■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 姨捨山(おばすてやま) ~
松本から帰る途中寄り道しました。

更科に住む男が、山に捨てた親代わりの伯母を、明月の輝きに恥じて翌朝には

連れ戻しに行ったという、姨捨山伝説で知られる『姨捨山』です。

姥捨山(うばすてやま)とも言います。

正式には、長野県千曲市にある冠着山(かむりきやま)の別名です。

標高は1、252メートルです。




DSC_姨捨7105_01








山頂から見下ろす善光寺平です。




DSC_姨捨7106_01












【姥捨駅】


姨捨山の麓にありました。




375px-Obasute_Station_2013-8-16.jpg





DSC_姨捨7109_01










標高551mの山の中腹に位置し、全国でも数少ないスイッチバック方式を要する駅です。

ホームから見下ろす景色は、根室本線の狩勝峠、肥後線の矢岳駅と共に

日本三大車窓の一つと数えられています。




DSC_姨捨7107_01











日本経済新聞社の2007年アンケート「足を延ばして訪れてみたい駅」の

全国第2位にランクされました。

ではちなみに1位どこか、ネットで調べると

なんと、2位の姨捨駅のことしか出てきません。

それでも何とか調べてみると

判りました。

1位は北九州市 門司港駅  以前、博多に住んでいたことがあるので

門司港駅には何度かお邪魔させていただきました。

そして、第3位はなんと先日訪れたばかりの、特急が止まる無人駅

霧島市 嘉例川駅(かれいがわえき)でした。

「足を延ばしても訪れたい駅」ベスト3の駅全てを、足の短い私が訪れていることになります。

何となく誇らしい気分です。

又、姨捨駅は2012年「日本夜景遺産(自然夜景遺産)」にも認定されました。




         DSC_姨捨7112_01





DSC_姨捨7110_01











【田毎の月(たごとのつき)棚田】


姨捨の狭い棚田の一枚一枚に映る月を”田毎の月”と言います。

観月と風景を楽しむ、国指定の名勝です。

そしてこの地は「名月の里」とも呼ばれ、平安時代からの観月の地として知られています。




DSC_姨捨7113_01







「田毎の月」を観るためには、田に水が張られている田植えの時期の満月の夜

でなければならないのです。

田植えは5月ごろですから5月の満月の近辺の晴れた夜、と言うことになります。

非常にタイミングが難しい”観月”です。

松尾芭蕉のころは、中秋の名月に合わせて、稲を早めに収穫をして

水を張りなおしたそうです。 風流ですネ。

芭蕉がその「田毎の月」を観に来て書いた一句


  面影や 姥一人なく 月の友


芭蕉らしい渋い一句ですネ。







芭蕉も愛した「田毎の月」 見てみたいですが今は「田毎の緑稲」 です。




DSC_姨捨7114_01











以上、足を延ばして訪れて見た 『姨捨山近辺散歩』 でした。

続きを読む >>
スポンサーサイト
旅・はいかい | 23:24:56 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad