■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 雪の兼六園 ~
金沢に久しぶりに大雪が降りました。

雪降ろしや車の渋滞で大変な目に逢っている方々には失礼ですが

やっぱり、『兼六園』には雪が似合う。

雪の無い冬の兼六園は、肉の入ってない”すき焼き”のようなものでしょう。

霞ヶ池も氷の上に雪が載って「ブルーホワイト」の光を放っています。




DSC_兼六0812_01





        DSC_兼六0850_01











主役はやはり”徽軫灯籠(ことじどうろう)”

雪を携えて、貫禄の晴れ姿です。




DSC_兼六0806_01





         DSC_兼六0839_01











雪は、瓢池(ひさごいけ)にも降り積もってます。

正面は「翠滝」




DSC_兼六0818_01











人があまり行かないところはまだ50cmほど雪が積もっています。

「曲水」付近です。




DSC_兼六0815_01










以上美味しい松坂牛がたっぷり入ったすき焼き 『雪の兼六園』でした。

スポンサーサイト
旅・はいかい | 15:18:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ FLOWERSbyNAKED2018輪舞曲 ~
去年に引き続き、今年もやって来ました。

「NAKED」が毎年日本橋で開催する、花と舞と音楽のイベント

キャッチフレーズは「日本一早いお花見」

今年の題名は

『FLOWERSbyNAKED2018輪舞曲(ロンド)』




d8210-327-863130-4.jpg











入り口でのお出迎えはひらひらとめくられていく「目次」でしょうか




DSC_ロンド0605_01











最初に目に飛び込んできたのは、

草月流 第4代目家元 勅使河原 茜氏による

竹を主材にした巨大生け花




DSC_ロンド0687_01








その生け花の中を、天使が舞う




         DSC_ロンド0690_01





         DSC_ロンド0705_01










広い空間に、勅使河原氏とコラボした、芸術が繰り広げられています。





DSC_ロンド0607_01











見学者も取り込んだ演出でしょうか

人がいて初めて絵になるような構成です。






DSC_ロンド0608_01





         DSC_ロンド0612_01





         DSC_ロンド0615_01

奥のコーナーは、ドリンクコーナー兼舞台になっています。

ドリンクコーナーには「日本一早いお花見」の看板にたがわず

日本酒も用意されています




DSC_ロンド0637_01











皆さんビュッフェスタイルで、ドリンクを飲みながら創作ダンスを楽しんでいます。






DSC_ロンド0639_01





DSC_ロンド0651_01












では、主役の天使の舞”輪舞曲”を




         DSC_ロンド0621_01






         DSC_ロンド0625_01






         DSC_ロンド0645_01











少し喉が渇いたので私も、カクテルを頂きます。




         DSC_ロンド0652_01











「輪舞曲(」ロンド)」は続く




         DSC_ロンド0667_01











去年もありましたが、最後のコーナーに「幾何学の4次元空間」が




DSC_ロンド0677_01





DSC_ロンド0682_01












以上 『FLOWERSbyNAKED2018輪舞曲』 でした。

旅・はいかい | 20:30:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 東京駅丸の内駅前広場 ~
東京駅の丸の内赤煉瓦駅舎が2012年に復元され

遅れていた駅前広場の再生工事が昨年12月に完成した。

折角駅舎が復元できたのに、その正面に工事用の仮囲いが5年間もドンと居座っていた。

写真を撮るにも、一苦労でした。

その仮囲いがやっと取れた。  早速やってまいりました。

「KITTE会館」の6階ルーフバルコニーより。




DSC_東京駅0506_01



曲線を描いた車道が、抽象画を観ている様で面白いですネ。











陽が落ちて、周囲のビルや駅舎に灯りが灯ると

こうなります。




DSC_東京駅0513_01




陽が落ちるのを惜しむような、夜の灯が灯しきるのが待ち遠しいような

微睡んだような不思議な表情をしています。








新設なった 『丸の内駅前広場』は

6,500㎡の中央広場を中心に、北口駅前に5,900㎡の交通広場、

南口駅前に6,300㎡の交通広場を配した構成になっている。

人の行き交う中央広場は皇居に続く「行幸通り」と連結し、

「行幸通り」とのデザインの調和を図って

車道以外の部分には、白を基調とした御影石が敷き伏せられている。










南口正面の「丸ビル5階 ルーフバルコニー」より

南口駅前広場です。




DSC_東京駅0525_01




景観的には、失礼ながら右端に少し見えている正面にドンと置かれた、

地下空調用の室外機置き場(?)の屋根が邪魔でしょうか!










「行幸通り」より




DSC_東京駅0532_01




工事中は、ここに工事用仮囲いがあって、視界を妨げていたんですネ。

今は、視界良好です。











「新丸ビル7階ルーフバルコニー」より


右側に見える超高層ビルが先ほどまでいた「JPタワーKITTE会館」です。

1~6階までが、今は亡き鳩山邦夫氏の提案(恫喝?)によって「東京中央郵便局」の

旧建物の一部が残されたまま新築なった「KITTE会館」です。

尚内装設計は、現在「新国立競技場」の設計を手掛けている

”隈 研吾氏”によるものです。






DSC_東京駅0535_01










北口前広場です。

こちらは、視界良好です。




DSC_東京駅0542_01






         DSC_東京駅0544_01










幻想的な、景色を見ながらルーフバルコニーでディナーなんてお洒落ですネー!

でも今は少し寒いですネ。

もう少し暖かくなってからにしましょう!

賛成です!!







DSC_東京駅0551_01










以上、新しくなった東京の玄関 『東京駅丸の内駅前広場』 でした。

旅・はいかい | 20:21:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 雪の冬牡丹 ~
昼休み、職場を抜けて見に来ました。

雪を被った、『冬牡丹』 です。

昨日の雪が残り足元がおぼつかない中なので、人出はまばらではないか、と思いきや

なんと!!  びっくりですネ!

上野東照宮の「冬牡丹展」会場は、カメラを持った見学者でごった返しています。

やはり、「雪と牡丹のコラボを写真に」との思いは皆同じか!




         DSC_上野0461_01











しかし、すでにお昼を廻っているので、残念ながら

菰の上にはほとんど雪が残っていませんでした。




DSC_上野0424_01










雪が、解けてなくなるのを嫌がって、

駄々をこねて菰にしがみついているように見えます。






DSC_上野0458_01











それでも、雪景色の中で咲く牡丹は可憐ですネ。




         DSC_上野0417_01





         DSC_0423_01.jpg











そして、牡丹は”和”とも似合います。




DSC_上野0430_01





DSC_上野0434_01









沢山のカメラレンズに疲れたのか、

あまり元気のない牡丹が多い中

元気に咲いている牡丹をピックアップしてみました。




         DSC_上野0449_01





         DSC_上野0452_01




         DSC_上野0453_01





         DSC_上野0464_01











こちらは、牡丹ではないかも、でもなかなか元気がよかったから




DSC_上野0468_01











以上、カメラ小僧・カメラ娘で賑わう『上野東照宮 冬牡丹祭り』 でした。

旅・はいかい | 23:48:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ ミチテラス2017 ~
明けましておめでとうございます。


旧年中は拙いブログにお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

今年は、もう少しシャープな中身になるよう心掛けますので、引き続きお付き合いのほど

ご指導宜しくお願いします。




今年最初のブログは毎年恒例になりました

東京駅前で、この時期になると開催される『ミチテラス2017』の紹介です。





DSC_ミチ0212_01











毎年、毎年光を使って色々な趣向を凝らして観る者を楽しませてくれます。

今年も、行幸通りに光のページェントが繰り広げられています。






DSC_ミチ0134_01







           DSC_ミチ0136_01










周りのビルも脇役として参加です。




         DSC_ミチ0176_01





         DSC_ミチ0168_01








テーマは「光の華」でしょうか。







         DSC_ミチ0152_01





DSC_ミチ0155_01











スーパーマリオも集団で見学に来たようです。




DSC_ミチ0149_01






DSC_ミチ0220_01









「丸の内中央通りのシャンパンゴールド」です。

こちらも『ミチテラス』とのコラボレーションも恒例です。

いちょう並木のシャンパンゴールドの下で趣向が繰り広げら羅れています。



KITTE会館のホワイトツリー

本物のもみの木をライトアップしています。




         DSC_ミチ0091_01







歩道に奇妙な足跡が!





         DSC_ミチ0186_01











跡を辿っていくとこちらに行きつきました。




         DSC_ミチ0183_01











今年は、「花と光のシンフォニー」をテーマに、ニコライ バーグマン氏が演出する

オブジェが数か所飾られている。


〖丸の内オアゾ〗




         DSC_ミチ0116_01











元々常設されている”ゲルニカ”のレプリカとのコラボです。




DSC_ミチ0120_01











〖新丸ビル〗




DSC_ミチ0113_01










〖丸ビル〗




DSC_ミチ0131_01











〖丸の内ブリックスクエアー〗


丸の内で一番お気に入りの場所です。




         DSC_ミチ0195_01





         DSC_ミチ0204_01











〖新東京ビル〗




DSC_ミチ0207_01




DSC_ミチ0211_01











以上、 『ミチテラス2017』 でした。

旅・はいかい | 09:43:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad