■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 三社祭 2018 ~
今年も700年以上の歴史を持つ『三社祭』が浅草にやってきました。

100基以上の神輿が練り歩く壮大な様は『三社祭』ならではの光景です。

雷門通りは、行き交う神輿と、その祭囃子で賑やかです。

三年前までは、あちらこちらで全身刺青のお兄さん達が下帯一つで神輿に乗って

町内神輿を先導し、挙句の果てには喧嘩沙汰を起こすことも珍しくありませんでした。

それゆえに三社祭は”やくざ祭”と比喩されていましたが、

現在はは「暴対法」によりそれもなくなり、丸金の法被を着た方々もいなくなり

さらに今年からは、「担ぎ棒」も神聖な神輿の一部とみなされ、人命救助等の緊急事態以外は

休憩時といえども、「担ぎ棒」に足を掛けて乗ることが禁止となりました。

そんなことで、より一層一般市民が安心して『三社祭』に参加、見学しやすい環境になりました。




それではまず、町内神輿です。




男性に交じって威勢がいいですネ。

と言うより男性がおとなしすぎるのかも。



DSC_三社2013_01









こちらは、少しお澄ましすぎ、もっとパーッとはじけなきゃ年に一度の祭だから!

 せいやっ、そいやっ!




DSC_三社2176_01







こちらは少しお疲れ気味でしょうか。

スカイツリーが後ろから応援してますよ。

お父さん、前の人に抱きつくのはやめましょう。



         DSC_三社2202_01






まあ、そうはいっても「ハナ」を担ぐのは結構疲れます。

がんばれ!




         DSC_三社2216_01








こちらは、至って元気ですネ!

やっぱり祭は明るく陽気じゃなきゃ‐ネー \(^o^)/

明るく、陽気に、いきましょうー!






DSC_三社2223_01








         DSC_三社2250_01













これはすごい写真じゃないですか!

担ぎ手の間に入ってしまってます。

しかも、しゃがんでるし!。

怖ーっ!! (*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

実は、怖・楽 かも !!


でも危ネーし!!


やっぱ、危険なことはやめましょう! ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ






         DSC_三社2261_02











少し、路地に入ってみます。

大好きな「ホッピー通り」です。

どの店もほぼ満席ですネ。 (゚д゚)

今日は暑いから、ビール、ホッピーが売れてるでしょうネ。

良いことですね!!  景気の底上げは、まず「ホッピー通り」から!








角付の「大国さん」がいました。

顔は笑顔ですけれど寄付の集金集めです。

ご用心、ご用心!




DSC_三社2140_01









奥の方の町の様子が、様変わりしてました。

露店などがなくなり、大きなホテルが建ってます。

でも残ってましたね! 人気NO1の「正ちゃん」

良かったですね。

しかも相変われず満席で、道路が青空食堂に。




DSC_三社2149_01







しかし、一番奥の”初音小路”は解体されてビルの建設中でした。

又、ホテルにでもなるのでしょうか。

残念ですネ。 昭和は遠くなりにけり か!!












本社神輿が雷門通りにやって来ました。

三つある本社神輿の内の”三之宮” です。

渡御している神様は、”三社”の名前の由来となった3人の神様の内の

桧前竹成命(ひのくまたけなりのみこと) です。




DSC_三社2073_01












重さは、「二之宮」と同じ1000kg

町内神輿と違って、重さ、大きさもさることながら担ぎ手の迫力が違います。

担ぎ手の数が違います。

3つの本社神輿を担ぐのに、担ぎ手が1万人必要と言われています。

神田明神の本社神輿は、一基で2000人の担ぎ手が必要と言われていまが

「三社」は一基あたりでも神田明神の本社神輿を凌ぐことになります。



まず、は担ぎ手の数から




DSC_三社2074_01





すごいでしょー!

ここに写っている人のほとんどが担ぎ手です。

雷門通りが担ぎ手で埋め尽くされています。

見学者は危ないので両脇の屋根のある歩道に揚がっています。

勿論、かく言う私も怖いので歩道の上です。






では「三之宮」の暴れぶりをどうぞ!



担ぎ手を無理やりはがしたり、押し込んだりしています。

勢いがついているので周りに居る担ぎ手も逃げ惑っています。



DSC_三社2036_01





DSC_三社2065_01






2枚の写真の神輿の方向が逆になっています。

右に行ったと思えば、左

前に行ったと思えば、後ろ

と思えばUターン

要するに、進行方向制御が不能になっています。

とても危険です。 

先頭に居る誘導責任者はスピーカーで声をからして、方向を支持していますが

神輿は、どこ吹く風、唯我独尊です。


押し倒されて、転ぶ人もいます。

隣の人に縋り付いている人もいます。

担ぎ手同志で小競り合いも起きています。

町内神輿と比べてみてください。

笑っている人など一人もいません! 真剣勝負です。

どうやら、反対側の歩道に突入したようです。大丈夫でしょうか。




DSC_三社2067_01





DSC_三社2076_01










何とか、向かうべき方角を向いたようです。

担いでいる人も方向を調整している人も必死です。

それでもさすがに今年は担ぎ棒に乗っている人はいませんネ。

通達が聞いているようです。










DSC_三社2079_01





DSC_三社2085_01






DSC_三社2091_01










何とか、”馬のある場所(担ぎ手の引き継ぎ場所)”に到達したようです。

100メートルを一時間程かかりましたかネ。



ヨォーオ! 

 しゃしゃしゃん しゃしゃしゃん しゃしゃしゃんしゃん お疲れーぃ!!




DSC_三社2103_01










お互い無事で良かったです。

さすがに今日は危険を感じて怖くなりましたネ。

私も逃げました。

凄い迫力です。


さすがに女性の担ぎ手は見かけませんでしたネ。




とりあえずまた来年も、見にきたくなりました。


以上 『三社祭2018』 でした。




     ソイヤー !!

スポンサーサイト
| 05:35:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 下谷神社例大祭 ~
江戸の夏祭りの走りの一つ、1000年の歴史を持つ『下谷神社祭』です。

今年は、本社神輿の渡御が行われる「本祭」です。


「宮出し」が終わったばかりで、一時の静寂流れる『下谷神社』の境内です。




DSC_下谷1793_01






DSC_下谷1796_01










舞殿では恒例のお囃子が演じられています。




DSC_下谷1795_01











参詣後、早速境内に掲示された「本社神輿渡御道筋図」に基づき

本社神輿の後を追う。

ほぼ予定通りの時間に予定通りの場所を「渡御」していました。



まず先導役の猿田彦(さるたひこ)一本歯の高下駄が凄いですね。 

日本神話に登場する神様です。

今はちょっと休憩です。




         DSC_下谷1814_01






千貫神輿といわれるだけあって、大きいですネ。

その千貫神輿が、下町の狭い路地を渡御するので、かえって迫力が増します。





DSC_下谷1833_01






男性に交じって女性も担いでいます。

祭の神様は、相撲の神様みたいに度量が狭くないですネ。




DSC_下谷1805_01







DSC_下谷1840_01











担ぎ手が多い分だけ、迫力も増します。

特に下谷神社神輿の渡御には新聞沙汰になるようなケンカ、トラブルがつきものです

撮影もひやひやしながら撮っています。

では、超接近映像を

命がけです!!


足がぶつかっているんですけど!!





DSC_下谷1846_01





DSC_下谷1850_01










渡御は、町内ごとに担ぎ手がその町内の担ぎ手と変わります。

これは1000年続く伝統です。

都営地下鉄上野検査場です。地下鉄の電車が地上で見える珍しい場所です。

ここで神輿とのコラボを撮りたかったのですが

残念ながらmタイミングが合いませんでした。




         DSC_下谷1801_01










粋な御姉さんも神輿の来るのを待ってます。




         DSC_下谷1830_01








担ぎ手が変わりました。

先ほどより少し元気がありますかネ。

沢山の担ぎ手が我よ我よと寄っていきます。







DSC_下谷1860_01





         DSC_下谷1867_01











行列の最後は、馬に乗った神主さんです。

中々格式がありますね。

さすが千年の歴史です。



         DSC_下谷1873_01









以上 『下谷神社大祭 神社神輿渡御 』 でした。


| 22:53:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 湯島天神白梅太鼓 ~
”烏森神社例大祭”のもう一つの楽しみが『湯島天神白梅太鼓』 です。

薫り高き湯島天神の梅園に、平安時代から時を告げる太鼓として伝わってきた

”時太鼓” に「動」の技法を加えて変化させた躍動美溢れる太鼓です。

渡御が始まる前に、SL広場で披露されます。




DSC_烏1485_01









太鼓の並びが変わりました。

揃っての太鼓から、個のパホーマンスになるようです。




         DSC_烏1415_01





         DSC_烏1484_01









アクロバティクですねー。




DSC_烏1460_01











今まで全員がお揃いの梅模様の白装束だったのですが、それを脱ぎ下ろし腰に巻き

いなせな「ダボシャツ」になりました。

更に激しい動きが始まるのでしょうか。




         DSC_烏1490_01










ばちを投げ上げるパホーマンスです。




DSC_烏1501_01





DSC_烏1534_01







上手く決まって決めのポーズです。




DSC_烏1542_01









一人パホーマンスです。

本人も楽しそうです。





         DSC_烏1543_01






         DSC_烏1561_01










こちらも一人パホーマンス。





         DSC_烏1582_01









DSC_烏1596_01







DSC_烏1619_01










以上、 『湯島天神白梅太鼓』 でした。

| 22:21:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 烏森神社例大祭 ~
このブログを始めて5年が経ちました。

気分転換に、ブログ名をマイナーチェンジしようと思います。

初めてころに比べると、貼り付ける写真の数が圧倒的に増えているので、

写真ブログのようになってしまっています。

そこで ”爺・写夢歩(じいしゃんぽ)~時空への戯言~” としてみました。

今後ともお引き立ての程宜しくお願いします。

(決して、戒名ではありませんのでお間違いなく)








本題に入ります。

さあ!  江戸の夏祭りが始まりました。

口火を切るのが、隔年毎に本祭が行われる『烏森神社例大祭』 です。

『烏森神社例大祭』と言えば、なんといっても”千貫神輿” ですよね。

新橋駅前のSL広場、鎮座してました。




DSC_烏1384_01






立派ですよね。

名匠と言われた神輿師『だし鉄』こと山本正太郎の最高傑作と言われるだけの

風格を感じます。

四面ある屋根の各面に切妻が載っている八つ棟型の神輿です。

蕨手には神社の名の通り烏が置かれている。











発興祭神事が始まりました。




DSC_烏1385_01











渡御開始です。

天狗を先頭に行列が続きます。




DSC_烏1683_01






          DSC_烏1684_01










【千貫神輿】




上を走っているのは「JR京浜東北線」です。




DSC_烏1714_01










思い神輿ですので、沢山の担ぎ手が必要です。

その沢山の担ぎ手が狭い道路を埋め尽くしているので

とても危険な状態です。




DSC_烏1716_01





DSC_烏1723_01











『烏森神社例大祭』には女神輿があるのですが、その担ぎ手が不足しているようです。

にもかかわらず、勇敢にも猛者に交じってこの千貫神輿を担いでいる女性たちがいます。

すごいですネ。




DSC_烏1727_01











それにしても、押しくらまんじゅう状態です。




DSC_烏1744_01











狭い道路にいた担ぎ手が広場に出ると、こうなります。

どれだけの人が、いたのでしょうか




DSC_烏1761_01










以上、『烏森神社の例大祭 千貫神輿』 でした。

| 19:55:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 深川八幡祭り(水掛け祭り) ~
江戸三大祭りの一つ『深川八幡祭り』通称”水掛け祭り”がやってきました。

今年は三年に一度の「本祭り」です。

例年30万人の観客が訪れ、威勢のよい「神輿」と「水掛け」で街中が盛り上がります。

『深川八幡祭り』は、江戸時代初期に、江戸幕府の命によって始められました。

江戸時代は、江戸城内まで神輿が渡御したそうです。

その関係もあって、現在でも皇居前まで神輿を担ぐ事があります。

その人気は、江戸時代より現代まで下町庶民により継続されています。

昔、隅田川にかかる「永代橋」が集まった観客の重さに耐えきれず

崩落してしまったこともあるそうです。











交通規制された「永代通り」は53基の神輿が来るのを今や遅しと待つ観客で一杯です。




DSC_深6424











今日の祭のもう一方の主役でもある”水掛け隊”です。






DSC_深川6434_01










行列の先頭を切るのは、江戸っ子の代表”火消”の木遣部隊。

昔は”いなせ”だったのでしょうね? (失礼)



DSC_深川6440











こちらは、バリバリ現役の ”手古舞” です。

”錫杖”のシャンシャンとなる音が、何とも涼やかに響きます。




DSC_深川6448_01





         DSC_深川6449_01





DSC_深川6553_01











いよいよ神輿の登場です。

渡御が行われる道路沿いのあちこちに「水掛け」の用意がされていますが

一番は何と言っても永代橋を渡って直ぐのところ

大型トラックの荷台にビニールシートを敷いて、消火栓から水を汲み上げ荷台満杯にし、

その水を20人掛かりで担ぎ手に投げつけるようにかけ続けます。

清めの水 です。




DSC_深川6458_01





DSC_深川6625_01





DSC_深川6499_01











担ぎ手は、神輿の重さと、水の圧力に耐えなければいけません。

暑さの中とは言え、これだけ掛けられると風邪をひかないか心配になります。






DSC_深川6521_01 - コピー





DSC_深川6609_01





DSC_深川6660_01










大変なのは、担ぎ手だけではありません、水の掛け手も必至なんです。

勿論、掛けている本人もびしょ濡れです。




      
  DSC_深川6462_01











神輿の上に”ビックウエイブ”が出来ています。

葛飾北斎も顔負けではないでしょうか。




DSC_深川6625_01





DSC_深川6651_01





DSC_深川6708_01





DSC_深川6742_01





DSC_深川6764_01











そして、ゲリラ豪雨 状態もあります。

視界不良!

勿論観客にも容赦なく水は降りかかります

濡れても良い服装が必要です。

近づきすぎた観客に、わざと水をかける方もいるようです。

特に、女性はご注意を!!



DSC_深川6611_01











戦い済んで!!


びしょ濡れで!!





『深川八幡祭り』の神輿を担ぐときの掛け声は、

古来の伝統を引き継ぐ『神様を和を持って背負う』 


”ワッショイ ワッショイ!!” です。




DSC_深川6539_01





         DSC_深川6636_01





DSC_深川6682_01










でも、なんだかほっとしているような爽やか笑顔ですネ!!




         DSC_深川6691_01











以上 『深川八幡祭り(水掛け祭り)』 でした。

| 05:52:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad