FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 大相撲九月場所 中入り後 ~
【中入り】




”横綱 土俵入り”




横綱 鶴竜 の土俵入りです。




         s-大相撲9月場所DSC_5847_01












【石浦 対 貴源治】


石浦の勝ち      送り出し


”押さないでー!!”




s-大相撲9月場所DSC_5860_01











【栃煌山 対 豊ノ島】


栃煌山の勝ち      押し出し



”息ができないってば!!”




s-大相撲9月場所DSC_5863_01











【照強(てるつよし)】



幕内力士の中で一番大量の塩をまくことで人気の力士です。

片手では持てないほどの量の塩を両手で押さえながら高らかとまき上げます。

体格は幕内の力士の中で”炎鵬”に次いで2番目に小さい。

しかし、子供のころから負けん気は強く、俗にいうところの「ヤンキー」でしょうか。

中学の頃から学校をさぼり、特に3年次は年間30日程度しか出席しなかった。

それに反して、町の相撲道場は一日たりとも休んだことは無いそうです。

根っからの「相撲大好きヤンキー」だったんですネ。



まいた塩が天井まで届きます。




s-大相撲9月場所DSC_5873_01











【琴奬菊 対 竜電】


琴奬菊の勝ち        寄り切り


”土俵上で、キスをするのはやめてもらえませんか!!”




s-大相撲9月場所DSC_5886_01










【北勝富士 対 貴景勝】


貴景勝の勝ち      突き落とし


”置き去りにしないで!!”




s-大相撲9月場所DSC_5923_01











【御嶽海 対 阿炎】


御嶽海の勝ち   突き落とし


本日の取り組みの中で一番声援が多かった一番です。

特に両者共、お子さんの声援が多く出てました。

勿論、黄色い声もでてました。




土俵際まで、一気の突っ張りで電車道の様でしたが。



s-大相撲9月場所DSC_5932_01






結果は、こうなりました。

土俵際、御嶽海が体を交わして大逆転、やっぱり上ずっぱりは脆いか!


”いきなり視界から姿が消えた、ずるいよー!!”




s-大相撲9月場所DSC_5942_01











【大栄翔 対 豪栄道】


豪栄道の勝ち      引き落とし

豪栄道、引き癖が出なければいいですが!




s-大相撲9月場所DSC_5950_01











【鶴竜 対 朝乃山】



朝乃山の勝ち       寄り切り


朝の山、よく腰が降りています。






s-大相撲9月場所DSC_5979_01







鶴竜、金星配給


平幕力士が、横綱を負かすことを”金星” と言います。

三役以上は金星にはなりません。又、横綱自ら負けること(例えば反則負け)でも

金星にはなりません。

金星を取るとそれ以降の場所ごとに、4万円の給金が引退するまで協会より支給されます。

年6場所ですから年24万円支給されることになります。その後10年務めたとすると、引退時に

240万円が支給されます。たった一度横綱を破っただけで240万は大きいですよネ。

ちなみに、今場所引退した嘉風関は8つの金星を持っています。金星をもらった時期に

タイムラグがあるので簡単には計算できませんが、平均して10年と仮定すると

1,920万円が支給されることになります。ですから力士にとって金星の価値は大きいのです。

ある意味、金星イコール”お金”であることから ”鶴竜が金星を配給した”と言うような

表現がされます。

金星に関するエピソードをもう一つ上げると、9月16日に急逝した元逆鉾の井筒親方

逆鉾時代に全勝の横綱隆の里を得意の両差し外掛けで破って初金星を挙げました。

あまりの嬉しさに、倒れた横綱を跨いだまま、思わずご法度のガッツポーズをしてしまいました。

勿論その後協会からきつくお叱りを受けたそうですが、初めて土俵上でガッツポーズをした

日本人力士として大相撲の長い歴史に名を残すこととなりました。

ご冥福をお祈りいたします。










話を九月場所に戻すと ”結びの一番”で金星が供給されると”座布団の雨”が降ります。

この”座布団の雨”にはどのような意味合いがあるのでしょうか。




s-大相撲9月場所DSC_6009_01






元々の起こりは江戸時代に、勝った力士へのご褒美の意味合いで金目の物(煙管等)を

土俵上に投げたのが始まりです。ところが投げたものが「砂かぶり」にいる人の頭などに当たり

怪我が絶えないので禁止となりました。ならば「座布団」なら良いだろうと座布団を投げるように

なったのです。勿論それも危ないので今では禁止となっていますが、中々その習慣が治りません。

場内放送で盛んに呼びかけてはいますがいまだに投げつける人が絶えません。

最も、その方たちがその意味合いをわかって投げつけているかどうかは疑問ですが?

とりあえず、子供にでも当たったら危険ですのでやめましょう。

本当にご褒美を挙げたいのなら協会にでも寄付をしてやってください。

お願いします。







以上、若い力士が活躍している『大相撲九月場所 中入り後』 でした。





         s-新八DSC_5600_01











気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポンサーサイト



スポーツ観戦 | 22:05:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 大相撲九月場所 ~
久々の大相撲観戦です。

両国の駅を降りるのも久ぶりです。

大相撲が開催されているときは、両国の駅は雰囲気がガラリと変わります。

まさしく「お祭り騒ぎ」です。

国技館の横の通路はお気に入りの力士の「入り」を待って沢山の人だかりです。

握手やサインでももらうのでしょうか。

道路沿いでは、大きな「幟旗」が風になびき「おいで、おいで」をしているようです。

色とりどりの「幟旗」がなびいているのを観ると、なんだか気持ちがわくわくしてきますよネ。




s-大相撲9月場所DSC_6197_01









通路の人だかりの反面、正面玄関は、ガランとしています。




s-大相撲9月場所DSC_5659_01







桝席での観戦は、プライベートやビジネスで何度か経験がありますが

今回は通称「砂かぶり」と言われる「溜席(たまりせき)」での観戦です。

初めての経験なのでとても楽しみにしていました。





現在、十両の土俵入りが終わったばかりなので客席はまだ閑散としています。




s-大相撲9月場所DSC_5682_01











砂かぶり席に着くと飲食はできませんので、今のうちに小腹に何か入れておきます。

と言う訳で、地下の食堂で「ちゃんこ鍋」を。

今場所のちゃんこ当番は「高砂部屋」のようです。




s-大相撲9月場所DSC_5686_01










小腹も落ち着いたので「砂かぶり席」に着席です。

「砂かぶり」は土俵を囲むように4面合わせて約500席あります。

そしてこの500席が2種類に分かれていて、土俵に近い方の250席に緑の座布団、

後方の250席に赤い座布団が敷かれています。この座布団の色の違いでチケットの値段も

購入方法も違ってきます。緑の座布団席が本来の「砂かぶり」なんでしょうネ。

一般の人が購入するのは、ほとんどむりです。

紅い座布団の方は、抽選で購入できます。とは言え250席しかないので、かなり運のいい人か

行いの良い人でないと当たりません!


どちらの「砂かぶり」も力士が倒れこんでくる可能性があるので 「飲食」と「写真撮影」は

禁止ですが、私は「赤座布団席」なので、こっそりカメラを持ち込んで観戦させていただきました。










土俵では、十両の相撲が佳境に入っています。




土俵際の逆転勝利を中心に紹介します。






【はたき込み】




s-大相撲9月場所DSC_5709_01









【下手投げ】




s-大相撲9月場所DSC_5725_01









【はたき込み】




s-大相撲9月場所DSC_5836_01









髷を掴んだら【反則負け】です。




s-大相撲9月場所DSC_5679_01










本日十両一番の相撲はこちらではないでしょうか。

さて、軍配はどちらに?


宙に舞ってるのは「一山本(いちやまもと)」  土俵際は「翔猿(とびざる)」



s-大相撲9月場所DSC_5793_01







右足の指三本が土俵内に残っていて「はたき込み」翔猿の勝ち!




s-大相撲9月場所DSC_5795_01










やっぱり「砂かぶり」の迫力はすごいですネ。










以上、 『大相撲九月場所中入り前』 でした。 









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポーツ観戦 | 22:20:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 夏の高校野球地区予選が始まりました ~
今年は、第100回記念大会です。

したがって、正式名称は『第100回全国高等学校野球選手権記念大会』です。

その甲子園大会に出場すべく、全国の高校球児は地区大会球場で泥にまみれています。


甲子園出場校は、第100回を記念して、以前から地方大会で参加校が多かった

愛知、神奈川、大阪、千葉、兵庫、埼玉、福岡を2地区に分け、合計56校に増えました。


それぞれの地区にとっては夢が膨らむ話ですネ。

試合数も優勝チーム以外の全チームが負けるまで行うので55試合行うことになります。




        photo_poster_01.jpg







ルールも変わりました。

今年の第90回記念選抜高等学校野球大会から採用された『延長戦におけるタイブレーク制』が、

本大会及び地方大会でも導入されます。なお本大会の決勝戦ではタイブレーク方式を採用せず

延長15回終了時点で同点の場合は引き分けとし、翌日以降に再試合となります。

しかし、その再試合で延長13回に入った場合には準決勝までと同じ形で

延長イニング数無制限でのタイブレーク方式が採用されます。











埼玉県大会川口市民球場




埼玉県の高校球児です。




≪ナイスバッティング≫




DSC_野4994_01





DSC_野5269_01





DSC_野5266_01











≪タッチアップ GO!≫




DSC_野5126_01











≪スィングアウト≫




DSC_野4843_01








軸がぶれていない良いスィングだけどナァー!


DSC_野4883_01











≪ボテボテ≫



ちょっと力み過ぎかも!




DSC_野4866_01





DSC_野4879_01






白い線から内側に打ちましょう!


ルールですから!




DSC_野4918_01










≪ナイスピッチ≫



手の握りからしてストレートでしょうか?




DSC_野4943_01











≪ナイスキャッチ≫




DSC_野4975_01







ノーバンドキャッチ!! ファインプレーですネ。




DSC_野4976_01










≪ナイス 連携!≫



明瞭、適格な指示でした。




DSC_野4935_01











≪ホームスライディング≫




レフトもしっかりカバーに入っています。




        DSC_野5029_01






” セ~フ ”



         DSC_野5030_01









痛恨の落球か!!




DSC_野5150_01






” セーフ ”




DSC_野5152_01











≪痛ッ!!≫




膝部にデットボールです。




DSC_野4952_01






倒れ込んで、しばらく起きれませんでしたが、何とか出塁しました。

しかしその後、やむなく交代となりました。






DSC_野4956_01











痛恨の自打球です!!


これが一番痛かったのではないでしょうか。

これが本当の”デッド ボール”になりかねない球でした。

幸いなことに、どこにも怪我がなかったようです。

本当に良かったですネ。 

彼が真の ”ゴールデンボーイ” だったのでしょうか




DSC_野5039_01










以上、第100回全国高等学校野球選手権記念大会  『埼玉大会 川口市民球場』 でした。

スポーツ観戦 | 06:49:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 第10回 隅田川水面の祭典 Ⅲ ~
続いてその他のデモンストレーションです。


≪古式泳法≫


今年初めての参加だそうです。

「古式泳法」 懐かしい言葉を耳にしました。

海のそばで育ち、地元の高校に入学したのですが、その高校には「水泳部」のほかに

「泳法部」と言うのがあり、夏にはよくその練習を眺めていました。

懐かしいです。ちなみに「古式泳法」には全国色々な流派があるのですが

我が故郷の若者達も、背中に大きく名前の入ったTシャツを着て参加していました。

ちょっと我が事のように応援してしまいました。




DSC_隅ボ2916_01





DSC_隅ボ2919_01







最後は、重い旗を水面すれすれに、水に濡れないように振り回していました。

力と技必要です。




DSC_隅ボ2925_01











≪水上スキー≫



親子5人組です。小さい子がよく頑張っています。

それにしても良くそろっていました。




DSC_隅ボ2905_01










こちらもすごい、片足の肯にロープをひっかけただけで水面を滑っています。

ボートのスピードは20㎞/h~25㎞/hだそうです。

この姿勢は見ているだけでも、疲れそうですね。  グッドです。




DSC_隅ボ3325_01














≪ウェイクボード≫



2年前、お台場に世界大会を見に行って以来です。

こちらも、スピード感、迫力、満点です。

海の「スノボー」でしょうか。





DSC_隅ボ3361_01








こちらも、ジャンプ、回転が見せ場でしょうか。




DSC_隅ボ3367_01










その他、参加型の海の催し物や、リバーサイドでは歌、踊り等などが行われていました。

BBQなどもありましたので、是非来年は家族連れで出かけてみてはいかがでしょうか。





以上 『第10回 隅田川水面の祭典』 でした。

スポーツ観戦 | 22:41:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 第10回 隅田川水面の祭典 Ⅱ ~
続いて ”アクアボードのデモンストレーション” です。




         DSC_隅ボ2943_01








”アクアボード”とは、ジェットスキーヤーのフランク・サパタ(Franky Zapata)が考案し、

サパタが創業者であるZapata Racingが開発したフライボード(英語版)が一般に知られて

いますがフライボードの名称はZapata Racingが商標登録を行っているため、

一般名称としての「アクアボード」の名称が「日本アクアボード協会」によって考案されました。

ノズルが付いたボードを足に取り付け、ノズルから噴き出した水の力で空中に上昇し

浮遊を楽しんだり、競技を行ったりするスポーツです。









本日の演技者は「フライフィールド 逗子」 でインストラクターをしている 

”増井裕子” さんです。

手に持っているのは「浅草の和」を意識した「和傘」です。




         DSC_隅ボ2960_01






         DSC_隅ボ3022_01






速い動きの為周囲が水しぶきの粉末で一瞬曇ります。




         DSC_隅ボ3157_01





DSC_隅ボ3262_01










高さも、20mほど上がります。

高いところでの演技もダイナミックです。

ホースが作り出す形も見どころの一つだそうです。




         DSC_隅ボ3011_01









躍動感があってかっこいいですね。





         DSC_隅ボ3172_01











最高難度の一つ ”バックフリップ” です。




         DSC_隅ボ3047_01










上で演じている人を「ライダー」

下の水上バイクで水圧をコントロールしている人を「ジェッター」と呼ぶそうです。

この二人の息が合わないと、20m空中から墜落と言う事故にもつながるそうです。

特に「バックフリップ」は危険な技だそうです。




   DSC_隅ボ3255_01










再び水面に降りてきて、行き交う屋形船とのコラボです。

屋形船のお客さんも、思わぬ贈り物にやんやの喝采です。

隅田川ならではの光景でしょうか。




         DSC_隅ボ3062_01





          DSC_隅ボ3071_01





DSC_隅ボ3191_01










解説によると、高いところでの演技より、水面近くでの演技の方が高度の技術を必要と

するそうです。 競技の点数も高いそうです。

これは、私の想像ですが、高いところでは、高さを保持する為にホースの長さを使ってしまい

思うような横の動きが演じられないのかもしれません。




         DSC_隅ボ2971_01









以上で、増井裕子さんの演技は終わりですが

望遠ばかりで、本人のアップ写真が撮れなかったので、お詫びに

「フライフィールド逗子」さんのHPから拝借した写真を掲載させていただきます。




          gohiiki_170823_prof-ph.png





綺麗な方ですネ!

今度は、是非逗子に行ってご本人にお会いしましょう。










続いて、先ほどの「ライダー」と「ジェッター」が入れ替わります。

さすが男の演技者は力強いですネ。

こちらも和風に「甚平」に「扇子」ですか。

勿論下に「ライフジャケット」は付けているそうです。




         DSC_隅ボ3381_01





         DSC_隅ボ3392_01







高く上がってスカイツリーに挨拶です。




         DSC_隅ボ3456_01








自由奔放に飛び回ります。

気分よさそうですネ。



         DSC_隅ボ3466_01






DSC_隅ボ3487_01






         DSC_隅ボ3501_01










本日のOKINIIRISHOT




DSC_隅ボ3239_01










以上 ”アクアボードデモンストレーション” でした



『隅田川水面の祭典』 もう少し続きます。

スポーツ観戦 | 22:11:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ