■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 湯島天神梅まつり ~
春が来たと感じるのはどんな時でしょうか。

やっぱり梅が咲いて「春の予告」をし、桜が咲いて「春」ですよネ。

と言うわけで、江戸三大天神の一つ『湯島天神』の梅まつりに来てます。


湯島天神うめ祭り 002



湯島天神うめ祭り 004





「菅原道真」が祀られているので時節柄「合格祈願」の方と相まって

平日の昼休みですがすごい人出です。

まずは、しきたり通り「手水舎」です。




湯島天神うめ祭り 023








「拝殿」は意外とコンパクトです。

都会の真ん中ではしょうがないか。




湯島天神うめ祭り 024





しかし、破風の彫刻は豪華で立派でした。

紋はやっぱり「加賀梅鉢」ですか。




湯島天神うめ祭り 025




湯島天神うめ祭り 026














『亀戸天神』にもありましたが本家本元『太宰府天満宮』から奉献された「飛び梅」もありました。

亀戸のより少し小ぶりかな。





湯島天神うめ祭り 027







やっぱりいました。

「道真」ゆかりの『牛』です。

沢山の人に撫でられて光ってます。




湯島天神うめ祭り 022











摂社の「戸隠神社」です。

「菅原道真」が祀られる前からある「地主神」です。





湯島天神うめ祭り 030










末社の「笹塚稲荷神社」です。




湯島天神うめ祭り 006






摂社とは本社の境内にあり、本社に附属し、その祭神と縁故の深い神を祀った神社のことです。

末社は摂社に次ぐ神社です。

ただし、神社の格を表すものではなく単に「繋がりの深さ」の違いだそうです。









お待たせしました。今日の本題 『湯島の白梅』です。






湯島天神うめ祭り 019




湯島天神うめ祭り 015






全部で300本あるそうですが

その内の8割が「白梅」で『白加賀』と言う種類だそうです。




湯島天神うめ祭り 007





湯島天神うめ祭り 009





湯島天神うめ祭り 016





湯島天神うめ祭り 017





湯島天神うめ祭り 018






日本庭園とのマッチングも最高です。

奥に見えるのは滝です。



湯島天神うめ祭り 012





湯島天神うめ祭り 021










見学者も大勢です。

珍客もいました。





湯島天神うめ祭り 013




湯島天神うめ祭り 010












『湯島天神』と言うともう一つ有名なものがあります。



「お蔦と主税(ちから)」の愛憎劇を描いた、

泉鏡花の『婦系図(おんなけいず)』です。


軍の参謀本部のエリート高官である主税が、芸者お蔦に惚れて恩師に内緒で所帯を持つ話です。


これは、泉鏡花自身をモデルにして書かれています。

主税は、「鏡花」で恩師とは、現実の師である「尾崎紅葉」そしてお蔦は、後に「鏡花」の妻となった

神楽坂芸者の「伊藤すず」さんです。

物語の内容はともかく、お蔦が『湯島天神』の境内で言ったと言われている名セリフ


『切れるの別れるのッて、そんな事は芸者の時に云うものよ。・・・・・・・・・・・・・・

今の私にゃ死ねと云って下さい』



湯島天神うめ祭り 020







う~ん。 しびれますネェ。


「明治女」の気骨が目に浮かぶようです。最高です。

「お蔦」がその辺に居るんじゃないかと、思わず境内を探してしまいました。




このセリフ、一時流行ましたよネ。

今で言う「流行語大賞」ですか。

いやそれどころではないですヨネ。

一年ぽっきりの流行とは違って、今でも語り継がれているんですから。

「歴史に残る名語録大賞」ってとこですかネ。

「明治」の香りが「白梅」の香りに載ってプンプン薫ってきます。



今日は「白梅」と言う「タイムマシーン」にのっていい夢を見させていただきました。

ありがとうございました。

『湯島天神』に拝礼です。   


”合掌”





湯島天神うめ祭り 031










スポンサーサイト
神社 | 20:00:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ お万の方 ~
 「安房勝浦」に来たもう一つの目的はこの『八幡岬』を訪れることでした。



茂原 お万の方 003






茂原 お万の方 001






ここ『八幡岬』は勝浦城(猿ヶ城)があったところです。

徳川家康に北条氏が滅ぼされた際、その支配下にあった勝浦城も徳川軍により責められ落城した。

その折、勝浦城主 正木頼忠とその子『お万の方(幼名 養珠)』は離れ離れとなった。

14歳の『お万の方』は母親と一緒に、母方の実家のある「伊豆」に身を隠した。

その後、母は伊豆河津城の城主 蔭山氏広と再婚し、『お万の方』はその養女となった。



yjimage.jpg





そして、運命の神様はなんといたずら好きなのか。

身を隠していたはずの『お万の方』の美しさと聡明さが評判になり、徳川家康の耳に入ることとなった。

家康の側室となった『お万の方』は二人の男子を生む。

聡明な母には聡明な子が授かるのか、一人目の頼宣は紀伊55万石、

二人目の頼房は水戸25万石をそれぞれ幼くして継ぎ当主となり、後の「御三家」の基礎を構築する。

頼房の子が、ご存じ「天下の副将軍 水戸光圀公」です。

したがって、『お万の方』は水戸光圀の祖母にあたります。



その『お万の方』の像が立っている。

姿は、後年の『養珠院』です。




茂原 お万の方 005



茂原 お万の方 004


凛々しいですネ。

知性あふれた!(^^)!をしています。

お会いしたかったです。









『お万の布さらしの崖』


徳川軍に追われた『お万の方』は40mもある断崖に布を垂らしそれを伝い、母と共に海へと逃れ

舟にて「伊豆」へ向かう。

その後『お万の方』は2度と勝浦の地を訪れることはなかったそうです。




お万の布さらし







『お万の方』は本当に正木頼忠の子なのか、本当に幼少時代をこの勝浦で過ごしたのか、

「出生」「幼少時代」には幾つかの諸説があるようですが、まだ真相は解明されていません。

しかし、頼忠の子として家康の側室となり、その兄や生き延びた頼忠がその恩恵にあずかり

家康の庇護を受けたのは事実です。

そして、この勝浦に『養珠院於萬の方』の像があるのも事実です。

いずれにしても、お隣の『南総里見八犬伝』のように戯曲ではなく

「史実」に基づいた話であることは間違いない。

歴史を知るって本当にわくわくしますよネ。

なおこの『お万の方』の記述は、『宿主 お万の方(養珠院)についての一考察』

を参考にさせてもらいました。





茂原 お万の方 006






「八幡岬」の横にこんなものもありました。

『官軍塚』です。

早咲の桜も咲いていました。



茂原 お万の方 012




茂原 お万の方 013



茂原 お万の方 014






戊辰戦争の末期、熊本藩主 細川よし邦が函館五稜郭で榎本武揚鎮圧に苦しむ実弟の

津軽藩主津軽承昭(つねあき)を救援する為、横浜で米国汽船を雇い、

熊本藩兵を350人乗せて函館へ向かった。

その船が川津沖で座礁難破し、地元民の必死の救助にも関わらず、130人が死亡した。

その遭難者を供養したのがこの『官軍塚』だそうです。

「五稜郭の闘い」に熊本藩も関係していたんですね。

いろんなところに「歴史」がありますネ。

本当に勉強になります。



『安房勝浦八幡岬』でした。

歴史探訪 | 12:49:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ かつうらビックひな祭り ~
南房総「 安房勝浦」です。

南房総には紀伊半島と同じ地名のついた場所がいくつかあります。

この「勝浦」も紀伊半島には「那智勝浦」があります。

言い伝えによると、都が京都、奈良にあった時代、この房総半島は「島流し」の地だったそうです。

島流しにあった者が故郷を偲んで似たような土地に同じ地名を付けたそうです。

勝浦の他にも「白浜」「鴨川」等があります。


この「安房勝浦」で有名なのは、やはり「朝市」でしょう。

残念ながら今日は時間が遅いので「朝市」は見れません。



今日は「勝浦のビックひな祭り」に来ています。

このひな祭りは徳島の勝浦町で開催されている「ビックひな祭り」を東西で開こう

と企画されたもので、勝浦町から7000体のひな人形を譲り受けてスタートしたそうです。

現在も全国から不要になったひな人形を譲り受けているそうです。



その結果、勝浦市内の各所に25,000体以上のひな人形がかざられています。

夜にはライトアップもされます。



主な会場を見て回ります。


まずは、「市役所」



茂原ビックひな祭り 001




茂原ビックひな祭り 002




茂原ビックひな祭り 005



茂原ビックひな祭り 004




やっぱり、一番の貫禄は”吉徳大公”でした。



茂原ビックひな祭り 003



"顔が命"。

"よしとくぅ~"ですか。







続いて「覚翁寺」の会場です。



茂原ビックひな祭り 006




茂原ビックひな祭り 007









その隣の「図書館」です。





茂原ビックひな祭り 008




茂原ビックひな祭り 014






図書館会場










街の中も「ひな祭り」一色です。




待ち飾りⅠ





町飾りⅡ








一番人気の「遠見岬神社」会場です。

60段の石段に1200体の人形が飾られています。

壮観です。

商店街の人達20~30人で毎日出し入れして飾り付けるそうです。

取扱い注意ですから大変ですネ。




茂原ビックひな祭り 020



茂原ビックひな祭り 024



茂原ビックひな祭り 023








少し離れたところに「旧行川アイランド会場」があります。

旧行川アイランドの駐車場とその隣の旧行川小学校を使って展示されています。

行川アイランドは閉鎖されてだいぶ経ちますが、懐かしいですネ。

餌付けされた「フラミンゴの大群」がいきなり頭をかすめるように後ろから舞い降りてくるのには

驚かされました。紅い口先の鮮やかさと気品さが今でも脳裏に浮かびます。




茂原ビックひな祭り 028




茂原ビックひな祭り 029





かなりの数の人形が展示されています。




滑川段飾り




滑川アップ






京都の「町雛」は江戸の名工『渡辺玉翁』よって広められたらしい。



茂原ビックひな祭り 043




『渡辺玉翁』の作品です。



茂原ビックひな祭り 044



何か変ですネ。

そうなんです。「雄雛」と「雌雛」の位置が逆です。

係員に聞くと、関西は逆だそうです。

そうでしたかネ?

「五個荘の商家ひな人形めぐり」

「天領日田のおひな祭り」

「筑後吉井のあひなさまめぐり」

「柳川のひな祭りさげものめぐり」


そうだったかな~ぁ?

気が付きませんでした。   う~む。





こんなのもありました。




茂原ビックひな祭り 039




茂原ビックひな祭り 038







何といっても圧巻はこれ『享保雛』です。




茂原ビックひな祭り 050




写真だと大きさがよく判りませんが、一体が120cm小学生の背丈ほどあります。

衣装も豪華絢爛です。


この「ビックひな祭り」の為に2006年に制作されたものです。



茂原ビックひな祭り 051




茂原ビックひな祭り 052




茂原ビックひな祭り 053




すごいですネ。享保時代のひな人形を再現したそうです。







行川会場風景





以上「かつうらビックひな祭り」でした。

素晴らしかったです。

特に最後の「行川アイランド」会場は「量」「質」とも最高でした。


ただ駐車場が遠すぎる。 リピートするのが躊躇される。

もう少し再考してもらいたいと思う。




旅・はいかい | 12:26:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
~金沢 主計町(かずえまち) ~
金沢に3つある「茶屋町」の一つ『主計町』です。

浅野川の下流の左岸にこじんまりと、しかし凛とした趣きを醸し出しています。

町の名は、加賀藩士富田主計(とだかずえ)の邸宅があったことに由来する。


主計町 024






現在も4件の「茶屋」が営業しており、「芸妓」も十二人おり他の茶屋街に負けぬ意気込みです。

宮藤官九郎が脚本を手がけ,阿部サダオが初主演し、柴咲コウの共演で話題になった

映画『舞妓Haaaah!!!』のロケ地にもなっております。



20070412002fl00002viewrsz150x.jpg











浅野川沿いに明治時代を彷彿させるような古い佇まいが並びます。


主計町 001







「みふく」さんです。

一見「待合」の趣ですが、「カキの土手鍋」専門店です。



主計町 002






浅野川にかかる「中の橋」です。


主計町 003



主計町 004






主計町 緑水苑です。

「金沢城の外堀」の跡を池にして緑地を構成しています。

金沢にはこのような緑地が数多くみられます。

「泉鏡花」の実家が此の辺に在ったそうで「中の橋」の「渡り料」で生計を立てていたそうです。



主計町 006




主計町 005






緑水苑の隣の旅館「木津屋」さんです。

大きなリュックを背負った外国の方が良く出入りしています。



主計町 009







「えんや」さんです。

和風のカウンターバーです。

ママは、現役の「芸妓」さんです。「茶屋」も兼業しているそうです。




主計町 010





主計町 012








登録有形文化財に指定されている「浅野川大橋」です。

この橋を渡ると「ひがし茶屋街」になります。



主計町 011








創作料理の「空海」さんです。

料理のジャンルにとらわれない酒の肴メニューが豊富です。






主計町 013




0000096437.jpg







喫茶店の「土家」さんです。



主計町 016











茶屋の「仲乃家」さん




主計町 017









鍋料理専門店の老舗「太郎」さんです。

ベテランの仲居さんが世間話をしながら鍋奉行をしてくれます。

仲居さんの「コッテコテの金沢弁」が鍋の出汁に良く合っていい味を醸し出します。

いつも、最後の「雑炊」からフルーツまで完食です。



主計町 018



main_img.jpg







夏になると此の辺に浅野川に張り出した「川床」が造られて、にぎ合います。




主計町 023












主計町 022








浅野川大橋の麓、橋場町のシンボルです。




主計町 025






以上、粋が風に漂う『主計町』でした。

旅・はいかい | 08:28:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 金沢 ひがし茶屋街 ~
金沢観光の人気スポット『ひがし茶屋街』です。

ここを見なくて「金沢へ行ってきた」とは言えないほどの観光名所の一つです。

金沢に3か所ある「茶屋街」の中で一番大きな「茶屋街」です。


ひがし茶屋街 012





現在でも「茶屋」さんが8件あり20人の「芸妓」さんがいるそうです。

江戸時代、文政3年(1820年)に遊郭を整備したのが始まりで、浅野川の東側に位置することから『ひがし茶屋街』

と呼ばれるようになったそうです。



『ひがし茶屋街』の入り口にあるセレクトショップ「浅野川 吉久」です。

ひがし茶屋街 001


ひがし茶屋街 003





同じく入り口にある海産物の『しら井』です。


ひがし茶屋街 034




kanazawa003(しら井)














ここが『ひがし茶屋街』の中央広場です。

江戸時代の風情をそのまま残す日本では数少ない町並です。



ひがし茶屋街 009




ひがし茶屋街 010







杉板のササラ張りの外壁、キムスコ(木虫籠)と呼ばれる出格子。

金沢独特のベンガラ色の土壁に格子。

重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。



ひがし茶屋街 004



ひがし茶屋街 026






ここが通りの中ほど茶屋二番町にある重要文化財の『志摩』です。

文政三年(1820年)に建てられてこれまで手を加えることなく「江戸時代」がそのまま残っている

建築学的にも重要な文化遺産です。


ひがし茶屋街 013



ひがし茶屋街 014




01(志摩Ⅰ)



03(志摩Ⅱ)




2階を客間とし、押し入れや物入れを作らす遊興のためだけの粋なスペース造りとなっている。

一般に公開されているので見学することが出来ます。









『志摩』の斜め向かいに金沢の茶屋の中では一番大きな『懐華楼』がある。


ひがし茶屋街 017



ひがし茶屋街 027




昼は一般に公開しているが、

夜になると「一見さんお断り」で、なおかつ一晩に一組のお客しかもてなさない

「一客一亭」を通し続けている「粋」で格式の高いお茶屋さんです。

その分一層華やかな御座敷になるそうです。



fun3(かい華楼Ⅰ)











中央広場に面してある唯一の洋館、1909年開業のレストラン『自由軒』です。

レストランと言うより、「洋食屋」の呼び方の方が似合う大正レトロなお店です。

白いエプロンをした「カフェの女給さん」でも出てきそうです。

30食限定の定食が人気です。



ひがし茶屋街 029










中央広場から少し入ったところに「東料亭組合」がある。

ここが「芸妓」さんの練習場です。

昼過ぎになると「三味線」や「太鼓」の音が聞こえてきます。

思わず誘われる「色町」ならではの風情です。



ひがし茶屋街 030





中央通りの突き当りに”加賀麩”で有名な『不室屋』さんがあります。

「車麩」「麩料理」が名物です。



ひがし茶屋街 018




ひがし茶屋街 022




caption(不室屋)






金沢土産の人気NO.1と言えば何といっても

『中田のきんつば』です。

そしてきんつばの命ともいえる「あん」は「真田製あん」の自信作、特製あんです。



ひがし茶屋街 031





探索をしているうちに雪が降ってきました。


「雪」と「ベンガラ格子」と「石畳」そしてこんな組み合わせはいかがでしょうか



ひがし茶屋街 023




ひがし茶屋街 021



『加賀友禅』の緋の色が街並みのベンガラに映えてます。

「雨宿り」ならぬ「雪宿り」ですか。 ファンタステックですネ。

ナイスショットです。

いよっ!!ご両人!!と声掛けたくなります。









『ひがし茶屋街』にはその他にも沢山の見どころがあります。

金箔やさん、カステラ屋さん 料理屋さん


まとめて観ました。



pageひがし茶屋街Ⅱ





ひがし茶屋街




以上江戸情緒たっぷりの『ひがし茶屋街』でした。



















旅・はいかい | 15:25:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 歩行者天国in秋葉原 ~
秋葉原の「歩行者天国」にいます。


アキバ ホコ天 001





秋葉原の歩行者天国と言うと思い出すのが、平成20年6月8日12時30分に起きた

『秋葉原無差別殺傷事件』です。

当時25歳の派遣社員の男が信号を無視し、トラックで「歩行者天国」の中央通りに突入し、

歩行者5人を跳ね飛ばした。その後タクシーと接触して停車した車を降りた犯人は、

被害者達を救護しようとする通行人を次々と所持していた「両刃のタガーナイフ」で殺傷した。

17名が被害を受けその内7名が死亡した、とても痛ましい事件である。

当然の結果として「歩行者天国」はそれ以後中止となった。



その後、自治体や地元商店街・町会の検討会が続き、防犯体制の見直し、監視カメラの増設、警備員の増員等の

改善案を採用し、平成23年1月23日から、実施時間、実施距離を短縮して試験的に再開された。

そして、「東日本大震災」で一時中断したが、その年の4月に再度再開し、現在に至った。



平成23年4月に再開したけど、事件の時のテレビ報道の映像がああまりに強烈で

しばらく「アキバのホコ天」には行く気が起きなかった。

5年たって今、なんとなく行ってみようと言う気になった。



アキバ ホコ天 005






来てみると以前の「アキバのホコ天」とはやはり違っていた。

元気がない!

仕方がないが、やたらと「警官」「警備員」が多い。

自治体、町内会でパトロールも実施した居る。

車どころか、自転車で侵入してもたちどころに「警備員」が寄ってきて指導される。

もちろん、以前のような「路上パホーマンス」などできない。

おとなしく「行列」するだけだ。




アキバ ホコ天 014




でも、こんなボランティアの方もいる。

ありがたいことです。  感謝!!



アキバ ホコ天 010



このような方々のおかげで「ホコ天」が再開したのでしょう。






「セガ」です。確かこの横の路地で犯人が捕らえられた。





アキバ ホコ天 002




そして、一番被害者の多かったのがここでしたかネ。

しばらく「献花台」が置かれていました。



アキバ ホコ天 003




外壁の宣伝シールだけは、華やかに、にぎやかに、そして過激になりました。


意味不明なものもあります。  なんでしょうか?



アキバ ホコ天 004





アキバ ホコ天 012




催し物もビルの中ならOKらしい。


しかし、関係者が厳重に警備してます。

怪しげな者(私)が近づくとすぐによってきます。

仕方なく「遠写し」です。




アキバ ホコ天 006




アヒルのお散歩をしている人もいます。

のどかです。



アキバ ホコ天 007





アメ横なみの「捉販合戦」をしているところもあります。



アキバ ホコ天 009





路上は全面禁煙です。中ほどに「喫煙室」が用意されてます。



アキバ ホコ天 013




本通りより裏通りがおもしろそうです。

もちろん裏通りも車侵入禁止です。





アキバ ホコ天 022



アキバ ホコ天 015




アキバ ホコ天 017











とりあえず『メードさん』います。



アキバ ホコ天 020




アキバ ホコ天 023




アキバ ホコ天 016









なぜ、後ろからなのか。

私の「優しさ」とご理解ください!!



アキバ ホコ天 021





「迷ったら、めいどりーみん」 意味が解りません。




アキバ ホコ天 024











「アキバのホコ天」を一本昌平坂に向かうとすぐ閑静な下町に替わります。

そしてすぐそこに「昌平小学校」があります。





万世橋 020





万世橋 019



すごいですネ。都会の小学校は

瀟洒です。


「昌平小学校」の前は公園ですが、ここが「南総里見八犬伝」の作者「滝沢馬琴」の住まいだったそうです。




万世橋 023







しかしなんだかんだ言っても今のアキバを象徴するのは、これですよね





亀戸天神梅まつり 002




AKB48の常設劇場JRのガード下にある「AKB48劇場」です。





以上いろんな側面を持っている「秋葉原・歩行者天国」でした。





旅・はいかい | 12:50:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 亀戸天神社 梅まつり ~
昨日来の雪も止み、青空も見えてきたので少し早いかと思いつつ

「雪」と「梅」のコラボも「おつ」か、と

足元の悪い中「亀戸天神の梅まつり」に来てみました。

う~ん。やっぱ 少し早いか、2分~3分咲きと言うところかナ。

でも空いててゆっくり見れるからこれはこれでいいか。



亀戸天神梅まつり 003



亀戸天神梅まつり 005



『亀戸天神』は通称「亀戸天満宮」とも呼ばれますが、正式名は『亀戸天神社』です。

言わずと知れた「菅原道真」を祀る神社で総本社は当然『大宰府天満宮』です。

「菅原道真」の末裔であった太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐が天神信仰を広めるため諸国をめぐった際に

この地亀戸に「天神像」を奉祀したのが始まりだそうです。

本来昨日の「大雪」さえなければ今日あたりは「道真公」の御利益を求めて絵馬を奉納する受験生で

あふれていたと思われる。



亀戸天神梅まつり 008



亀戸天神梅まつり 009




『亀戸天神』の名物と言うとまずは、本家『大宰府天満宮』と同じ

「太鼓橋」ですか。



亀戸天神梅まつり 022



綺麗に池にも映ってます。

鳥居を潜ってすぐに渡るこの橋が『男橋』です。

池と橋を人の一生になぞらえて、この橋は「過去」を表すそうです。




本殿の手前にあるのが『女橋』です。



亀戸天神梅まつり 013


この橋は「未来の希望」を表しているそうです。





太鼓橋(男橋)とスカイツリーのコラボです。


亀戸天神梅まつり 010





藤棚とスカイツリーです。



亀戸天神梅まつり 011




もう一つおまけに「鳥居」とスカイツリーです。



亀戸天神梅まつり 024







手水舎です。


コンパクトです。



亀戸天神梅まつり 018





本殿です。  さすがに貫禄ありますネ。


亀戸天神梅まつり 016


両サイドは合格祈願の絵馬です。 すごい数です。





本殿の正面には総本社『太宰府天満宮』の『飛び梅』が鎮座してました。



亀戸天神梅まつり 020





『亀戸天神社』でもう一つ有名なのが、「鷽(うそ)替え神事」です。

例年1月24日、25日に行われ、木彫りの「鷽」が授与されます。

「去年の悪しきはうそとなり、まことの吉にとり(鳥)替えん」

との言い伝えによるそうです。




亀戸天神梅まつり 017



img010302.jpg










金沢の兼六園で有名な「琴柱燈籠」もありました。

ここには幾度か来ていますが気が付きませんでした。

兼六園に負けず劣らず立派な「琴柱燈籠」です。





亀戸天神梅まつり 015








『菅原道真公』は「牛」に大変御縁があるようで『大宰府天満宮』ほどではありませんが、

こちらにもありました。


「神牛殿」です。



亀戸天神梅まつり 019



牛は天神の神使(みつかわしめ)として信仰されているそうです。







学問の神様、受験の神様として祀られる『菅原道真公』の『亀戸天神社』ですが

その境内の中に摂末社として『御嶽神社』があり

『道真』の数学のの師である法性坊尊意僧正が祀られています。

この『御嶽神社』は「卯の神」として知られ、正月の初卯詣には、芸者とその旦那がこぞって詣でたそうです。

「学問の神様」と「芸者と旦那」妙な組み合わせの正月ですネ。



亀戸天神梅まつり 004







藤棚と池から観た本堂です。




亀戸天神梅まつり 023




この池には地名の「亀戸」にちなんで幾つかの種類の「亀」が沢山生息しているようです。









でもって、せっかくの「梅まつり」ですから、わずかですが、「梅」をどうぞ。



亀戸天神梅まつり 006




亀戸天神梅まつり 014




亀戸天神梅まつり 021





亀戸天神梅まつり 025






以上「亀戸天神社の梅まつり」の先駆けでした。





亀戸天神梅まつり 001




神社 | 12:55:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 神田 万世橋 ~
神田川に「神田」と「秋葉原」を結んでいる『万世橋』に来ています。



万世橋 010




万世橋 004



万世橋 006






1676年江戸時代に将軍が通る橋「筋違い橋」として架けられ、幾度となく移動、建て替えを行なわれ

1930年現在の石造及びコンクリート造の橋になったそうです。

ここは、JR中央線の「万世橋駅」のあったことでも有名です。

現在は煉瓦造りの高架後が残っているだけですが当時の面影は漂っています。



高架橋と電車と高層ビルのコラボレーションです。




万世橋 031








又、「肉の万世」の本店があることでも有名ですか。

「万サンド」美味しいですよネ。




万世橋 001






橋の構造に石がふんだんに使われているので重厚さを感じます。

館名版も銅版で出来ているので「緑青」が出ています。




万世橋 044




万世橋 045




万世橋 003




橋の欄干の向こうに日本が世界に誇る今を時めく『アニメ』がバックになっているのは印象的ですネ。




万世橋 005




『万世橋』は「アキバ」の入り口ですから。


時折こんな風景も見られます。


いわゆる「ゲーセン」の開店を待つ行列です。



万世橋 008




しかしそんな「アキバ」の入り口の『万世橋』が変わりました。

2013年の9月万世橋の高架橋の下が近代的な商業施設に変わったんです。

『mAAchエキュート神田万世橋』です。


万世橋 033


なんで真ん中のA二つだけが大文字なんでしょうか?

SEVEN ELEVEnなんで最後のnだけ小文字なんでしょうか。







万世橋側からの入り口です。



万世橋 013







神田川沿いのリバーサイドウッドデッキテラスです。

ウッドデッキからは、隣の『昌平橋』の望めます。

万世橋 012



万世橋 014







反対側の正面玄関口です。

万世橋 026



沢山の綺麗なショップが入ってます。期間限定の催し物もあります。


迷っちゃいますヨネ。

う~ん判りますヨ。    ゆっくりお考え下さい。


万世橋 027




こんなショップがあります。



page.jpg








中に入ってみます。

トンネル状になってます。 高架橋跡だから当たり前か



万世橋 034




続いて各店内をどうぞ



万世橋 035



万世橋 036




万世橋 037


よく判らないのでアップします

高級お箸屋さんです。



万世橋 038



万世橋 039


神田オリジナルマップ購入させていただきました。



万世橋駅のジオラマです。


万世橋 040





万世橋 041




ウッドデッキからみた『万世橋』です。



万世橋 042




一番奥に『フクモリ』さんが出店してました。

ビックリです。

ランチタイムはいつも行列が出来ている馬喰町の創作料理『フクモリ』さんです。




320x320_rect_23557068.jpg




320x320_rect_21285951.jpg



入り口の看板が黒板なのは馬喰町の本店とおなじですネ。

今日は時間がないので食事はできませんが今度近いうちに食事に来ます。

夜川沿いの夜景を見ながらの食事はさぞかし素敵なことでしょう。

楽しみにしています。











旅・はいかい | 10:01:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad