FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ おたぬきさんと御衣黄と ~
不要・不急な外出粛清に基づき、遠出ができないので、またまた近場でお茶を濁します。

職場の近くの桜です。

ですが、大好きな”おたぬきさん”の境内にある大好きな桜”御衣黄”です。

”おたぬきさん”はご存じ日本女子最高の出世頭「桂昌院がこよなく信仰した「福寿稲荷」

の愛称です。 他を抜いて出世をさせてくれる神様だから”おたぬきさん”と言われました。

京都の貧しい八百屋の娘が、たまたま徳川3代将軍家光のお供で京都に来ていた「春日野局」と

出会い、大奥で下働きをするようになり、たまたま大奥に来た「家光」の目に留まり

側室の一人となり、やがて5代将軍となる「綱吉」を産み将軍の生母として世間から敬われた。

大奥2千人のお女中さんみんながあこがれて、ご利益にあやかろうと通った「福寿稲荷」です。

その”おたぬきさん”の象徴の石像を覆い包むように気品にあふれた『御衣黄』が咲いています。



         s-おたぬきさんDSC_2035_01










ここは「柳森神社」の境内です。

狭い境内の中に7つの神社、祠が同居しています。

”おたぬきさん”はその一つですが、人気度は、地主の柳森神社をもしのぐ勢いです。

出世物語りでは、男子の「木下藤吉郎」に少し引けをとっていますが

決して世の中の人が桂昌院の出世物語を忘れたわけではありません。

桂昌院は若いころの名を「お玉」と言います。

若い女性が、桂昌院のように、位の高い男性や裕福な男性と結ばれることを

桂昌院の出世に例えて”玉の越”と言われ、今でも言い継がれています。




s-おたぬきさんDSC_2059_01







         s-おたぬきさんDSC_2052_01









『御衣黄』は別名”黄桜” 。

名前のように薄緑の透き通るような花を咲かせます。

この花に魅せられて、自社の会社名やその商品名にまでしてしまった

京都伏見の有名な酒蔵さんもいます。




s-おたぬきさんDSC_2041_01





s-おたぬきさんDSC_2037_01





         s-おたぬきさんDSC_2050_01











「御衣黄」の花は散る頃には花の中央が朱色に変色してきます。

朱を帯びてくるともうじき散りますよと言う合図です。




s-おたぬきさんDSC_2048_01





         s-おたぬきさんDSC_2045_01










以上、大好きな『おたぬきさん』と大好きな『御衣黄』 の春爛漫でした。




s-おたぬきさんDSC_2061_01








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


スポンサーサイト



旅・はいかい | 14:12:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 十番稲荷神社 ~
地下鉄大江戸線「麻布十番駅」の出口の隣に鎮座していました。

”7番出口を出て徒歩0分” の看板に偽りはありませんでした。

神社の形態は他の都会の神社同様”ギュッ”と濃縮されたように佇んでいます。




         s-十番稲荷DSC_2034_01











社  号          十番稲荷神社


鎮座地           東京都港区麻布十番1-4-6

主祭神           倉稲魂命(うかのみたまのみこと)

               日本武尊(やまとたけるのみこと)

               市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

               田心姫命(たぎりひめのみこと)

               湍津姫命(たぎつひめのみこと)

社各等           旧末廣神社:旧村社

               旧竹長稲荷神社:旧無格社

創  建          旧末廣神社      慶長年間(1596~1615年)

               旧竹長稲荷神社   不詳











【由緒・沿革】



十番稲荷神社は、戦前存在した末廣神社と竹長(たけちょう)稲荷神社が合併した

神社です。

両社は1945(昭和20)年4月15日の空襲により焼失している。

戦後の1950(昭和25)年6月、復興土地区画整理により、両社境内地を旧麻布永坂町48番地の

現在地に換地され隣接指定された。

この後、合併して社号を十番稲荷神社と改称した。

1997(平成9)年3月29日に現社殿に建て替えられています。











【社号標】




         s-十番稲荷DSC_2020_01











【鳥居】



この鳥居は平成9年現社殿新築の際、旧鳥居が老朽化の為建て替えらえましたが

旧鳥居は、麻布十番出身の喜劇王、”エノケン”こと榎本健一氏が奉納したものでした。




s-十番稲荷DSC_2019_01










【狛犬】



この狛犬は、戦前の昭和12年に、前身である「末広神社」に奉納されたものです。

奉納したのは、麻布十番出身でコロンビアレコード所属の歌手として「船頭可愛や」などの

ヒットで知られる、「音丸(本名 永井満津子)」さんです。

戦時中は、地中に埋めていたため戦災をまぬがれたそうです。




s-十番稲荷DSC_2022_01      s-十番稲荷DSC_2021









いかにも壮観で勇猛そうな立派なブロンズ像です。

土に埋めて、確保した気持ちがわかります。

焼夷弾なら十分防げますよネ。




         s-十番稲荷DSC_2030_01





         s-十番稲荷DSC_2031_01










【手水舎】




コロナウイルスの為使用不可となっていました。




         s-十番稲荷DSC_2023_01












【社殿】



地下鉄南北線、大江戸線の開通のため、平成9年建て替えとなった。




s-十番稲荷DSC_2025





   ≪変額≫




         s-十番稲荷DSC_2026










【おかえるさん】




正面に向かって右側、地下鉄の出口のすぐ横に鎮座していました。

地元の方たちから「おかえるさん」と呼ばれて親しまれているそうです。




s-十番稲荷DSC_2016_01





    ≪かえる御守と上の字様≫



江戸時代 文政4年(1821)7月2日、麻布古川あたりより始まった大火で、このあたりが殆ど

焼けてしまった時、なぜか備中成羽(今の岡山県西部)の領主、山崎主税助

(やまさきちからのすけ)の屋敷のみが類焼を免れました。これは邸内の池の大かえるが、

水を吹きかけて猛火を退けたからであると言われ、山崎家に御札を求める人々が

あとを断ちませんでした。 そこで山崎家では文政4年の9月より、「上」(じょう)という一字が

書かれた御札を万人に授けるようになりました。この御札は「上の字様」と称され

、防火・火傷のお守りとして信仰を集めました。

その後「上の字様」は末広神社(前の社名)を通して授与されるようになりましたが、

戦後中断してしまいました。しかし、「上の字様」の復活を願う声は多く、昭和50年8月より

「かえるのお守り」として復活し、かえるの石像も奉納されました。











【宝船】




「かえるさん」の反対側、正面向かって左側に置かれていました。

かなり細かな細工彫りの石造です。名のある人が掘ったのではないでしょうか。




s-十番稲荷DSC_2032




平成9年、地下鉄開通に伴い神社社殿が新築されたのを期に、新たに製作、奉納されました。

平成30年10月末には、ご崇敬の方から「ご利益を授かったお礼」として、「宝」の文字に金箔が

施されました。










以上、 都会の中で近代化の波に乗せられながらも歴史をしっかり伝える

『十番稲荷神社』 でした。

狐はいませんでしたネ








気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



神社 | 22:58:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 蕨市民公園 ~
「新型コロナウイルス拡散防止対策」で、外出や集会などの自粛が叫ばれている状況なので

当然例年のような「花見」などできるはずもないので、今年は近所の公園の「桜」を見て

おとなしくしておこうと思い、こちらを覗きに来てみました。

日本で一番面積が狭く、人口密度が一番高いと言われている埼玉県蕨市の『蕨市民公園』です。

自宅からは、散歩がてらゆっくり歩いて10分程でこれます。




s-蕨公園桜DSC_2003_01








子供たちも沢山いますネ、やはり学校へ行けないストレス、運動ができないストレスが

たまっているようです。ここぞとばかりに大声を出して、元気には走りまわっています。




s-蕨公園桜DSC_1994_01






広場の南端に小さな流水池がありますが、ここも子供達の恰好の遊び場になっています。

ここは、もう少し日にちが経つと、桜の花ビラが散り敷き詰められて”ミニ花筏”

出来上がります。ちょっと綺麗ですよ。






s-蕨公園桜DSC_1995_01








この公園は、昭和60年に開園された公園で、広さは3.3hと蕨市の中では一番広い公園です。

本来であれば、この公園は事前申し込みでバーベキューができる公園として人気がある

のですが、今年は残念ながらコロナウイルスにより現在は中止になっています。




s-蕨公園桜DSC_1996_01





s-蕨公園桜DSC_2000_01








例年であれば、公園のあちこちでBBQの煙と香ばしい香りが立ち込めて、お花見気分を

大いに盛り上げるのですが、今年は違いますネ。お酒を飲んでいる方もいないようです。

飲酒も禁止になったのでしょうか。

やはり、通達とウイルスの怖さのせいでしょうか、人出は通達を無視したような渋谷界隈とは

違い例年の4分の一程度でしょうか。人だまりに隙間が出来ています。





s-蕨公園桜DSC_2008_01










写真を見てお気づきになった方もいると思いますが、この公園の桜は

芝生の広場を囲むように植えられていて、枝だけでなく幹までもが芝生の広場に向かって

庇のように被さって伸びています。

その大きな桜の庇の下でお花見や宴会ができるんですネ。

素晴らしいセツエイションですね。

返す返すも、今年は残念ですが。

まあ、通りすがりに見る程度にしておきましょうか!




s-蕨公園桜DSC_2013_01





s-蕨公園桜DSC_2015_01






桜並木に沿って広場の周りをぐるっと一回りしてみました。

桜は綺麗に咲き誇っているのですがネ!! 残念!!




s-蕨公園桜DSC_2007_01








以上、ちょっと寂しい、でも子供は元気な『蕨市民公園』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。




旅・はいかい | 10:00:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 権現堂桜堤(ごんげんどうさくらつつみ) ~
関東地方でも有数の桜の名所として知られる埼玉県幸手市の『権現堂堤』 に

お邪魔しています。

本来なら今の時期は例年50万人以上の観光客が訪れる「幸手さくらまつり」の真っ最中の

はずですが、今年は「コロナウイルスの拡散防止」のため中止を余儀なくされています。

それでも、桜見たさのDNAを持った人達が我慢しきれず、少し恐る恐る集まって来ています。

もちろん私もその一人です。

そんな人間の思惑などお構いなく、は綺麗に咲き誇っています。

中川の堤防上約1kmにわたって、約1000本の桜並木が続いています。

そしてその足元には、桜に負けじとばかりに「黄色い菜の花」が咲き乱れて

見る人の目を惹きつけています。




s-権現堂桜DSC_1960_01





s-権現堂桜DSC_1961_01










「権現堂」と言うあまり聞きなれない地名ですが、その名の由来は

江戸時代後期に幕府が編さんした地誌「新編武蔵風土記稿」(しんぺんむさしふうどきこう)に

記されており、 ..村の中に「三つの権現」があったことから、「権現堂村」と名前が付けられたと

考えられています。




s-権現堂桜DSC_1975_01





s-権現堂桜DSC_1965_01











「権現堂堤」は江戸時代天正年間に利根川の支流(現在は分流)である権現堂川の堤防として

築かれたのが』始まりです。

かつては6 kmにわたり約3000本の桜があり、大正時代から桜の名所として賑わっていました。

その後、利根川や江戸川の流路変更や堤防の決壊、形状が変更等が繰り返され、終戦前後には

燃料不足の為桜が伐採されたりして変貌してきましたが、最終的には1949年(昭和24年)、

旧権現堂川堤防のうち中川の堤防として残った部分へ、改めてソメイヨシノを植樹したものが

現在の『権現堂桜堤』として生まれ変わりました。

なお、その後の1988年(昭和63年)には周辺の休耕田に菜の花(アブラナ)が植えられ

「桜と菜の花の名所」 といられる景色が出来上がりました。




s-権現堂桜DSC_1976_01














ポツポツと2~3組ほどの方がシートを敷いてお花見気分を味わっています。

でもさすがに盛り上がりには少し欠けているようです。




s-権現堂桜DSC_1978_01






何度かお邪魔して、こちらで写真を撮影させていただきましたが

これほど人影の少ない桜満開の写真が撮れたのは初めてですネ。




s-権現堂桜DSC_1990_01










『権現堂堤』は桜だけではなく、5月末から7月初に「幸手あじさいまつり」

9月中旬から10月上旬頃「曼珠沙華祭り」  1月上旬から2月上旬頃まで「水仙まつり」

を開催しています。「コロナウイルス騒動」が沈静化したら別の華もカメラに収めに来てみたい

ものですね。








以上、いつもとは違う賑わいの『権現堂桜堤』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。




旅・はいかい | 21:29:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 鷲宮神社 ~
昨今のウイルス事情により、人の沢山集まる催しや集会などの自粛で外出すら疎まれている

状態なので、ブログもなかなかはかどりません。

そんな中、周囲の人から1メーター以上の間隔を保ちながら行ってまいりました。

人気アニメ「らき☆すた」のモデルにもなった、埼玉県久喜市に鎮座する『鷲宮神社』 です。




s-鷲宮神社DSC_1926_01









社  号          鷲宮神社


鎮座地           埼玉県久喜市鷲宮1丁目6番1号

主祭神           天穂日命(アメノホヒノミコト)

               武夷鳥命(タケヒナトリノミコト)

               大己貴命(オホナムヂノミコト)

社各等           准勅祭社

               県社
          
               別表神社

創  建          (伝)神代(別宮・神崎神社)

               (伝)景行天皇の時代(鷲宮神社)

例  祭          3月28日











【由緒・沿革】



社伝によれば、出雲族の草創に係わる関東最古の大社とされ、かつては「鷲宮大明神」、

「浮島大明神」、「大酉元祖」とも称された。

神代の昔、天穂日命と御子神の武夷鳥命が東国を経営するため、お供の昌彦・昌武の父子と

出雲族27人の部族と共に当地に到着し、地元の部族と共に当地の鎮守として大己貴命を

祀ったのに始まると伝える。これが、現在の別宮である神崎神社であった。その後、

日本武尊が東国平定の際に当地を訪れて戦勝祈願を行い、別宮を建てて天穂日命と

武夷鳥命を祀ったという。この別宮が現在の本殿である鷲宮神社とされる。

ただし、これらのことは『延喜式神名帳』や『国史』に記載がない。











【社号標】




          s-鷲宮神社DSC_1927_01












【大鳥居】




         320px-Washimiyajinja_torii.jpg






ただし、この大鳥居は現存してはいない。(一枚目の掲載写真参照)

2018年、3月11日に老朽により倒壊してしまいました。


”ショック、声も出ない…らき☆すた聖地・鷲宮神社の大鳥居

が倒壊 100年前に建立 鳥居の根元にハチの巣”
  




01.jpg



                                         ≪埼玉新聞記事より≫     










【狛犬】



勇猛そうな狛犬です。

この姿で後ろ足が宙に浮いていれば「逆さ狛犬」になるのですけどネー!




s-鷲宮神社DSC_1929_01      s-鷲宮神社DSC_1928_01










【手水舎】



残念ですネ! コロナウイルス対策の為使用禁止となっていました。

う~ん、ここまでするかー!




s-鷲宮神社DSC_1934_01



うーん?

と言うことは、手や唇を清めなくても神様の前に出て、お参りしても構わないと言うことか!

その上、清め水ではウイルスを清められないと言うことか!

では、どこまで何を清められるのか?

神様に聞いてみましょうか!











【拝殿】



シンプルな造りです。




s-鷲宮神社DSC_1935_01





s-鷲宮神社DSC_1937_01










【本殿】



本殿が2つ並んでいます。どちらも立派な本殿です。

手前は鷲宮神社、奥が神崎神社の本殿です。




s-鷲宮神社DSC_1938_01







反対側からのほうがよくわかります。

今度は左が神崎神社、右が鷲宮神社の本殿です。

手前が鷲宮神社のj拝殿になっています。神崎神社には拝殿はありません。

両本殿共外見はほぼ同じように造られていますが、屋根の上に載せてある「鰹木」が

3本と5本で少し差をつけてあります。




s-鷲宮神社DSC_1948_01









【神楽殿】




s-鷲宮神社DSC_1936_01










【境内社】



   ≪みいけ社≫


光天之池(みひかりのいけ)の奥にあります。



s-鷲宮神社DSC_1932_01










   ≪諏訪大神≫ 


社殿、祠はありません。  




         s-鷲宮神社DSC_1940_01








   

   ≪粟島神社≫




         s-鷲宮神社DSC_1941_01










   ≪鹿島神社≫




s-鷲宮神社DSC_1944_01










   ≪姫宮神社≫




         s-鷲宮神社DSC_1949_01










   ≪八坂神社≫




         s-鷲宮神社DSC_1950_01













2007年から放映されたアニメ『らき☆すた』のオープニング映像の背景画に使われたのが、

今は亡き大鳥居とその隣の「大酉茶屋 わしのみや」です。

久喜市には『らき☆すた』放送後3年間で、参詣者の増大により推定22億円という多大なる

経済効果がもたらされたと言われています。



s-鷲宮神社DSC_1952_01









参道の入り口であることを示す「宮前橋」 です。




s-鷲宮神社DSC_1954_01










「宮前橋」の掛かる「育毛堀川」の護岸には河津桜と菜の花が植えられています。

河津桜はさすがにほとんど散りかけていますが、菜の花はまだ頑張っています

一週間前なら綺麗にコラボしていたと思われます。




s-鷲宮神社DSC_1953_01





s-鷲宮神社DSC_1956_01





s-鷲宮神社DSC_1957_01









以上、アニメの恩恵で埼玉県で「大宮氷川神社」に次ぐ第2位の参詣者数を誇る

『鷲宮神社』 でした。






【御朱印】




         s-鷲宮神社DSC_1959_01










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


神社 | 20:38:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ