■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 文七元結(ぶんしち もっとい) ~
テレビで”柳家喬太郎”の落語拝見させていただきました。

演目は大好きな演目の一つ『文七元結』です。




文七元結(もっとい) 001







落語は一人で演じるので、登場人物はせいぜい3~4人ですが、この『文七元結』は8人登場します。

そして話が長い、演者によっては1時間かかる事もあります。

又「人情噺」ですので、涙の中に笑いも入れなければならない。

そんなことから「難しい演目」とされていますが

逆に言うと、これが出来れば「一人前」とも言われています。

初代、三遊亭圓朝の創作落語です。


〖あらすじ〗


本所達磨横丁に住む左官の長兵衛は腕の良い職人だが、

無類の博打好きが高じ、仕事もせず借金まみれであった。




bunsiti_tizu.gif










今日も又、博打に負けて身ぐるみ剥がれて半纏一枚で長屋に帰ってくる。

すると十七になる娘「お久」の姿が見えないと女房が泣いてわめく。

夫婦で言い争いをしているところに吉原の女郎屋の大店”佐野槌(さのづち)”から使いが来る。

云われるままに”佐野槌”に行ってみると女将の横に「お久」がいた。

「お久」は自分の身体を、借金を返すための金、50両で買ってほしいと女将に頼む。

「お久」の思いを察した女将は、しっかり説教した上で「お久」を預かることにした。

一年経って、50両返しに来なかったら「見世」に出すと言う約束で50両貸し出す。

長兵衛が娘を質草にした50両を懐にして、長屋へ帰る途中吾妻橋に差し掛かった時

身投げをしようとする若者「文七」と出会う。

聞くと、掛取りの金50両を掏られたから身投げして詫びると言う。

すったもんだの末、身投げをさせない為に「文七」になけなしの50両を

そのいきさつを話した上で与えてしまう。




azumabasi.jpg









その50両を持って「近江屋」帰った「文七」は、50両を掏られたと言うのは勘違いだった事を

知らされる。50両は先様に忘れてきただけであった。

事情を聴いた主人の卯兵衛は

「通りすがりの方が、そんな大切なお金を下さったのか」と驚く



翌日、卯兵衛は文七を連れてお礼の酒と共に、50両返しに行く。

江戸っ子を自負する長兵衛は最初は受け取りを拒否するが、結局は受け取る。

そして、酒の肴も持参したので受け取ってほしい、

と卯兵衛が表から呼び入れたのが、今朝卯兵衛に身請けされ、

金襴緞子で着飾られた「お久」であった。

後に「文七」と「お久」は夫婦になり、”近江屋”から暖簾分けをしてもらい、

麹町に元結の店を開き大層繁盛したそうです。

と言う、めでたし、めでたしの噺です。




文七元結(もっとい) 002












喬太郎は50分程度で演じました。

頭の博打に負けて帰ってくるくだりや吾妻橋で50両渡すまでの葛藤など上手く演じてました。

さすが十八番(おはこ)の人情噺です。

何べん聞いても面白いです。





実はこの「文七」は、桜井文七と言って実在の人物がモデルになっています。

「元結」とは、髷(まげ)を結う時に、髷の根本を束ねる白い紐のことですが、

モデルになった桜井文七さんが、独自に工夫をし考案した「元結」が評判がよく

「文七元結」という名前で今でも、お相撲さんや時代劇のかつらに使われています。

そんないきさつから一見、噺の内容とは関係ないような演題が付いています。


又、この噺が創られたのが、幕末から明治にかけてのころですが、作者の”圓朝”は当時

薩摩、長州の田舎侍が我が物顔で江戸を闊歩しているのが気に入らず、

江戸っ子の心意気を誇張してみせる為にこの噺を創ったそうです。

そういわれて見るとなるほど言うところがあちらこちらに見えますネ。

”圓朝”も江戸っ子なんですネ。







今日はおもしろい噺聞かさせていただきました。感謝です。

スポンサーサイト
寄席・芸能 | 22:22:44 | トラックバック(0) | コメント(1)
~ 『 ハワイの雪 』 ~
お気に入りのテレビ番組の一つに、BS11で火曜日19:00から放送されている

「柳家喬太郎のようこそ芸賓館」と言う落語番組があります。

MCはもちろん落語家の”柳家喬太郎”です。




        geihinkan.jpg


                【柳家喬太郎のようこそ芸賓館HPより】







スタジオに造られた寄席で、喬太郎はそこの支配人と言う設定です。

毎回、落語家を中心に多彩なゲストを迎え、寄席の雰囲気を楽しめる番組です。


        


その幕間には、普段は聞けない芸人さんの本音(たぶん)の雑談トークがあります。

まさに、楽屋の雰囲気を醸し出していて面白い。

ゲストの噺家さん達は普段あまりテレビでは見かけない(失礼しました、私があまりテレビ見ないのかも)

寄席に行かなければ見れない方々が多いです。

中々寄席に行く機会のない”にわか落語ファン”の私にとっては、噺家さんを知るとても良い機会です。

又本音の会話を聞くと、噺家さんがとても身近に感じられます。



今日のゲストは、”お囃子”の「恩田えり」さんでした。

苦労話大変、興味深く聞かせていただきました。



        柳家喬太郎 011




        柳家喬太郎 008








今日のゲストは芸人さんではないので「柳家喬太郎一人会」となるようです。

喬太郎は人気落語家の一人ですのでチケットも取りにくく、中々噺を聞く機会がありませんので

ラッキーでした。幅広い芸風があり「新作」も「古典」何でも来いの器用な落語家さんです。

学生時代、落語選手権で優勝するなど若いころから実力は折紙付です。

特に噺の中の役に成りきる様は痛快です。



今日の演題は得意の新作『ハワイの雪』です。




        柳家喬太郎 002


        





ハワイに住む幼馴染で初恋の相手だった”チーちゃん”から危篤状態であるが、

死ぬ前に一度会いたいとの知らせが届いた。



        柳家喬太郎 006







知らせを聞いた男は、町内会の腕相撲大会に出て、往年のライバルを破り優勝し、

その副賞のハワイ旅行を勝ち取った。





        柳家喬太郎 004





はれて、ハワイに行き”チーちゃん”に会うことが出来た。

その時、幼いころ新潟で遊んだ時のようにハワイの島に雪が降って来た。

と言う噺です。




        柳家喬太郎 005





初めの頃の男と孫娘の掛け合いは軽妙で面白く、

後半のハワイの下りは、師匠の”柳家さん喬”ばりの「人情噺」でした。

いい噺でした。




        柳家喬太郎 007








この番組でもう一つとっても気に入っていることがあります。

それは「オープニングテーマ」と「エンディングテーマ」です。

「オープニングテーマ」はあの昭和の喜劇王”エノケン”こと「榎本健一」さんの”パイノパイノパイ”

です。往年の浅草喜劇ファンなら涙がでますよネ。

確か「みよちゃんたら、ぎっちょんちょんのパイノパイノパイ」でしたかネ。

「エンディングテーマ」これもまたしびれる。

同じく”エノケン”の”私の青空”


      「あ~お~ぞらぁー」


以上『柳家喬太郎のようこそ芸賓館』生中継でした。








【追記】

今回の添付した写真は全て「BS11」の映像を映したものです。

これって「放映権」とかに引っかかるのでしょうか。

もしそうだとしたら「BS11」さん、ごめんなさいネ。

悪気はありません、いい番組なのでぜひ紹介したかっただけです。

「BS11」さんは心が広いから勘弁してくれますよね。

ちなみに、この後の番組のとよた真帆の「すてきな写真旅」

その後の春風亭一之輔の「ぶらり旅いい酒いい肴」も楽しみに見てますヨ。




寄席・芸能 | 22:15:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 徂徠豆腐 (そらいどうふ) ~
飛行機を利用する時に一番楽しみにしているものに、

スカイオーディオによる「機内寄席」があります。

乗るたびに楽しみにして聞いています。

今月の『全日空寄席』の落語は、今年2月にバンコクで行った「公開録音寄席」のなかの

『立川志の輔』の噺です。 大好きな落語家です。

人気も相当なもので、高座のチケットが最も取りにくい落語家の一人と言われています。




       shinosuke2013.jpg






今回は『全日空寄席』の進行役でもお馴染みの『女道楽 内海英華』さんも同行されたようです。

オフィシャルウエブサイト「内海英華でございます」にも沢山、バンコクでの写真が掲載されていました。

とても楽しそうでしたネ。


        side-bar-eika内海栄か


                  〖内海英華でございます〗より







『立川志の輔』は新作はもちろんいいですが、古典の人情噺もいい。

特に江戸時代の、ある絵師と、お人よしの宿屋の主人との掛け合いが面白い 『抜け雀』



       51018CV9SVL__SX355_.jpg




       img_nuk_01.jpg


          〖知恩院の襖絵 ”抜け雀”〗(落語の「抜け雀」とは因果関係はありません)








鼠小僧次郎吉と、こまっしゃくれた子供のシジミ売りとの掛け合い話『「シジミ売り』 などは、

”どす”の利いた「嗄れ声」が話に臨場感を添えています。

又、それぞれ『志の輔』らしい独自の解釈、工夫を凝らしているのも面白い。




       smile.jpg




       250PX-~1

      〖鼠小紋東君新形〗より  2代目 歌川豊国作










今回の演目は、貧乏浪人時代の儒学者”荻生徂徠(おぎゅうそらい)”と

親切な町の豆腐屋との恩返しを題材にした『徂徠豆腐』です。

”荻生徂徠”は第5代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保に請われ幕府の知恵袋として働いた儒学者です。

”荻生徂徠”を最も有名にしたのは、当時期せずして起こった”赤穂浪士討ち入り事件”です。

幕府の中にもその処分を巡って、意見が2分していました。

『御定法通り「全員打ち首」にしなければ、幕府としての面目が立たない』、とする意見と、

江戸市民の声を後押しとした『賛美助命論』とで、喧々囂々としていた。

そこで”荻生徂徠”は『赤穂浪士には武士としての体裁を重んじ、自ら「切腹」を選択させ、

幕府は、その浪士達の武士としての意志を尊重して「切腹」を容認する』と言う裁定を進言し、

幕府はそれを実行した。少なくとも、幕府内では”名裁定”と言われた。




        200px-Ogyuh_Sorai.jpg






噺の筋は、無役でその日の食べる物にも、困っていた貧乏長屋住まいの”荻生徂徠”に

人の良い、行商商いの豆腐屋七兵衛が見るに見かねて、

毎日「おから」と少々の余りものを届けた。(今で言うゼロ円食堂か)

ある時、七兵衛が風邪をこじらして商いに出られなくなった。

十日程経ち、風邪も治り長屋を訪ねると、もぬけの殻で行先も判らなかった。

名前も聞いてなかった七兵衛は、長屋で名前を聞くと

「確か「お灸がつらい」とか言ってたよ」の答えだった。

結局時が経ち、七兵衛もその内この貧乏学者の事は忘れてしまっていた。

それから幾月かの歳月がたったある日、七兵衛の豆腐屋がもらい火で焼け出されてしまう。

全財産失った七兵衛は裸同然で非難し、途方に暮れるだけであった。

すると、見知らぬ人から見舞金10両が届いた。そして又何日か経ったある日

新しい豆腐屋の店が出来たからと迎えが来た。

言ってみると、新品の豆腐作りの道具がそろった、新築の店が出来ていた。

それが、今や幕府の知恵袋となっていた、

当時の貧乏学者”荻生徂徠”の「おから」への恩返しだった。

と言う人情噺です。

七兵衛の女房とのやり取りが噺に味を付け、

2~3度出てくる「女房の言うことは、いつも半分当たっている」と言うセリフが聞く者に共感を与え、

寿司の中のわさびの役目をしている。

『志の輔』はこの話は”赤穂事件”が起きる7年前の話として、

「七兵衛」はありがたく店を頂戴してシャンシャンで終わらしましたが、

本筋の噺としては”赤穂浪士の討ち入り”の翌日に焼け出されたと言う設定で、

恩返しをしてくれたのが、あの”赤穂浪士”を切腹させた”荻生徂徠”と聞くと

七兵衛は「江戸っ子はそんな奴から施しは受けねー」と言って受諾を断り、一悶着あります。



こんな豆腐屋とのやり取り、付き合いの中から「生きた学問」を習得したからこそ、

後に「名裁定」をするような、儒学者”荻生徂徠”になったと言う

『志の輔』らしい人情噺のハッピーエンドの仕方だと思います。





以上、雲の上の”至極の時間”の夢物語でした。













寄席・芸能 | 12:46:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
~全日空寄席inイイノホール~
 全日空寄席に来ています。

昨年に続き2年連続です。

昨年は日経ホールでしたが今年は元に戻り「イイノホール」です。


ANA寄席 002


昨年の演者の方方は実の親を含め「師匠」の話を「まくら」にしたので「まくら」が長くなり

終演時間がだいぶ延びました。

それはそうですよネ。

「談志」や「五代目圓楽」の話をしたら、時間なんていくらあっても足りない。

今年はどうでしょうか。

ANA寄席 003


ANA寄席 009



今年は大きな楽しみがあります。

意図してか、たまたまか判りませんが

10月の初めに、83年ぶりに『桂枝雀』の弟子『桂雀松』が上方の大名跡『桂文之助』

を襲名し、『三代目桂文之助』としてこの「全日空寄席」に出演するからです。

”ラッキー”です。

ANA寄席 020




前説は「全日空寄席」進行係の

「神田紅」さんと「内海栄華」さんです。

ANA寄席 018



相変わらず「キレのいい」内海栄華さんの話っぷりは心地よい。

去年より少し若返ったのではないでしょうか。


ANA寄席 016






三遊亭金朝   『初天神』

  こまっしゃくれた子供を天神さんの祭りに連れて行き、案の定ダダをこねられる

  と言う話です。

  9月に「真打」になったばかりと言うことでした。
 
  「まくら」が少し短くて無理やり話に引き込まれたような感じでした。

  子供がダダをこねるところは得意な場面らしく、迫力がありました。

  落ちの部分は少し急ぎすぎて理解しずらかった。

  羽織を脱ぐ間もなく引き揚げて行ってしまった。


入船亭扇辰   『夢の酒』

  今まで見たこともないような「絶世の美女」にモテた、という亭主の”夢”にやきもちをやく

  女房と亭主とその親との掛け合い話です。


  話に登場する人物描写がそれぞれ繊細ですばらしい。

  いかにも高座の横に女房の「はな」が座っているような錯覚さえ覚える。

  あえて言えば、親父が息子の夢に入って行くいきさつのところをもう少し丁寧に

  説明した方が判りやすかったかナ。


  一見地味で年より落ち着いて見える扇辰ですが、落語は切れ味が良く、格調が高い。

  人気の落語家の一人であり、後に出る柳家喬太郎と一緒にやっている「扇辰・喬太郎の会」の

  チケットは争奪戦が繰り広げられ、プラチナチケットとなっている。


桂 南光    『火焔太鼓』

  養子で、いつも女房にばかにされている、うだつの上がらない古道具屋の亭主が

  性懲りもなく「古びた太鼓」を買ってきて、また女房に叱責される。

  ところがその二束三文で買った「太鼓」が三百両で売れて女房を見返すと言う話です。


  さすがベテランの味ですかね。

  亭主のしぐさ、しゃべり方を聞いただけで、

  観客全員に「こいつはうだつが上がらない」を納得させる。

  観客全員が女房の言いぐさにいちいち「そうだ、そうだ」と相槌を打ちたくなる。

  もし、この話に続きがあるなら又なお一層「ガラクタ」を買い集めるだろうと思わせる。

  そんな表現力に引き込まれます。



  本当は十八番の「ちりとてちん」を聞きたかったのですが、それはまたの機会にします。

  関西のテレビには沢山出演していて知名度もありますが、東京にも出てきてもらいたいですネ。

  上方落語協会会長の桂 文枝(元、三枝)さんにも媚を売らない頑固さも好きです。


【 中入り 】


ANA寄席 011


ANA寄席 010


中入りの「箸休め」に

イイノホールから観た「霞が関」の夜景です。






桂 文之助   『星野屋』

  「心中」をすることで「おめかけさん」の気持ちを量りたい「旦那」と「心中」などしたくない

  「おめかけさん」との騙し合いの話です。


  待ってました!!

  ですが、少し「まくら」が長いかナ。

  「おめかけさん」の表現にもう少し色気が出ると、こんな女を囲った理由に説得力が出て

  判りやすかったか。



  気象予報士の資格を持つ、ただ一人の落語家さんです。

  気象のことを「まくらに」したら他の噺家さんにはできない話が沢山あると思います。

  「まくら」が少し長がくなるのはしょうがないか。


  個人的に、桂枝雀の「替り目」が好きなので、

それを伝承した、弟子の文之助の「替り目」を期待してたのですが残念です。
  
  今後の活躍を楽しみにしています。



ピロキ     『ギタレレ漫談』

  自虐ネタ漫談の癒し系です。

  「ギタレレ」とはウクレレより2弦多いウクレレの一種です。

  テレビの演芸番組やある時は「健康ランド」等で何度か拝見しました。

  今まで見た中で今日が一番出来がよかったように思います。

  期待以上でした。

    ・「公衆トイレ」ネタ

    ・「姪っ子のケーキ」ネタ

    ・「新幹線の外人おむすび」ネタ

  その他盛り沢山のネタ、面白かったです。

  本人も乗っていたようです。

  と言うより、むしろ観客に乗せられた感じかな。

  時間もだいぶオーバーしたのではないでしょうか。

  それでも下がる時は、まだ続けたそうでした。

  

柳家喬太郎   『禁酒番屋』 

  酒が元で不祥事を起こしたある藩で「禁酒令」を引いたのですが、

  何とか頼まれた酒を届けたい酒屋が、あの手この手で番屋の目を盗もうとするのですが

  全てばれてしまい、検査と称して、役人に酒を飲まれてしまう。

  敵を討ちたい酒屋が最後に酒の代わりに「小便」を入れて行き、

  役人に飲ませるという話です。 
  


  さすが売れっ子噺家ですね。面白いです。

  「まくら」の酔っぱらった時の演技力、本題の役人が徐々に酔って行く描写は、芸が細かい。
  
  学生時代から「天才」と言われただけの事はあります。

  独演会などのチケットが、あっという間に完売するというのも納得です。

  もう少し、聞きたいと思わせる噺家さんの一人です。



ANA寄席 012





ANA寄席 019



今日は楽しいひと時を過ごさしてもらいました。

命の洗濯でした。 また来年も来たいものです。


     『 明るく陽気にいきましょう!! 』






















寄席・芸能 | 20:46:29 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad