です。




         DSC_杉4416_01









上から見ると、勾配のきつさが判ります。

これでは、通行止めでなくても怖くて降りれません。




DSC_杉4420_01
















左脇の階段を上ると本堂(観音堂)です。

これもまた風情のある茅葺の屋根が趣を醸し出しています。




DSC_杉4419_01




本堂には上がることはできますが、撮影はできません。

御本尊として3体の十一面観音立像があります。

一番手前の正面にに大きな、「十一面観音立像」があり、これも「運慶」の作と言われていますが

これは御本尊ではありません。

その奥に3体の御本尊があります。

向かって左の像は「行基」が建立時に安置したものです。

中央の像は円仁慈覚大師の作(重要文化財)、

向かって右の像は、源信恵心僧都の作(重要文化財)です。











鐘楼も茅葺で趣がありました。




         DSC_杉4418_01


















杉本寺の由来


1189年に近くで火災が起こった時、ご本尊三体が自ら本堂から出てお庭にある杉の下に逃げて

火を避けられたことから、ご本尊を「杉本観音」と呼ぶようになり、

お寺の名前も杉本寺になったそうです。










以上、苔寺にふさわしい趣のある 『杉本寺』 でした。







〖追伸〗


「杉本寺」の裏側「鎌倉宮」の大鳥居の門前にある”鎌倉夫人”

ランチをいただきました。

生シラスが入荷したと言うので早速注文しました。

≪生シラス丼≫


ビールは地元を尊重して「鎌倉ビール」




         DSC_シラ4424_01










さして待つことなく登場です。

さすが、生シラスは一握り程ですが!




DSC_シラ4427_01









でも中々、口に入らない貴重品です。

確かに、「釜揚げシラス」とは別の食べ物のようです。





DSC_シラ4429_01







遅れてみ味噌汁が来ました。



DSC_4432_01.jpg










あっという間に完食です。

ごちそうさまでした!!


鎌倉バンザイ \(^o^)/!!

旅・はいかい | 22:48:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 世界遺産 旧富岡製糸場 ~
嬬恋からの帰り道、念願だった『世界遺産 富岡製糸場 』にお邪魔しました。 

世界遺産に認定された直後は、かなりの見学者で混雑していると聞いているので

見学に来るのを見送っていたまま今日に至ってしまった。


広々とした工場敷地内には、沢山の施設が立ち並び、現在修復中の施設や

まだ手付かずの施設も少なくなかった。




5.jpg





         DSC_富4361_01





富岡製糸場は1872年にフランスの技術を導入して設立された官営模範工場であり、

器械製糸工場としては、当時世界最大級の規模を持っていた。

そこに導入された日本の気候にも配慮した器械は後続の製糸工場にも取り入れられ、

働いていた工女たちは各地で技術を伝えることに貢献した。

第二次世界大戦時のアメリカ軍空襲の被害を受けずに済んだ上、操業停止後も

片倉工業が保存に尽力したことなどもあって、繰糸所を始めとする開業当初の

木骨レンガ造の建造物群が良好な状態で現代まで残っている。2005年に敷地全体が

国の史跡に、2006年に初期の主要建造物(建築物7棟、貯水槽1基、排水溝1所)が

重要文化財の指定を受け、2007年には他の蚕業文化財とともに

「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産の暫定リストに記載された。

2014年6月に世界遺産登録の可否が審議され、6月21日に日本の近代化遺産で初の

世界遺産リスト登録物件となった。





          DSC_富4360











〖繰糸所〗       国 宝



富岡製糸場の中で中心的な建物である。敷地中央南寄りに位置する、東西棟の細長い建物で、

木骨レンガ造、平屋建、桟瓦葺き。平面規模は桁行140.4 m、梁間12.3 mである。

繰糸は手許を明るくする必要性があったことから、フランスから輸入した大きなガラス窓に

よって採光がなされている。この巨大な作業場に300釜のフランス式繰糸器が設置された。

富岡製糸場に導入された器械製糸は、それ以前の揚げ返しを含まない西洋器械を

そのまま導入していた事例と異なっており、1873年から1879年の間に全国26の製糸工場に

導入された。





DSC_富4358_01






DSC_富4359_01










〖東置繭所〗      国 宝



繰糸所の北側に建つ、南北棟の細長い建物であり、東置繭所、繰糸所、西置繭所の3棟が

「コ」の字をなすように配置されている。東西置繭所ともに1872年の竣工で、桁行104.4 m、

梁間12.3 m、木骨レンガ造2階建てで、屋根は切妻造、桟瓦葺きとする。

東置繭所は正門と向き合う位置に建物内を貫通する通路を設けている。





12.jpg











〖首長館〗      重要文化財


別名ブリューナー館と言われた。繰糸所の東南に位置する、木骨レンガ造、平屋建、寄棟造、

桟瓦葺き。平面はL字形を呈し、東西33 m、南北32.5 mである。別名が示すように

ブリューナ一家が滞在するために建設された建物である。

この建物は面積916.8 m2と広く、一家(夫婦と子ども2人)とメイドだけでなく、

フランス人教婦たちも女工館ではなく、こちらで暮らしたのではないかという推測もある。

その広さゆえに、1879年にブリューナが帰国すると、工女向けの教育施設などに転用され、

戦後には片倉富岡学園の校舎としても使われた。従来工女教育のために竣工当初の姿が

改変されたことは肯定的に捉えられてこなかったが、むしろ富岡製糸場の女子教育の歴史を

伝える産業遺産として、その意義を積極的に捉えようとする見解も多い。






16.jpg











〖検査人館〗      重要文化財


木骨レンガ造、2階建、南北棟の寄棟造で、桟瓦葺きとする。規模は東西10.9 m、南北18.8 mです。

もともとはブリューナがフランスから連れてきた男性技術指導者たちの宿舎として

建てられたものであったが、検査人ジュスタン・ベランとポール・エドガール・プラーは、

無許可で横浜に出かけ、怠業したという理由で1873年10月30日に解雇されていた。

また、ブリューナが教婦や検査人を連れて来たのとは別の時期(詳細日程未詳)に来日し、

1872年に雇い入れられた銅工のジュール・シャトロンも、1873年に富岡を離れていた。

このため、かわりに外国人医師の宿舎になっていた。






21.jpg











まだ幾つかの施設があるが、内部が整備されているのは「操糸所」と「東置繭所」だけで

あった。もう少し整備が進んでいる状態を期待していったので、少し物足りなさを感じた。

今度は、もう少し整備が進んだ状態出来た時再来したいと思います。






以上、まだまだ修復途上の 『世界遺産 旧富岡製糸場』 でした。

歴史探訪 | 04:26:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 白糸の滝 軽井沢 ~
軽井沢と北軽井沢を結ぶ「白糸ハイランドウエイ」沿いにありました。

落差高さ3m,幅70mの湾曲に水がしたたり落ちる『白糸の滝』です。

水源は地下水が岩肌から湧き出ている清水です。

したがって、流量は概ね一定で濁らず、晴雨に左右されることなく常に幾条もの

白糸のように清水が流れ落ちることから命名されたと言われている。




DSC_白糸4283_01





DSC_白糸4287_01





マイナスイオンたっぷりの、清涼感あふれる光景で、見る者の心を休ませてくれますが

雨上がりの日は、虫が大量に発生します。特に「アブ」が大量発生しますので

行かれる方は、虫よけ剤は必需品です。









夏季の一か月程度、夜間はプロジェクションマッピングが行われ

神秘的、幻想的な夜景を作り出し、観光客の目を楽しませています。

その夜景の様子から2015年、日本夜景遺産「ライトアップ夜景遺産」に登録されました。

それがこちらです。




image2png.jpg











遊歩道に沿った下流にも、大小の「段瀑」があり

楽しませてくれます。

直ぐ下流の人工段瀑です。




DSC_白糸4297_01










手持ちで少しスローシャッターにしてみました。

これが限界です。

NDフィルターを付けなかったので、ところどころ「白とび」しています。




DSC_白糸4299_01











遊歩道沿いの「小段瀑」です。




DSC_白糸4303_01





         DSC_白糸4302_01











以上、アブとマイナスイオンの 『白糸の滝 軽井沢』 でした。

旅・はいかい | 21:04:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad