■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 運慶展 ~
日本で最も著名な仏師と言われる『運慶』の主要作品が、史上初めて

一堂に会されたとの評判の”興福寺中金堂再建記念特別展 運慶”を観てきました。

場所は、東京上野の「東京国立博物館」通称”トーハク”です。




         DSC_運慶8507_01











前評判の良い展覧会は、開催期間中の最初と最後の時期は、込み合うので

中ほどの時期を狙って今日来てみました。

ネットで込み具合を確認してきたのですが、

それでも20分ほどの入場待ちとなりました。まあ、想定内ということころでしたが。

場所は”トーハク”内の一番奥にある「平成館」です。




DSC_運慶8504_01











展示場内は予想通り沢山の人で混雑し、最前列には中々たどりつくことができませんが、

絵画と違い360度観ることができ、迫力が立体感を持って伝わってきます。

『運慶』の作品は、どれも肉感的でたくましく、力強い顔つきと共に、

今にも動き出しそうな写実性が印象的でした。

特に”玉眼(水晶を入れた目)”には、感動と驚きを感じました。

あの時代に、このような高度の技法を駆使したこともさることながら

造られてから900年ほど経っているにもかかわらず、今にもこちらに迫ってくるような

「目力(めじから)」の表現力には圧倒されます。




         DSC_運慶8511_01


             国宝     毘沙門天立像

             文治2年(1186年) 鎌倉時代

             静岡・願成就院所蔵











もちろん、当然ですが展示されている作品に手を触れることはできません。

しかし『運慶』の作品の、衣のシワを観ていると思わず触ってみたい衝動に駆られます。

シワの深さ、きめの細かさ、曲線の自然さ、手で触れば

「ふわっと」そよぎだしそうな錯覚に陥ります。

本当に木で出来ているのだろうか、とさえも思えてきます。

なぜだろうかと考えましたが、それはきっと彼が”シワとシワの間にある空気”をも

形にして一緒に写実・表現しているからではないだろうか、

と言う結論に達しました。

とすると、やはりもうしばらく瞬きを止めて、じっと見つめていたら

少しぐらいシワが動きだすのではないだろうか。

800年の時空を超えて!



         DSC_運慶8508_01


           国宝    世親菩薩立像 (左)

           国宝    無著菩薩立像 (右)

           建歴2年(1212年)頃

           奈良・興福寺所蔵











近年になってから始められたX線CTスキャンによって発見された像内納入品も

紹介されていました。

水晶やお札、巻物などがありました。びっくりですネ。

科学の力と言えば科学の力でしょうが、彫りあがった後から入れたものなので

その入り口さえわかれば、CTスキャンなどしなくてもそこから出せるのでは、

と思うのは素人考えでしょうか。

そうはいっても「非破壊調査」の技術は、歴史的建造物にとって

ますます必要な解析道具になってくると思います。





DSC_運慶8509_01


         重要文化財       大日如来坐像

         12~13世紀 鎌倉時代

         栃木 ・光得寺

         X線CTスキャンにより仏像内部に水晶の球が納入されている

         ことが判明した。     











いやーぁ、すごい迫力でした!!       


残念ながら、運慶の代表作 東大寺の”金剛力士像” こそ無かったものの

全国に分散している運慶の作、あるいはその可能性が高いとされる31体の彫刻の内、

仏像22体が集められた展覧会は、とてつもない迫力がありました。

しかし、ひょっとするとこんな大規模な運慶展はこれが最初で最後かもしれない。

そう思うと尚更、感動・感激も一入(ひとしお)です。

写真で紹介は出来ませんでしたが、この他にも高さ2メートルを超える堂々とした

体躯の「国宝 四天王立像」 (奈良・興福寺所蔵)や

「国宝 八大童子立像」 (和歌山・金剛峯寺所蔵)にも圧巻させられました。

又、運慶の作品だけにとどまらず、その父「康慶(こうけい)」や息子の「湛慶(たんけい)」

「康弁(こうべん)」ら親子3代の作品の対比も面白く見させていただきました。




DSC_運慶8505_01







以上、行って観て本当に良かった 『運慶展』 でした。



スポンサーサイト
芸術 | 22:36:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
~ 松本市美術館 ~
松本駅から徒歩10分ほどのところに 『松本市美術館』 はありました。




DSC_草間7096_01







ナビも道案内も矢印もいりません、美術館の横を通通っだけで、そこがそれと解ります。

美術館そのものが”ランドマーク”になっています。

なぜならば、道路に面した前庭に ”YAYOI KUSAMAワールド” が

展開されているからです。




slide01-20170602.jpg







草間弥生さんが、ここ松本出身ということで。オブジェが常設されているようです。

松本城を筆頭に、何となく地味なイメージのある「松本」において

松本市の頭上から、パステルカラーのペンキをひっくり返したような対象的な明るさが

前庭に降り注いでいます。

美術館は時間的にまだ開いていませんが、前庭はオールフリーです。



作品名は  ”幻の華” と言うそうです。

確かに説得力のある題名です。



DSC_草間7083_01











草間弥生さんは1929年松本に生まれ、少女時代は心の中から湧き上がる

幻覚との戦いの日々が続いた。

それらのイメージを小さな紙片に書き留めておいたことが、草間芸術の原点の

一つになっているそうです。

1957年に単身渡米し、ニューヨークを中心に約16年活動し、1973年帰国。

その間イメージはいつしか水玉、網目と言う存在に凝縮された。




DSC_草間7087_01











平面的なデザインを見たときはさほど感じなかったのですが、

目の前で立体的な作品を見るとすごい迫力です。




DSC_草間7093_01












隅から隅まで ”ドットワールド” 満載です。




         DSC_草間7088_01












本物の花も飲み込んでしまいそうです。




         DSC_草間7086_01











こちらも首を伸ばして、餌を摘まんでいるのでしょうか。

なんせ”幻の華” ですから。




         DSC_草間7092_01











信州の澄んだ青空にも、映えわたります。





         DSC_草間7091_01









”幻の華” の蜜の香りに誘われて

壁に描かれた蝶も寄ってきました。

落語の『抜け雀』ではないけど壁から抜け出て飛んできそうですネ。

草間彌生の『抜けドット蝶』 ですか。




DSC_草間7095_01












”ドットワールド”は前庭だけではありません。

館内にも展開されています。



展示ウインドウや自販機にも




DSC_草間7089_01











ゴミ箱にも、ベンチにも




DSC_草間7090_01











以上、 『松本市美術館 YAYOI KUSAMAワールド』 でした。

芸術 | 22:52:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ くにくに展 ~
渋谷・東急Bunkamuraでやってる

『俺たちの国芳 わたしの国貞』 行ってきました。

相変わらず、終了間際です。



DSC_4572.jpg









「浮世絵」の良し悪しは良く判りませんが、江戸時代後半爆発的な人気を得た

二人の浮世絵師の人気の秘密の一端でも垣間見れたらの思いで来てみました。

「葛飾北斎」を見た時のような感動もちょっぴり期待しています。




DSC_4575.jpg










歌川国芳・歌川国貞は同門の兄弟弟子であり、ライバルでもありました。

江戸幕府がぜいたくを禁じる「天保の改革」を経て幕末を迎え、幕府としての威厳が

大きく揺らいでいくと同時に世間の価値観も揺らぎ始めた、激動の時期に生きた浮世絵師です。


ライバルであった二人ですが、結局兄弟子の国貞が師匠の名「3代目 豊国」を

継いで、歌川派のトップに立ちました。しかし、後世の評価は必ずしも国貞に軍配を

揚げた訳ではなかったようです。











〖歌川国貞(1786~1864)〗




人気役者が演じる、役者絵や美人画で絶大な人気を誇りました。

特に、人気歌舞伎役者の表情やしぐさをデフォルメした絵は、当時の女性の心を

掴んだ様です。




         DSC_5168_01.jpg





         DSC_5170_01.jpg





        DSC_5172_01.jpg





         DSC_5174_01.jpg





DSC_1899.jpg











各歌舞伎興行に合せた、5枚一組などの組浮世絵が、写真のなかった時代

今で言う「ブロマイド」代わりに飛ぶように売れたそうです。

まさしく「芝居」と「浮世絵」の息のぴったり合った相乗効果ですネ。




20160326065849.jpg










一番お気に入りはこちら



≪東都両国橋 川開繁栄図≫



3枚続きの大作です。


「隅田川」とは、赤羽の”赤水門”が出来た大正後の名前なので

当時名で言うと”大川の川開き”の賑やかさを描いた名作ですネ。

両国橋の上は、人で溢れんばかりです。それは今とまったく同じです。

斜めに茶色の線が幾つも書かれていますが、これが花火のようです。

今と比べると少しさみしいですか。 勿論「スターマイン」など有り様もございませんが、

ただ、花火大会は夏の間、毎日行われていたようです。羨ましいですネ。



国貞らしい繊細な細かい表現がふんだんに表現されています。

沢山の人の形態が描かれていて、その表情や着きている着物の柄さえもが、

みんな異なっている。

こんな細かい複雑な絵を、もし国貞以外の絵師が彫り師、掏り師のところへ持ち込んだら、

”おとといきやがれ!!このすっとこどっこい!”

怒鳴られて終わりだったのではないでしょか。




20160326075342.jpg

















〖歌川国芳(1769~1861)〗





最初の頃はあまり世に知られた絵師ではありませんでしたが、30を過ぎた頃

「水滸伝」が爆発的なブームを巻き起こし、「武者絵」と言う新しいジャンルを確立しました。

そして、時代の寵児として一躍絵師としての地位を確保し、兄弟子国貞と肩を並べて

語られるようになった。




         20160326074056.jpg











「武者絵」に限らず、独特の世界観や大胆な構図の「妖怪図」「合戦図」など

従来の浮世絵の概念を大きく超える自由な作風で江戸中を熱狂させました。






        kv_kuniyoshi.jpg





         kuniyoshi_neko_7.jpg











ちょっと気に成りました





≪相馬の古内裏(そうまのふるだいり)≫


これも3枚続きです。


山東京伝の読本 『善知(鳥)安方忠義伝』の一場面を描いたものです。

『善知(鳥)安方忠義伝』は大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫

との仇討対決の物語です。

もし、先日「青森」に行ってなかったら、

もし、「青森」で”善知鳥神社”に行ってなかったら

もし、”善知鳥神社”で「善知鳥安方」の話を聞いてなかったら

もし、「善知鳥(うとう)」と言う鳥が、親子の絆の象徴だと知り得ていなかったら



この絵の前は、普通に通り過ぎていたかもしれない



こんな発想と構図を考える人が江戸時代の日本に居たんですネ。

驚きです。

妖怪"ガシャドクロ"と言うよりも『解体新書』を見ているような

正確な描写ではないでしょうか。


ひょっとして、国芳は 宇宙人。 





20160326062239.jpg












一番のお気に入りです



≪讃岐院眷属をして為朝をすくう図≫



読本『椿説弓張月』の中の一場面を描いたものです。

嵐に襲われた源為朝親子を讃岐院(崇徳天皇)の眷属(けんぞく)である鰐鮫と烏天狗が救う。

助けているのが、家臣の魂の乗り移った「大鰐鮫」です。


参)眷属 :一族。家来



すごい迫力です。

浮世絵しか描けない独特の発想でしょうか。

今にも、波の飛沫がこちらにかかってきそうです。




20160326063023.jpg








いやー。すごい迫力でした。力強さがありましたネ。

なにか、一瞬江戸時代にタイムスリップしたような感覚さえ持たせてもらいました。

一枚一枚の絵のすごさはもちろんですが、その数にもビックリさせられました。

これだけの浮世絵を集めた展覧会はなかったのではないでしょうか。

170組350枚あるそうです。

この人だかりと、あまりの数の多さで、途中少し「スルー」させていただきました。

すいません。

それから、音声ガイドの 中村七之助 さんの解説もソフトで解かり易かったです。

やはり、歌舞伎役者と浮世絵は切っても切れない仲なのでしょうか。






以上、とっても楽しい 『くにくに展』 でした。


  ちなみに、余談ですが、私は狛犬も含めた犬派です。

  国芳さんごめんなさい。

芸術 | 21:27:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ヨハネス・フェルメール ~
『フェルメール』 が又、やってきました。


早速、逢いに来ました。

いつもは、気が付くと終了最終日曜日になることが多く

人混みに、待たされることが多かったのですが、

学習しました。

今回は早めの、御対面です。



場所はこちら




DSC_9972.jpg




         DSC_9973.jpg







六本木のシンボル 「六本木ヒルズ 森タワー」です。


52階 ”森アートセンターギャラリー”



同じオランダの巨匠 ”レンブラント”との共演


『 ヘルメエールとレンブラント展 』 です。




         DSC_9966.jpg







入り口は、こちらの専用入り口から




DSC_9975.jpg






DSC_9976.jpg








52階はさすがに高いです。




DSC_9969.jpg











展示作品は、オランダの絵画の黄金時代を築いた、作家の絵画が

ジャンルごとに、解かり易く整然と並べられていました。

素晴らしい作品ばかりでしたがその中から気にいったものを幾つか紹介します。





DSC_0026.jpg










〖風景画〗




     ≪ 砂丘風景 ≫


          エサイアス・ファン・フェルデ 作




DSC_0027.jpg




風景を描いているんですが、実は主役は”人間”なのではないでしょうか。

それぞれの景色の中に、”人”を配置しています。

「景色」と「人の営み」が同調しているようです。

するってーと、手前の犬は「準主役」でしょうか

右側の逃げる「兎」を追いかけようとしています。

リードを話せば、すぐさま「兎」にとびかかりそうです。

又、広い面積を占める空には、間が抜けない様に「鳥」を配置しています。











     ≪家と鳩小屋のある砂丘風景≫



          ヤーコブ・ファン・ライスダール 作




DSC_0028.jpg







この絵も単に広大な農村の風景をかいているのではなく、

「人」が主役ですよネ。

長い棒を担いだ鳩小屋に向かう男性と連れている2匹の犬の

日常の営みを景色と一緒に切り取った絵の様に思われます。

ここの空のも、遠くに鳥が飛んでます。

木の枝の先まで細かく繊細に描かれています。











〖肖像画〗





    ≪ひだ襟をつけた男の肖像≫




         DSC_0029.jpg




あまり中世の肖像画に感動したことがないのですが

この絵にはびっくりしました。

似ているとか、巧いとかと言うレベルではありませんでした。

手を当てている胸の鼓動や息遣いが聞こえて来るようでした。

指先や唇が今にも動き出しそうです。

丸窓の向こうから、声を掛けられているような錯覚に陥りました。












〖風俗画〗




     ≪読書する老女≫



          ヤン・リーヘェンス  作




         DSC_0031.jpg






王族や富裕層に頼まれて描く「肖像画」と違って、

迫真的なリアリティがありますよネ。

顔の皺の重厚感と本の表紙とビッシリ詰まった紙重さのバランスが

何とも言えない、安心感と空気を醸し出しています。










   ≪水差しを持つ女≫



          ヨハネス・フェルメール 作




         DSC_0030.jpg






本日のお目当て ≪水差しを持つ女≫ です。


さすが「光の魔術師・フルメール」ですね。

窓から差し込む光に、女性の日常を描かせたら古今東西「ヘェルメール」に

敵う人はいないのではないでしょうか。


理屈は解かりませんが間違いなく、誰が見ても「朝の光」ですよネ。

「光」の当たり具合による影の濃淡。

白い布を通してかすかに見える髪の毛。

銀の洗面器に映り込むタペストリーの模様。

「フェルメールブルー(ウルトラマリーン)」の衣装

”フェルメールワールド”全開です。






後ろの壁にかかっているオランダの地図は当初は、女性の後ろを通り抜け

窓に近いところまであったそうですが、何度も何度も位置を動かし

最終的に今の位置になったそうです。

理由は、「女の背中と地図を支える棒の間に小さな空間を作りたかった」

からだそうです。

よく判りませんネ。天才の考えることは!!。







いずれにしても、フェルメールが描くと普通の女性でも

女王のような不朽の輝きを醸し出しているように思えるのは私だけでしょうか。









まだまだ沢山素敵な絵があったのですが全部紹介は出来ません。

今日は此の辺で終わりにします。


本日の戦利品




        DSC_0023.jpg








以上 『フェルメールとレンブラント展』 でした。

芸術 | 21:15:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ヒマラヤのパレット Ⅱ ~
1年ぶりに”ヒマラヤのパレット”さんに会いに来ました。

毎年やっている、彼の「素描」のミニ個展です。

いつもは、四谷・荒木町のギャラリーで開いているのですが、

何故か今年はこちら

川口駅前の「リリア」です。




ヒマラヤのパレット001   








彼は、年中「素描の旅」をしています。

一昨年は、被災した東北地方を、

去年は亡くなった親友との約束を果たす為に、親友の故郷の瀬戸内を、

そして今年は、ヒマラヤで遭難した仲間に最後のお別れを言う為に”ヒマラヤ”に

すごいですね、その為にヒマラヤへ「素描の旅」を兼て行く。


確か元「建設省」の役人だったとか

以前貰った名刺には「一級建築士」の肩書きがあった。

でその実態は?   解かりません。








”ヒマラヤの雪男”ではありません!!


”ヒマラヤのパレット”さんこと、森山さんです。




         ヒマラヤのパレット013








そして、一昨年彼が”日本文芸アカデミー賞”を貰った

正真正銘の ”ヒマラヤのパレット”です。




         森山勇 012




             森山勇 016











しかし、まあほんとに元気ですね。

まさかまたヒマラヤに登るなんて。

今回は3人で行かれたようです。




ヒマラヤのパレット019




         ヒマラヤのパレット018




ヒマラヤのパレット009








ヒマラヤかあ、全く想像も出来ないですネ。

寒いのか熱いのか。

壮大な感じはしますネ。




         ヒマラヤのパレット017




ヒマラヤのパレット020




ヒマラヤのパレット021








会場には思ったより見学者が来ていました。




ヒマラヤのパレット014







それでは”ヒマラヤのパレット”の素描をどうぞ。




        ヒマラヤのパレット005




         ヒマラヤのパレット003




         ヒマラヤのパレット004




ヒマラヤのパレット008








以上”ヒマラヤのパレット”さんのリリア「素描展」でした。

作品はもっともっと沢山あるのですが、紙面の都合上割愛させていただきました。



他人事ながら、好きなことをやって生きて行けるって羨ましいです。





芸術 | 09:49:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad