■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ サクラの里探訪 ~
今年も桜の季節がやってきました。

この季節になると日本人は、なぜかそわそわしてきますよね。

やっぱ”サクラDNA”でしょうか。



そして、全国の桜の70~80%が「ソメイヨシノ」だそうです。

「華」と言えば「桜」、「桜」と言えば「ソメイヨシノ」と言う様に

日本人の心の奥まで「ソメイヨシノ」への思いが沁みこんでいます。

庶民が待ち焦がれる「開花」「満開」のニュースも、ソメイヨシノのそれを差しています。



その人気NO.1の「ソメイヨシノ」の発祥の地、

来れそうで、来れなかった東京都文京区駒込を”はいかい”してみようと思います。


なるほど、街中に「サクラ」のモチーフがちりばめられています。





         DSC_1310.jpg




DSC_1312.jpg










JR駒込駅前の「染井吉野桜記念公園」です。

「ソメイヨシノ」の原種と言われる「「エドヒガンザクラ」と「オオシマザクラ」が植えられています。

さすがに、まだ一分咲きでしょうか。




         DSC_1311.jpg







「ソメイヨシノ」は江戸時代中ごろ、「染井村」と呼ばれたこの地の

”植木屋”集団によって造られたと言われています。

若い木のうちから花を咲かすため、庶民に好まれ江戸後期から明治にかけて全国で

植えられた。




DSC_1309.jpg







当時の「染井村」には、全国に名だたる”植木屋・造園屋集団”が存在していました。



文久3年(1863年)英国の植物学者ロバート・フォーチュン氏が出版した「江戸と北京」の中で

染井村について

「交互に樹々や庭、格好良く刈り込んだ生垣が続いている・・・・

そこの村は、全体が多くの苗樹園で網羅され、それらを連絡する一直線の道が

1マイル以上続いている。私は世界のどこへ行っても、こんな大規模に売り物の植物を

栽培しているのをみたことがない。・・・・・・

数千の植物が良く管理されている。・・・・・

まだ支那にはないサボテンやアロエのような南米の植物もあり、日本人の進取の

気質を表している・・・・・・」

等と記述があります。 

当時この「染井村」は世界でも有数の植物の生産地であったことが解かります。

ロバート・フォーチュン氏によれば、世界一の造園の都市だそうです。

世界に名だたる「ソメイヨシノ」がたまたま出来上がったものではないことの

証明ではないでしょうか。

先人の努力、技術力に敬意を表します。









「ソメイヨシノ」は寿命が短いため、古木と言われる大木があまりありませんが、

現在は、住宅地となっているここ「旧染井村」の中に、古木らしき「ソメイヨシノ」が幾つか

観られます。さすが発祥の地ですネ。




         DSC_1314.jpg




         DSC_1316.jpg














”植木屋集団”の中心は此の辺だったのでしょうか。


〖門と蔵のある広場と小学校〗




DSC_1322.jpg




DSC_1317.jpg




DSC_1318.jpg












「ソメイヨシノ」は「ソメイヨシノ」同士で授粉・発芽をすることが出来ません。

もちろん「ソメイヨシノ」以外のサクラと交配は出来ますが、

それでは「ソメイヨシノ」とは別品種のサクラになってしまいます。

各地にある「ソメイヨシノ」は植木職人達の手による

「接木(つぎき)」によってのみ増やされてきました。

所謂、今言うところの ”クローン” です。

全国、あるいは輸出された海外にある「ソメイヨシノ」は子孫でも兄弟でもありません

”クローン” なんです。

したがって、全世界にある「ソメイヨシノ」を含めて、DNAは全て一致します。





すごいですネー。

日本の植木職人は、江戸時代のころから植物の”クローン生産”を実施していたんですね。





権現堂037





    ”あっぱれ!! 植木屋!!”









〖ジンダイアケボノ〗


排ガスの大気汚染やヒートアイランド現象で「ソメイヨシノ」が急激な環境の変化に

ついて行けなくなり病気や樹勢の低下を起こしていることに加え、

他のサクラと比べ「てんぐ巣病」に弱いことから現在は「ソメイヨシノ」の苗木の販売を中止し、

替わって「ソメイヨシノ」に類似している「ジンダイアケボノ」への植え替えを推進しています。

時代の流れには逆らえないのか。

大切なのは、日本人の心の花である「サクラ」を守り続ける事ではないでしょうか。










〖”王桜”起源説〗



韓国では、韓国固有種の”王桜”こそが「ソメイヨシノ」の起源である。

と今でも度々主張している。その為韓国語においても、これらを区別せず

同じ単語「ワンボンナム」と呼んでいる。

しかし、そのような証拠はどこにも存在しない。

DNAの検査でも明白になっている。



いつでも、何においても、日本人の先にいたい。と言う

韓国人特有の発想から来るのでしょうか。

日本人の心と言っても過言ではない「ソメイヨシノ」にまで口を挟むことはないと

思いますが、いかがでしょうか。










〖染井よしの桜の里〗



やっと咲いていました。

3~4分咲きでしょうか。

染井吉野の里の面目躍如ですネ。




         DSC_1328.jpg






         DSC_1324.jpg





         DSC_1327.jpg





DSC_1341.jpg








何か催しものも始まるようです。

「サクラの花」は日本人に何か行動を起こさすエネルギーを注入してくれるのでしょか。

何かせずにはいられませんよね。



DSC_1326.jpg












〖染井温泉〗



「東京スイミングクラブ」がプール施設と同一敷地内で運営している

”染井温泉 SAKURA”が公園の近くにありました。




DSC_1231.jpg




DSC_1232.jpg




DSC_1233.jpg







残念ながら、施設内は写真撮影禁止と言うことで紹介することは出来ません。

”北島康介選手”も練習帰りにここで「ひとっぷろ」浴びて帰ったのでしょうか。











以上 『サクラの里・染井探訪』 でした。

スポンサーサイト
旅・はいかい | 23:03:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 六義園のしだれ桜 ~
『六義園』と言えば『しだれ桜』ですよネ。




「内庭大門」をくぐると正面に「で~ん」と構えてお出迎えです。

幅20m高さ15m、そびえています。





DSC_1174_01.jpg











まだ5~6分咲きですが、充分迫力があります。

木の幹の方は、人だかりで残念ながら見ることが出来ませんが、

見学者がいないと、こうなります。

でかいですネー。





1403riku011 ②










出来るだけ人ゴミを避けて映してみました。  

(コラーッ!!人はゴミじゃない!)

(すいません!)




しだれているのが伝わるでしょうか。

浮世絵の見返り美人の流し目でしょうか。




DSC_1184_01.jpg





DSC_1180_01.jpg




         DSC_1181_01.jpg





DSC_1185_01.jpg











空へ向かっても伸びてます。

サクラの「薄桃色」は青空にも生えます。




         DSC_1189_01.jpg




DSC_1190_01.jpg




         DSC_1192_01.jpg










ところで「しだれ桜」と言う、桜の品種はありません。

しだれて咲いている桜の通称です。

色々な「しだれ桜」がありますが、ここの「しだれ桜」は

”エドヒガンザクラ”です。








それぞれのパーツもどうぞ

光の当たり具合で表情が変わります。




DSC_1193_01.jpg




DSC_1194_01.jpg




DSC_1199_01.jpg






         DSC_1200_01.jpg




DSC_1202_01.jpg




         DSC_1205.jpg










桜の花と梅の花は大きさも形も良く似ていますが、どこが違うか解かりますか?

「花びらの形」が違います。

桜の花の花弁は先端がハート型に割れています。

梅の花の花弁はなだらかに丸くなっています。


〖梅の花〗です。


サクラと違って「華やかさ」というより「淑やかさ」でしょうか。

やはり”梅一輪”でしょうか。



         DSC_0672_01.jpg








「しだれ桜」に戻ります。

幻想的な桜の個性をどうぞ。


     




         DSC_1210_01.jpg





DSC_1212_01.jpg




         DSC_1213_01.jpg





         DSC_1214_01.jpg





DSC_1216_02.jpg











以上、『六義園』のシンボル『しだれ桜』 でした。

旅・はいかい | 20:25:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 六義園と柳沢吉保 ~
東京都文京区駒込にある『六義園(りくぎえん)』に来ています。





DSC_1228.jpg






『六義園』は、徳川五代将軍 徳川綱吉の側用人・柳沢吉保(やなぎさわ よしやす)が、

自らの下屋敷として造営した大名庭園です。

元禄8年(1695年)に加賀藩の下屋敷跡地を綱吉から拝領した「吉保」は7年の歳月を

かけて、2万7千坪の敷地に池を掘り、山を築き『六義園』造り上げた。




DSC_0999.jpg




         DSC_1005.jpg









和歌に造詣が深かった「吉保」は ”古今和歌集”の序文に描かれた、和歌の六つの

基調を表す言葉「六義(むくさ)」にちなんで『六義園』と名付けた。


明治に入り、三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の別荘として整備され、

岩崎家に大切に保存、使用されてきた。

その後、、昭和13年に東京市に寄贈され、都立庭園・特別名勝として今日に至る。




〖滝・滝見の茶屋〗




DSC_1001.jpg




         DSC_1002.jpg











〖太平の世の出世頭〗


「吉保」は徳川綱吉が館林藩主の時代の藩士で、

たかが家禄530石の「小姓組番衆」にすぎなかった。

綱吉が5代将軍となり江戸城に入ると、吉保も幕臣となり「小納戸役」を命ぜられる。

その後、綱吉の寵愛を受け、とんとん拍子に、出世、禄高の加増を繰り返し

7万2000石の武蔵国川越藩主、その後事実上22万石の甲斐国甲府藩主にまでなった。

役職も側用人から、大老格にまで上り詰めた。

歴史上、旗本から唯一大名に出世した”大岡越前”ですら

4千石から1万石への加増されただけですので、その異常さが解かります。


その為、江戸庶民や周囲の者からはやっかみの目で見られるようになった。




           250px-Yanagisawa_Yoshiyasu.jpg






でも「吉保」の野望はそれだけにとどまらなかった。

「吉保」は、側室飯塚染子との間に嫡男・吉里を設けている。

俗説の域を出ませんが、染子はかって綱吉の愛妾であり、

「綱吉」から「吉保」に下された”拝領妻”であるとされている。

そしてその子「吉里」は綱吉の隠し子であるとも言われている。




「吉保」は甲府に100万石の領地を綱吉から賜らんと企て「吉保」の側室になってからも

「綱吉」の寝所に召されることの多かった染子を通じてこれを願い出た。

「綱吉」はそれを快諾したといわれているが、

快諾はしたものの、それを実行する前に病死してしまい、実現されることはなかった。


この話の真意はともかく、それ以降江戸幕府は、将軍が大奥に泊まる際には

同衾する女性とは別に、大奥の別の女性を2名寝所に留まらせ寝ずの番をさせ

その夜に起きたことをことごとく報告させる仕組みを取り入れた。

これは、江戸幕府が滅亡するまで続けられた。

「吉保」が大奥に残した唯一の遺産です。


又、「将軍綱吉」は記録にあるだけでもは58回もこの「吉保邸」を訪れています。

江戸庶民でなくても、何か勘ぐりたくなりますよね。



そんなこともあって、江戸庶民からは「柳沢吉保」イコール出世の為なら

何でもする男、黒幕、悪人などのレッテルが貼られた。










〖蓬莱島・臥龍石〗


蓬莱島   明治になって岩崎家が設置したアーチ状の岩です。

臥龍石(がりょうせき)  龍が伏せたようになっている岩ですが、

               今は亀の甲羅干し島になってます。




DSC_1008.jpg




DSC_1010.jpg










〖中の島〗




DSC_1012.jpg




DSC_1016.jpg










〖たまも磯〗




DSC_1013.jpg












もう一つ、江戸庶民にとっては「吉保」に関して忘れられないことが有ります。

世に云うところの”赤穂事件”です。



元禄14年3月14日、殿中松の廊下で刃傷沙汰を起こした浅野内匠頭を

評定を開くこともなく、即日切腹の沙汰を出すよう

「将軍綱吉」に吉保が提言したとされている。

又、浅野が江戸城を出される際も、不浄門と言われる「平川門」から出され、

陸奥一関藩主 田村建顕の屋敷に預かりとなった。

大名の切腹は室内で行われるのが通例の中、庭先にむしろを敷いて行われた。

いずれも、全て「吉保」からの強い要求があったとされている。




翌年の12月14日、大石内蔵助以下47人が吉良邸へ討ち入りし、見事主君の仇を

討った折、日本中がやんやの喝采を挙げて賞賛している中、

またもや吉保が儒学者・荻生徂徠の

提言を汲み上げ全員切腹と言う沙汰を下した。

それにとどまらず、再度の仇討を恐れてか

47人全ての親子兄弟を全員島流しにしてしまう暴挙に至った。


これにより「徂徠」共々「吉保」は日本中から”悪役”の汚名を着ることとなり

”嫌われ者”の代名詞ともなった。


                                   ≪仮名手本忠臣蔵より≫










〖橋〗



『六義園』には、なかなか趣のある”橋”が架けられています。

しかも「さり気なく」「慎ましやか」に




《渡月橋》




DSC_1019.jpg








《千鳥橋》




         DSC_1004.jpg










《藤波橋》




DSC_1020.jpg










《山陰橋》




DSC_1023.jpg










〖染井門〗



通常は閉鎖されているのですが、桜の季節は空いております。




         DSC_0994.jpg




         DSC_0995.jpg











中々趣のあるいい庭園でした。

庶民的でした。

近くにある、水戸光圀が造った”小石川後楽園”は中国の影響もあってか

「見せる庭園」「褒められる庭園」の感じがしますが

こちらは「観る庭園」「自分が楽しむ庭園」のような雰囲気があります。

”柳沢吉保”出世の方法の真意はともかく、庭園造りは間違いなく一級品です。




将来までもずっと残したい庭園のひとつです。


異常『六義園と柳沢吉保』でした。

歴史探訪 | 21:14:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ すみよし桜 ~
埼玉県坂戸市の塚越地区、谷治川と飯盛川の土手1kmにわたって

『すみよし桜』が植えられています。

平成15年、地元の愛好会の方々が150本の”河津桜”の苗を植えたそうです。

近くの住吉神社にちなんでつけられたその『すみよし桜』が見ごろ迎えた

と言うので是非と意気込んでいたのですが、天候と所要で10日程遅れてしまいました。

と言う訳で今日は、ピークを過ぎてしまっているのを覚悟で、来てみました。

やはり半分ほど散ってしまっています。

想像通りと言えば想像通りなんですが、ちょびっと残念!!

10日程前ならここは見物客で一杯だったのでしょう。




         DSC_1117_01.jpg





満開時はこんな感じでしょうか




kawazu_cherry.jpg







「河津桜」は「寒緋桜(かんひざくら)」と「大島桜」との雑種系の園芸品種です。

1950年に静岡県の河津町の民家で作られたのが始まりです。

現在も原木は残っているそうです。










半分散りかけた『すみよし桜』ですが、私のような「遅れ者」の為に

頑張って咲いてくれている”桜”もいましたので、じっくり鑑賞したいと思います。


ですが、運の悪いことに周りに遮るものがないせいか、とても風が強いです。

枝が、止まってくれませんので、どこまで写せるか心配です。

(まずは、いい訳を!!)



時間よ戻れ!!


風よとまれ!!



DSC_1077_01.jpg










それでは、坂戸のやまとなでしこ『すみよし桜』 の”シースルーピンク”をたっぷり堪能してください。




DSC_1034_01.jpg




DSC_1038_01.jpg




DSC_1044_01.jpg




DSC_1057_01.jpg




DSC_1060_01.jpg




         DSC_1063_01.jpg





DSC_1066_01.jpg




DSC_1069_01.jpg




DSC_1075_01.jpg




DSC_1083_01.jpg




DSC_1087_01.jpg




DSC_1091_01.jpg




DSC_1102_01.jpg




DSC_1134_01.jpg










本日の お気に入りショット です。




DSC_1065_01.jpg




         DSC_1114_01.jpg









植樹して13年しかたっていないので、木がまだ若いですよネ。

あと15年経ったらいい桜並木になるのではないでしょうか。

楽しみです。





以上『すみよし桜』 でした。

旅・はいかい | 21:30:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 兵六 ~
神田神保町の伝説の酒場 『 兵六 』 に久しぶりに来ています。

居酒屋と言うより”酒場”と言う呼び名が似合う、昭和23年創業の老舗酒場です。

外見を見ただけでも、いかにも”吉田 類”好みですネ。




        320x320_rect_21416374.jpg







≪大正浪漫≫



店内は、無理して座れば14~5人座れそうな「コの字」のカウンター

4人掛けのテーブル2つ。

この小さなカウンターを客が囲み、その中に銭湯の番台よろしく

3代目の店主1人が座って、客の相手をする。

なぜ1人なのか?

狭くて2人は入れないから。

奥のカウンターの向こうの調理場には女性が2人いる。




DSC_兵0982






店主が定位置に座ると、こうなる



         DSC_0984.jpg









客は2本の丸太ベンチに腰かける。

これが意外とケツの座りが良い。

長年の「座り磨き」のせいで黒光している。




         DSC_0977.jpg







店内は「大正ロマン」の匂いがプンプンしている。

電話もない、テレビもない、エアコンもない、LEDどころか蛍光灯もない。

しつこいようですが勿論、扇風機などと言う”ハイカラ”なものも有りません。



ここだけは「大正」そのままです。

「3丁目の夕日」などは、20年も先のお話です。









≪酒と肴≫


置いてある酒と言えば

清酒は「美少年の2級」 だけ、焼酎は「麦焼酎」「球磨焼酎 峰の露」

「芋焼酎 薩摩無双」の3種類、それとビールは「瓶ビールの大びん」だけです。



創業以来の酒のグランドメニューが壁に打ち付けてあります。

これが全てです。

お気づきと思いますが、アルコールの入っていない所謂ソフトドリンクは

一切売っておりません。

なぜならば、ここは「大人の酒場」だから。 



DSC_0969.jpg








肴メニューは短冊にして店中に下げられています。




DSC_0986.jpg







ですが、メインメニューはやはり、創業当時から壁に打ち付けられています。

言葉どおりの”看板メニュー”

初代が上海にいたことがあるので中華系がベースのようです。




DSC_兵0973




豆腐を炒めたものが 炒豆腐(チャードーフ)

野菜を炒めたものが 炒菜(チャーサイ)

麺を炒めたものが   炒麺(チャーメン)所謂ヤキソバ

「つけあげ」とは、こちらで言う「さつま揚げ」の鹿児島言葉










≪花のいのちは みじかくて≫




場所柄、印刷関係や文豪・文士がお客として沢山いらしたようです。

色々な方の色紙やサインが飾られています。

難しい文字で書かれているので、私にはほとんど理解できませんが

何となく判ったものを




妻、千恵子さんのことが書かれているようです。




         DSC_0975.jpg










これは、よく判りませんが、25周年記念か何かに贈られたものでしょうか

どなたが書いたかはわかりません

何を書いてあるかも、解かりません

字が上手なのは解かりました。




DSC_0985.jpg









酒場を”放浪”しているおかげで、これは解かりました。




DSC_兵0974











≪兵六憲法≫






『兵六』には、客がしてはいけない決まり事、 四戒 があります。

サラリーマンに例えたら”社訓”でしょうか。


1.他座献酬     他の席の人に酒を注いではいけない。

1.大声歌唱     大声で歌ってはいけない。

1.座外問答     他の席の人に、議論を持ちかけていけない。

1.乱酔暴論     酔って暴論を交わしてはいけない。







店側にも決まり事があります。

これが、初代が残した伝説の”兵六憲法”です。

所謂、社是でしょうか。




         DSC_兵0976








1.居酒屋兵六に於いては店の女がお客にお酌する事を厳禁す。

1.葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さずとは反対に、居酒屋兵六の山門内では

  アルコール抜きの飲物は一切売るを許さず。 

1.宣伝広告は必要止むを得ざるもの以外、厳に慎む様心掛ける事。

1.兵六内の大掃除は遠慮す可き事。

1.清酒は地酒の2級酒に限り特級や一級酒は絶対に置かぬ事。

1.洋酒や泡盛等は御遠慮申し上げる事。

1.日本の代表的な酒である蒸留酒の焼酎を皆に再評価して頂く様大いに宣伝する事。

1.居酒屋兵六は半分は店主のものであるが半分は社会のものと心得置く事。




豪気ですネー。硬派ですネー。バンカラですネー。

下駄を履いて石畳を闊歩しているような音が

カラン コロンと聞こえてきそうです。






今でもこの”兵六憲法”は脈々と生きています。

だから、店に入ると空気が旨いんです。

居酒屋の様に客が主役ではないんです。

店自体が、その空気が主役なんです。

みんな、その空気を吸いに来るんです。

だから”酒場”なんです。











≪一献一菜≫




酒は「無双」をオーダー。

すると、「無双」が1合入ったお銚子にお猪口

お湯割り用の「白湯」が入ったアルミの小さな「急須」が運ばれる。

これが「兵六流」の芋焼酎の呑み方

お猪口に注いだ焼酎を好きな量のお湯で割って呑む。




DSC_0972.jpg









「兵六流」はまだありますよ。

1合の酒は、その都度客の見ている前で、枡で測る。




         DSC_兵0978




         DSC_兵0988









どうですか。

初代の気骨が今でも脈々と引き継がれています。

6~7勺(しゃく)を1合として売っている

今どきの居酒屋の輩に爪の垢を煎じて飲ませたいくらいですよネ!!







肴は、まさしく看板メニューの「つけあげ」



DSC_0971.jpg




これが又抜群の甘さ加減で 「メガ旨!」

鹿児島で食べた「バカ甘」の印象が残っているのでなおさら、旨く感じます。








続いて同じく看板メニューの「炒豆腐」




DSC_0981.jpg




なるほど、60年変わらぬメニューだけのことはあります。









続いて、人気メニューの「兵六あげ」

油揚げにネギ味噌、チーズ、納豆をそれぞれ挟み香ばしく焼いてあります。

さっぱりして、酒が進みます。

店の名前を付けただけのことはあります。




DSC_0989.jpg












最後の〆に「炒麺」を頂きましょう。

細めの麺に少し焦げ目が入った美味しいヤキソバでした。

写真が小さくてすいません。




           150x150_square_1077353.jpg










≪私のすばる≫


以前お邪魔した折、お話をさせていただいた詩人の「水上 紅 女史」は

元気にしてますかと店主に尋ねると、転んで怪我をしてここ2年程来店してないと言う。

最近やっと杖をついて歩けるようになったらしい。

早く良くなって、元気なお顔を拝見したいですネ。



と言うことは、私も2年ぶりの来店ということか。




兵六 004











以上、爽やか硬派の酒場 『兵六』 でした。

お酒 | 20:58:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 大友家の春 ~
いたーぁ!!


 yjimageCAWUSDFL.jpg  嫁が~ぁ !!










DSC_0940.jpg







久しぶりに『大友家』へ顔を出した。

すると、近頃愛想笑いを覚えたはずのオヤジが

挨拶も忘れて、もくもくと働いている




DSC_鬼0931








何かあったのかと思いきや、  いたーッ。  ○○嫁 が!!



なるほど、動きが途端に「無口で機敏」なる。 条件反射と言うやつか!







で、もって ○○嫁 初登場です!!

気の弱い人は薄目を開けてみてください。

では、どうぞー!!

それと、断っておきますが、画面に向かって豆をまくのは止めて下さい。






DSC_0926.jpg










オヤジ何か又、失敗したのかな?

何怒ってんだー!!





DSC_0935.jpg









取りあえず、目を合わさぬように、いつもの「大地」をお湯割りでオーダー。




         DSC_0919.jpg










メニューには懐かしいものも有れば、聴きなれないものも有る。




DSC_0921.jpg






取りあえず、懐かしい 「サワラ ソデ」

メニューには、標準語で「カジキマグロ ソデ」と書いてある。

オヤジに、いつ標準語を覚えたのかと尋ねると

「気分によってです」と言う答えが返ってきた。

するってーと、今日の気分はどっちかと聞くと、

答えは返ってこなかった。

複雑な心境のようだ。 そっとしておいてやろう!




DSC_0922.jpg










で、重大ニュースがもう一つ!!


なんと、スタッフにニューフェイスが誕生してました。   びっくり!!

これが、バリバリの現役女子大生!!!!!

しかも、とっても「かわいい」ときている!!

やれば出来るじゃないか、大友くん。






だから、早くから女の子を入れろって言ってたんだよ!!



確か名前は”あかねちゃん” だったかな?




だからぁー。顔隠しちゃー写真にならないでしょ!


手相見るわけじゃないんだから!


DSC_0932.jpg









横顔だぁけ~!!  (正面は有料です)




         DSC_0937.jpg










さて、ちょっと休憩して、大好物の「いかの天ぷら」でもいただきますか。


「いかれたてんぷら、くださ~い!」




DSC_0934.jpg









呑み仲間の紹介もしないと、ひがむから。

でも、ピチピチの女子大生の後では、絵的にどうだろう?

まっ、しょうがないか!!




DSC_0928.jpg




DSC_0929.jpg













しょうがない、もったいないけど今回だけ「正面全部見せ」してあげちゃうか!!


今、目を開けてる人は有料ですヨ!!



         DSC_0938.jpg



若さが満ち溢れていますネ。 おじさんは好きですヨ!!







ここで終わったら、 ○○嫁 が怒りそうなので


○○嫁 のナイスショットを!!(ちなみにこちらは無料です。)





あれれ!!


どうしたのかナ!

          yjimageCAO29H3E.jpg






あれーっ!!すいません!! 間違いました。

誰だ!こんなイラストアップしたのは!



では、勇気を出して  今後こそどうぞ!!




DSC_0923.jpg










ナイスちょっと! だったかも!

でも、上のイラストと、何処か似てねーか?

う~ん!似てるけど写真のほうは「金棒」じゃなくて、あれは腕じゃねーのか?

そーかもしんねーなぁー!

どちらにしても殴られたら、いたそーだからいっしょだろ!!





以上、  『大友家の春』 でした。



続きを読む >>
お酒 | 21:15:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 金沢神社 ~
「兼六園」の奥隣と言うより「兼六園」の一画の、と言った方が正しいかも知れない

”金城霊澤”のほとりに鎮座する 『金沢神社』 です。




所在地    石川県金沢市兼六町1-3

主祭神    菅原道真

         白蛇竜神

         琴平大神

         白阿紫稲荷大明神

         前田斉広(なりなが)公

         前田斉泰(なりやす)公




創建      寛政6年(1794年)











〖由緒〗


寛政6年、兼六園の中に藩校明倫堂が建てられた際、その鎮守社として

”金城霊澤”のほとりに、学問の神であり前田家の先祖でもある菅原道真公の御舎利を

奉斎する神社として創建された。

藩校が移転した後は、12代藩主 前田斉広が建てた「竹沢御殿」の守護神として、

災難除けの神である「白蛇竜神」の御神体をを合わせて祀り現在に至る。




b05b817de6612186c73d339c86c50002.jpg







神社への参詣は明治以前は、春秋の例祭時のみ、城下の婦子だけが許されていた。

一般の人が参詣できるようになったのは、明治7年5月からである。











〖社号標〗




         DSC_0862.jpg










〖一の鳥居〗





DSC_0863.jpg










〖二の鳥居〗


扁額は錆びで文字が読み取れません。

造りは「一の鳥居」と寸分違わず一緒です。




DSC_0875.jpg











〖参道・山門〗




         DSC_0880.jpg











〖手水舎〗




DSC_0881.jpg




   ≪お水取り≫

    
     ここの「手水」は”金城霊澤”の霊水を汲み上げているので

     24時間「お水取り」ができるそうです。




         DSC_0887.jpg



     「お水取り」用の参道が造られています。。




         DSC_0871.jpg










    ≪お砂取り≫



           土地や建物の清めの為の「清め砂」も用意されていました。 





         DSC_0888.jpg











〖本殿〗


築220年とは思えない程しっかりとした造りでっす。




DSC_0883.jpg




         DSC_0884.jpg









「棟飾り」も絢爛です。




1a1e6ef0b6e6877d1aacaf593066154c.jpg









〖狛犬〗



木彫りの狛犬が神様の前に座っていました。

残念ながら「吽」は障害物で撮影できませんでした。





         DSC_0885.jpg




しっかりした造りです。

作者を訪ねたところ、4年程前に、洗浄した際、くまなく探したが

どこにも銘はなかったそうです。

少なくとも”運慶”ではなさそうです。










〖扁額〗




こちらの扁額はしっかり書かれていました。




         DSC_0889.jpg










〖天満宮の牛〗



『金澤神社』は学業の神様菅原道真公を祀ってあることから

創建当初は『竹沢御殿御鎮守天満宮』と呼ばれていました。

したがって、「天満宮」の合言葉”お牛様”がおりました。

しかし「なで牛」ではなさそうです。

背中が「苔」生しています。

何か「受験にコケ」そうで縁起が悪そうですネ。


眠っているのでしょうか。


立て看板には”夢牛”と書かれておりました。

受験生の「夢」を叶えてあげてほしいですネ。






DSC_0890.jpg
   










〖神頼み〗   




さすが、受験生の味方

真新しい「絵馬」が沢山架けられています。

困った時の「神頼み」でしょうか。

菅原さん、宜しくお願いしますヨ!!




DSC_0882.jpg
 










〖境内社〗



「白阿紫稲荷大明神」(商売繁盛の神)




         DSC_0873.jpg












〖金城霊澤(きんじょうれいたく)〗



「一の鳥居」を潜って直ぐ右側にありました。




DSC_0865.jpg







ご利益がありそうな「扁額」も架けられていました。




DSC_0866.jpg








この澤で砂金を洗ったから『金澤』だそうです。




DSC_0864.jpg








真ん中に穴があり、澄んだ水が張られています。

しかし、水が涌いているような気配はありません。

でも、汲み上げても、汲み上げても水位が変わらないそうですから

涌いているんでしょうネ。

逆に大雨でも溢れないそうです。

不思議ですネ。

しかもここは高台なので上からの浸透は考えにくい。

何か、”辰巳用水”と関係あるのでしょうか。





DSC_0867.jpg










以上不思議な”霊澤”を持つ 『金沢神社』 でした。







DSC_0960.jpg


神社 | 22:47:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ おでん 高砂 ~
金沢は、知る人ぞ知る”おでん文化の街”です。

一年中、おでんしかやっていない「おでん専門店」や

夏でもおでんをメニューに入れている居酒屋がいくつもあります。

特に決まった定義がある訳ではないのですが、いつからか

そんな金沢で出されているおでんを『金沢おでん』と呼ぶようになりました。

おでん専門店の中で最も有名店で代表格にあたる

『おでん 高砂』にお邪魔しています。






金沢の2大繁華街「香林坊」と「片町」の境に

「柿の木畠」と言う”街”があります。

ほんの狭い一画ですが、金沢の街の中ではお気に入りの場所の一つです。

道路に沿って流れる「鞍月用水」のせせらぎがBGMとしていつでも聞こえてきます。

お仕着せの街並みとは違い、中央を走る道路が無作為に

広さ・幅を変えて「けだるそうに」通り抜けています。

そんな「人の都合だけに」媚びていないような解放感・空気感が心地いい。

又、個性的な店が立ち並び「香林坊」とも「片町」とも違う独特の香を

醸し出しています。




DSC_0892.jpg






そんな「柿の木畠」で一番”かおり”を放っているのが

創業80年の歴史を誇る『おでん 高砂』 です。




         DSC_0894.jpg





『おでん 高砂』がすごいのは、歴史だけではありません。

「酒場放浪記」の吉田 類、「ふらり旅 いい酒 いい肴」の太田和彦らを筆頭に

訪れた名だたる”酒場通”をおでんだけで納得せしめてきました。

「おんな酒場放浪記」の倉本康子さんもプライベートで来店しているそうです。



又、「秘密のケンミンSHOW」にも「金沢おでん」の代表としておでんを提供したことで

一躍全国区の人気となりました。




店内はL型のカウンターと混んだ時だけに使う4人掛けのテーブルが二つあるだけ

そりゃーなんてったって、カウンターが一番の貴賓席ですから!!




DSC_0895.jpg




DSC_0902.jpg








古さの演出でしょうか、絵面は古いが、紙は比較的新しい。



         DSC_0904.jpg










しかし、これは本物、年期が沁みています。

一昔前は、福光屋の”黒帯”と言えば北陸では高級酒

居酒屋の店先に「黒帯入荷しました」と掲示がされていたぐらいですから。




         DSC_0905.jpg













〖名物  ゴットハンドイルージョン〗



女将曰く、

お客様がみんな私に頭を下げてくれる。

これが楽しみで毎日仕事をしている。.と




         DSC_0913.jpg








まず熱燗を頼む。

熱燗はあらかじめ燗されて保管してある「魔法瓶」からグラスに注がれる。

『表面張力』で盛り上がるまで、右手一本で!!

受け皿など使わない。  そして一滴もこぼさない。

客は、グラスを持ち上げることは出来ない。

したがって「頭を下げて」唇をグラスに付けて一口呑みこむ

それを女将は「どうだ!」と言わんばかりに見つめてほくそ笑む。






すいません、あまりにこぼれそうなので先に一口呑んでしまいました。



DSC_0900.jpg










おでんネタもいたってシンプルです。

「金沢おでん」は土地柄、関西風の「澄まし出汁」がほとんどですが

『高砂』は関東風の「濃い目の醤油出汁」を使ってます。




DSC_0916.jpg




DSC_0911.jpg




DSC_0915.jpg









「玉子」「つみれ」「じゃが」をオーダー

「つみれ」に付いている味噌が、

白みそに生姜を混ぜた高砂オリジナルのおでん味噌です。

さっぱりして、主役の味の邪魔をしていません。




DSC_0901.jpg










女将にお薦めの酒を聞くと、持ってきてくれてのが

福光屋の” 加能山河 ” です。

呑んだことがないと言うと、めったに出ていないとの事。

これをいただきます。

今度は「表面張力」わかっていただいたでしょうか。




          DSC_0907.jpg







〖特製 がんも〗



「金沢おでん」のネタでよく上げられるのは「ばい貝」「車麩」「ふかし」「赤はぺん」などですが、

勿論それもうまいですが、ここの一番のお薦めはこの「特製 がんも」です。

大きな「がんも」の中に野菜がこれでもかと入っています。




DSC_0910.jpg








いやーぁ! 旨い! 

酒が進みます。

あの「がんも」の名前はひょっとすると「さけが すすむ君」と言うのではないでしょうか。




と言うわけで「山河」のお替りしちゃいます。




         DSC_0906.jpg










「がんも」で結構お腹がふくれたので、次は軽めに頼みましょうか

「いとこん」と「ぎんなん」でどうでしょうか。




DSC_0917.jpg






どちらも良く味が沁みてました。

それにしても、こんなに味が沁みた「ぎんなん」初めて食べました。




    ”グッド ジョブ!!”





「秘密のケンミンSHOW」で一番センセーショナルな、おでんのネタだったのは、

やはり何と言ってもズワイガニのメス「甲箱蟹」が

加工されて一匹丸ごとおでんのネタになっている

「かに面」です。

あれは実はそれまでは、『高砂』と限られたおでん屋さんしか

おいてませんでしたが、今ではほとんどのおでん屋におかれるようになりました。

テレビの影響は大きいですネ。

「かに面」を食べるだけに金沢へ来る人もいるようです。





残念ながら今は時期外れですので、さすがの『高砂』にもありません。

11月7日の解禁までお預けです。

ですが、絵面だけでもどうぞ。




           150x150_square_45709782.jpg










『高砂』は日曜・祭日に行くと開店前から行列が出来ています。

金沢の人は並んでまで物を食べませんから、ほとんどが観光客だと思われます。

じっくり味わいたい方は平日行かれることをお勧めします。





DSC_0993.jpg











以上、おでんも女将もいい味出してる 『 おでん 高砂 』 でした。

お酒 | 22:27:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 東京大神宮 ~
”東京のお伊勢さま” と呼ばれている『東京大神宮』 です。

都会のど真ん中、飯田橋から5分程のところに鎮座しています。

「靖国神社」とはお隣同士でしょうか。




所在地    東京都千代田区富士見二丁目4番1号

主祭神    天照皇大神(あまてらすおおみかみ 天照大御神) ・・・伊勢神宮内宮

         豊受大神(とようけのおおかみ)             ・・・伊勢神宮外宮


配祀神    造化三神                     ・・・男女の縁結びを司る神

           ・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

           ・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

           ・神産巣日神(かみむすびにかみ)  



        倭比賣命(やまとひめのみこと)    ・・・伊勢神宮内宮を創祀した皇女


境内社   飯富稲荷神社



創建     明治13年(1880年)










〖歴史〗



「伊勢神宮」の東京遥拝殿として、明治13年に造られた比較的新しい神社です。

「伊勢神宮」を勧請した神社なので 『東京大神宮』を参詣することは「伊勢神宮」を

参詣したことに通じると言うことで人気が出て来ています。










〖社号標〗



         DSC_0819.jpg










〖鳥居・神門〗


木製の鳥居です。




DSC_0820.jpg








〖手水舎〗



風格が漂います。



DSC_0822.jpg












〖灯籠〗     



「伊勢神宮」同様狛犬は折りませんが

灯籠が配置されています。




         DSC_0837.jpg
 



         DSC_0839.jpg
  









〖本殿・拝殿〗 



参詣する若い女性の行列が途絶えることが有りません。




DSC_0824.jpg




         DSC_0831.jpg










〖御神木〗



知る人ぞ知る パワースポット です。




         DSC_神0827










〖せせらぎの池〗




         DSC_0825.jpg










〖女性の縁結びスポット〗



日本民族の総氏神で太陽を象徴する女神”天照皇大神”

男女の結びを象徴する”造化三神”、

絶世の美女と言われる”倭比賣命”が祀られており、

女性の縁結び神社 として東京で一番人気の神社です。

良縁を求めて全国からも若い女性が訪れています。




DSC_神0832




DSC_0834.jpg











〖神前結婚式発祥の地〗



明治33年(1900年)に大正天皇がこの『東京大神宮』で結婚式を行ったのが

”神前結婚式”の始まりです。

現在一般に「神前式」として行われている結婚式はここの「神宮奉斎会」が創設したもの

が基本になっている。

これらも「縁結び」に繋がり、若い女性の人気の要因になっています。

当然ですがこちらにも、結婚式場が併設されている。




DSC_神0835




DSC_神0836












〖猪の目(いのめ)〗



そんな若い女性の人気を意識してか ”猪の目”の飾り金具が使われていました。

”猪の目”とはハート型をしたくり型の一つで、イノシシの目に似ていることから

名づけられています。 (イノシシの目はハート型だったかなぁ?)




DSC_0842.jpg










〖飯富稲荷神社〗



こちらもパワースポットの一つです。

歌舞伎役者の9代目市川團十郎さんが篤い信仰を寄せた”芸能の神”でもあります。




         DSC_0841.jpg















さほど広くない境内ですが、上手に工夫して造られていました。

関係者の苦労が判るようです。




DSC_神0840




         DSC_神0829









以上、 『東京大神宮』 でした。





         DSC_0857.jpg


神社 | 20:22:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ アウルの森 ~
AKBホーティチャイナ・エレキタウン


中国人の買い物パーク ”アキバ”です。




DSC_0817.jpg









それで

”G-は、なにしにアキバヘ!!”


とお思いの方もおいででしょうが

今日は童心に帰って (酔った勢いでとも言うが)

『アウルの森』に行ってみようと思っています。


始めにお断りしておきます。

決していかがわしいところではありません。


最近何かと話題の”フクロウ カフェ”です。




おっしゃれー!!でしょ!!    (G-が自讃)



AKB広場を「ダイビル」を右手に見ながら「中央通り」と平行に進み

「ドン・キホーテ」の裏を通り抜け「タイムスタワー」の向かいのビルの2階にありました。

入り口は一見怪しげですが、中に入ると、「アウルワールド」が展開されていました。


おそらく、以前はここから”メイドさん”が愛想よく作り笑顔で出てきたんでしょうネ。






DSC_フク0774






正に、「アウルの森」が展開されていました。




DSC_フク0773









「メイドさん」ならぬ「飼育係兼店員さん」にフクロウの扱い方と手の消毒を施されて

案内された店内はほぼ満員、評判を聞きつけてか、沢山の客で溢れていました。




         DSC_0772.jpg







"森"をあしらった店内には30羽を超えるフクロウが所せましと放されていて

客は、手や片に載せたり、頭をなぜたりしてフクロウとのひと時を満喫していました。






この人気の秘密は何でしょうか。

まずは、背筋をピンと伸ばして静かに止まり木に止っている姿に観るすがすがしさ

でしょうか。




         DSC_0711_01.jpg




          DSC_0762_01.jpg




         DSC_0716_01.jpg




         DSC_0786_01.jpg









見ているだけで癒されるかわいさ、人懐っこさでしょうか。




         DSC_0748_01.jpg




DSC_0754_01.jpg




         DSC_0708_01.jpg




DSC_0727_01.jpg










それとも猛禽類特有の精悍な顔つきの魅力でしょうか。




         DSC_0761_01.jpg




DSC_0785_01.jpg




         DSC_0713_01.jpg




DSC_0731_01.jpg




         DSC_0734_01.jpg











この店では、フクロウの販売もしております。

値段は他の鳥類と比べて結構割高です。

最低20万円ぐらいから100万円以上のものもあるようです。

なおフクロウの寿命は値段には関係なく平均20年位です。

それと、フクロウを室内で飼うに当たって覚悟しなければならないことがあります。

犬や猫と違い「糞のしつけ」ができないので部屋中が「糞だらけ」になることです。

また、フクロウは猛禽類なので、生き物を餌として食べさせます。

一般的なのは 「ピンクマウス」 と言われる皮をはいだ丸ごとのネズミや

ウズラのひななどです。

これらの内臓を取り除き食べやすい大きさに切り分けて食べさせます。

これが続けられないとフクロウを飼うことはできません。

それとともに、ドッグフードなどと違い、餌代を含め維持費がかなりかかります。

お覚悟あれ。









【トリビアなうんちく




フクロウとミミズクの違いは!?


フクロウ ・・・・・ フクロウ目 フクロウ科 フクロウ属

ミミズク・・・・・・ フクロウ目フクロウ科 フクロウ属 羽角



フクロウもミミズクも同じフクロウの仲間です。

羽角があるかないかの違いだけです。

羽角とは耳の形をした角のような羽のことです。

「ズク」 とはフクロウのこと、耳のあるフクロウだから"ミミズク"そのまんまです。

中々、判りづらい種類も中にはありますが、ほとんど見た目ですぐ判ります。

能書きはこの辺で


"百聞は一見に如かず"




         DSC_0763_01.jpg


【フクロウ】










         DSC_0737_01.jpg


【ミミズク】


観たまんまです。





今日は、貴重な経験をさせていただきました。

それでは、中国の方々の間をかき分けて帰りましょうか。

町中は中国語の表示と中国語のアナウンスが飛び交っています。




          DSC_0814.jpg





某大量安売り店の前を通ると、中国語をしゃべっていた店員が「いらしゃいませ!」

と日本語で声をかけてきた。

止せばいいのに、とっさに「えーっ!この店日本人でも買えるの!」

"ドンキー"な嫌味を言ってしまいました。

「もちろんです!」の声を背中で聞いてそそくさと駅に向かいます。

気を取り直して、

さあ! 今日は「フクロウ」を沢山観たので、

「苦労知らず」の明日が来ることを願って帰りましょうっと!!。




旅・はいかい | 10:57:57 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad