FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 越辺川の訪問者 ~
それは、都心から小一時間ほどのところにありました。

埼玉県川島町(かわじまちょう)の越辺川(おっぺがわ)です。

情報では80羽と聞いていましたが、それ以上いるように思います。

そうです。 シベリア方面からの冬の訪問者コハクチョウの群れです。

白鳥と言うと北海道とか新潟とかが頭に浮かびますが

都会にほど近いこんなところまで来ているんですネ、初めて知りました。

ここ川島町には2003年から飛来しているそうです。

朝の6時に現地に着いた時には、薄明りの中、半分ぐらいの白鳥がまだ寝ていました。

面白いですネ。 寝るところは主に越辺川の支流となる飯盛川の樋門までの窪みです。

三方が囲まれていて外敵から身を守りやすいからでしょか。

起きた後の朝散歩には越辺川に出て来ます。そこでぶらぶらした後

集団で水上の滑走スタート場まで行進していきます。歩きではないので遊泳ですか?

ちゃんと決めごとが出来ているのですネ。不思議です。

すっかり夜が明けた7時過ぎごろから捕食の為に飛び立って近所の田んぼなどに向かいます。


滑走場で待機しているグループです。

何を待っているのでしょうか?




s-白鳥DSC_0867_01







行進は、グループで行動しますが、まれにつがいとか単独行動の者もいました。

其の途中で観ている我々に興味を持ったのか単独で足元まで寄ってきました。




s-白鳥DSC_0844_01










つがいです。こちらも足元までやってきました。

白鳥は一度つがいになると一生死ぬまでつがいでいるそうです。

人間も見習いたいものですネ。




s-白鳥DSC_0809_01










白鳥は、飛び立つのに助走が必要なんです。

水の上を走っているんだそうです。

バシャバシャバシャと音がするのですぐにわかります。

風の様子を読んだリーダーの鳴き声がスタートの合図です。




まず滑走から始まりです。

一斉スタートです。




s-白鳥DSC_1101_01









1グループ3羽から10羽程度で飛び立ちます。

本当に水の上を走っているのか確認してみてください。




s-白鳥DSC_0901_01





s-白鳥DSC_0926_01





s-白鳥DSC_0929_01





s-白鳥DSC_0958_01





s-白鳥DSC_1205_02



これだけでは浅瀬を走っているのか、本当に水面を走っているのかわかりませんね!










離陸です。いや離水と言うべきでしょうか。

本人たちにとっても緊張の一瞬ではないでしょうか。

まさに飛行機の離陸と一緒ですね。




s-白鳥DSC_1216_02






s-白鳥DSC_1128_01



s-白鳥DSC_1129_01






上昇気流に乗って上昇です。




s-白鳥DSC_1041_02





s-白鳥DSC_0987_01




s-白鳥DSC_1459_01















所定の高さに上ったら方向を確かめるための旋回飛行です。

飛行機で言うと機械による自動運転でしょうか、まず一安心です。




s-白鳥DSC_1001_01








s-白鳥DSC_1413_01







s-白鳥DSC_1409_01









つがいは空の上でも一緒です。

仲良くランデブーでしょうか。




s-白鳥DSC_1336_01





s-白鳥DSC_1419_01









本日のお気に入りショット です。


手と手で通じ合う~。




s-白鳥DSC_1443_01







以上、白鳥三昧の『越辺川の訪問者』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポンサーサイト



旅・はいかい | 18:11:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
~フラワーズバイネイキッド2020ー桜ー ~
今年もその時期がやってきました。

デジタルアートで楽しむ、日本一早いお花見

 『フラワーズバイネイキッド2020-桜ー』 日本橋三井ホールです。




s-ネイキッドnKg






s-旭川DSC_0539_01





入口を入るとすぐに、草月流 第四代家元・勅使河原茜とのコラボレーションした

スケールの大きな生け花が出迎えてくれました。

シャキッと背筋が伸びました。




s-旭川DSC_0542_01





s-旭川DSC_0657_01





         s-旭川DSC_0649_01




”花はいけたら、人になる” のような気がします。








今年のテーマはーーです。

センターに大きな桜の木が作られていました。

そこをカウンターが囲みドリンクが出来るようになってます。




       s-旭川DSC_0555_01





s-旭川DSC_0568_01










今年は、ダンサーがステージや会場内で春のダンスをパホーマンスいています。

プロジェクションマッピングと合わせ、春を演出しています。



s-旭川DSC_0550_01





         s-旭川DSC_0582_01





ダンサーが2人になりました。




s-旭川DSC_0636_01









また増えて3人になりました。

ダンスのスケールも大きくなったように思えます。



s-旭川DSC_0660_01










今日一のお気に入りショットです。




         s-旭川DSC_0665_01










以上、春の香、薫る 『フラワーバイネイキッド2020-桜ー』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 11:10:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 美瑛の丘続編&ペンギン散歩 ~
今日も、美瑛の丘を散歩する予定ですが、その前にホテルの裏口から1~2分ほどの

ところにある”白ひげの滝” を見学です。

本当にホテルの裏庭のようなところにありました。

湯気で靄っています。



       s-白髭の滝DSC_0297_02





十勝岳連峰の地下水が溶岩層の割れ目から、白ひげのように美瑛川に流れ落ちていく

ので「白ひげの滝」と名づけられたそうです。落差は約30メートルあります。

地下水が溶岩層などの裂け目から落ちる滝を「潜流瀑(せんりゅうばく)」といい、

日本でも珍しい滝のひとつだそうです。

滝の水は、温泉の水とも混ざっているので、凍らずに流れ落ちますが、落ちた水の一部は

水蒸気となり、木の枝につくと忽ち樹氷となります。

事実滝の水の落ちてないところは、樹氷や氷柱の林となっています。

ちなみに、今日の夜明け時の外気温は約ー14℃だそうです。

確かに、耳は千切れそうだし、外気に触れている頬はチクチクと針が刺さっているようです。

写真は滝のすぐ横です。 モノクロ写真ではありませんヨ、念の為。




         s-白髭の滝DSC_0299_02
 










この滝自体はさほど大きな滝ではありませんが、美瑛町にとってはかけがえのない大切な

滝となっています。この滝から美瑛川に落ちた水は、美瑛川に”コバルトブルー”の流れを

生み出してくれています。美瑛川が通称”ブルーリバー”と呼ばれるのはこの滝の

おかげです。

最近脚光を浴びている”青い池”の青さもこの滝から運ばれた水のおかげなんです。

滝壺の部分が青みがかっているのが判ると思います。




s-白髭の滝DSC_0344_02







もう少し近づきます。




s-白髭の滝s2_0016592










”白ひげの滝”から下流を見ると一目瞭然です。

”ブルーリバー” の誕生です。




         s-白髭の滝DSC_0313_01




”白ひげの滝”は美瑛町の観光にとっては「恵みの滝」なんです。











【ケンとメリーの木】



JR美瑛駅から車で5分ほどのところの、なだらかな丘陵地帯ににありました。

若い方には全く記憶にもないでしょうが、オジサン達には、とっても懐かしい青春の記憶です。

1972年(昭和47年)9月から1977年(昭和52年)まで発売された「ケンとメリーのスカイライン」こと

日産・4代目スカイラインのCM第15作「地図のない旅」編のロケーション撮影地として一躍有名に

なったスポットです。

もちろん、スカイライン自体も若者のあこがれの的、スカイラインに乗ることがステータスのように

なったきっかけのメモリアルなモンスターCMです。

そのCMのカップルの名前をとってつけられたポプラの大木 「ケンとメリーの木」

まだ生きていたのですね! 感激です!




         s-旭山動物園DSC_0360_01







確かにちょっとお年を召しましたかネ。

枝に雪でも積もっていれば、もう少し絵になったかもしれませんが

あのCMで使われなかったら、ただの境界の目印の木で一生を終わったのでしょうが

それが一瞬にして日本中の若者のあこがれの場所になりスターとなったのですからすごいですね。

まっすぐ天に向かって伸びる姿は若者の将来の希望を暗示しているようで

爽やかで今でも好感を持てるのではないでしょうか。

まだまだ”スター”は生きている!











【セブンスターの木】



昭和51年に日本専売公社(現・JT)の販売する「セブンスター」の観光たばこ「北海道の旅」に、

このカシワの木が使われました。

観光たばこは、昭和42年に始まった企画で、たばこのパッケージに全国の観光地の写真を

プリントし、観光促進を促す目的で始まりました。




s-旭山動物園DSC_0374_02





s-旭山動物園DSC_0377_01






ところが、残念なことに現物は残っていないし、写真もないし見たことのある人も

ほとんどいないそうです。 現況は昔話だけの木になってしまっているようです。

JT(専売公社)に行けば写真ぐらいはあるのではないでしょうかネ。

ちなみに、私はの生まれ故郷は南房総の館山というところですが、そこに北条海岸という

湾があります。鏡のように波が立たないので通称”鏡が浦”と呼ばれていますが、子供の頃は

夏になると毎日そこで泳いでいました。

そこも、観光たばこのパッケージになりました、使い終わったパッケージですが写真が

ありました。 貴重な写真です。

たばこの種類は、今はもうなくなったかな?赤いパッケージ印象的だった”CHERRY” です。


よく見ると 波 ありましたネ!


s-美瑛1-1s-美瑛2-2


                                【提供 観光たばこ -magicboy





”セブンスターの木” のパッケージ写真もどこかに残っていると良いですね!









「セブンスターの木」の横にも素晴らしい景色が用意されていました!

”白樺並木” です。

無人の白銀に白樺の木が1列整然と並んでいます。

なぜか、サハラ砂漠を歩く一列のラクダの群れを彷彿させられました。

”雪の砂漠に凛と佇む白樺並木” でしょうか。



s-旭山動物園DSC_0369_02





空の碧さも、雪の白さも、白樺の木の気高さも最高に良かったけれど、もっとよかったのは

隣国の友人達が引き上げてくれたタイミングの良さが最高でした。

早くても遅くても、並木の数と同じくらいの人並をファインダーに入れることになったと思います。

おかげで ”サイレントファンタジー”でしょうか、広さが増幅されたような気がします。












【旭山動物園】



旭川の定番観光スポットといえば「旭山動物園」ではないでしょうか。

一時は、年間入場数が減少して廃止まで検討されたお荷物動物園が

「行動提示」を導入して今では、東京の上野動物園の入場者数を抜いて日本一になったと

聞きました。素晴らしいですね。 あっぱれです!!

大都会と言う人口と「ジャイアントパンダ」と言う、ガリバーな集客力を持っているところを

手作りの工夫で抜いたのだから称賛に値しますよネ。 立派です







   ≪オオカミ≫



女性の場内アナウンスに応えるように、みんなで遠吠えをしています。

これも行動展示の一つなのでしょうね。




s-旭山動物園DSC_0384_01











   ≪レッサーパンダ≫



吊り橋渡りをするところです。

目と目が合ってし舞いました。

完全にカメラ目線です。




s-旭山動物園DSC_0426_01











   ≪ホッキョクグマ≫


さすがに冬はプールには飛び込みませんが、でかいですね。

手の平と言うか足の平と言うかわかりませんが、顔より大きいです。

平手打ちされたら即死ですネ。




         s-旭山動物園DSC_0448_01





s-旭山動物園DSC_0442_01











   ≪アムールトラ≫



正面にまっすぐ向かってきます、近づくとやっぱり怖いですよネ。




          s-旭山動物園DSC_0461_01











   ≪ペンギンの散歩≫



冬の旭山動物園の定番のアトラクションと言えば「ペンギンの散歩」ですよね。

一日2回、毎日行われるのですが、これがペンギンの自由参加らしいです。

行きたいペンギンだけがついてくるそうです。

だから日によって、多かったり少なかったりするそうです。

が、しかしその散歩を見学する人達の数は ずば抜けて多い!

散歩コースの両サイドには散歩の小一時間前から二重三重の人だかりができています。

後ろの人はペンギンはほとんど見えないと思います。

とりあえず、人垣をかき分けて何とかシャッターを押しました。






先頭の茶色の毛の大きなペンギンは、実はまだ子供です。

大人になると茶色の毛が抜けてみんなと同じ燕尾服になります。

空からの外敵から守るために、岩色の補色になっているのだと思います。




         s-旭山動物園DSC_0504_01






s-旭山動物園DSC_0517_01





s-旭山動物園DSC_0526_01






今日はペンギンは沢山いるほうだそうです。 よかったです。












以上、 『美瑛の丘とペンギン散歩』 でした。  







気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 22:02:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ホテルパークヒルズ ~
本日のお宿は、白金温泉の

”白金四季の森ホテルパークヒルズ” にお世話になります。



看板も雪に埋もれています。




s-旭川DSC_0354









総収容人数 174室(3棟)  470名の大型ホテルです。





s-旭川DSC_0355_01









【フロント・ロビー】




s-旭川DSC_0350










【サロン】



奥に見えるのがレストランの入り口です。




s-旭川DSC_0349










【温水プール】



エントランスを入り、正面の奥にありました。




s-旭川DSC_0316_01











【大浴場】



夜と朝で男女が入れ替わります。




s-旭川DSC_0291









     ≪脱衣室≫


脱衣の棚の数の」割にはスペースが少し狭いかな。




s-旭川DSC_0282_01





   ≪洗面≫


こちらはたっぷりありました。




s-旭川DSC_0283










   ≪内風呂≫



二つありました。

広さも充分です。温度も43~4度でGOODです。

泉質はナトリューム・マグネシューム系硫酸塩泉で組み上げたときは無色透明ですが

空気に触れて茶褐色に変わります。

神経痛に良く効くことから”杖忘れの湯”とも言われるそうです。

いい湯でした。




s-旭川DSC_0284_01





s-旭川DSC_0289_02











   ≪洗い場≫




s-旭川DSC_0290_01










   ≪露天風呂≫


窓部分が解放になっているだけなので、正確には半露天風呂でしょうか。

しかし、雪が吹き込んできてこれも趣ではないでしょうか。

それに風も同時に吹きこんできてとても寒いです。

全露天なら、とても入っていられないと思います。



s-旭川DSC_0286_01










【朝食】



1階のレストランでバイキングです。






s-旭川DSC_0320





s-旭川DSC_0324





         s-旭川DSC_0323




和・洋・中と品揃いも豊富です。  ボリュームたっぷりです。





s-旭川DSC_0318










いつものことですが、育ちが育ちなものですから目がほしがって

多めにとってしまいます。 その結果がこちらです。

そしていつものごとく、野菜不足です!

 (野菜不足は、野菜(草)しか食べない動物の肉を沢山食べて補填しています)

とりあえず いただきます!




s-旭川DSC_0326





御馳走様でした!!  おいしかったです!!













以上、白金温泉 『白金四季の森 ホテルパークヒルズ』 でした。

 

温泉ほんとよかったっす!

  「白金温泉」の名前は1950年(昭和25年)8月に温泉が湧出し、温泉開発に成功した

  当時の町長が「泥の中から貴重なプラチナ(白金)を見つけた思いがする」と述べた

  ことに由来して命名されたそうです。







気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 21:59:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 美瑛の丘の雪化粧 ~
仕事も含め、春夏秋の北海道は、幾度かお邪魔させてただいてますが、冬の北海道は

元来、寒がりと言うこともあり、お邪魔したことがありませんでした。

しかしながら今回「冬の北海道の景色を観なくて北海道を観たと言ってはいけない」との

仲間の言葉に触発され、恐る恐るながら「極寒の地 旭川」やってきました。

そして、美瑛の丘の雪景色と、開拓の歴史を少し垣間見て帰ろうと思っています。









≪千代田の丘≫



生まれて初めて「スノーシュー」なるものを履き、雪上を歩いて丘の上まで散歩です。

歩きにくさもあり結構しんどかったです。

それでも、空が晴れていれば気持ちもさわやかになったかもしれませんが

残念ながら、どんよりと曇り空です。

それにしても広い!! 見渡す限り雪景色 白銀の世界が展開されています。

さすが美瑛を代表する丘の一つだけのことはありますネ。

残念ながら期待した動物の足跡は見当たりませんでしたが。




s-旭川DSC_0126_01







正面に見えるとんがり屋根が丘のシンボル「見晴台」です。

今は封鎖されているようです。 冬はクローズでしょうか?




s-旭川DSC_0129_01




















≪四季彩の丘≫



大地主さんが経営している農園で、冬はオーナーの趣味でもあるスノーモービルなどの

アクティビティが提供されています。




s-旭川DSC_0136_01








このオブジェに使われている「牧草ロール」は一つ400kgもあるそうです。

形は似ているが、人間が食べるバームクーヘンとは桁違いですネ。


s-旭川DSC_0133_01
   










≪白樺林の遊歩道≫



美瑛の美しさを世に知らしめた写真家の故前田真三氏と息子の晃氏の作品が展示されている

「拓真館」の敷地内にある白樺林です。

規則正しく並んでいるということは、植樹をした並木と言うことでしょうか。




s-旭川DSC_0154_01





s-旭川DSC_0156_01





s-旭川DSC_0176_01











≪新栄の丘≫



360度 美瑛の丘を見渡すことができる展望公園です。

本来東側には、十勝岳連峰がそびえて見えるのですが今日は残念ながら

雲に隠れています。



s-旭川DSC_0184_01









夏ですと、下方に赤い屋根の家がポツンと見えるそうですが、今は雪に覆われて赤い屋根は

見えません。赤い色も珍しいのでしょうが、そこに一軒家がポツンとあること自体が、ここでは

珍しい事らしいです。




s-旭川DSC_0190_01










西側は夕焼けが美しい写真スポットとして人気があるそうですが、今日は残念です。

でも、少し夕焼けの面影はありますよね。




s-旭川DSC_0193_01










美瑛の人は、木に名前を付けるのが得意のようですが、この木にはまだ名前が付けられては

いないようです。  ”夕映えの木” なんてーのはどうでしょうか?




          s-旭川DSC_0197_01










≪美瑛駅≫




昭和27年に竣工した美瑛駅舎は地域資源である美瑛軟石を使用した石造りの建物として建築され、

美瑛町観光スポットの一つになっています。




s-旭川DSC_0211_01





s-旭川DSC_0202_01










美瑛町本通り周辺は、景観に配慮した三角屋根の設置と美瑛軟石の利用、それにお店の歴史を

表す創業年を設置するなど、自然と景観が調和した街並みが意識的に造られています。




s-旭川DSC_0201_01










駅のすぐ横にある道の駅です。

街の景観イメージポリシーを上手に反映しています。




s-旭川DSC_0210_01










「美瑛駅」は、北海道第2の都市「旭川」と「富良野」を結ぶ総長54.8kmの”富良野線”にあり

旭川駅からは、ほぼ1時間に1本の頻度で列車が運行されています。

その富良野行の列車が到着しました。

小雪の舞い散る中、力強く走っていきます。

都会の電車ならとっくに止まっていますね。

寒さの中駅舎で待っている人たちがいるから簡単には運休できないですよね。

都会のポッポ屋も見習ってほしいですね!

”開拓魂”  生きてます!!




s-旭川DSC_0231_02










≪青い池≫



森林地帯を流れる美瑛川の脇に忽然とその姿を現す「青い池」。この池は、Apple社製品の壁紙に

採用されたことから一気に人気が高まり、国外からの観光客も多く訪れる有名スポットとなりました。

この池はもともとから、存在していた訳ではなく、十勝岳の噴火よる泥流対策として、美瑛川の脇に造られた

堰堤の背後に河川水が溜まり、溜め池状になり、青い池となりました。

池の水が特徴的な青になる理由は、青い池上流域にある白金温泉温泉から湧出される水に

関係があると言われています。

しかし、夏にはその”美瑛ブルー”が見れますが、冬は水が凍ってその上に雪が積もっていて

見ることができません。

その代わりにライトアップが行われていて我々の目を楽しませてくれています。




s-旭川DSC_0254_01








立ち枯れたカラマツが規則正しく並び、一層幻想的にしています。

降り注ぐ雪もしっかり脇役を演じていますね。




s-旭川DSC_0244_01










以上、魅惑の白い大地 『美瑛の丘の雪化粧』 でした。 










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 19:00:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ