■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 土用の丑の日 ~
『土用の丑の日』に鰻を食べる事を発想し、流行らしたのは”平賀源内”と言われています。

根拠は無く、単なる「俗説」と言う方もおりますが、いいじゃないですか”平賀源内”で。

下町の鰻屋のおっさんが流行らしたより、遥かにセンセイショナルで面白いし、

食べる鰻も味わいがでると言うもの。



       250PX-~1









”平賀源内”説はともかく『土用の丑の日』のおさらいです。

『土用』とは雑節の一つで元々年に4回あり「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のそれぞれ前18日間を言う。

現在は「立秋」の前18日間だけが習慣として残っている。

『丑の日』は日にちを十二支で割り付けたもの。

したがって『土用の丑の日』とは「立秋(今年は8月7日)」の前18日の中で「丑」に当たる日の事。

十二支は12日間周期ですから、めぐり合わせによっては、2回「丑の日」に当たる年もある。







       土用の丑の日 003

    〖”さんほれ”の壁に貼られているポスター (美味しそうですネ)〗






つまらない(美味しくない)話はこのくらいにして本題の美味しい話です。



       


       土用の丑の日 011-crop







JR秋葉原駅のほど近く、神田佐久間町に”和食処 さんほれ”と言う和食屋さんがあります。

ふぐと鰻をメインに、手の込んだ季節料理を出す洒落たお店です。



       土用の丑の日 007




       土用の丑の日 005-crop







外見は高級そうで、コスパが高そうに見えますが、そんなことはありません。

”女将”も”値段”も、いたって大衆的です。

時々、仕事の帰りに寄らせてもらっています。

場所柄か「ランチ」もやっているようです。



       土用の丑の日 001-crop







いつ来ても、期待を裏切らないものを出してくれるのがうれしいですね。

大将も江戸っ子らしく、気持ちのいい対応をしてくれます。

大将の造った「〆鯖」は大のお気に入りです。


店名の”さんほれ”は聞いたところによると(又聞きですが)

「お客」「仕事」「土地」の3つに惚れると言う意味らしい。

よく判りません。



       土用の丑の日 002









いつも壁に美味しそうな”うなぎ”のポスターが貼られています。(前記)

そんなポスターにつられた訳ではありませんが、

『土用の丑の日』と言うことで『鰻ランチ・うな重』です。

ちょっと贅沢だったでしょうか。




       土用の丑の日 009

              〖ポスターではありません本物です〗








美味しいです。

ふわっと!柔らか。

タレの甘みも丁度良く「ばか旨」です。

あっと言う間に完食です。

憧れの”さんほれ”の鰻ランチいただきました。



夜の”さんほれ”もいいですよ。

会社帰りのサラリーマンで賑います。



       土用の丑の日 004





酒徳利も、「夜」もおいでと誘っているようです。

「招き徳利」か!!

暑い時は夕涼みに

寒い時は温もりに、ちょっと寄ってみたくなるお薦めのお店です。


『土用の丑の日』平賀源内エレキテルを思いながら食べる「鰻ランチ」でした。







スポンサーサイト
食べる | 07:53:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 願掛け不動 香林寺 ~
犀川のほとりのほど近くに「野町」と言うお寺ばかりが沢山集まった町があります。

その「野町」の一角に金沢一と言われるパワースポット『願掛け不動 香林寺』があります。



       香林寺 001





休日になると遠方より「願掛け」にくる信者の方や

評判を聞いた若い女性の観光客も訪れるようです。

お寺の庭には”幸福の道”に沿って「十二支像」と「羅漢さん」が祀られています。




       香林寺 002




       香林寺 003




       香林寺 004






”幸福の道”の道を右回りで2周して3週目に自分の干支の前に行き、

お祈り(もちろん浄財も含む)すると、運気が向上し御利益があるそうです。




       香林寺 005




       香林寺 007







また、自分の十二支で合掌して目が合った「羅漢さん」が自分自身を守ってくれる羅漢だそうです。

最後は必ず「開運不動明王(白不動)」に願いが叶うようお願いするのが作法だそうです。

この「開運不動明王」を撫でると肌が白くなると言うことで、

長い時間撫で続ける女性の方もいるそうです。




       香林寺 006








〖幸福地蔵(お子抱き地蔵)〗

子供を思う慈愛に満ちたお地蔵さんで、安産、子授け、学業成績祈願にご利益があるそうです。

又、子供供養の方は「おん かかかびさんまえい そわか」と唱えてお参りするそうです。




       src_10163717.jpg










〖名月庭〗

不動明王から流れる川を表していて、川面に映る月をかたどっているそうです。




       香林寺 008




「願掛け」とは関係ありませんがこの『香林寺』は友禅作家で人間国宝”木村雨山”の

「花鳥風月」の色紙が書き残されています。これを目当てに行かれる方も多いようです。









『願掛け地蔵 香林寺』 願掛けを信じる方は信じるままに、そうでない方も

心の「清涼剤」として、心を洗いに一度行かれて見てはいかがでしょうか。

『香林寺』でした。



神社 | 07:35:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 崖の観音 ~
通称”崖の観音” 

船形山 大福寺です。

子供の頃、親戚が近くにあったので、よくここで遊びました。

子供心に、お寺の建物を半分に切って崖の途中に接着剤かなにかで貼り付けたような

奇妙な景色が不思議でいつも見入っていました。




       崖の観音 001








成人してから初めて来ます。

想像した通りやはり記憶にあるよりははるかに小さいですネ。

子供の時は、もっともっと大きく見えました。

テレビで見る「清水寺」ぐらいの感覚でした。

高さも、もっともっと高く、子供の感覚ではやっとたどり着いた感じでしたが、

やはり記憶ほどではないです・。





〖本堂〗です。

今改めて見ると、シンプルでこじんまりしています。



       崖の観音 002








登りの途中にある〖お不動さま〗です。

ここが一休みする、休憩所でした。



       崖の観音 013




       崖の観音 003




       崖の観音 012








〖観音堂〗です。

お寺の建物の半分が接着されているように見えませんか。

子供心にいつか接着が剥がれてポロンと落ちるのではないかと思っていました。



       崖の観音 004




       崖の観音 008




       崖の観音 007








崖に刻まれた磨崖仏”十一面観音像(十一観世音菩薩)”です。

養老元年(717年)行基によって山の岩肌の自然石に刻まれました。

県内最古の磨崖仏として有形文化財に指定されています。

しかし、子供心には薄暗くて不気味なものでした。

注)イタリアのおばあさんが修正したキリスト像ではありません。



       崖の観音 006








舞台から観た「館山湾」 「那古船形」の街です。

この景色はあまり変わってないように思えます。



       崖の観音 009




       崖の観音 011








いやー。久しぶりに来た『崖の観音』でした。

懐かしさと想像された失望とが入り混じった複雑な気持ちです。

"故郷は遠きにありて 思うもの"でしょうか。

でも、幻想的な美しさはさらに増したように思います。

ではもう一度朝霧にむせぶ『崖の観音』の「右横顔」をどうぞ。




       崖の観音 014








       



      



      




       








神社 | 09:44:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ とても地味な駅なんです『JR東十条南口』 ~
JR京浜東北線内で 『上中里駅』の次ぐらいに「地味」な駅なんです。

特に『南口』はさみしい。ホームの一番端っこにあります。

その南口駅舎は高架にありますが、改札に行くのに今どき「EV」も「エスカレーター」もありません。

「階段」があるのみです。

身障者の方は駅員さんを探して声をかけるしかありません。

改札口にも駅員さんはおりません。自動改札機が3台並んでいるだけです。

南口に向かうホームにこんな注意書きがありました。

「南口にはトイレはありません!!」

御親切にありがとうございます。

そうなんです。   トイレも無いんです!!




       東十条南口 004








線路名称上は「東北本線」ですが、京浜東北線の電車しか止まりません。

JRの層々たる路線が通っているのですが、ホームの乗客をしり目に「通過」するだけでです。




       東十条南口 002




       東十条南口 001




       東十条南口 007







京浜東北線の運転士は乗務範囲の関係でこの駅で次の電車区の運転士と交代します。

駅伝で言うなら「東十条中継所」でしょうか



       東十条南口 006





しかし、この駅には他の駅ではあまり見られない電車の駐車場があります。

したがって朝、2~3本「始発電車」に乗ることができます。

遠くへ通勤する方にとっては座って行けるので「東十条の小さな幸せ」でしょうか。




       東十条南口 024




「高架橋」から観ている「行きかう電車」はいつまで見ていても飽きませんが

「高架橋」が少し古びてきたのが気になります。

あまり「錆」が進むと「強度」にも影響します。

今の内に再塗装すればまだ大丈夫だと思いますが、

何となく、心なしか揺れが大きいような気がします。

 JRさん大丈夫でしょうか。



       東十条南口 005




       東十条南口 012








戦時中、此の辺は「軍事工場」が沢山あったようです。

その為ですか「軍隊専用鉄道」も走っていました。



       東十条南口 014-crop

       




       東十条南口 020








南口駅前には当然ですが、ロータリーなどはありません。

その代りと言ってはなんですが、高架橋のすぐ横にこんなものが鎮座していました。




       東十条南口 009




       東十条南口 011



       東十条南口 017




『子育て地蔵尊』です。

ここは俺の縄張りだと言わんばかりに、ドンと構えていました。

駅舎が小さいだけに目立ちます。

しかし綺麗に手入れが行き届いています。

地元の方が手入れをなさっているのでしょうか。

なんせ、小さいとは言え「駅前」ですから。




       東十条南口 018




       東十条南口 016




       東十条南口 015




「庚申塔」もありました。

地域の「お守り地蔵」になっているのでしょうか。




       東十条南口 013








駅前のスロープを「だらだら」と東側へ降りて行くと

和菓子名店 「草月」さんがあります。

何といっても「名菓 黒松」でしょう。

店の前に「黒松あります」と看板が出ると、店前のスロープに駅に向かって行列ができます。

「東十条南口」のささやかな有名店でしょうか。



       東十条南口 003




       320x320_rect_17502163.jpg





実はこの他、このスロープの先には、居酒屋好きの方なら皆さんご存知の、都内居酒屋ランキングには

必ずと言っていいほど上位に入る「埼玉屋」さんや「埼玉屋」さんと人気を二分する「新潟屋」さんがあります。

又、少し北口の方へ行くと、東十条伝説の味「からし焼き」の「とん八」さんがあります。

ぜひ一度、じみ~で、味のある東十条へ来てみてはいかがでしょうか。

       

以上「東十条南口」でした。


       





       





旅・はいかい | 07:52:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 白浜厳島神社 ~
”野島崎灯台”の麓に『厳島神社』は鎮座します。

こじんまりとした、どちらかと言うと「地味」な神社です。

灯台見物のついでに参詣と言うのが本音でしょうか。



       白浜海女まつり 008






階段を上がり鳥居を潜ると〖手水舎〗があります。




       白浜海女まつり 014





手水受けが場違いに立派です。

御影石をくり抜いてあります。

補修を施してあるのはご愛嬌ですか。

「何でも鑑定団」では無いので堅いことは抜きにしましょう。




       白浜海女まつり 015




「吐水口」も凝ってます。

これは間違いなく「いい仕事してますネ」です。




      130517_8176-1024x766.jpg








〖拝殿〗です。

「質実剛健」でしょうかシンプルの中に何か清潔感のようなものを感じます。

屋根は銅版の一文字葺きです。



       白浜海女まつり 022








何とビックリです。

奥に〖本殿〗がありました。

人間が行き来する拝殿よりちゃんと床高になっています。

ご立派です。




       白浜海女まつり 023








〖狛犬〗です。

風化しかけた旧狛犬も一緒に座ってます。

何故か〖狛犬〗だけ凛々しく、ふくよかです。





       白浜海女まつり 017

                        「左の阿」





       白浜海女まつり 016


                        「右の吽」









この『厳島神社』には「七福神」が祀れれていることでも有名です。

地元”安房”が生んだ江戸時代末期の名石工「竹田石翁」の19歳の時の作品だそうです。

6体しかありませんが?

男神の6体は野ざらしで、女神の「弁財天」だけは〖本殿〗に祀れれているそうです。

よく意味がわかりません。

「狛犬と一緒にすなよ!!」の6体の声が聞こえます。




       白浜海女まつり 012








〖芭蕉の句碑〗

全国に「芭蕉の句碑」は2500基あると言われています。

その一つでしょうか。

「句碑」も地味にひっそりと置かれていました。




       500_18328849.jpg



右側が天保4年(1833年)に建てられた。

左側が古碑が風化した為、明治19年(1886年)に再建されたものです。

現在はどちらも風化して何が書いてあるかわかりません。

    ≪あの雲は稲妻を待たよりかな≫

       
と書いてあるそうです。

意味は聞かないでください!!  風化してなくても一緒か!!








ここにはもう一つ名物があります。

子宝が授かる霊験あらたかな神様が祀ってあります。




       白浜海女まつり 020




右上にはこんな説明文も掲げてありました。

「七不思議」だそうです。



       img_1阿吽



       103548657.jpg




本当にご利益があるんでしょうかネ。

でも沢山の方がなぜたのでしょうか「黒光り」しておりました。




以上なんだかわからないけど、てんこ盛りで可愛げな『白浜厳島神社』でした。








続きを読む >>
神社 | 07:55:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 白浜海女まつり ~
一度見てみたいと思っていた。

会場は、南房総の白浜”野島崎灯台”公園広場です。

今年で50回目を迎えるそうです。結構昔からやってたんですね。

私が知ったのは2~3年前です。

でもって今回は”まるグル’14”と言うイベントと合同開催だそうです。

色々なイベントが計画されていました。




       s-amamatsuri2014.jpg






       白浜海女まつり 007-crop







「海女カレーフェスタ」

11店舗のカレーの中から投票(スプーン)でグランプリを決めるそうです。

しかし一杯300円とはいえ全部は食べれないですよね。




       白浜海女まつり 004








ステージでは、定番の「和太鼓」やってます。

しかもスケジュール表を観たらなんと3時間ぶっ続け!!ビックリです。

皆さん飽きないのでしょうか。




       白浜海女まつり 001






広場は観客席兼フードコートになってます。




       白浜海女まつり 002




       白浜海女まつり 003







広場の中央には渡御為の神輿が飾られています。

でも渡御は19時30分ごろだそうです。   トホホ!!



       白浜海女まつり 006








今日のメインの「海女の松明点火」「海女の夜泳」「御神火の点火」の会場

「白浜港」です。



       白浜海女まつり 009








FM放送の現地レポーター「中村 愛」さんもスタンバイです。



       白浜海女まつり 010









「海女体験」も」やってました。

しかし「海女」と言うより樽に乗ってるだけですネ。




       白浜海女まつり 034




       白浜海女まつり 035-crop




       







メインの行事が夜なので帰りが遅くなるのは覚悟してきましたが、

う~む!!それまでの時間が、う~む!!です。

「和太鼓」3時間のあとが「ダンスショー」「誰か歌」「尺八」「メッセージ」

17:00に演歌歌手の「ジェロ」その後が「郷土芸能」1時間

う~む!!とても”TAIKUTU”そうなイベントばかりです。

とりあえず、岬でもめぐりましょうか。



       白浜海女まつり 025




       白浜海女まつり 026




       白浜海女まつり 027





房総半島の最南端です。

よ~く見ると海の向こうにハワイが見えませんか?

目の良い、賢い人には見えると思いますが。




       白浜海女まつり 031




       白浜海女まつり 032




       白浜海女まつり 033









と言う訳で今回は「夜まつり」はあきらめました。

次回は夜だけを目指して来ようと思います。

本来でしたらこんな感じだったのでしょうか




       10133465.jpg



       















旅・はいかい | 05:39:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 真夏の海の朝 ~
房総の海の朝です。

昼間の喧騒が嘘のように静かです。

と言うよりこれから起きることに息をひそめているのかもしれない。

冬の海の静けさは悲しげだが、夏の海の朝は何となく、わくわくする。

何かが起きる予感と期待ですか。



       夏の海 035




       夏の海 022




       夏の海 023




       夏の海 032




       夏の海 038







海の家もまだ開いていない。

砂浜の”銀座通り”もまだ人出はまばらだ。




       夏の海 024




       夏の海 027






       夏の海 025




       夏の海 045







だが、さすがに釣り人は朝が早い。

釣れても、釣れなくても朝が早い。





       夏の海 029




       夏の海 037







「駅」からは誰も来ない。

無人駅ではないが「無人駅前通り」か。



       夏の海 044




       夏の海 040










しかし”海の鼓動”への準備は着々と始まっている。

「監視員」の朝礼だ。

「KY活動」「指差呼称」はするのだろうか。

それにしてもかなりの人数です。

”ご苦労様です”




       夏の海 026







”サーフ レスキュー”

今はこんなんで救助するのか。

確かに、「櫓」を使えば泳いで助けに行くよりは速いか

世の中いろんな事があるんですネ。




       夏の海 006








中学生の「サマースクール」ですか。

それにしても、大層な「浮き輪」と「ライフジャケット」ですネ。

先生も「生徒の命」と「自分の将来」がかかっているから大変です。

私も小学校入学時から仲間と海に遊びに来ていましたが、

こんなに大切に扱ってもらったこと無いですネ。

「ライフジャケット」はもちろん「浮き輪」も無かったです。

よく生きてこれましたネ。



       夏の海 008









こんな準備も始まってました。

”館山オープンウォータースイムレース”

速い話が遠泳大会ですかネ。




       夏の海 028




       夏の海 031




折り返し点の設定と距離測定ですか。



       夏の海 030




       夏の海 034




参加選手達も心と体の準備中です。

大学生が多いようです。

したいことに夢中になれるっていいですネ。




       夏の海 033




       夏の海 043








浜辺の準備もぼちぼち始まっています。

「ジェットスキー」を楽しむ人達です。




       夏の海 011




「ジェットスキー」を台車に載せて車の後ろに曳いて浜辺まで持ってきてから、

車の入れない波打ち際までどの様にして運ぶのでしょうか。

大丈夫です。

「曳屋」がいるんです。

トラクターは「田んぼ」や「畑」だけで使うはありません。



       夏の海 015




       夏の海 016








ここも準備中ですか。

”立教大学広告研究会”

ここは懐かしいです。50年以上前からやってます。

ビーチで色々なイベントをやって楽しませてくれました。

いつも楽しい音楽がスピーカーから流れてました。

「くろんぼ大会」「宝探し大会」「スイカ割り大会」・・・・・・・懐かしいです。




       夏の海 041









喉が渇いたのでどこか休憩を、と思ったのですが朝早いので空いている店がありません。

ありました。こじゃれた店が。

2棟繋がっています。




       夏の海 018





”SEADYA”です。

”海の日”ですか



       夏の海 020




内装もシンプルですっきりしています。




       夏の海 003




       夏の海 001




       夏の海 002






アイスカフェモカ(\430)をいただきました。

苦さと甘さがナイスフィットでした。




       夏の海 004

        (全部飲んでから写真に撮ってないことに気づきました。すいません)



横の棟で奥さんらしき方が「ヨガ」を教えていました。

次々と生徒さんが入って行きました。

男の方もおりました。ビックリです。




       夏の海 005
 



 

このような本の販売もしていました。

オーナーは「建築設計」もなさっているようです。



       夏の海 003-crop
      






以上さわやかな『真夏の海の朝』でした。

旅・はいかい | 05:30:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ウォーキングシューズ(徘徊の為のヘリ靴) ~
運動不足解消の為に、毎朝通勤時2~3駅手前で降りてウォーキングするようになって1.5年になる。

時間にして40~50分です。

たまに帰りも歩くと当然倍になる。

どうせやるなら「万歩計」を付けて記録することにした。

最近の万歩計は安価な物でもそこそこの機能が付いている。

「有酸素運動分の歩数、時間」 「消費カロリー」 「歩行距離」 などである。

しかも1W程度のメモリーが付いている。




       ウォーキングシューズ 003-crop




       ウォーキングシューズ 014-crop




       ウォーキングシューズ 015-crop








1日10,000歩以上と言うのはちょっと無理なので月平均で10,000歩を目標にした。

休みの時は出かけないことが多いし、万歩計を付けないことも多いしたがってゼロが並ぶ。

又、雨の強い時は「スルー」してしまうことが多い、したがって梅雨時は成績が悪い。

やり始めて1年経った頃から”運動不足の解消”にはなっていないことに薄々気づき始めていた。

その証拠に体重は減るどころか増えた。

もう少し距離を伸ばすか、スピードを速めるか。 思案!!

しかし、革靴の底の「減り方」が心なしか速いような気がする。

しかも、歩き方が悪いのか左右共「外側」だけが減る。

所謂「ガニ又歩き」か。

そこで思案の結果「ウォーキングシューズ」で通勤することにした。

早速、靴の量産店へ行く。 

幼稚園生でも知ってる、 一番簡単なアルファベットが3つ並んでいる名前の店だ。



言ってみて、驚いた「たっかー!!」

普通のスニーカーよりは高いとは思ったが、これほどまで高いとは「ビックリ!!」

「革靴」よりも高い。

 「革靴」の”減り”がもったいないからと言ってそれより高い靴を減らしていいのか?

半値の物のあったので、店員にどこが違うか聞いてみた。

「防水性」 「クッション性」 「耐久性」 「ガニ又歩きへの対応」が違うと言う。

ほんとかよー!!と思いつつ、またまた思案。

結局。通勤で会社に履いて行くのであまり派手な色合いの物はまずいと言うことで

黒の高額シューズを買う羽目になった。  (涙)




       ウォーキングシューズ 002




      

ウォーキングシューズです。

周りの者は『徘徊の靴』と呼んでいる。

『徘徊の為のヘリ靴』と言うひどい奴もいる。




       ウォーキングシューズ 009




       ウォーキングシューズ 010








しかし、履いてみると確かに低反発気味の微妙なクッションは心地よい。



そして、会社には「置き傘」ならぬ「置き靴」です。




       ウォーキングシューズ 005









これで準備は整った後は”やる気”が出るのを待つだけか!!




       ウォーキングシューズ 007







    ジャンジャン!!   

戯言 | 08:21:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
~ 鈴木大拙館 ~

特別名勝 兼六園の麓、小立野台地の斜面に「本多町」と言う町がある。

加賀百万石の大家老「本多家」の武家屋敷があったところだ。

此の周辺には「21世紀美術館」を初め、「県立美術館」「県立歴史博物館」「中村記念美術館」

「金沢歌劇座」「能楽堂」など芸術、文化に関わる美術館、博物館、舞台が沢山ひしめく金沢の

”文化ゾーン”である。



        map_near_pdf.jpg

            〖鈴木大拙館HP〗






そこに、世界をまたに活躍をした仏教哲学者”鈴木大拙”の偉業を記念した『鈴木大拙館』がある。

”鈴木大拙”はここ「本多町」で生まれ育った。

住宅街の中、その生家の一画に記念の石碑と銅像が立てられている。



       鈴木大拙 001




       鈴木大拙 002







哲学者であると共に

日本の「仏教哲学」を英訳して世界に紹介した功績者でもある。



       鈴木大拙 017-crop




       鈴木大拙 006




       鈴木大拙 018-crop











その哲学者としての実績、功績もさることながら、

この建物がその功績に負けず劣らず素晴らしい。

建てられたのは、2011年7月

設計者は、谷口建築設計研究所 谷口 吉生




       鈴木大拙 003




       鈴木大拙 004







設計者の谷口 吉生氏は日本を代表する建築家である。

主な作品としては「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」 「東京国立博物館法隆寺宝物館」 

「ニューヨーク近代美術館」などが挙げられる。

2005年には世界の文化功労者を対象にした『高松宮殿下記念世界文化賞』を日本人として受賞している。

一般マスコミにも多く登場する「安藤忠雄」とは異なりまさに「作品主義」の建築家である。

純粋なモダニズム建築の作り手である。

ちなみに、2012年に建てられた「加賀片山津温泉 街湯」も彼の作品である。



       machiyu(片山津温泉街湯


        〖谷口 吉生作品集〗より


ちなみに奥さんはブランドファッション業界のカリスマレディー ”谷口久美さん”です。



       taniguchi_main(谷口久美)













『鈴木大拙館』は「玄関棟」 「展示棟」 「思索空間棟」の3つのゾーンを回廊で結ぶと共に

それぞれのゾーンに「玄関の庭」 「水鏡の庭」 「路地の庭」を配置している。



       鈴木大拙 013-crop





この3つの棟と3つの庭で構成された空間を回遊する事によって”鈴木大拙”を知り、学び、考える

事が意図されているそうです。




内部回廊です。

右側の「玄関の庭」から光が差し込んできています。



       鈴木大拙 005










「水鏡の庭」と「路地の庭」を隔てる「石垣」です。




       鈴木大拙 008








「外部回廊」と「水鏡の庭」




       鈴木大拙 007








「思索空間」です。

畳敷きで小上がりのようになってます。

”人生を思索中”でしょうか?




       鈴木大拙 011




       鈴木大拙 010




       鈴木大拙 012









「思索空間」と「水鏡の庭」



       鈴木大拙 009








「路地の庭」から「水鏡の庭」




       鈴木大拙 014




       鈴木大拙 015








「路地の庭」と探索の道です。

さしずめ「哲学の道」風でしょうか




       鈴木大拙 016







素晴らしい建物でした。

”鈴木大拙”について、「知り」 「学び」 「考える」 出来たでしょうか。

いずれにしても、このような作品に身近で出会うことのできる金沢の人は幸せだと思います。


以上『鈴木大拙館』でした。




       










芸術 | 05:07:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 浜離宮恩賜庭園 ~
汐留の高層ビル群と東京湾とに挟まれて、築地市場の横に『浜離宮恩賜庭園』があります。

思わず”場違い”と言ってしまいそうなほど突然に、こんもりと緑に囲まれた一画が現れます。


正面玄関に当たる「大手門」です。



       浜離宮 050









1654年(承応3年)四代将軍家綱の弟で甲府藩主、徳川綱重によって埋め立てられ、別邸を建てた。

その後、甲府藩の下屋敷、将軍家の別邸、明治維新後は「鹿鳴館」が出来るまで「外国人接待所」として使われた。

宮内庁管轄の「離宮」を経て現在は都立公園として公開されている。



       浜離宮 002-crop







江戸時代に造られた「庭園」だけあって「名木」と言われるような立派な木が植えられています。

手入れも行き届いてます。



       浜離宮 004




       浜離宮 005




       浜離宮 009








高層ビルが背景と言うのもいいですネ。



       浜離宮 018




       浜離宮 003





東京タワーも背景の一つになってます。



       浜離宮 022







木々だけではありません。

こんな住民もいました。

昔はここは鴨の狩場だったそうです。




       浜離宮 010-crop




       浜離宮 015











庭園の中には「水上バス」の船着き場もありました。

知りませんでした。

「お台場」と「浅草」に行っているそうです。

今日は時間的に無理ですがぜひ次回は「東京湾遊覧」してみたいですネ。




       浜離宮 017




       浜離宮 020




       浜離宮 021










この庭園の特徴の一つに東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ

「汐入りの回遊式築山泉水庭」があります。

江戸時代には幾つか造られたそうですが今残っているのはここだけだそうです。

「汐入池」です。




       浜離宮 024





汐入池にある「中之島御茶屋」です。




       浜離宮 029




ちょっと疲れたので「中之島御茶屋」で休憩と思いきや、20人ほど入れる座敷が満席でした

しかも8割ほどが外国の方でした。

皆さん「お抹茶」を飲んでます。

10分ほど待って座敷に通されました。もちろん私も「お抹茶」です。



       浜離宮 031





       浜離宮 035





       浜離宮 034




       浜離宮 037






「中之島御茶屋」から観た「汐入池」と高層ビルです。



       浜離宮 033









『浜離宮庭園』の名物黒松「三百年の黒松」です。

都内では最大級の大きさだそうです。





       浜離宮 042




       浜離宮 044








「御花畑」もありました。季節々の花が咲いているようです。

今は「キバナコスモス」が綺麗なオレンジ色で満開でした。




       浜離宮 049




       浜離宮 047






以上『浜離宮恩賜庭園』の初夏風景でした。




    





旅・はいかい | 07:38:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 不忍の池の蓮の花 ~
       不忍池の蓮 005







「不忍の池」の蓮の花が咲き始めた。

まだ満開とはいかないが、夏の盛りを待ちかねたようにあちこちで咲き始めた。




       不忍池の蓮 018




       不忍池の蓮 017







この時期の「不忍の池」は池全体がビッシリと蓮の葉で覆われ、赤とピンクの花がわれ先にと咲き始める。

蓮の花は早朝の4~5時頃に咲き始め昼ごろには閉じる。これを3日ほど繰り返して散るそうです。

これをして、蓮の花を「三日花」とも言うそうです。



       不忍池の蓮 006-crop




       不忍池の蓮 007-crop




       不忍池の蓮 008






又、花が咲く時に「ポン」と音がすると言われていますが、真意ほどは定かではありません。

ぜひ確認したいのですが、時間が時間なだけになかなかできません。



       不忍池の蓮 011-crop





       不忍池の蓮 012







花が散った後は、中心の黄色い部分(花托)に種が出来るそうです。

この花托の部分が蜂の巣に似ているので「はちのす」→「はす」となったと言う説もあるようです。

でも何となく後付けの、こじ付けのような気もします。



       不忍池の蓮 013







不忍池の周りには高層ビルが乱立しています。

高層ビルを背景にして咲く「蓮の花」もなかなかのものです。

「不忍の池」ならではでないでしょうか。




       不忍池の蓮 014




       不忍池の蓮 032



       不忍池の蓮 037








「蓮」と「弁天堂」だす。



       不忍池の蓮 023







今年は「蓮」鑑賞用の「ブリッジ」が造られました。

今まで以上に身近に蓮の花を観ることが出来ます。



       不忍池の蓮 028




       不忍池の蓮 031




       不忍池の蓮 026







不忍池の蓮は元々あった4種類の他にもう一つ一時世界のマスコミ等を賑わした『大賀ハス』があります。

千葉市検見川で2000年前の遺跡から発掘された「古代ハス」です。

中々成果の出ない発掘調査を明日で打ち切りという最後日の夕方、ボランティアで来ていた

女子中学生がたまたま発掘した3粒の「ハスの実」のうちの1粒が翌年、大賀一郎博士の手により

見事に発芽、開花した。その「古代ハス」の子孫にあたる『大賀ハス』です。



       不忍池の蓮 027




       不忍池の蓮 021-crop




       不忍池の蓮 022




       不忍池の蓮 036










しかし我々にはちょっと区別がつきません。

はすと一緒にこんな動物も同居していました。




       不忍池の蓮 025







余談ですが、「不忍池」は『駅伝』の発祥地出もあったのですネ。

大正6年、京都三条大橋から3日かけてこの上野不忍池まで『駅伝』が行われたらしいです。



       不忍池の蓮 038






以上、真夏の到来を知らせる”上野の早飛脚” 『不忍池の蓮』でした。



旅・はいかい | 21:01:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 尾山神社 ~
金沢城跡のすぐ裏手、百万石通りに面して金沢を代表する神社『尾山神社』があります。

もう何度も訪れているのですが、この神社には兼六園や金沢城址にはない

独特の”静寂”さみたいなものが漂っている。それに惹かれて又来ています。



       尾山神社 001






『尾山神社』は、明治の初め「前田利家」とその正室「お松の方」を祀って

歴代藩主の別邸であった金谷御殿跡に元加賀藩の重鎮達によって建立されました。

最上部にギヤマンが嵌め込まれた、和・漢・洋折衷の3層アーチ型神門は、

今でもたぐい稀な美しさを放っている



       尾山神社 002




上部に着いている避雷針は日本最古の避雷針と言われている。







参道を横切る道路際に忽然と前置きもなく立つ「鳥居」です。

参道から「鳥居」をくぐる時は左右の安全確認が必要です。

しかし、当然と言えば当然のことですが「鳥居」「神門」「拝殿」全て「芯」が通っています。



       尾山神社 003







「神門」から「拝殿」を観る。

「神門」の重みと「拝殿」の重みがかみ合っています。

剛速球を投げるピッチャーの球を大型キャッチャーがドンと構えて捕ると言う感じですかネ。



       尾山神社 005








「社紋」は当然加賀百万石 前田家の家紋「梅鉢」

神社内に限らず街中いたるところで見かけます。





       尾山神社 006








「神門」をくぐると右手に「手水舎」があります。




       尾山神社 008




       尾山神社 013








「拝殿」です。

さすがにここは「鉛瓦」ではありませんでした。



       尾山神社 007




「扁額」です。



       尾山神社 019
 







「拝殿」では神事が行われているようです。



       尾山神社 015








「拝殿」から観た「神門」です。

後姿も良いですネ。




       尾山神社 018












青銅の「狛犬」です。

青銅は「利家」らしくていいのですが、少しスリム過ぎませんかネ。

重みが・・・?

左右少し違う顔をしています。

「拝殿」に向かって右は吠えてます。



       尾山神社 016




       尾山神社 017
      








「本殿」です。

「本殿」の境内には入れないので立格子の隙間から「覗き見ショット」です。

「盗撮」ではないので通報等は固くお断りします。

さすが立派でした。




       尾山神社 024









摂社の「金谷神社」です。

歴代の藩主を祀ってあります。




       尾山神社 023








神社の裏門に当たる「東神門」です。

旧金沢城二の丸殿舎の入り口にあった「唐門」を移築したものです。




       134855943065713228825_IMG_7189_1200東門








「利家」の像です。

後ろの袋状の物は戦場で後ろからの「流れ矢」に当たるのをを防ぐための物です。




       尾山神社 026








「利家」の兜です。

本当にこんなのかぶっていたら目立ってしょうがないと思うのですが




       尾山神社 009








「お松の方」の石碑です。

NHK大河ドラマ『利家とまつ』を記念して建立された




       尾山神社 010









「拝殿」の右側にかっての金谷御殿の庭園の一部が「神苑」として残っています。

これは「小堀遠州」が作庭した築山池泉回遊式庭園となっています。

中央には「八橋」「渡月橋」が造られています。



       尾山神社 012




       尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 008





かってこの池には「兼六園」「金沢城」と同じように『辰巳用水』が引かれていました。

その『辰巳用水』を引くために使われた「石の導水管」が保存されています。




       尾山神社 027




石で今で言う「ヒューム管」を造っていたのですネ。ジョイント部は止水の為に樹脂が塗られていたそうです。

賢いですネ。










「拝殿」の横にこんなのもありました。

「さし石(力石)」です。

この地方では「草相撲」と並んで「力比べ」が盛んに行われたそうです。





       尾山神社 021








以上『尾山神社』再探索でした。





       尾山神社 030






神社 | 10:07:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ジローバースデー感謝祭 ~
       10264180_1417544088512702_2015308742472793227_o.jpg




金沢の大人の隠れ家『スナック 紀(みち)』で”ジローバースデイ感謝祭”なる催しが開かれた。

「ジロー」とはマスターの事である。

噂によると本名は「那谷清治郎」と言うらしい。

しかし、今までこんな名前を呼んでいるのを聞いたことがない  (読めねーし!)

みんな「ジロー」と呼ぶ。




       みち 011





その「ジロー」の誕生日だそうな。

なにが悲しくておっさんの誕生日祝わなあかんのや!!

と思っていたら逆に「ジロー」がみんなに感謝する「感謝祭」だと言う。





       10460312_1436640443269733_5355910125988043192_n.jpg





「そんなら」と言うことで、たまたまスケジュールも合って、やって来た。

2日間の初日とあってか、みんな顔なじみの常連さんばかりだった。

酒を覚えたての「子供」など一人もいない。

さすが「大人の隠れ家」

酒と上手に遊べる「大人達」ばかりだ。




       ジローバースディ感謝祭 005





まずは、ウエルカムドリンクで”乾杯”ですか。

続いて、お気に入り定番の”さむらいロック”



       ジローバースディ感謝祭 003





黙っていても出てくる。

う~ん!! 旨い!! 浸み込んでいくネ!! 今日も生きてる!!

(私は幸せ者かもしれない。なぜならば未だかって「まずい酒」を飲んだことがない)

お通しに「造りたての生ハム」が出てきた。 これも旨い。(どうせお客さんの「お持たせ」だろう)



気心の知れた仲間達、笑い声が絶えない。



       ジローバースディ感謝祭 004





「I さん」もきた。2年半ぶり。 元気そうなので安心した。

「ジロー」の人生の姉御も来ている。



       ジローバースディ感謝祭 001





いつの間にか、歌が始まった。

一流企業のお偉いさん達もいます。

みなさん歌がうまいです。  感心します。

若い人の歌もよく知ってます。 

どこで覚えるのでしょうか  (ほんとに仕事真面目にしてますか?)



       ジローバースディ感謝祭 010




       ジローバースディ感謝祭 006







楽しい時間はあっという間ですネ。

今日は沢山笑いました、沢山酒を飲みました、沢山楽しい話を聞きました。


”HAPPY BIRTHDAY ジロー”

”ありがとう。 愉快な、唄上手な、すてきな仲間達”

”See You Again"




       ジローバースディ感謝祭 012




       ジローバースディ感謝祭 013




       





続きを読む >>
お酒 | 12:59:21 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad