■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 追分宿 蕎麦処 ささくら ~
旧中山道追分宿に、美味しい信州蕎麦だす店があると言うので、

ランチ時にお邪魔しました。

『追分宿 蕎麦処 ささくら』 さんです。


ここは、京都へ向かう中山道と、越後へ通じる北国街道の分岐点。旅人同士が

ここで、蕎麦でも食べながら別れを惜しんだのでしょうか。

中山道沿いから看板が見えました。




         DSC_信蕎麦4177






「信州地粉 自家製粉」

良い響きです。そば粉の香りが出迎えてくれます。

入り口の構えも、どこから見ても、誰が見ても蕎麦屋ですね。




DSC_信蕎麦4189










今、暖簾を出したばかりで、いつも満席の店内は我々以外の客はまだ無し。


店内は、入ると正面に「囲みテーブル」と「小上がり」




DSC_信蕎麦4194_01











左側は、カウンター。

これは、夜の部の主戦場か。

焼酎が似合いそうなカウンターです。




DSC_信蕎麦4190_01











奥には、テーブル席と小さな小上がり




DSC_信蕎麦4191_01




DSC_信蕎麦4192_01











注文したのは、人気商品の一つ「かけそばとミニ天丼」





DSC_信蕎麦4195_01











≪かけそば≫


麺は、やや細めでもちもち感のある二八そば

そばつゆは隠し味に「ワインビネガー」を使用しているそうです。

そのせいか、独特の香りと旨味があり残らずいただかせてもらいました。



DSC_信蕎麦4196_01










≪ミニ天丼≫


さっぱりと揚げられた天ぷらでした。




DSC_信蕎麦4198_01










ちなみにこちらが仲間の食べた≪山かけ蕎麦≫


山芋をご相伴にあずかりましたが、自然薯のような粘りでしたネ。




DSC_信蕎麦4199_01











『蕎麦処 ささくら』の前にこんな看板がありました。





         DSC_信蕎麦4182





江戸時代に中山道追分宿で脇本陣をつとめた旅籠「旧油屋旅館」です。

建物保全と有効活用を目的とした「旧油屋プロジェクト」が発足しているそうです。

アートや音楽などの文化事業を「旧油屋旅館」を改修した「文化磁場油や」を拠点として

活動をしている。

歴史を残すということは良いことですネ。今に生きる者たちの義務だと思う。




DSC_信蕎麦4183





DSC_信蕎麦4187










以上、歴史と蕎麦が香る大満足の信州蕎麦 『蕎麦処 ささくら』 でした。

スポンサーサイト
食べる | 23:54:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ そばの実と新緑と ~
戸隠 に来たらこれを食べて帰らないと来たことにはならないでしょう。

御存じ ”戸隠蕎麦” ですよね。

戸隠の近辺の新緑を散策しながら、いつも行列ができることで有名な人気店

”そばの実”を目指します。

戸隠神社奥社の参道付近の新緑です。

五月晴れの陽に当たって緑のダストが全身に降りかかってくるようです。




DSC_戸1944_01










可憐さが人気の”カタクリの花”が今とばかりに点々と咲いています。




          DSC_戸1959_01









国道沿いに”水芭蕉”が群生していました。

やはり、さりげない品が漂います。




DSC_戸1966_01











これは、ちょっと名前が解りませんが、綺麗に群生していました。




DSC_戸1955_01











バスの時間があるので残念ながら1キロほどの散策しかできませんでしたが

目の保養をさせていただきました。

目的地に到着です。




DSC_そば1967_01










さすが人気店、中々の趣です。




DSC_そば1968_01











すでに時間は3時を回っているので、店内は待たされるほどの混雑ではありませんでした。

それでも小上がりの相席に通されました。




DSC_そば1971_01











奥社を含めてだいぶ歩いたのでまずはビールです。

美味しそうに冷えています。

お通しで出された「そばの実の醤油漬け」が美味しかったですネ。




         DSC_そば1975_01











そしてお目当ての”戸隠蕎麦”がこちら

「とろろざるそば」 です。




DSC_そば1980_01







蕎麦の切り口がしっかり角張っています。

関東の蕎麦と違います。

機械で切ったのでしょうか?

腰はしっかりありました。

色も”田舎蕎麦色”で美味しそうです。




DSC_そば1982_01







まあ! 何はともあれガッツリ美味しかったです

七味唐辛子はご当地の”ソウル唐辛子”

『八幡屋磯五郎』 です。




         DSC_そば1977









それは、『善光寺大門前』のこちらで売ってます。




DSC_そば1984_01










早速、”おみや”にさせていただきました。




DSC_そば1993_01










以上、『戸隠蕎麦処 そばの実と戸隠新緑』 でした。


食べる | 09:44:01 | トラックバック(0) | コメント(2)
~ Maison Vie(メゾン ヴィ)Restaurant ~
今日は、ちょっと高級なベトナム風 フランス料理 『Maison Vie』 で食事です。

建物はやはり瀟洒なフレンチコロニアルです。




         DSC_ヴィ2185_01










店内もおしゃれなフランス風家具が揃えられています。

テーブルは円卓です。

ワインレッドのテーブル掛けにも高級感があふれています。




         DSC_ヴィ2186_01





DSC_ヴイ2187_01











うれしいですネ!

メニューに日本語訳が添えてありました。




         DSC_ヴイ2188_01










ビールは、これもうれしいなじみの”サッポロビール”

現地工場で生産されているそうです。

味は日本の物より少しソフトな感じがしました。



         DSC_ヴイ2189_01











【サラダ】




DSC_ヴイ2190_01











【緑の野菜スープ】




DSC_ヴイ2192_01











【メインデッシュ】


メインデッシュは肉か魚の選択。

そして選んだのは肉のメニューで

「トマトソースを絡めたブロッコリーと人参トマトソース、ロース揚げ」

豚肉でした。

ヘルシーメニューです。

どちらかと言うと女性客を意識いているようです。




DSC_ヴイ2194_01











【デザート】


「チョコレートソースをかけたバナナクレープ」




DSC_ヴイ2196_01














以上、とても美味しかった 『Maison Vie』 でした。

食べる | 22:24:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ シーズンオブハノイ ~
今日の夕食はこちらです。

ハノイの人気観光地”ホアンキエム湖”にほど近い

歴史ある邸宅を改装した隠れ家的雰囲気を持つベトナム料理三ツ星レストラン

『シーズンオブハノイ』 です。

フレンチコロニアルな建物に瀟洒な香りが漂います。




         DSC_シーズン1855_01







DSC_シーズン1856_01












店内は、アンティークな調度品やテーブルウエアーも上品で優雅で洗練された

雰囲気です。




         シーズンオブハノイ 2




         yjimage 3











【ハノイビール】


ソフトなビールです。




         DSC_シーズン1861_01











【海鮮春巻き・パパイヤと牛肉サラダ・ソースかけ魚のフライ】




DSC_シーズン1864_01











【ホー】




DSC_シーズン1865_01












【春巻きのトマト煮】




DSC_シーズン1866_01











【豚肉の野菜炒め】





DSC_シーズン1867_01











【?】




DSC_シーズン1868_01











【チャーハン】




DSC_シーズン1870_01


食べる | 22:09:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ファースト(甲天下飯店) ~
今日のランチは 『ファースト(甲天下飯店)』 です。

大衆的でリーズナブルなベトナム風中華料理だそうです。



DSC_中華1764_01











店内は、明るい雰囲気の内装になっています。

テーブルは、中華料理独特の回転丸テーブルです。

これは日本ではおなじみです。




DSC_中華1766_01











とりあえずビールの銘柄は「サイゴンビール」 35,000ドンにしてみました。

「ハノイビール」より少しガツンとくる感じです、





         DSC_中華1767_01











【瓜のスープ】




DSC_中華1769_01











【?】



DSC_中華1771_01











【牛肉のスペアーリブ】




DSC_中華1773_01











【マーボー豆腐】



DSC_中華1779_01











【野菜炒め】



DSC_中華1780_01











【黒ゴマ甘酢】



DSC_中華1784_01










  ≪言い訳≫


食材名は全て後日の独断による推定です。

中華ですので、食材は次々にテーブルに運び込まれるし、

そのたびに、ターンテーブルは、廻るし、そのたびに取り皿に取り込まなければならないし

速く食べないと小皿が空かないし

写真は撮らなければならないし、仲間の話も聞かなければならないし

応答もしなければ。

食材の名を日本語で確認して記録する間がありませんでした。

したがって、写真の数は足りないし、満足な解説もできませんでした。

すいません。

中華料理は忙しいです。





以上 『レストラン ファースト(甲天下飯店)』 でした。

食べる | 16:45:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad