FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 清瀬ひまわりフェスティバル ~
『清瀬ひまわりフェスティバル』 に行ってきました。

JR武蔵野線新座駅から西武バスで10分程度。

バス路線は違いますが、位置的には紅葉の時お邪魔する”平林寺”の少し先ですかね。

都内最大級と言われている2万4千㎡の広大な農地に向日葵が満開でした。




s-向日葵DSC_5328_01





s-向日葵DSC_5350_01










今日は、台風一過の”ピーカン”です。

日陰のほとんどない広大な畑を歩いているだけでクラクラしてきそうです。

そんな好天気のお陰で、想像したよりは見学者が少ないようですが

それでも結構な人が来ています。 (なんせ入場料はタダですから)

見学者が入らないようにシャッターを切るのに苦労します。

特に、引いて広さを撮ろうとすると人が入ってしまいます。





s-向日葵DSC_5332_01









どうしても、アップ気味の写真が多くなります。



s-向日葵DSC_5339_01




s-向日葵DSC_5353_01





s-向日葵DSC_5355_01









ひまわりと青い空と白い雲はセットでお似合いです。




s-向日葵DSC_5347_01









こちらに、人は入りません。

ひまわりの”ピン顔” をどうぞ。




s-向日葵DSC_5308_01





         s-向日葵DSC_5302_02





       s-向日葵DSC_5318_01










開き直って、思いっきり人を撮ってみました。

沢山のカメラにポーズを作ってくれました。

最近はやりの”映えポーズ”でしょうか。

”ひまわり娘” です。




s-向日葵DSC_5327_01










こちらは、 FURIMUKANAIDE




         s-向日葵DSC_5323_01










以上、これ以上居たら熱中症になりかねない『清瀬ひまわりフェスティバル』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポンサーサイト
旅・はいかい | 21:23:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 不忍池4日目の蓮の花 ~
やはり、危惧した通り遅かった。

1週間、いや10日程遅かったかも。

『上野不忍の池の蓮』 はほとんど散っていた。

ザンネ~ン!!

仕事帰りにでも確認すればよかったか。

夕方は、花は閉じているとはいえ、数ぐらい確認できたわなー!

最近、陽が傾くと同時に思考のほとんどが、別のことに占有されてしまう病気に

かかっているのかも!




s-忍ばずの池DSC_5261_01






不忍の池の蓮は咲いている時期が長いと言うのが定番ですが、

蓮の花が長く咲いているわけではない。

不忍池の蓮だろうと、行田の蓮だろうと蓮は4日で散ってしまう。

ただ、不忍の池の蓮は花の数が多いだけ、長く咲いていうように見えるだけ。

今年のように、梅雨が明け一気に熱くなって一気に咲いてしまうと散るのも早いか!

わずかに残っている”大器晩成蓮”を探してみましょう。







この蓮も今日でお別れでしょうか。

4日目の蓮は、咲いたまま散るんですネ。

一番きれいに咲いてそのまま散る。 ある意味ロマンですネ。

蝉の一生にいていますが、蝉ほどやかましくはない。



s-忍ばずの池DSC_5224_03











池の淵当たりの蓮はほとんど枯れてしまいましたが

少し離れた、奥の方に隠れるように咲いていした。

こちらもなんとなく”4日目の蓮”ぽいですネ。




s-忍ばずの池DSC_5245_02






         s-忍ばずの池DSC_5243_02









蓮の花がほとんど散ったので、それに合わせて見学者もほとんどいません。

したがって、ゆっくり眺めてゆっくりカメラを構えられるのは助かります。

取り直しも気にすることなく時間を掛けられます。




s-忍ばずの池DSC_5268_02







全く離れた違う花ですが、DNAが同じなのでしょうか、

咲き方も散り方も同じように見えます。





s-忍ばずの池DSC_5276_03











本日のお気に入りショットはこちらです。 




s-忍ばずの池DSC_5228_04















蓮の花の背景に「弁天堂」が映ってないと『不忍池の蓮』の証明にはなりませんネ。

何とかこのショットでご勘弁を!




s-忍ばずの池DSC_5266_02







以上、ちょっと遅かった上野『不忍池、4日目の蓮の花』 でした。












気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 11:28:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ お台場&レインボーブリッジの夕景 ~
お台場海浜公園です。

2年ぶりでしょうか。 海に沈む夕焼けを見に来ました。

正確には、お台場の海を越えて、対岸の「天王洲」当たりに沈むのですが


間もなく、お台場のマジックアワー ”夕焼けショー”が始まりますネ。




s-雅叙園DSC_5163_02







夕日がお台場の空と海を茜色に染め替えました。

海に落ちた夕日を横断しているのは東京湾観光船の”ヒミコ”でしょうか。





         s-雅叙園DSC_5126_02
















若者たちも、お台場の夕日をバックに記念撮影です。

プロポーズなどをするには最高のシュチエイションではないでしょうか。


”ガンバレ! 青少年!!”

”政治家になんか負けるな!!”       なんのこっちゃ!?
  



s-雅叙園DSC_5149_02





s-雅叙園DSC_5136_03











「レインボーブリッジ」には、両サイドに歩行者専用道路があります。

自転車も降りて、後輪に専用の下駄をはかせ押していかなければなりません。

その歩道を渡り、芝浦埠頭側に向むかいます。




s-雅叙園DSC_5168_02









丁度中間あたりでしょうか。

東京タワーがしっかり見えています。




s-雅叙園DSC_5180_02










s-雅叙園DSC_5174_02









対岸の豊洲埠頭が綺麗に輝いています。

中央の暗い部分が、工事中のオリンピック選手村です。

出来上がって、全棟に灯りが付けばもっと綺麗になりますネ。




s-雅叙園DSC_5186_02





s-雅叙園DSC_5187_02










もう、目的地の「芝浦埠頭」が近付いてきました。

なんだかんだ、けっこう歩きました。




s-雅叙園DSC_5184_02










「東京タワー」もこんなに近づいて大きく見えます。

東京タワーもスカイツリーに負けず劣らず頑張っていますネ。

応援したくなりますよネ。




s-雅叙園DSC_5191_02














芝浦ふ頭でレインボーブリッジを降りて橋桁の袂に来ました。

竹芝桟橋を行きかう客船や屋形船が通り過ぎていきます。




s-雅叙園DSC_5216_02







以上、 昼間の顔とは全く違う顔を見せて暮れた

『お台場&レインボーブリッジの夕景』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 22:28:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 和のあかり×百段階段2019 Ⅱ ~ 
星光の間




こちらには、沢山の作品が置かれていました。その中で一番目を引いたのが

日本唯一の藍染の技術、籠染で使われていた真鍮製の型を内照式オブジェにした

「籠染燈籠」です。

着物などに使われた「和柄」が浮かび上がっています。




s-雅叙園DSC_5038_01





s-雅叙園DSC_5039_01








その他にも、個性的なデザインんのランプシェードが沢山置かれています。




s-雅叙園DSC_5033_01






         s-雅叙園DSC_5034_01








こちらも黄昏の風景画を見ているようでした。




         s-雅叙園DSC_5040_01











こちらも和紙を使って独創的で気に入っているのですが、ランプシェードと言っていいのでしょうか。




s-雅叙園DSC_5043_01





s-雅叙園DSC_5032_01









ここは、壁全体がランプシェードでしょうか。




s-雅叙園DSC_5037_01











清方の間




百段階段に、バイパス階段がついていました。




         s-雅叙園DSC_5077_01





「清方の間」の入口のところで一枚の折り紙で折りこんで創られた色とりどりの美しい

ランプシェードが出迎えてくれました。

黒の漆のテーブルに見事に映り込んでいます。




s-雅叙園DSC_5047_01








山口県柳井市の「柳井金魚ちょうちん祭り」 です。




s-雅叙園DSC_5071_01






小動物が、可愛らしげに輝いていました。

目と目が合ってしまいます。




       s-雅叙園DSC_5055_01





          s-雅叙園DSC_5057_01











最上階 頂上の間




昭和でしょうか、大正でしょうか。

郷愁をそそるほのぼのとした原風景の「あかり絵」です。





s-雅叙園DSC_5070_01







月を見ている内に月に腰掛けた気分になったのでしょうか。

兎もちゃんと餅つきをしています。

3人でそんな兎の話で盛り上がっているのでしょうか。






         s-雅叙園DSC_5062_01






やっぱり平成、令和の夕焼けとは違いますネ。

哀愁のようなものが漂います。




s-雅叙園DSC_5063_01










今風の作品も置かれていました。




         s-雅叙園DSC_5069_01











砂を使ったサンドアートで、テーマは「竹取物語」。

不思議な砂の世界を感じられます。




s-雅叙園DSC_5068_01










以上、  ”和”がたっぷり詰まった百段階段『和のあかり×百段階段2019』 でした。 













気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました



旅・はいかい | 21:15:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ Pesent from "HIBIYA PARK” ~
「日比谷大江戸まつり」にお邪魔した際日比谷公園から素敵な贈り物をいただきました。

30~50年に一度しか咲かないと言われている幻の花

”アオノリュウゼツラン”の花が開花していました。

一生の内一度見れるかどうかの花が開花しているのです。

”アオノリュウゼツラン”は中南米の熱帯域で育ち、テキーラの原料になる植物です。

別名「センチュリー(世紀の)プラント」とも呼ばれています。

その花が、日比谷公園の一番奥「ペリカンの噴水」の脇に堂々と咲いていました。

現物に対面してびっくりです。なんと、花の高さは6メートル以上もありました。

まさに、威風堂々 です。




         s-リュウゼツランDSC_4896_01








天に向かって伸びていました。

「蘭」と言うからもう少し小ぶりでコンパクトな花かと思いきや

想像とは大きくかけ離れた現実でした。

周囲の高層ビルと比較しても、決して高さで引けを取りません。




         s-リュウゼツランDSC_4899_02










この「アオノリュゼツラン」は1960年に日比谷公園のこの場所に植えられたそうです。

まさしく59年かけて初開花しました。

よく、あきらめずに59年間もの間育てましたよね。

担当者に  「あっぱれ!!」 です。




    s-リュウゼツランDSC_4892_01









天まで届けーっ!!





         s-リュウゼツランDSC_4895_02

















もう一つ、小さなプレゼントを公園からいただきました。

「雲形池」のほとりにひっそり赤くなっていました。

この真夏の炎天下に密かに輝いていました。





   ”小さい秋  み~つけた!!”




s-リュウゼツランDSC_4890_01















日比谷公園の最後のプレゼントはこちら




s-日比谷大江戸DSC_4989_01





明治36年、日本ではじめての洋式公園として誕生した日比谷公園の開園と同時に

オープンした老舗レストラン『日比谷松本楼』です。当時からおしゃれな店として

評判を呼び、ハイカラ好きなモボやモガのあいだでは「松本楼でカレーを食べてコーヒーを

飲む」ことがステータスとなり大流行しました。

1971年中核派の放火によって焼失された店舗の再建に寄せられた支援に対する感謝の

為に毎年9月25日限定で行う「チャリティ10円カレー」でも有名になりました。






松本楼の横にそびえるシンボルとも言える大銀杏”首掛け銀杏”です。

当初は日比谷見附にあったものですが、道路拡張の際に伐採されかかりました。

それを耳にした日比谷公園の設計者である”本多静六博士”が自分の首を掛けてでも

移植を成功させると言って移植を実行させたことから、”首掛け銀杏”

呼ばれるようになりました。




        s-日比谷大江戸DSC_4887_01












と言う訳で、御朱印代わりに”ハイカラビーフカレー”をいただきます。

食前のビールは”ピッチャー”でいただきました。




         s-日比谷大江戸DSC_4993_01





s-日比谷大江戸DSC_4992










以上、サプライズなプレゼントまでいただいた『Pesent from "HIBIYA PARK”』でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました





旅・はいかい | 20:54:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ