■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 深川八幡祭り(水掛け祭り) ~
江戸三大祭りの一つ『深川八幡祭り』通称”水掛け祭り”がやってきました。

今年は三年に一度の「本祭り」です。

例年30万人の観客が訪れ、威勢のよい「神輿」と「水掛け」で街中が盛り上がります。

『深川八幡祭り』は、江戸時代初期に、江戸幕府の命によって始められました。

江戸時代は、江戸城内まで神輿が渡御したそうです。

その関係もあって、現在でも皇居前まで神輿を担ぐ事があります。

その人気は、江戸時代より現代まで下町庶民により継続されています。

昔、隅田川にかかる「永代橋」が集まった観客の重さに耐えきれず

崩落してしまったこともあるそうです。











交通規制された「永代通り」は53基の神輿が来るのを今や遅しと待つ観客で一杯です。




DSC_深6424











今日の祭のもう一方の主役でもある”水掛け隊”です。






DSC_深川6434_01










行列の先頭を切るのは、江戸っ子の代表”火消”の木遣部隊。

昔は”いなせ”だったのでしょうね? (失礼)



DSC_深川6440











こちらは、バリバリ現役の ”手古舞” です。

”錫杖”のシャンシャンとなる音が、何とも涼やかに響きます。




DSC_深川6448_01





         DSC_深川6449_01





DSC_深川6553_01











いよいよ神輿の登場です。

渡御が行われる道路沿いのあちこちに「水掛け」の用意がされていますが

一番は何と言っても永代橋を渡って直ぐのところ

大型トラックの荷台にビニールシートを敷いて、消火栓から水を汲み上げ荷台満杯にし、

その水を20人掛かりで担ぎ手に投げつけるようにかけ続けます。

清めの水 です。




DSC_深川6458_01





DSC_深川6625_01





DSC_深川6499_01











担ぎ手は、神輿の重さと、水の圧力に耐えなければいけません。

暑さの中とは言え、これだけ掛けられると風邪をひかないか心配になります。






DSC_深川6521_01 - コピー





DSC_深川6609_01





DSC_深川6660_01










大変なのは、担ぎ手だけではありません、水の掛け手も必至なんです。

勿論、掛けている本人もびしょ濡れです。




      
  DSC_深川6462_01











神輿の上に”ビックウエイブ”が出来ています。

葛飾北斎も顔負けではないでしょうか。




DSC_深川6625_01





DSC_深川6651_01





DSC_深川6708_01





DSC_深川6742_01





DSC_深川6764_01











そして、ゲリラ豪雨 状態もあります。

視界不良!

勿論観客にも容赦なく水は降りかかります

濡れても良い服装が必要です。

近づきすぎた観客に、わざと水をかける方もいるようです。

特に、女性はご注意を!!



DSC_深川6611_01











戦い済んで!!


びしょ濡れで!!





『深川八幡祭り』の神輿を担ぐときの掛け声は、

古来の伝統を引き継ぐ『神様を和を持って背負う』 


”ワッショイ ワッショイ!!” です。




DSC_深川6539_01





         DSC_深川6636_01





DSC_深川6682_01










でも、なんだかほっとしているような爽やか笑顔ですネ!!




         DSC_深川6691_01











以上 『深川八幡祭り(水掛け祭り)』 でした。

スポンサーサイト
| 05:52:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 神田祭 2017 ~
さ~ぁ、お江戸に夏がやってきた。

夏を知らせる「夏祭り」が始まった。

「下谷神社大祭」に続いて、2年に一度の『神田祭』の始まりだい。

神田の町に,太鼓囃子が鳴り響き200基の神輿が練り歩く

想像しただけでもわくわくします。

はやる気持ちを抑え、まずは”神田明神”にご挨拶




DSC_神田3451_01










が~あんー!!

人、人、人で、全然前に進みません。

30分ほどかけてここまで来ましたが

ここで終わりです。前に進む気配がありません。

仕方なく”隋神門”を潜ることなくここから引き返します。




DSC_神田3452_01










ぐるっと回り道をして「男坂」を登って何とか境内に入ることができましたが

とても宮入の見える参道には近づけません。

今年は前回より遥かに人出が多い。

宮入神輿の撮影を断念です。




         DSC_神田3454_01











少し神田の町をぶらついてみます。

どこかで神輿に出会うでしょう。

その前に子供達です。

子供たちにとっても2年に一度のお祭りは待ちに待った一大イベントです。

頭も”神田祭カット”でおでましです。




         DSC_神田3459_01











大人の神輿がやってきました。

威勢がいいですネ。

何とラッキーなんでしょうか

本社神輿の「神田市場(江戸神社)」千貫神輿です。

さすが千貫神輿だけあって、大きいですネ。

「六天棒」で大勢の担ぎ手が担いでいます。




         DSC_神田3464_01











「担ぎ手」は総勢2000人。

毎年新調された江戸文字で「市場」と書かれた印半纏を着用しなければ

この千貫神輿を担ぐことが出来ません。

過去の印半纏でもだめです。巡行に付きそうこともできません。

又、印半纏は介添用、役員用など揉め事や事故を起こさぬよう厳格に決められています。




DSC_神田3485_01










「神田市場」は平成2年太田市場に移転するまで江戸時代から

秋葉原駅前にあった東洋一と言われたこともある青果市場です。

その守り神が江戸で最古の神社と言われ当初は江戸城内にあった「江戸神社」です。

現在は「神田明神」内にあります。

したがって、神田市場の千貫神輿は「神田明神」の本社神輿となります。





DSC_神田3494_01











「神田市場」の千貫神輿は、神田市場が太田市場に移転したため

「お神酒所」はJR秋葉原駅前のプラザ広場に設営されます。




DSC_神田3516_01













今度であったのは「龍角散」のテレビコマーシャルに登場する「豊島町」の神輿です。

「神田市場」と比べるとさすがに小ぶりです。




DSC_神田3520_01











とは言っても担ぎ手の方は決して楽ではありません。

「セイヤ、ソイヤ」





         DSC_神田3535_01





DSC_神田3542_01












〖その他のスナップ〗





やっぱり夏と言えば浴衣でしょうか、欠かせないロケーションですよネ。




DSC_神田3607_01











力強さも祭の魅力




DSC_神田3601_01






DSC_神田3593_01










女性も負けていません。

最近の女性は力強い!!





         DSC_神田3580_01





         DSC_神田3588_01












〖今日一のお気に入り〗




DSC_神田3612_01












以上『神田祭』 でした。

| 20:43:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 川越まつり ~
2年ぶりに「川越氷川祭」 通称『川越まつり』に来ています。

360年以上続く、”川越氷川神社”の祭事で、

国の重要無形文化財にも指定されています。

2日間で80万人の人出を数えるそうです。




         DSC_川8472
         






≪特徴≫


「神田祭」や「三社祭」のような”神輿祭”ではなく、”山車曳行(だしえいこう)”を

中心にした祭りです。山車の曳き回しと共に山車の舞台上で町内独自の囃子が演奏される。

又、曳き回しでは他の山車祭にみられるような順路が決められた「巡行」ではなく、

町内独自に自由に曳き回しを行なっている。

山車の構造は三層となっていて、山車の舞台から上が360度回転させることが出来る

のも「川越山車」の大きな特徴と言える。











≪見どころ≫




山車と山車が道ですれ違う時、山車と山車を向かい合わせにして、

それぞれの「囃子」を演奏し合う。これを”曳っかわせ”と言って

『川越まつり』の一番の見せ場、盛り上がり処です。

一昨年の『川越まつり』のブログ記事で「曳っかわせ」の際

「相手の囃子につられてしまった方が、道を譲る」と書きましたが

それは、どうやら間違いのようです。

元来「曳っかわせ」は相手の山車の御神体に囃子を奉納する為でであり

勝ち負けを争うものではないそうです。

山車の進行については、運行状態に応じて責任者同士が打合せの上で

どちらが進むか判断するそうです。











≪クライマックス≫


大方の”祭”がそうであるように

この『川越祭』も、夜の戸張が降り、山車の提灯に灯が燈り始めると

祭好きの血が沸騰し始めます。

これからが本番です。




DSC_川8506_01





         DSC_川8512_01



             〖野田五町    八幡太郎義家(源 義家)〗












         DSC_川8613_01







         DSC_川8524_01



                 〖連雀町   太田道灌〗












         DSC_川8543_01



                   〖仲町   羅陵王〗












         DSC_川8550_01



                〖仙波町   仙波二郎安家〗












         DSC_川8618_01





DSC_川8619_01



                〖西小仙波町   素戔鳴命〗












≪梯子乗り・夜空の舞≫




蔵造り通りの中央で、川越鳶による”梯子乗り”が行われていました。




         DSC_川8562_01




         DSC_川8585




DSC_川8587





DSC_川8592_01












≪曳っかわせ≫





「連雀町」と「西小仙波町」の”曳っかわせ”です。




DSC_川8625_01




DSC_川8628_01












「新富町一丁目」と「今成町」の”曳っかわせ”





DSC_川8665_01




DSC_川8668_01











〖FURIMUKANAIDE〗




DSC_川8526_01





         DSC_川8530_01





          DSC_川8533_01





DSC_川8538_01






         DSC_川8656_01










以上、とってもにぎやかでわくわくするような 『川越まつり』 でした。

今年は2日間で、98万人の人出があったそうです。 すごいですネ。

| 21:24:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ たたら祭り ~
またまた、今年も『たたら祭り』がやってきました。

祭の内容はほぼ毎年変わりませんので、サラッと紹介したいと思ます。

『たたら祭り』は、川口オートレース場とその周辺を使って行われます。




DSC_たたら6287










これも何度か説明しましたが、再度復習します。

「たたら」とは、製鉄の時に風を送る「ふいご」ことを意味します。

「たたらを踏む」とは「ふいご」を足でばたばた踏みつけて風を送る動作の事です。

この作業はかなりの重労働だったので、その辛さを紛らわす為に「たたら節」などと言う

労働歌が生まれました。

また、俗に言う「地団駄」とは「地たたら」が転じた表現です。

悔しくて、足をバタバタさせている様が「地たたら」を踏む様子に似ているからでしょうか。


まあ、いずれにしても「鋳物の街、キューポラの街 川口」の祭にはぴったりのネーミング

ではないでしょうか。











「オートレース場」の正門を入った直ぐの広場に、いつものようにメインステージが

造られていました。




DSC_たたら6281










炎天下なので、観客はまだ、まばらのようですが、若い女性歌手が一生懸命

歌謡曲を熱唱しておりました。

中々、お上手でしたよ。




         DSC_たたら6280_01











いつもは、しっかり閉ざされている「改札口」を今日は「フリー」で通り抜けると

場内には、これでもかと露天が軒を並べています。

どうやら、毎年ほぼ同じ方が同じところに店を出しているようです。

顔はともかく、売っているものの並びがいつも同じです。

これも「既得権」なのでしょうか。




DSC_たたら6285




DSC_たたら6286











午後2時になると、全面道路が封鎖され歩行者天国となり、

路上で、イベントが行われます。

さっそく川口名物 ”川口初午太鼓”の演奏が始まりました。

”初午太鼓”もおさらいします。


川口は、鋳物の街・キューポラのある街です。

正確には「でした。」過去形でしょうか。

「鋳物の街」とは見方を変えると「火を使う街」とも言えます。

それぞれの鋳物工場にとって、あるいは町全体にとっても、

火事が一番怖い事故、一番避けなければならない事故でした。

そこで、それぞれの鋳物工場では一年の初めの「午の日」に稲荷神社に「ひぶせ」を願い

「初午太鼓」叩いて奉納しました。これが「初午太鼓」の始まりです。

この初午の日は、どこの工場でも太鼓を打ち鳴らすので荒川を越えて

対岸の赤羽まで響き渡ったようです。




DSC_たたら6314_01





         DSC_たたら6322_01











そんな歴史もある川口には、沢山の和太鼓演奏グループがあります。

毎年3月には「川口初午太鼓コンクール」が開催されています。

今年でなんと46回目だそうです。

キューポラは無くなっても、こんな伝統は残したいですよネ。




          37a7c5ddf93fe6b7564235e31fc52283-212x300.jpg










幾つかのグループが、一緒になって演奏しているのでしょうか。

名前の違う法被を着ています。




         DSC_たたら6355_01






         DSC_たたら6418_01




         DSC_たたら6347_01




         DSC_たたら6394_01





         DSC_6425_02.jpg




勇壮ですネ!


      アッパレ!! です。







以上 『たたら祭り』 と 『初午太鼓』 でした。

| 10:46:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 金沢 百万石まつり ~
何年かぶりに 『金沢 百万石まつり』 を観に来ています。

新幹線の開通に合わせて、東京からの集客を見込んだのか

開催の曜日や時間が、変わっています。

メイン行事の「百万石行列」が日曜日から土曜日のしかも午後からとなっています。

まあ、そのおかげで見に来れている訳なので、取り合えず感謝でしょうか。




DSC_4619.jpg





DSC_4640.jpg











『金沢 百万石まつり』 は、加賀藩祖 前田利家公が天正11年(1583年)に

金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業を偲んで開催されています。

今年で65回目です。

豪華絢爛な「百万石行列」をはじめ、四百年余にこの地に受け継がれてきた

伝統行事が、賑やかに繰り広げられます。











〖加賀百万石 「盆正月」〗


藩政期には、前田家の嫡子誕生や官位昇進などの慶事を城下を挙げて祝ったそうです。

「まるで盆と正月がいっぺんに来たような騒ぎ」から名付けられたようですが

それを『百万石まつり』の中で再現したイベントです。


金沢城三の丸広場と北園地で行われていました。


まずは開始にあたり、観客に「振る舞い餅」が浴衣姿の女性から配られました。

幸運の餅でしょうか。


DSC_4626.jpg








有り難く、頂戴いたしました。

涼しげな「水菓子」ゲットです。




DSC_4634.jpg











  ≪八坂神社 彌榮太鼓≫




  毎年一月七日に「宇出津 八坂神社」に奉納する暴れ太鼓です。

  能登に伝わる伝統芸能の一つです。




DSC_4648.jpg




DSC_4653.jpg











  ≪武将隊≫ -上杉おもてなし武将隊ー


上越市から来た、本人が上杉謙信に成りきった、戦国時代寸劇です。




DSC_4674.jpg










  ≪加能座≫  加賀能登新古典振興協会




石川県を中心に、殺陣、剣舞、三味線、和太鼓などの古典文化の振興と普及を目指す

芸能集団です。






DSC_4851.jpg




         DSC_4874_01.jpg





DSC_4890_01.jpg










何か不気味な静けさを醸し出しています。

演技なのでしょうか。

それとも?




         DSC_4893.jpg









  ≪獅子舞≫  水牧上村獅子方(小矢部市)




北陸地方には沢山の「獅子舞」が地域の伝統芸能として引き継がれて来ています。

極端に言うと、町ごとに、村ごとに「獅子舞」があると言っても過言ではありません。

その中でも、富山県は全国屈指の数を誇る”獅子舞県”です。

今日は、その富山県の仲でも最も「獅子舞」が盛んな小矢部市から

水牧上村(じょうむら)獅子方の方々が『百万石まつり』に参加されてます。

小矢部市だけでも60のグループがそれぞれの獅子舞を舞うそうです。

どんな獅子舞か楽しみですネ。




DSC_4702_01.jpg





DSC_4938_01.jpg








出番前です。

何を思っているのでしょうか。

気になりますよネ。





         DSC_4901_01.jpg










演目を4つ程演じてくれました。

今度は少しお兄ちゃん達のようです。




DSC_4737_01.jpg





DSC_4739_01.jpg





DSC_4749_01.jpg




DSC_4754_01.jpg





DSC_4762_01.jpg





DSC_5074.jpg












〖百万石行列〗





≪出発式≫


金沢駅前で出発式が行われますが、ものすごい観客で近づけません。




DSC_5077.jpg










≪ミス百万石≫



綺麗ですね。

毎年、毎年何処から探してくるのでしょうか。




DSC_5084_01.jpg










≪獅子舞≫



石川県も富山県に負けないくらい、町々に”獅子舞”が存在します。




DSC_5085.jpg




DSC_5096.jpg




DSC_5095.jpg










≪加賀鳶≫



火消鳶の伝統は、脈々と引き継がれています。

行列の途中で「はしご登り」を披露します。

この後を引き継ぐ予定の「子供はしご登り隊」も40名程おりました。




DSC_5098.jpg










≪尾山神社御鳳輦(ごほうれん)≫


御鳳輦(利家公の分霊)の渡御行列です。




DSC_5101.jpg




DSC_5100.jpg










≪珠姫御輿入れ行列≫


徳川2代将軍秀忠の娘『珠姫』が利家公の4男3代藩主利常公に輿入れした時の

行列を再現しています。

珠姫、利常役だけでなく、当時に習って遊び相手役も選ばれています。




DSC_5106.jpg





DSC_5107.jpg










≪奴 行列≫



『百万石行列』の名物の一つです。

ただ残念なのは、行列の開始時間が観光時間合わせて遅くなり、

それに伴い「奴行列」の人数が減らされ短くなっていました。

当時を思わせる、奴同士の荷物の「投げ渡し」が観られなくなったのも

寂しいです。




         DSC_5114.jpg





         DSC_5116_01.jpg





           DSC_5120_01.jpg





         DSC_5123_01.jpg










≪お松の方行列≫



今年の「お松の方」には女優の 笛木優子 さんが扮してます。

「お松の方」は12歳で利家公と結婚し、後年は家康による前田家への嫌疑を解くため

江戸城に人質として赴くなど、加賀藩の安泰につとめた。




         DSC_5125_01.jpg




DSC_5128_01.jpg










≪4,5代藩主行列≫




         DSC_5142.jpg










≪前田利家入城行列≫




今年の利家公には、俳優の 袴田吉彦 さんが扮してます。

利家公は尾張の荒子に生まれ、織田信長の家臣の中核となって、「桶狭間の戦い」など

数々の戦いで武勲をたて「鎧の又佐」と呼ばれていた。

天正11年6月14日、金沢城に入場した。

以前は、この日の前後にまつりが行なわれていましたが、天候の具合もあって

現在の日にちになったようです。




         DSC_5144.jpg






         DSC_5147.jpg



         








≪赤母衣衆(あかほろしゅう)≫



織田信長には、赤と黒の母衣衆がいましたが、利家公は赤母衣衆の筆頭として

活躍をした。

「母衣」は後ろからの流れ矢を防ぐ為に空気で膨らませた布袋を担いで馬に騎乗して

戦場に乗り込む。




         DSC_5161.jpg





DSC_5162.jpg











以上、 『金沢 百万石まつり』 でした。

| 22:58:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad