■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~長町武家屋敷を訪ねて、おいしいいっぷく~
金沢の中心地香林坊を一歩奥に入ったところにひっそりたたずむ「武家屋敷跡」があります。
”長町(ながまち)武家屋敷跡”です。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 015


武家屋敷の入り口「せせらぎ通り」です。

「長町」の由来は「加賀八家(かがはっか)」の一人、長氏の屋敷があったことから長町となったそうですが、位置的には少しずれているようです。

「加賀八家」とは、加賀藩の八人の家老のことです。
石高が1万石あれば「大名」と言われた時代に、この八人の家老は八人共1万石以上の石高を持っていた。
特に筆頭家老の「本多家」は5万石だそうです。
まさに「大名家老」と言われる所以ですね。

image直江兼続


余談ですが、この本多家の祖、本多政重は上杉家の家老「直江兼続」の娘婿になり娘が死んだ後もしばらく「兼続」にもかわいがられていましたが、自ら身を引き「本多」の姓に戻り「前田家」の家来となり、みるみるうちに出世をしたそうです。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 016

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 017


”長町武家屋敷跡”に位置するあたりには主に上級、中級武士がすんでいたそうです。しかし現在では、当時の武家屋敷はほとんど残っていません。唯一中級武士だった「野村家」だけ当時の面影を残して公開されています。
「野村家」は石高は1200石で代々「奉行」の職についていたそうです。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 026


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 027


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 023


武家屋敷を模した、民芸土産物店の「わらじ屋」です。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 029


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 028


武家屋敷跡に沿って流れる「大野庄用水」です。
金沢の街にはこのような用水があちこちに流れています。
水の街「金沢」と言われる所以ですかネ。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 022


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 024


この武家屋敷跡群の中にはもう一つお気に入りのスポットがります。

文政五年(1822)創業の九谷焼窯元 鏑木商舗の本店です。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 019


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 020


暖簾をくぐり中に入ると座敷になっていて

靴をぬいで上がるとそこには所せましと「九谷焼きの器」が展示されてます。

店舗と展示場を兼ねたようなスペースです。

どれにしようか迷うのは私だけでしょうか。

_no212size4hina.jpg



お手頃の物から高価なものまで多種多様に並んでいます。

奥座敷に入れて貰うと

鏑木商舗さんの歴史を物語るものが展示されています。明治時代に3度も世界万博で賞をいただいたそうです。

歴史に裏付られた魅力的な焼物もあります。


top-banner.jpg


特にお気に入りはヨーロッパのワイングラスと久谷焼きをコラボさせたこのワイングラスです。

ボウル部分がガラスでステム部分が九谷焼で出来てます。

素晴らしいですネ。どうやって接着させたのでしょうか。それは「企業秘密」でしょうネ。

ここにはもう一つ素敵な場所が用意されています。それは食事とお茶処の「おいしいいっぷく鏑木」です。

地の食材を使った美味しいこだわり食事が食べられます。

歩き回った「足休め」にお茶とお食事はいかがでしょうか。

幻想的なひと時が味わえるのではないでしょうか。


武家屋敷跡とおいしいいっぷくでした。





















スポンサーサイト
旅・はいかい | 12:14:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
~利家と松を訪ねて~
ここは、加賀百万石の藩祖”前田利家”とその妻”お松の方”が祀られている「尾山神社」です。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 001


荘厳です。さすが「加賀百万石」
独特なフォルムですネ。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 014


この”尾山神社”は明治6年に金沢城の「金谷御殿」の跡地に”利家と松”を祀る為に建てられた神社です。
特徴は何といっても明治8年に建立された”神門”にあります。
オランダ人ホルトマンの設計で「津田吉之助」によって建てられました。
外装は石積みの3階建てで、3連のアーチを持つ「楼閣門」です。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 012

内部は、和・洋・中の折中造りになっていて、当時で言うところの「ギヤマン」がはめ込まれています。
他に類を見ない金沢が誇る建造物の一つです。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 002


本堂も風格がありますネ。見るからに「百万石」です。
屋根の重さでつぶれるような心配はいりません。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 010


館名のリレーフも「百万石ゴールド」で輝いています。
金粉の「濃度」が濃く見えるのは、気のせいでしょうか。

尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 013

”前田家”の家紋「幼剣梅鉢」です。
宗家と分家では花芯の剣の形が違うそうです。
この「幼剣」が本物の宗家です。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 005


馬上の利家です。「槍の名人」と言われただけあって「槍」を持ってます。
凛々しいです。実際も数々の手柄を立てて「織田信長」の信頼を厚くしたそうです。
背中に背負っている大きな袋は戦場での「流れ矢」を防ぐための袋だそうです。
さすがに「流れ玉」には効果がないので時を経ずして無くなっていったそうです。


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 003

利家が戦場でかぶっていた「兜」です。
本当に「ゴールド」だったかどうかはともかく、実践向きにシンプルで「質実剛健」さが見られます。
利家らしい形です。




尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 004


「お松の方」の石碑です。
利家と松は母親どうしが兄弟の「従妹」の関係にあります。
「お松の方」は学問、武芸に通じ、利家の影、日向となり助けたそうです。

「お任せ下さいませ」は名セリフとして有名になりましたよネ。

又2男9女の実子をもうけ、戦国時代にあっては、最も多い記録として残っているそうです。
利家の死後も自ら人質となり、「江戸」に下り「前田家」の為に奔走したそうです。
後に「徳川幕府」は各大名の妻子を江戸に住まわせる仕組みを作りますが、そのきっかけとなった「第1号」だそうです。



尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 006


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 008


尾山神社 武家屋敷 21世紀美術館 009


境内の庭園です。
「金谷御殿」の庭園をそのまま生かした「築山、池泉」の回遊式庭園です。
春には大きな桜の木に桜の花が満開に咲き、参詣者の目を楽しませます。


今日は”利家と松”を訪ねて「温故知新」の旅でした

















神社 | 07:43:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
~待ってました~!!盆踊り大会!!~
恒例の”町内盆踊り大会”です。

町内の催し物で一番の楽しみです。

盆踊り 001


盆踊り 002

準備が整いました。


元来”お祭り騒ぎ”が好きなんですかネ。

今年は、残念ながら雨の合間をぬっての強行軍です。

年に一度の”盆踊り大会”ですから、何とか雨が止んでほしいですネ。

子供達も楽しみにしているようですし。

盆踊り 004


盆踊り 005


盆踊り 016



「浴衣」の初お披露目の方もいるでしょうし

しかしながら、やっぱり参加者は例年の半分以下です。

これはサッカーの「東アジア大会決勝」と、かぶったせいもあるかもしれない。

やっぱりお父さんはサッカー見たいものネ。

盆踊り 026

盆踊り 025


それを見越してか「露店」の数もいつもよりかなり少ないようです。

「露店」の中身も時代を反映してか少しずつ変わってきましたネ。

10年前のは無かったものもあります。

盆踊り 008



それでも主役は「焼きそば」ですか。

こんなに焼いて大丈夫ですか。

盆踊り 013

まだ食べるんですか。

両手にいっぱいですよ


盆踊り 028

「型抜き」昔からありましたよネ。

でもおじさん「息抜き過ぎ」では? ”起きろー!!”



盆踊り 017

盆踊り 011


櫓が綺麗になりました。「鉄パイプ」から「アルミ製」になりました。

これなら子供がふれても大丈夫。


盆踊り 037

盆踊り 038

なかなか踊り手が集まりませんネ。この天気では浴衣は無理か。


盆踊り 035


だからといって、無理やり子供を押すのはやめてください。


盆踊り 034

孤軍奮闘の方もいらっしゃいます。 お見事!!


盆踊り 031


盆踊り 029




その替り和太鼓の「たたき手」が増えましたネ。サークルでもあるんですかネ。

順番まちです。若い子が多いですネ。

若い子達が「民謡」に合わせて太鼓をたたく姿は「涼しい」です。長く続けてほしいですネ。

盆踊り 032

今日一番の「浴衣美人」です。

又、雨が降ってきました。これは途中で中止かな。かわいそうに。

でも、ニュースによると中国地方、北陸地方では「ゲリラ豪雨」で川が氾濫し、

「床上浸水」や「緊急避難」などが起きているそうです。それを考えると贅沢は言えない。

それにしても、自民党が「参院選」で圧勝するのを待っていたように「アベノミクス」より、

今まで経験したことのない「アメノミクス」が先にくるとは、皮肉で不吉な予感がします。



以上”天照大神”から見放された「町内盆踊り大会」の現場からでした。













旅・はいかい | 17:19:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
~爺の海岸物語in江の島~
”いいとしのエリー”を求めて「湘南」に来ました。
ここは「湘南」の玄関「江ノ電」の「藤沢駅」です。

江の島 004


「江ノ電」いい響きですネ。「江ノ電」の持ってる独特の”レトロ感」が何とも言えませんネ。
”湘南”も実は”ピュアーレトロ”なんです。
海・ビーチ・水着・麦藁帽・日差しそして「江ノ電」まさしく”レトロフィット”ですネ。

image江ノ電富士



「江ノ電」は10キロ程度しかない路線ですが、15の駅がありそれぞれに趣があります。
地下鉄やモノレールを除いて、乗降スペースに全て上屋が架かっているのは、日本で唯一この「江ノ電」だけだそうです。すごいですネ。
それと、特別な車両を除いてすべての車両が、車両の中央で運転する「中央運転方式」を採用しているそうです。これも「レトロ感」を醸し出す一因かもしれません。

280px-134gousentoenoden.jpg



「江ノ電」にはもう一つ忘れられないエピソードがあります。
テレビ等で報道されたり『小さな運転手最後の夢』と言う題名で後日ドラマ化されたので、ご記憶の方も多いと思いますが、平成10年に「心筋症」を患って余命を宣告されていた16歳の少年の夢が「電車の運転手になること」だったそうです。これを伝え聞いた「江ノ電」が極楽寺検車区にその少年を招待し、電車の運転をさせてあげたそうです。
まさかの夢がかなった少年は、いたく感動し「一生忘れません」とお礼を言って帰ったそうですが、残念ながらその3日後に若き命を全うしたそうです。喜びもつかの間の親族、関係者の方々の悲しみが目に浮かびます。

この話には続きがありまして、その10年後の平成20年に、生きていれば成人になっていたはずの少年の遺族宛てに「江ノ電」から”少年を「江ノ電」の運転手を命じる”と言う辞令が届いたそうです。
そして、「夢の続きとして扱ってください」と添え書きがあったそうです。

素晴らしいですネ。
その「辞令」はきっと今でも霊前に供えられていることと思います。

やるね「江ノ電」!!
やるね「湘南」!!
昔からの良きハートを残しつつ、新しいものを受け入れる「湘南魂」そのものですネ。

あっぱれ!!「江ノ電」



と言う訳で、少年が生きていたら運転していたかもしれない「江ノ電」に乗って”江の島駅”へ


江の島 005


さすが人気スポット人通りがあります。
しかし、御多分にもれずと言いますか「しらす丼」の看板の多いこと。
他に食い物無いのかよ。と言いたいくらいです。
でも、こんなものもありました。


江の島 029


「射的場」です。でも所詮「レトロ風」か。


”江の島”の入り口「江の島大橋」です。


江の島 006

風格のようなものが漂います。

何かが待ってそうな予感を感じさせます。


江の島 007


マリンスポーツ真っ盛りです。

ここでの主流は水上バイクですかネ。気持ちよさそうです。


300px-Vattenskoter2水上バイク


”江の島”の玄関です。 さすがの人混みです。

右も左も人・人・人 です。


江の島 009


江の島 008


真っ直ぐ進めば「江の島神社」です。

「江の島神社」は「安芸の宮島」「近江の竹生島」と共に日本三弁天と言われている神社です。

まずは、「青銅の鳥居」です。潮風にもまれながらの歴史を感じさせます。


江の島 010


鳥居の奥の登り坂が参道です。

土産物や食事処が軒を並べています。


江の島 011


う~ん!!美味しそう! 迷いますよネ。

コイントスで決めましょうか。

私でよければ承認になりますヨ。


江の島 012


やっぱりこれですか。

無難ですよネ。 いいんですよ「ご遠慮なく」どうぞ。


江の島 016


ここも行列のできる江の島名物「丸焼きたこせんべい」の店です。

子供の顔より大きいです。


江の島 018


でも、おじさんは、こっちがいいかな。

「すいません肝、ついてますよネ」


江の島 019


参道の途中にある老舗旅館の「岩本楼」です。

たしか「ローマ風呂」が有名だったと思います。入ったことはありません。いつかはごしょうばんしたいです。


280px-Enoshimajinja_-05江の島神社


江の島 014


「端心門」と「弁天座像」です。

参詣もそこそこね時間がないので

参道を戻りビーチに向かいます。


江の島 020


ほとんど「しらす丼」のフードコートです。

こんなのもありました。

江の島 021


ブラックボードメニューですか。
素朴でいいかも
椅子に座ってじっくりメニュー選び
今度は「サイコロ」で決めますか。


江の島 022


片瀬海岸です。

江の島 023


「江の島ヨットハーバー」です。

セレブハーバーともいいます。


江の島 027

「ビーチ客」相手の飲食店です。

江の島 024


江の島 025


江の島 026



しかし、”江の島”にしても”片瀬海岸”にしても一昔前と景色が違います。

一昔前は「海の家」が隙間なく立ち並び、海水浴客も俗に言う「芋を洗う」ように沢山の人が海に浮かび、浜辺に寝転んでいましたが、いまはその面影もありません。ガラガラに近いです。
原因はなんですかネ。
「マンモスプール」があちこちに出来て、設備も充実し、安全だから皆そちらへ行くのですかネ。
なんかさみしいネ。海でしか味わえない楽しさがいっぱいあるのに、残念です。


eboshi_enosima.jpg


Eboshi_Kamo_Yuyake_2004_07_HP_.jpg


最後に”湘南”を歌った歌の中には必ずと言ってもいいほど出てくる”えぼし岩”です。

綺麗ですネ。

自然だけは昔と変わりませんネ。

結局”いいとしのエリー”に出会うことはできませんでしたが、さわやかな「湘南の風」は最高でした。

































旅・はいかい | 19:24:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
~白亜の貴婦人in野島崎~
310px-Nojimasakitodai0.jpg



南房総の最先端にある”野島崎灯台”です。
「日本の灯台50選」に選ばれており、「有形文化財」にも指定されています。


南房総 038


この”野島崎灯台”は、慶応2年に徳川幕府が「開国」をするにあたり、アメリカなどの外国から建設を義務
付づけられた、8か所の灯台のうちの一つです。
明治2年に日本の洋式灯台としては、三浦半島の「観音崎灯台」に次いで、2番目に点灯した灯台です。
それ以後ずっと東京湾の安全を守り続けてきた「働き者」です。


南房総 037




フランス人技師の設計によって建設されたそうですが、そのせいもあってか白い八角形のシルエットは「白いドレ
スをまとった貴婦人」を思わせます。
どことなく「品」が感じられますよね。


南房総 036


南房総 035




灯台の周辺も「遊歩道」が綺麗に整備されています。

波打つ海岸線と陸が「静寂」と「力」をミキシングさせています。

岩陰から写生をしている「北斎」が現れそうです。


南房総 039




若いカップルに人気の「サンライズポイント」です。

誰と「夜明け」を観るのでしょうか。




この”野島崎灯台”の足元にはもう一つ有名なものがあります。


南房総 041



海女さんが漁をする「海女漁」です。
「カジコ」と呼ばれる相棒との二人三脚で行います。
主に;サザエ、アワビ、伊勢海老などを採っています。特に「房州黒アワビ」は高級中華料理の食材として人気が
あり中国本土からも、多くの引き合いがあるそうです。
以前は、全員白木綿のシャツに白のスカート白の足袋、白の手袋、白の頭巾をかぶり作業を行っていましたが、今
は、ウエットスーツが主流だそうです。

ama04.jpg


ama01.jpg


ama06.jpg



毎年7月(今年は7月20日、21日に開催されました。)には”海女まつり”が盛大に行われます。
100人の海女さんが松明を持ち湾を遊泳する姿は荘厳です。
その他には、花火大会、盆踊り、「海女コンテスト」なども行われ、大人も子供も楽しめます。



 以上”野島崎探訪”でした。






旅・はいかい | 12:19:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
~選挙速報~
 我々、アル酎ハイマーなドリンカーにとって、酒と同時に大切なものに「酒の肴・つまみ」がある。
そして、「酒の肴・つまみ」にも色々なものがある。
勿論、「新鮮な刺身」や「手の込んだ料理」のように口から入れるもの、あるいは同僚と酒を飲みながら語る「会社への不満」「上司の悪口」のように口から出すものもあれば、スポーツ観戦のように目で見ながら、酒を楽しむもの、音楽のように耳から入れるもの、要するに酒の美味さは、「五官」で感じるということですかネ。

選挙速報 011


 前置きが長くなりましたが、私にとってその「酒の肴」の楽しみの一つに、「選挙速報観戦」がある。
投票した候補者や政党がどうなったか、気になるリーグ(選挙区)の噂の選手(候補者)がどうなっているか。
選挙前にもっともらしく「理屈ってた」予想屋(政治評論家)の話は当たっているか。
 各放送局の解説者の話を「刺身のつまに」酒を飲むのは実に楽しい。

選挙速報 005




選挙速報 002




 と言うわけで、日本の10年先、100年先を憂いて、「2013参議院選挙」の投票に行く。
 最近の選挙の特徴ですが、投票率を反映してか、相変わらず投票者の数より、選挙管理関係者の数の方が多い。


選挙速報 006


選挙速報 004


選挙速報 007


選挙速報 009





取りあえずこれで「選挙速報観戦」の下ごしらえはできた。
先ほど「選挙速報観戦」を「つまみ」にしながら酒を飲むのは楽しいと言いましたが、ところが最近はそうでもなくなりました。
「選挙速報」開始と同時に”当確”が発表になったりします。
ひどいときには
開票して、10分も立たないうちに開票率0.1%で大方の体制が決まってしまいます。
これではつまらないでしょう。第一「酒のつまみ」にならない。
野球でも同じでしょ。プレイボールした途端に「コールド負け」ではつまらない、やっぱり9回まで、手に汗握りたいですよ。
もちろん、これは年々上がる「出口調査」の精度の高さのおかげだと思います。
出口だけでなく、投票場へ行き望遠鏡やカウンターなども使って調査するそうですネ。
すごいですネ。



選挙速報 014


今回も同じですネ。
始まった途端に予想数がでている。
もう「当確」のやつもいる。


選挙速報 015


選挙速報 016


予想通り自民党の圧勝です。
これは民主党の「だらしなさ」「期待の裏切り」への反動か。


選挙速報 019


これでは「酒の肴・つまみ」にもならない。
1・2・3・・・DA~ッ
しょーもなー
まーこれはいつものことか!

選挙速報 021


選挙速報 022


よくあたりますネ。
勝てば官軍。
負ければ賊軍。

選挙速報 024


選挙速報 025



それにしてもつまらない「選挙速報でした」

投票率も低すぎる

選挙の中身が薄いのか、国民の意識が低いのか

これでは、政治はよくならない。もっとみんな選挙に行こうよ。

投票率が80%ぐらいになったら、日本は変わるヨ。

ここで提案です。

この次の選挙は皆、投票に行こう。投票率80%にしよう。

そして、「出口調査」に協力しよう。

それでもって、投票した候補者や政党とは、違う名前を報告をしよう。

面白くなるよ「選挙速報」

「当確」が出たり、消えたり、最後まで、ハラハラドキドキですよ。

開票率50%程度では、怖くて「当確」出せない。

キャスターや解説者の慌てる顔が目に浮かぶネ

やっぱり「野球」も「選挙速報」も9回裏までやろうよ。

いかがですか、「選挙を100倍楽しむ方法」

う~む!3年後ですか。

消費税も上がっちゃってるか。「国防軍」もできてるか。



















戯言 | 10:17:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
~”ごんぞう”です~
最近家族が増えました。
新入り家族を紹介します。

ごんぞう 002


とある焼物店の水槽で遊泳しているところを捕獲しました。

ゴンドウ鯨の”ごんぞう”です。

性別、年齢は不詳です。見た目からすると「未成年」かもしれません。

したがって、「飲酒」はさせていません。

もちろん、ゴンドウ鯨は捕鯨禁止です。

しかし私の場合は、「商業捕鯨」でも「調査捕鯨」でもありません、しいて言えば単なる「鑑賞捕鯨」ですので

国際裁判所へ訴えたり、「シーシェパード」や「グリンピース」に通報したりしないでください。

特に「シーシェパード」は凶暴ですので、絶対にやめて下さい。

「エコテロリスト」は「家風」に合いません。



次は、ガマガエルの”あぶさん”です。
これも、とある皇居の近くの焼物店の店先に座っているのを捕まえてきました。

ごんぞう 003


少し飲みすぎで腹が出ています。

ガマガエルといえば、東京都の準絶滅危惧種に指定されておりますが、

昨年「皇居のお堀」にガマガエルのオタマジャクシが異常発生して、皇居内でもあり殺すこともできず、処理に困

ったと報道されていました。

その由緒ある皇族のガマガエルかもしれません。

言われて見れば、どことなく「品」があるように見受けられます。

してみると、名前は”あぶさんの宮”か。

とりあえずは毎日玄関の下駄箱の上で、家族が「無事カエル」のを待っています。


ごんぞう 006



次は一輪挿しにしがみついている殿様ガエルの兄弟「よじ朗」と「のぼ朗」です。

一輪挿しを買ったら、ついて来ました。


ごんぞう 005


いつ頂上にたどり着くのでしょうか。





とあるバザーの「フリーマーケット」で


並木バザー 001


「路上駐車」をしていたので、連行しました。


ラジコン 002


レーシングカーの”エフワン”です。

「レーサー」のヘルメットを押すとサーキット場の「爆音」が流れてきます。

うるさくて家族や近所からクレームがきます。

状態は良好です。箱付です。


ラジコン 004


同じく連行してきた三菱パジェロの”サファリ”です。

ラジコンです。まだ動きます。

ただし、往年の「スピード」と「馬力」はありません。



以上老若男女、新入り家族の紹介でした。











戯言 | 12:36:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
~一攫千金~
一攫千金を夢見て”有楽町”へ来ています。

一攫千金 004


なんと、JR有楽町の駅ナカには同じ事を夢見る人の為に”ご利益”あらたかな”大黒さま”が鎮座します。
今まで何度も有楽町の駅は利用しておりましたが、気が付きませんでした。
”有楽大黒”と言うらしい。
いかにも、ご利益がありそうな姿をしてますネ。
今日はついているかな。

一攫千金 003


一攫千金 002



そして、有楽町には我々に夢を売ってくれる”西銀座チャンスセンター”があります。
今は、「サマージャンボ」「2000万サマー」のダブルサマーの売り出し真っ最中です。
”キムタク”のコマーシャルに誘われて来てしまいました。
”キムタク”の頼みなら断れないもの。

生涯2度目の宝くじ購入です。


「マリオン」を潜り抜け大通りに出ると、

一攫千金 008


一攫千金 006



げっげー!!!45分待ち
やめようかな?

取り合えず、前」へ行ってみる。

一攫千金 013



一攫千金 011


一攫千金 012


ここが「宝くじ一攫千金教」の聖地
”西銀座チャンスセンター”か。
とても熱心な「信者」ばかりだこと。

一攫千金 016


一攫千金 010


「億の細道へようこそ」か
フレーズもそそるネー、

でも細すぎるじゃないのか。


誘導員に聞くと
「今日はすいているほうです。ラッキーですよ」と言う答えが返ってきた。

「へえー!」

一攫千金 014


「ところでこの列はなんですか?」

「2番から7番窓口の列です」
なぜかわかりませんが「4番」と「6番」は縁起が悪いから無いそうです。


一攫千金 009


「では45分待ちのこの列は?」

「1番窓口の列です」

「何か違いがあるのですか」

「何もありません。単なる縁起担ぎではないですか」

「えー。あほくさ!!」

「わかりません!」


一攫千金 015

と言う訳で、招き猫に誘われて、「3番」窓口で”一攫千金レース”の参加チケットを購入しました。


ここで、当選金の税金についての復習ですが、当選金に税金が付かないのはご承知の通りですが、これは購入者が購入時にすでに税金を納めているからです。
 しかし、当選金を家族などに分配すると、金額によっては「贈与税」が発生します。
これはグループ買いをした時も同じです。代表の方が受け取った後に分配すると、分配された方に「贈与税」が発生します。ご用心を。


 宝くじに限らず、ギャンブルは掛け金から経費(ショバ代)を引いた残金を勝者が分配します。
では、そのショバ代はいくら引かれるのでしょうか。

  競馬・競輪の公営ギャンブルは     25%
  ラスベガスのルーレットは        5%
  パチンコ                3%
  バカラ賭博               1%

では宝くじはいかがでしょうか
 
  日本の宝くじ             53%

だそうです。世界一分配率の悪いギャンブルが日本の「宝くじ」だそうです。
ちなみに江戸時代の「丁半賭博」も多くて25%、宝くじの元祖「富くじ」も25%と決まっていたそうです。

統計学的にも、宝くじの一等に当たる確率より交通事故で死亡する確率の方が高いと言われています。
すると、私が一等に当たるとしたら、その前に死んでいると言うことか。

 「こわー!!」

したがって宝くじのことを別名「愚か者に課せられた税金」と言うそうです。
まさしくおっしゃる通り。

「だったら買うなヨ!」


index_01.jpg



すいません。
しかしながら確かにまともに考えれば成り立つはずのない賭け事ですが、確率を正しく計算できない「頭脳」と天性の「ポジティブシンキング」で「死」をも顧みず「夢」を買ってしまいました。



   聖地をさまよう、哀れな「たそがれドリンカー」のはかない夢物語でした。






戯言 | 10:01:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
~武門の神 鶴岡八幡宮~
 鎌倉の象徴「鶴岡八幡宮」です。
この場所で現在の形態にしたのは「源頼朝」ですが、この「八幡宮」は、それより100年も前から「由比若宮」として存在していたそうです。

280px-TsurugaokaHachiman-M8867.jpg


鎌倉幕府滅亡後も、豊臣家や徳川家に「武門の神」として、崇敬されて今日に至っているそうです。
そういった歴史の重みに敬意を表する意味でも「神社仏閣」に詣でる時は、参道を通り、鳥居、山門をくぐって正面から入るのが正しいですね。

そんな訳で鶴岡八幡宮「二の鳥居」です。


鶴岡八幡宮 002


大きさといい、風格といい、狛犬とのバランスといい、その先にある「本宮」格式を想像させるに充分なものを醸し出しています。
「合格」ですネ。


wakamiya-ooji.jpg


この参道全体を「若宮大路」と言います。
そしてその中央部分、鳥居の内側部分を「段葛(だんかずら)」と言います。
風情がありますネ。


鶴岡八幡宮 003


「段葛」とは鶴岡八幡宮独特の言い回しで、葛石で縁取った一段上がったところと言う意味だそうです。
「二の鳥居」から「三の鳥居」まで続きます。

「若宮大路」の両側には、歴史の長さを思わせるような「老舗」が幾つかあります。

まず鎌倉と言えばこれでしょう。
豊島屋の「鳩サブレ」 鎌倉の代名詞です。
ここの袋を持っていると鎌倉へ行ってきた証となります。


鶴岡八幡宮 004


鶴岡八幡宮 005


この豊島屋は明治27年の創業だそうです。
創業して間もなく、「初代」がある外国の方から手のひらサイズの大きなビスケットをもらったそうです。
その味に感動した「初代」は、この味とこの大きさを日本の子供たちにも味あわせたいと考え、当時は手に入らなかった「バター」を何とか入手し、施行錯誤の結果どうにか試作品の完成にたどり着いたそうです。

300PX-~1


しかし、「バター」の味に慣れていない日本人には、当初あまり人気はなかったそうです。
そんな折、ヨーロッパの航海から帰ってきた友人の船長に食べてもらうと、この味はフランスで
食べた「サブレ」にそっくりだと言ったそうです。


鶴岡八幡宮 021




この「サブレ」と言う言葉の響きが日本語の「三郎」に似ていることから「初代」はいたく気に入り、普段から崇拝している「鶴岡八幡宮」の八の字に書かれた「鳩」と合わせて「鳩サブレ」と名付けたそうです。

しかしながら、明治の頑固者の「初代」は第2次世界大戦終戦後に亡くなられるまで「鳩サブレ」ではなく「鳩三郎」と言い続けたそうです。私見ながら、「鳩三郎」でもかわいらしくてよかったのではないでしょうか。


「若宮大路」にはまだまだ「頑固者」がいます。
鎌倉の「旨いもの」と言えば「生しらす」「しらす丼」が一番に挙げられます。
和食処はもちろん、蕎麦屋、うどん屋、喫茶店あらゆるところでメニューに書かれています。
しかし、いましたネ頑固者


鶴岡八幡宮 007


「当店はうなぎ店です。しらす丼は致しておりません」
かぁー。気持ちいいネ。
暗に、「鎌倉ならどの店でも”しらす丼”やってると思ったら大間違いだ。このトンチキ野郎!!」
と書いてあるようです。

メニューがいいね。

 「うな丼」
 「うな重」
 「蒲焼定食」   以上

間違いない、正真正銘の”うなぎ屋”だー。
でも、「肝吸い」ぐらいあってもいいかも。


「若宮大路」こんな店もありました。
「水戸納豆屋」ではありませんヨ。


鶴岡八幡宮 010


そう、「石鹸屋」さんです。
しかも「蒟蒻石鹸」です。


鶴岡八幡宮 008

店中石鹸がぶる下がっています。



鶴岡八幡宮 009

「洗顔地蔵」だそうです。
何となく「美白」になれそうな気がします。



鶴岡八幡宮 011


「三の鳥居」です。
ここから先が境内です。


鶴岡八幡宮 012


「三の鳥居」からもた「太鼓橋」です。
残念ながら渡ることはできません。
橋の下にある池は、向かって右側が「源氏池」左側が「平家池」合わせて「源平池」です。


鶴岡八幡宮 013


「源氏池」です。
ミドリガメやすっぽんが群生しています。
ミドリガメの増殖は日本中の問題です。
奥に見えるのが、迎賓館にの役割をする「賽館」です。
「旗揚げ弁天」の旗も見えてます。

鶴岡八幡宮 014


「源氏池」の中にある「旗揚げ弁天」の社です。


鶴岡八幡宮 016


参道です。


p07流鏑馬


参道の左側に毎年9月16日に「流鏑馬(やぶさめ)神事」が行われる「流鏑馬場」があります。


p14手水舎

「手水舎」です。

神様に礼拝する前に必ずしなければいけないのが「手水」によるお清めです。
手と口を清めてください。


鶴岡八幡宮 018


鶴岡八幡宮 020


「舞殿」で結婚式が行われています。
周りの観光客にも祝福されて幸せそうですネ。
外人さんが盛んに「シャッター」を押しています。



いよいよ「神前」です。
「神前」では

 二礼
 二拍手
 一礼

です。

心が清らかになったでしょうか。


心が清らかになったところでこちらの「小町通り」です。


鶴岡八幡宮 028


こちらは相変わらず、「チャラ系」と「伝統系」が混在しています。
「軽井沢」や「湯布院」のはしりですかネ。
おじさんにはあまりパッと響きません。


kurogane16.jpg


「小町通り」の八幡宮側の入り口にこんな「井戸」がありました。
鎌倉十井の一つ「鉄の井(くろがねのい)」です。
水質は清らかで美味しく、真夏でも枯れることはなかったそうです。
この井戸から高さ1.5Mの鉄観音(くろがねかんのん)の首が掘り出されたことから「鉄の井」と名付けられたそうです。


「小町通り」で昼食を取ることにしました。
やっぱり「しらこ丼」でしょ。  「うなぎ屋さん」ごめんなさい!


鶴岡八幡宮 029


看板に誘われました。
美味しそうに見えたんです。


鶴岡八幡宮 030


まずは、「口水」でお清めを!!
これ作法でしょ。
きょうのお清め水は「麦色」をしてました。びっくり!


鶴岡八幡宮 031


美味しそうですね。
やはり、「しらす丼」の前では

 ”二 礼”
 ”二拍手”
 ”一 礼”

ですよネ。これ作法でしょ。

「いただきまうす!!」

くーぅ うま~っ!!

”しらす”が口の中で「押し競まんじゅうだ」

「満腹です」


鶴岡八幡宮 001



以上 鎌倉漫遊記でした。

















神社 | 12:37:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
~七夕in平塚~
むかしむかし、天帝という神様が星空を支配しておりました。
その天帝には「織女」という機織りが大変上手で働き者の娘がおりました。
彼女の織った布は「雲錦」と呼ばれ、色も柄も美しく、丈夫で着心地も軽い、素晴らしいブランド品でした。
一方、牽牛(彦星)もよく牛の面倒を見る評判の働き者でした。
天帝がこの二人うを引き合わせると、すぐに意気投合し、めでたく夫婦となりました。
ところが、一緒に暮らすようになると、仲がよすぎるのか、朝から晩まで天の川のほとりで遊んでばかりいました。
これを見た天帝は何度もいましめますが、二人は聞き入れません。
業を煮やした天帝はついに二人を天の川の東と西に引き離してしまいました。
しかし、あまりに悲しむ「織女」を見て、一年に一度だけ合うこと許しました。
それから毎年7月7日になると天の川をわたって「織女」と「彦星」が会えるようになり、普段はそれを楽しみに今でも、天の川の両側で「輝いて」いるとのことです。
以上”七夕伝説”でした。
思い出していただけたでしょうか。


sky_bright_s星座

ここでこの伝説の注意点(よくある間違い)
 ・「織女」と「牽牛(彦星)」は恋人どうしではありません。れっきとした「夫婦」です。
 ・天帝は意地悪で二人を離れ離れにしたわけではありません。原因は二人の方にあります。

次はこの伝説の疑問点
 ・離れ離れになったとはいえ、連絡方法はなかったのでしょうか。二人は一応神様ですから。
  たとえば、手紙、のろし、手旗信号、あるいはテレパシーと言う手もある。
  残念です。



と言う訳で”七夕伝説”を訪ねて「平塚」へ来ています。

平塚七夕 002

平塚七夕 003


平塚七夕 020


すごい「飾り」の数と「人だかり」です。どっから出てきたの。
「飾り」の数だけでも3000本ほどあるそうです。

この「平塚の七夕」は関東では一番の規模を誇る「七夕祭り」ですが、1951年に「仙台の七夕」を模して始まったそうです。
最近よく言われる「平塚の七夕」で使った「飾り」を「仙台の七夕」に使うというのは一部の話だそうです。
基本的に「平塚の飾り」は材質がソフトビニールで出来ており「仙台の飾り」の材質は和紙で出来ているそうです。



又「平塚の飾り」には電飾があり、「仙台の飾り」には電飾がありません。



平塚七夕 008


これはなんだかお解りでしょうか。
竹に願いを込めて取り付ける「短冊」です。
このような場所が「七夕会場」に何か所か設けられています。
100円で短冊を買い求め、願い事を書いてこの紐にぶる下げます。
すると後で業者さんが、「鶴岡八幡宮」に奉納してくれるそうです。

本当かなぁ?
奉納するところを見てみたい。
それにしても旨い商売考えましたネ。

平塚七夕 009


平塚七夕 010


でも「七夕伝説」にかけた子供の「夢」だけは奪わないでほしいですネ。

「来年こそは 一緒に暮らす」  まさに七夕らしい願いですネ。「織女」が書いたのかも


平塚七夕 021


子供たちが書いた「長短冊」もあります。
サッカーの「本田選手」の影響か「サッカー選手になりたい」が多いようです。


平塚七夕 014


平塚七夕 018


エジプトの反政府デモではありませんヨ。
日本の平塚です。


平塚七夕 019


平塚七夕 037


平塚七夕 027



会場中の「道路」という道路、「広場」という広場全てが「フードコート」化しています。皆何か食べています。
立って、歩いて、座って、しゃがんで「何しに来たの」と聞きたいですネ。


平塚七夕 006


歩道は「露店」で埋め尽くされています。
日本中の「露天商」が集まったのではないでしょうか。
今までこんなに「露天商」が集まったのは見たことがありません。
「アベノミクス」の3本の矢は、「露天商」には効果があったようです。
日銀の総裁を黒田さんにした甲斐がありましたネ。
「よかった」「よかった」


平塚七夕 035


でも、この「カレーパン」は美味しかったです。
しつこいようですが、「カレーパン」の方ですヨ。


それでは、「商業飾り」をどうぞ。


平塚七夕 005


平塚七夕 007


平塚七夕 022


平塚七夕 023



何か取り留めもテーマ性もありません。
さすが、「ベルマーレ」は地元ですネ。


平塚七夕 032


「文化遺産」ですね。富士山は決まってから制作したんでしょうか。



平塚七夕 028


懐かしいですネ。
「撮影お断り」の看板がありましたので、これ以上近づいて撮影できませんでした。
口上がまた面白い。
よく見たら「おばちゃん」でした。
「親の因果が、子に移り・・・・・・・・・・」

でも入り口に
「入場料の返却は一切受け付けません」とありました。
どんな商売でも「セーフティーネット」は必要ですよネ。



鶴岡八幡宮 033


「お化け屋敷」のスタッフではありません。
それにしてもなんという「かっこう」ですか。
「浴衣」ですか「パジャマ」ですか「ミニスカート」ですか?
あッ「甚平」か!
嘆かわしや!「織女」が見たら泣くぜ。

コラ!ぼうず そんなもん見たら目と脳ミソが腐る「七夕飾り」を見んかい!!


と言う訳で、平塚には「七夕伝説」はありませんでした。
「織女」も「彦星」もおりません。
「天の川」は「巨大平塚フードコート」になってました。


 以上世界のフードコート特集でした。














旅・はいかい | 20:37:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad