■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 三崎稲荷神社 ~
都会の度真ん中、JR水道橋の駅の傍に鎮座していました。



DSC_三崎0782_01











社  号          三崎稲荷神社

鎮座地           東京都千代田区三崎2-9-12

主祭神           宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

               素盞嗚尊(すさのおのみこと)

               大市姫神(おおいちひめのかみ)、

               大物主神(おおものぬし)

社格等          旧村社

創  建          社)仁安年間(1166~1169年)

例大祭          5月9日










【由緒・沿革】



創建は詳かでないが、仁安年間と伝えられる。(寿永元年との説もある) 

当時の神田山(現、駿河台)の山麓(現、本郷一丁目)武蔵国豊島郡三崎村に

鎮守の社として祀られたとされ、その後幾多の変遷の後、

明治三十八年現在地に遷座される。

江戸時代、3代将軍・徳川家光から旅行安全の神様として信仰されており、

家光が江戸城の出入りの際は参拝していた

また諸大名にも参拝することを促しており、諸大名が江戸城入りする際は

当神社でお清めしたことから「清めの稲荷」とも呼ばれていた。

境内で購入することができる「お砂守り」は、明治時代に南極探検隊が

南極へ行く際、携帯し無事に生還できたことから「旅行安全の神様」として

一層知られるようになった。











【社号標】




         DSC_三崎0770_01











【鳥居】




DSC_三崎0769_01








   ≪鳥居扁額≫




         DSC_三崎0777_01











【手水舎】



折角、苔むした水盤が趣を醸し出しているのに

バイク置き場にするのはどうでしょうか!

まして清めの場所なのに!




DSC_三崎0772_01







   ≪吐水口≫



岩で「龍」が形作られています。





DSC_三崎0773_01









背中に2匹の「子供狛犬」を載せています。




         DSC_三崎0774_01











【狛犬】


いい面構えの狛犬です。

造られたのは毛の巻き方からすると江戸時代でしょうか。

おそらく名のある石工の作ではないでしょうか。

狛犬ファンは、必見です。





DSC_三崎0779_01      DSC_三崎0778_01











〖拝殿〗




DSC_三崎0775_01







しっかりした神殿です。

随神や神殿狛犬、狐も鎮座していました。

綺麗ですネ。




DSC_三崎0776_01





DSC_三崎0780_01











〖本殿・幣殿〗


狭いですが、幣殿らしきものもありました。

千木は「外削ぎ」 鰹木は「奇数」で男の神様が祀られていることを示しています。




DSC_三崎0785_01











以上、「徳川家光」ゆかりの 『三崎稲荷神社』 でした。




綺麗な字で、あっという間に書きあげていただきました。




         DSC_三崎0788_01


スポンサーサイト
神社 | 10:34:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 上野東照宮 ~
牡丹のついでに、と言ったら「大権現様」の罰が当たるかもしれないが

『上野東照宮』にお邪魔させていただきました。




DSC_東照0471_01





DSC_東照0483_01










社  号          東照宮 (他の東照宮と区別するために便宜上 上野東照宮

鎮座地           東京都台東区上野公園9-88

主祭神           徳川家康

               徳川吉宗

               徳川慶喜

社格等           府社

創  建          寛永4年(1627年)  











〖由緒・沿革〗


寛永4年(1627年)、藤堂高虎が上野の敷地内に創建した。

元和2年(1616年)、危篤の家康から自分の魂が末永く鎮まる所を作ってほしいと

高虎と天海に遺言された。











〖大石鳥居〗      重要文化財


石造神明鳥居  寛永10年(1633年)




DSC_東照0504_01











〖神門〗


本来は右横にあった「御水舎(おみずや)」の上屋を移設して門としてリユースした。 

そんなことから”水舎の門(みずやのもん)”と呼ばれている。




DSC_東照0501_01





   ≪神門扁額≫



         DSC_東照0502_01










〖手水舎〗



DSC_東照0470_01









〖狛犬〗




DSC_東照0473_01      DSC_東照0472_01











〖唐門〗          重要文化財


1651年造営

正式名称 唐破風造り四脚門(からはふつくりよつあしもん)

柱内外には、左甚五郎作の「登り竜・下り竜」の彫刻を筆頭に数々の彫刻が

なされている。




DSC_東照0474_01





DSC_東照0495_01






〖登り竜・下り竜他〗




DSC_東照0475_01      DSC_東照0478_01





DSC_東照0479_01





DSC_東照0480_01











〖透塀(すきべい)〗        重要文化財


1651年 造営

上段に野山の生き物と植物、下段に海川の生き物が彫られている。

金箔で彫刻を覆った上から絵具で彩色を施した豪華な彩色方法で修復が行われた。



DSC_東照0489_01











〖御神木・大楠〗


幹周囲 8メートル

高さ   25メートル

樹齢 約600年

東照宮創建前からこの地に存在していた。




         DSC_東照0486_01











〖社殿〗


社殿は、拝殿、幣殿、本殿の部屋から構成される権現造りとなっている。

金箔がふんだんに使用されていることから”金色殿”とも呼ばれている。



≪拝殿≫




DSC_東照0500_01






DSC_東照0496_01











≪幣殿≫




拝殿と本殿を繋ぐ「石の間」




DSC_東照0487_01






         DSC_東照0497_01











≪本殿≫




DSC_東照0499_01





DSC_東照0498_01












以上、 白銀の景色の中、全面金色に包まれた『上野東照宮』 でした。

神社 | 22:13:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ) ~
埼玉県さいたま市に鎮座する、ミステリアスな名前を持つ『氷川女體神社』です。

現代の新字体で書くと”氷川女体神社”

不思議ですネ。

又、多くの文化財が所蔵されていることから「武蔵の正倉院」「埼玉の正倉院」などと称されている

『氷川女體神社』 です。

最寄りのJR東浦和駅のロータリーには、神社ゆかりの”竜神”の石像モニュメントが

お出迎え!!




         DSC_女体0368_01











社  号          氷川女體神社

鎮座地           埼玉県さいたま市緑区宮本2-17-1

主祭神           奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)

社格等           武蔵国一之宮

               郷社

創  建          崇神天皇時代(BC97年-BC30年)

社殿様式         三間社流造

例大祭           10月8日











〖由緒・沿革〗   


社伝により、第十代 崇神天皇時代(BC97年-BC30年)に創建と伝えられている。 

当社は江戸時代中期に開拓されるまで広大な広さの沼であり、 土着の神を祀っていた太古

の信仰であった見沼に隣接していた。従て当社も、古くは見沼の神を祀っていたと思われる。

第十二代景行天皇時代(71年-130年)、出雲族が当地に移住してきて、

「武蔵一宮氷川神社」に出雲の神である御祭神・須佐之男命(すさのおのみこと)を祀り  

そして当社には 須佐之男命の妻とされる神・稲田姫を祀った。

そのことから当社は『女體社』と呼ばれた。

見沼付近には、氷川信仰の神社が多数鎮座する。その中でも三氷川と呼ばれる神社がある。

氷川信仰の総本社「武蔵一宮氷川神社」

その南東に鎮座する「氷川女體神社」

2社を結ぶ直線上の中間点に鎮座する「中山神社(中氷川社)」

位置的なことや御祭神の関係から三社一体の「氷川神社」とされている。

その三社一体説により、大宮氷川神社と同様に『武蔵国一之宮』を名乗っている。











〖氷川女體橋〗


参道を横切って流れる見沼代用水には、「氷川女體橋」が掛けられている。




DSC_女体0372_01











〖鳥居〗




DSC_女体0374_01








   ≪鳥居扁額≫


江戸時代の当時も扁額に「武蔵国一宮」と書かれていたと云う。






         DSC_女体0376_01











〖手水舎〗




DSC_女体0377_01








手水鉢の形がいいですね。

趣があります。

「大樋焼」の初代大樋長左衛門の代表作を彷彿させます。




DSC_女体0380_01








〖大樋柚    聖〗       初代 大樋長左衛門 作


   20070205012539_0(初代)











〖拝殿〗

徳川四代将軍家綱によって造営された社殿が現存されています。

3間社流造




DSC_女体0384_01





DSC_女体0385_01






   ≪拝殿扁額≫




         DSC_女体0387_01










〖本殿〗


”千木”が水平切られる「内削ぎ」で、棟に直角に乗る”鰹木”が偶数で

「女神」が祀られていることを表している。

壁も屋根も紅色で女体社らしい風情です。




DSC_女体0393_01











〖竜神社〗


見沼の竜神が祀られている。

須佐之男命が祀られる以前からの土着信仰の社です。

東浦和の駅前のモニュメントもこの神社の謂れによる。




         DSC_女体0398_01





DSC_女体0399_01











〖境内社〗


社殿の裏手には数多くの境内社が鎮座している。

御祭神不明なものも多い。




DSC_女体0394_01











〖磐船祭〗


「見沼氷川公園」の一角には、「磐船祭祭祀遺跡」が残る。

江戸時代から明治まで行われた「磐船祭」が偲ばれる。




         DSC_女体0369_01











〖巫女人形〗


沢山の巫女人形が奉納されていました。




DSC_女体0382_01





DSC_女体0381_01











〖全国一の宮 御朱印帳〗


以前から入手し難いと言われていた「全国一の宮 御朱印帳」

入手することが出来ました。ラッキーです。




         DSC_女体0403_01











以上、神秘のパワースポットの杜に囲まれた『氷川女體神社』 でした。




         DSC_女体0401_01


続きを読む >>
神社 | 16:25:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 須賀神社 ~
新宿区四谷の総鎮守 『須賀神社』 です。




         Cq6U00DVIAAZMQJ.jpg




         




この階段は今、須賀神社に関わるものの中、一番有名で人気のあるスポットです。

さて?










社  号          須賀神社

鎮座地           東京都新宿区

主祭神           須佐之男尊(すさのおのみこと)

               宇迦能御魂神(うかのみたまのみこと)

社格等           郷社

創  建          寛永11年(1634年)

例大祭          6月上旬

境内社          天白稲荷神社

相  殺          大国社










【由緒・沿革】


寛永11年、元々現在の赤坂に古くからあった稲荷神社を、江戸城外堀建築のため、

四谷に遷座したのが始まりとされている。

その約3年後、日本橋の鎮守として神田明神の摂社として祀られていた

須佐之男命を合祀した。

須佐之男命は、日本における神仏習合の神である牛頭天王(ごずてんのう)としても

崇められているため、江戸時代には「稲荷天王」「四谷牛頭天王社」などと称され、

この地の人々に親しまれていた。

その後、明治元年に須賀神社と改称し、現代にいたる。

社名の「須賀」とは、須佐之男命が出雲の国で「八岐大蛇(やまたのおろち)」を

討ち払った際に述べたと言られる 「吾れ此の地に来りて心須賀、須賀しの故事に基づき

名づけられた名称です。








【社号標】 




         DSC_須賀0347_01











【鳥居】




DSC_須賀0348_01











【狛犬】




DSC_須賀0351_01      DSC_須賀0350_01








拝殿の右側にも、変わった狛犬がいました。

とてもユニークな狛犬です。




DSC_須賀0365_01DSC_須賀0364_01
     










【手水舎】




DSC_須賀0353_01











【拝殿】




20161018130227.jpg






   ≪拝殿扁額≫




         DSC_須賀0355_01











【神楽殿】



DSC_須賀0360_01











【神輿庫】




         DSC_須賀0361_01











【境内社】



   ≪天白稲荷神社≫




         DSC_須賀0359_01











   ≪大国主命≫




DSC_須賀0357_01










【三十六歌仙繪(さんじゅうろくかせんえ)】


天保七年に画かれた、三十六歌仙の絵と代表作一首が本殿内、格天井に書かれています。




36large.jpg











【聖地巡礼】


2016年に公開され、大ヒットを記録したアニメ映画 『君の名は』 のラストシーンが

この『須賀神社』 の階段が舞台になっています。




         Cq6U00DVIAAZMQJ.jpg




感動のラストシーンです。

休日ともなると今でも、舞台になった現実の場所を求めて「聖地巡礼」をする人々で

賑わいます。




         mig.jpg






ラストシーンと同じアングルにしてみました。

このように「君の名は」は現実の景色を写実した風景がふんだんに使われています。

何となくドラマに入り込んだような錯覚に陥りますネ。



20161018125915.jpg



      







以上、神話とアニメの聖地に囲まれた 『須賀神社』 でした。 




         DSC_須賀0367_01
  

神社 | 21:36:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 市谷亀岡八幡宮(いちがやかめがおかはちまんぐう ~
大都会の真ん中、市ヶ谷のビルの隙間に鎮座していました。

『市谷亀岡八幡宮』 です。




         DSC_亀岡0323_01










社  号          市谷亀岡八幡宮

鎮座地          東京都新宿区市谷八幡町15

主祭神          誉田別命(ほむたわけのみこと)

               気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)

               与登比売神(よとひめのかみ)











【由緒・沿革】


文明11年(1479年) 太田道灌が、江戸城築城の際に西方の守護神として鎌倉の

鶴岡八幡宮の分霊を祀った。 そして「鶴岡」に対して「亀岡」と名付けられた。

当時は現在の千代田区内にあった。しかし、その後戦火にさらされ荒廃していったが

江戸時代に入り寛永13年頃(1636年頃)に江戸城の外堀が出来たのを機に現在地に移転。

『市谷亀岡八幡宮』は三代将軍・徳川家光や桂昌院などの信仰を得て、神社が再興された。

境内には茶屋や芝居小屋なども並び人々が行きかい、例祭は江戸市中でも華やかなもの

として知られ、大いに賑わった。その後明治に入り、神仏分離令により別当寺であった

東円寺が廃寺となり、芝居小屋などは撤退し樹木が植えられかっての賑わいは

無くなっていった。

社号が「八幡宮」なので、武運の神”八幡神”をご祭神とする八幡系の神社で

総本社は大分県の宇佐市にある「宇佐神宮」にあたる。

誉田別命(ほむたわけのみこと)は応神天皇のことであり、”八幡神”とされている。

気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)は応神天皇の母であり

与登比売神(よとひめのかみ)は卑弥呼ではないかと言われている女神です。











〖社号標〗




         DSC_亀岡0325_01











〖大鳥居〗

少し急な石段を登ったところにある”銅鳥居”は文化元年(1804年)に建造された

明神鳥居で新宿区指定有形文化財に指定されている。

総高さは460cmである。




DSC_亀岡0328_01











   ≪鳥居扁額≫


播磨国姫路藩主酒井忠道の筆による「八幡宮」の3文字が記されている。

八の字は「鶴岡八幡宮」と同じ「鳩」になっている。




         DSC_亀岡0329_01











〖狛犬〗


   ≪鳥居狛犬≫


個性的でユニークな顔立ちです。

このような顔立ちの狛犬を奉納しようとした、当時のセンスが素晴らしい!!


DSC_亀岡0327_01      DSC_亀岡0326_01





   ≪拝殿前狛犬≫


こちらは力強い写実的な出で立ちです。

ただ、阿も吽も髪の毛で目がふさがっています。




DSC_亀岡0333_01      DSC_亀岡0332_01











〖手水舎〗




DSC_亀岡0334_01






   ≪几号(きごう)水準点≫


新宿区登録有形文化財

明治に入り新政府はイギリスの技術を導入した近代的測量を開始し、東京を中心に

測量基準点を記した、その「不」に字に似た「几号基準点」が水鉢台座に

当時のまま残されている。




         DSC_亀岡0337_01











〖拝殿〗




DSC_亀岡0339_01











〖摂社・末社〗



   ≪茶ノ木稲荷神社≫

寛永13年に「亀岡八幡宮」が当地に移転いてくる前は、ここは「茶ノ木稲荷神社」の

境内で」あった。




         DSC_亀岡0344_01





DSC_亀岡0345_01











   ≪金刀比羅宮≫




         DSC_亀岡0342_01





         DSC_亀岡0341_01











   ≪出世稲荷神社≫



DSC_亀岡0343_01





         DSC_亀岡0340_01











以上 『市谷亀岡八幡宮』 でした。




         DSC_亀岡0366_01


神社 | 14:58:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad