■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 春光絵巻 ~
以前の「御衣黄散歩」の時にも触れた”奉納舞”が七社神社の舞殿で行われた。

舞の道 観音舞奉納舞台  -春光絵巻ー

サブタイトル ”光満ちる春、舞ことほぐ絵巻物語”

舞が始まる前に参拝し、七社神社のシンボル”御衣黄”と”福緑寿”にご挨拶

どちらも綺麗に咲いていました。






DSC_舞2630_01










前回伺った時に咲いていた下部の方は既に朱色に衣替えし、

まだ咲いていなかった上部は緑の色を残していました。

対比が面白いです。




DSC_舞2642_01





DSC_舞2641_01











ー春光絵巻ー




プロローグ~桜天女、お狐、木花咲那姫~


≪桜天女≫


  富士の峰より舞い降りる桜天女の花吹雪




DSC_舞2652_01





DSC_舞2647_01





         DSC_舞2649_01











舞殿の前庭でも舞が始まりました。




DSC_舞2659_01





         DSC_舞2661_01





            DSC_舞2667_01











≪お狐 榊清めの舞≫




DSC_舞2675_01











≪木花咲那姫 お鈴舞≫


狐に導かれて木花咲那姫が登場です。




         DSC_舞2676_01





DSC_舞2681_01











一、宇図(ウツ)・宇図(ウズ)


  天のウツから地のウズへこの世のことわりをあらわす神楽




         DSC_舞2687_01











二、 水ン輪神楽



   巫女は舞う原始の水を呼び起こしその身に転写して

   すべての始まりと終わり 来し方とゆきさきの巡りの和を祈る




DSC_舞2690_01





DSC_舞2692_01











三、 波紋


   雫は天から降り注ぐ大地はそれを空に戻す

   水が織り成す波紋の響き流れゆくその一瞬に見る永遠




DSC_舞2704_01





         DSC_舞2707_01











四、 めくるめく


   春の光をことほぎ桜天女が舞う




DSC_舞2714_01





         DSC_舞2717_01














         DSC_舞2716_01











五、 お狐・木花咲那姫 




DSC_舞2726_01





         DSC_舞2727_01
     










六、 太鼓神楽   


   人と神、自然界を繋ぐ祈りの祀り




DSC_舞2733_01





DSC_舞2736_01











七、 声・響き~木花咲那姫~




         DSC_舞2685_01






この方は最初から最後まで、後ろの椅子に腰かけていたのですが、

なにをしている人なんだろうと思っていたところ、この時初めてわかりました

大型スピーカーから舞に合せた演奏が流されていましたが、それに合わせて

声を出していたのです。ほとんど口も明けず、唇も動かさず

透き通るような高音でした。録音と思っていたのでびっくりです。




         DSC_舞2739_01





   





八、 雲中菩薩  


   黄金色に輝く雲の稜線そこは菩薩たちの宴の場 たおやかに舞歌い奏でるは

   調和の響きただただ愛と喜びに溢れた世界を描く




DSC_舞2740_01





DSC_舞2745_01           DSC_舞2749_01






DSC_舞2756_01









「舞」の意味がよく理解できていませんので、それぞれのコメントは、

プログラムに記載されている解説をそのまま貼り付けさせていただきました。

又、写真を現像後、思い出しながら各主題に、入れ込みましたので主題と舞が

食い違っているかもしれませんのであしからず。









以上、総勢20人の巫女さんが舞う、七社神社のー春光絵巻ーでした。    

スポンサーサイト
神社 | 19:05:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 神田佐久間町の枝垂れ桜 ~
何年も通勤の際、前を通っていたのに気が付きませんでした。

いつも向かいにある「ソメイヨシノ」には目が向いていたのですが

そのソメイヨシノの向かいで、こんなに淡いピンクの「枝垂れ桜」が咲いていたとは!



ここは神田佐久間町の遊具が二つほどあるだけの小さな公園です。

昼は近所のサラリーマンが椅子に腰を掛けてコンビニ弁当を食べているのを

よく見かけます。

又、ソメイヨシノが開花する時期は、その下で花見なども開かれています。




DSC_佐久間2391_01











ソメイヨシノが散った今は、ほとんど人影はありません。

しかし、この「枝垂れ桜」は八重系でしょうか今が旬とばかりに満開を誇示しています。




         DSC_佐久間2404_01





DSC_佐久間2390_01











枝垂れなので、目線のそばまで花が近づいてくれていますが

残念ながらみんな下を向いています。

それが又風情があるのでしょうか。




         DSC_佐久間2402_01





         DSC_佐久間2413_01











しかし都会ならではの背景も見せてくれています。

カーテンウォールの反射ガラスに映った自分の姿です。

ここで、自分の姿を見ながら化粧をしているから、綺麗なんでしょうか。

右に写っているのが、ほとんど葉桜になってしまった「ソメイヨシノ」です。

なんか、どうだと言わんばかりに薄いピンクが自慢げですネ。




DSC_佐久間2416_01











こんな背景もあります。




DSC_佐久間2418_01









この桜で出来た額の中を電車が走ります。




DSC_佐久間2425_01











では、お化粧済の枝垂れ桜のアップをどうぞ。




DSC_佐久間2397_01





         DSC_佐久間2398_01





         DSC_佐久間2400_01





           DSC_佐久間2412_01











以上、小さな公園でけなげに咲いた『神田佐久間町の桜』 でした。

旅・はいかい | 21:04:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 桜と城と石垣と 夜の部 ~
金沢城にもライトアップがされました。




【石川門】



ライトアップされると色々な表情を見せてくれます。




DSC_城2598_01





         DSC_城2600_01






DSC_城2604_01








石川門の内側です。





DSC_城2611_01









正面も良いけど「後姿」も綺麗でした。





DSC_城2625_01











【五十間長屋】




暗やみの中に幻想的に浮かんでいるようでした。




DSC_城2610_01









【丑寅櫓跡】




DSC_城2607_01











【菱櫓】




DSC_城2614_01





         DSC_城2619_01






         DSC_城2621_01











【内堀】



お堀の水への映り込みが幻想的でした。

実は写真より現物の方が綺麗だったと思います。




         DSC_城2616_01










【丑寅櫓跡石垣】




         DSC_城2628_01











以上、金沢城の『桜と城と石垣と』 でした。




続きを読む >>
旅・はいかい | 20:38:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 桜と城と石垣と ~
兼六園のお隣の『金沢城』です。

「城」と桜も付き物のようですね。

全国のお城には桜が咲いています。

日本人の心を癒すDNAは全国、今昔共通のようですネ。







≪桜と城姿≫


〖石川門〗  


金沢城の顔でしょうか。

国の重要文化財に指定されています。




DSC_城2437_01





DSC_城2480_01











〖河北門(かほくもん)〗


史実に基づいて復元されました。

金沢城の正門です。




DSC_城2495_01






大手門側の河北門入り口です。




         DSC_城2518_01











〖橋爪門続き櫓〗


菱櫓と向かい合って五十間長屋を挟んでいます。




DSC_城2493_01





DSC_城2509_01





DSC_城2496_01











〖五十間長屋〗


二層二階建てで、主に武器倉庫として使われた。




DSC_城2502_01











〖菱櫓〗



石川門と並び金沢城のシンボルです。

四方物見が出来るように橋爪続櫓とは45度角度がずれています。





DSC_城2505_01








白く見える屋根は河原ではなく、非常時に弾薬とする為に「鉛」で出来ています。




DSC_城2510_01






         DSC_城2511_01







壁は、耐火性能、耐衝撃性能を確保する為に「海鼠壁」になっています。




         DSC_城2513_01











〖内堀〗




         DSC_城2516_01











〖丑寅櫓跡〗




DSC_城2498_01





DSC_城2501_01











〖辰巳櫓跡〗




         DSC_城2499_01












≪桜と石垣≫





【丑寅櫓跡石垣】



石垣の上から枝垂れ桜のように石垣に垂れさがっています。




DSC_城2491











【三の丸北園地石垣】




DSC_城2517_01











【大手門石垣跡】




DSC_城2519_01





DSC_城2520_01





DSC_城2521_01





DSC_城2522_01





         DSC_城2523_01





DSC_城2524_01










城と桜、石垣と桜、歴史が培った”相性”のようなものを感じます。

確かに昨日、今日の付き合いではないものネー。

ピッタシ!! 

以上、金沢城の 『桜と城と石垣と』 でした。

旅・はいかい | 21:27:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 兼六の春爛漫 夜の部 ~
兼六園が無料開放の上にライトアップもしてくれました。

やはり兼六園のシンボルに敬意を表して

「徽軫灯籠」でしょうか

時間的に丁度”マジックアワー”タイムでしたので

微妙に、空の色や、水の色が変化しています。




         DSC_兼六2545_01










木々の色も微妙に変わります。




         DSC_兼六2548_01







不思議な世界に入り込んだように幻想的です。

兼六園のライトアップは初めて見ましたが、中々の物ですネ。




DSC_兼六2549_01





         DSC_兼六2554_01











川への映り込みとカキツバタの緑との対照が綺麗でした。




         DSC_兼六2552_01





         DSC_兼六2564_01










池にも映り込みます。

夜も深まると映り込みの色も落ち着きます。




         DSC_兼六2575_01











桜と池の畔の茶店”夕顔亭”です。




DSC_兼六2576_01











桜と”海石塔”




DSC_兼六2577_01











今度は正真正銘の、闇夜の中の”徽軫灯籠”




         DSC_兼六2591_01











前の「茶店通り」です



         DSC_兼六2583_01











今日のお気に入り




DSC_兼六2571_01











以上、 『兼六春爛漫 夜の部』 でした。

旅・はいかい | 20:42:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad