FC2ブログ
 
■プロフィール

アル酎ハイマーはいかい士

Author:アル酎ハイマーはいかい士
FC2ブログへようこそ!
私が、酒を好きなのではありません。
酒が、私を好きなんです。
毎晩、ストーカーされています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

~ 兼六の秋2019 ~
金沢の名勝『兼六園』に短い秋がやってきました。

園内を散歩しながら”兼六の秋”を確認しようと思います。

「桂坂口」から入ると出迎えてくれました。

モンローの唇のように真っ赤に色づき、にっこり微笑んでいます。




s-兼六紅葉DSC_8099_01











緩やかな坂をゆっくり登ると、人だかりの奥に定番の景色が現れます。

水戸黄門と言えば”印籠”

兼六園と言えば”徽軫灯籠(ことじとうろう)”ですね。

いつ観てもシャープで繊細な姿をしてますネ。

何度観ても飽きないですネ。




s-兼六紅葉DSC_8101_01




足が二股になっていて、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているのでその名が付いたと

言われています。

この灯籠は水面を照らすための雪見灯籠が変化したもので、高さは2.67mあります。

でもそんな大きさや、力強さなどは微塵も感じさせません。

構成されているパーツが全て詫び寂びからくる、か細い線で創られているから

ちょっと触ったら崩れそうな美しさを持っています。











徽軫灯籠の脇には、これも兼六園の冬の風物詩”雪つり”です。

今の時期だけススキとのコラボレーションです。



         s-兼六紅葉DSC_8104_01






”雪つり”は毎年11月1日から実施され、12月中旬まで行われます。

この述べ500人の「庭師」で行う作業自体も秋の風物詩と言われています。

例年、園内一番の枝ぶりを誇る「唐崎松」から始めるのが習慣となっています。

この松には5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で枝を吊ります。

木の最上部に登る者や胸まで池に体を沈めるものなど作業は壮観で

観る者の目をしばし留めさせます。












伝統産業工芸館前の林です。




s-兼六紅葉DSC_8108_01





s-兼六紅葉DSC_8110_01










兼六園の中では、毎年ここが一番紅葉が綺麗です。

グラデーションされた紅葉の葉が、羽衣が舞うようにうごめいています。




s-兼六紅葉DSC_8114_01





s-兼六紅葉DSC_8112_01











山崎山の麓です。




         s-兼六紅葉DSC_8117_01










少し離れた「梅林」の横で孤軍奮闘です。




         s-兼六紅葉DSC_8125_01







その横の木に生っている実はなんでしょうか。

レモンを大きくしたような実です。 とりあえず美味しそうな形をしています。

ご存知の方はご一報を!




s-兼六紅葉DSC_8127_01










瓢池の映り込みです。

夜、ライトアップされると綺麗です。




s-兼六紅葉DSC_8133_01











霞ケ池の淵から「親不知」を望みます。

右下にちらっと見えるのが「親不知」です。





s-兼六紅葉DSC_8143_01










一通り、兼六園を一周したので、兼六園を出て折角ですのでお隣の「金沢城跡公園」に向かいます。




s-兼六紅葉DSC_8149_01











橋爪門前広場にも紅葉がありました。




s-兼六紅葉DSC_8147_01











「丑寅櫓跡」です。




         s-兼六紅葉DSC_8146_01











「鶴丸倉庫」前




s-兼六紅葉DSC_8148_01











河北門(かほくもん)の入口です。




s-兼六紅葉DSC_8152_01










新丸広場から

奥に見えるのが河北門です。




s-兼六紅葉DSC_8157_01










白鳥路(はくちょうろ)



金沢城の石垣外をなぞるように散歩道が出来ています。

シンボルの白鳥の像が置かれています。




s-兼六紅葉DSC_8164_01










白鳥路にはアートな彫刻が飾られています。四季折々な風景や芸術を鑑賞しながら

歩く散歩道です。




s-兼六紅葉hakuchoro3-min





s-兼六紅葉hakuart13-in-min










以上、今が盛りの『兼六園の秋』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。




スポンサーサイト



旅・はいかい | 23:36:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ オリンピックミュージアム ~
神宮外苑前に9月にグランドオープンした『日本オリンピックミュージアム』にお邪魔しています。

 


s-オリンピックミュージアムDSC_8096_01











玄関の横にいきなり五輪のオブジェ。

皆さん記念撮影です。御朱印代わりでしょうか。




s-オリンピックミュージアムDSC_8091_01










1階は無料になっています。

柱を囲んで丸くなっているのがレセプション(受付)です。




IMG_1513-1024x683.jpg







壁に掛けられたウェルカムビジョンに、五輪のマークを映し出しています。



s-オリンピックミュージアムDSC_8080_01









天井にも五輪のマークが溢れています。




s-オリンピックミュージアムDSC_8081








正面のウェルカムサロンに東京2020の聖火リレートーチが飾られていました。

左のシルバー色がオリンピック、右のブロンズ色がパラリンピック用です。

勉強不足ですいません。聖火はオリとパラと別々に回るんですネ。

どちらも結構重たそうで、特に頭の方が重そうなので走りずらいのではないでしょうか。




s-オリンピックミュージアムDSC_8076_01      s-オリンピックミュージアムDSC_8077_01








しっかり、パラリンピックのマークが入ってます。



         s-オリンピックミュージアムDSC_8078_01











2階は有料です。1階の受付でチケットを購入し階段を上がります。

過去のオリンピックに使用された「トーチ」が飾られています。




s-オリンピックミュージアムDSC_8083











リオオリンピック閉会式で使われた衣装です。




         s-オリンピックミュージアムDSC_8085_01










第1回アテネオリンピックの時のメダルです。




s-オリンピックミュージアムDSC_8086_01









懐かしいポスターもありました。

当時、このポスターを見て、こんな人たちに日本人は絶対勝てないと羨望の思いで

見ていました。




IMG_1582-1024x683.jpg









その他、2階にはオリンピックシアターや子供が体験できるコーナーなどが用意されて

いました。










五輪のオブジェの置かれている広場には、オリンピックを継承するレガシーが置かれて

いました。

まずは近代オリンピックの創立者「クーベルタン男爵」の銅像です。




         s-オリンピックミュージアムDSC_8092_01



”オリンピックは、勝つことではなく参加することにこそ意義がある”


この言葉は彼が言った名言として伝わっていますが実は彼が言った言葉ではなく、

ペンシルベニア大主教であるエセルバート・タルボットがアメリカ選手団を勇気づけるために

言った言葉で、それを聞いたクーベルタンが感動して以後、事あるごとに引用したため

クーベルタンの名言として伝わってしまいました。









講道館の創始者嘉納治五郎の銅像です。




         s-オリンピックミュージアムDSC_8095_01





講道館の創始者の銅像がなぜここにあるのか?


 日本で初めてオリンピックが開催されたのが1964年です。

しかし、それからさかのぼること24年前1940年に、すでに日本にオリンピックが誘致されて

いたのです。

そのオリンピックを誘致したのが、当時IOCの委員でありクーベルタンとの親交と信頼の厚かった

嘉納治五郎です。彼の働きにより日本初のオリンピック東京大会が決まったのです。

しかしながら残念なことにオリンピック開催の2年前の1938年の5月に彼は死去していまいました。

すると、政府はその2か月後に、日中戦争の悪化を理由に東京大会を返上してしまい

治五郎の誘致したオリンピックは”幻の東京大会”となったのです。

あいて言えば嘉納治五郎は、講道館の創始者であり、且つ”日本のクーベルタン”でも

あったのです。

日本のオリンピックのレガシーをスタートさせた人物なのです。












日本で行われたオリンピックの聖火台のレプリカが飾られていました。



【札幌オリンピック】




         スクリーンショット-2019-07-21-72249-370x500










【長野オリンピック】




         スクリーンショット-2019-07-21-72235-373x500











【東京オリンピック】




         s-オリンピックミュージアムDSC_8090_01






「キュウポラのある町」で有名な埼玉県川口の”鋳物師”、通称「イモジー」が命を懸けて

造り上げたという”伝説の聖火台”です。

旧国立競技場から降ろされた現物は、現在JR川口駅前広場に仮置きされています。










陸上・三段跳びで日本人初となる金メダルを獲得した織田幹雄さんの記録「15.21メートル」の

着地ラインが再現されていました。

人間って空を飛べるんですネ。 びっくり!!




          s-オリンピックミュージアムDSC_8098_02











道路を挟んだお隣の”新国立競技場”もほぼ完成しているようです。

オープンが楽しみですネ。




s-オリンピックミュージアムDSC_8075_01











以上、日本のオリンピック・ムーブメント『日本オリンピックミュージアム』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 13:42:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 国宝  迎賓館 赤坂離宮 ~
以前から予定していた見学日と変更になった「天皇即位祝賀パレード」が

一緒の日とになってしまいました。

裏表とはいえ同じ敷地内にあるので、警戒に神経をとがらしている皇宮警察の事なのでてっきり

見学中止の通達が出るものと思っていましたら、なんと予定通り見学OK となりました。

日本一の”西洋建築” 国宝の『迎賓館 赤坂離宮』に来ています。





s-赤坂迎賓館DSC_8069_01


                     ≪正門≫









10時開聞なのですが、休日と言うこともあって混雑を想定して9:30頃現地に着いてみると

見学者入口の西門前には、すでに数人の行列ができていました。

警備員さんに促され早速最後尾につきましたが、アッと言う間もなく、バスツアーの団体さんなどが

数団体到着し開門移動の9:50には、振り返ると150メートルほどの行列があできていました。

西門を潜り、持ち物チェックをへて、いよいよ見学開始です。


通常の見学ルートは「西門」→「本館」→「主庭」→「前庭」→「正門」ですが

混雑を避け「西門」→「主庭」→「本館」→「前庭」→「正門」のルートで回ります。




【主庭】




s-赤坂迎賓館DSC_8048_01






s-赤坂迎賓館DSC_8027_01






本館の南側には主庭が広がりその中央に噴水が配置されています。

この噴水は主庭のシンボルでもあり、国宝 に指定されています。

噴水が単独で国宝なんて他では聞いたことないのでここだけではないでしょうか。

もしほかにありましたら教えて下さい。




s-赤坂迎賓館DSC_8033_01





s-赤坂迎賓館DSC_8028_01











石組の彫刻の水盤の上には、青銅製の「シャチ」が置かれています。




s-赤坂迎賓館DSC_8046_01






本館側の窓から松の木越しに観るとこんな景色です。

何か和風の絵画を見ているようです。




s-赤坂迎賓館DSC_8041_01










噴水を囲む縁石には、甲羅干しでしょうか亀を配置し、その四方をギリシャ神話に登場する

上半身が鷲、下半身がライオンの伝説の”グリフォン”が守っています。




         s-赤坂迎賓館DSC_8031_01












「赤坂離宮」は、かって紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所が皇室の所有となり、

10年の歳月をかけ、明治42年(1909年)に東宮御所(皇太子の居所)として建築されました。

建物は、地上2階、地下1階で、幅125メートル、奥行き89メートル、高さ23.2メートルの

広大な宮殿です。

 明治時代の建築家 片山東熊(かたやま とうくま)の総指揮の下に、当時の一流建築家や

美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一の”ネオバロック様式”

洋風宮殿建築です。

しかし、皇宮御所としてはあまり使用されたことがなく、戦後、建物・敷地ともに国に移管され

国会や行政の機関に使われていました。

戦後十数年が過ぎ、外国の賓客を国として接遇するための施設の必要性が高まったため

5年有余の歳月と108億円の経費をかけて、村野藤吾の設計で改修が行われ昭和49年

(1974年)に現在の『迎賓館 赤坂離宮』が完成しました。



その本館の内部は撮影禁止なので、写真をお見せできませんが

主な部屋をかいつまんで簡単に説明します。

本館全体が国宝に指定されています。








【朝日の間】



要人の表敬訪問や首脳会議が行われる部屋です。

又、国賓が天皇皇后両陛下とおわかれの挨拶するもっとも格式の高い部屋です。

ルイ14世様式の室内にはフランスから輸入された豪華なシャンデリアがかけられています。

部屋の名の由来となった朝日を背にした女神の天井画は28名の修復家が交代で

作業し、25か月の月日を経て今年(2019年)完成し、公開に至りました。










【彩鸞の間(さいらんのま)】



来客が最初に案内される控えの間です。

総理大臣による外国元首との首脳会談や条約調印などにも使われます。

部屋の左右に大理石でできた暖炉があります。その上に合計10枚の大鏡があり

一見「鏡の間」のような輝きがありました。












【花鳥の間】



晩餐会が開かれる部屋です。

内装は、木曽産のシオジ材を壁一面に使ったシックな木調で、部屋全体が落ち着きのある

心地よさを感じます。

室内には様々な花鳥の七宝が30枚飾られています。












【羽衣の間】



オーケストラボックスを備えた、かって舞踏室と呼ばれた部屋です。

歓迎式典や晩餐会の接待客に食前酒をふるまう場として使われる他、演奏会が行われることも

あります。

『迎賓館 赤坂離宮』の中で最も大きなシャンデリア3基を備えていて部屋の広さも最大です。

特徴は大空から降ってくるかのごとく天井いっぱいに描かれた羽衣の絵です。

天女が地上に降り立った時の羽衣を描いたそうですが、天女の姿は描かれていません。

天女は、舞踏会に集う淑女を重ね合わせると言う趣向だそうです。

気の利いた洒落ですネ。











【前庭】



こちらが『迎賓館 赤坂離宮』 の正面玄関です。

あまり長いので、アウトフレームです。 (しかも逆光だし!)

これ以上引くと「石畳の写真」になってしまいます。




s-赤坂迎賓館DSC_8053_01










無理やり撮るとこうなります。




s-赤坂迎賓館DSC_8052_01










正面玄関口です。




         s-赤坂迎賓館DSC_8054_01






正面玄関の鉄の扉はフランスのシュワルツ・ミューラー社から購入したものです。

扉には桐の葉の紋章がついている。菊紋はよく知られていますが、桐紋は知りませんでした。

3枚の桐の葉の上に花が左から5枚、7枚、5枚とついているので「五七の桐」といい、

皇室の象徴であり、日本政府の紋章にも使われているそうです。




         s-赤坂迎賓館article_art001384_11










『迎賓館 赤坂離宮』の建築様式はベルサイユ宮殿を模した「ネオ・バロック様式」と言われて

いますが、全くのコピーではありません。建築を統括した宮内省技師の片山東熊(とうくま)は

”和の心”も入れ込んでいます。

正面中央の上部には甲冑を着た一対の武士像が鎮座しています。

左は口をあけ、右は口を閉じていて「阿吽」の形をとって”和”をちりばめています。




s-赤坂迎賓館DSC_8060_01











武士像の左右には天球儀と霊鳥の装飾があります。この装飾はアメリカの建築家

ブルース・プライスのアドバイスで作ったものと言われています。

「鎖国がとけてからまだ間もない日本が世界にはばたいていけるように」という願いが

込められているそうです。




s-赤坂迎賓館DSC_8059_01












宮殿の左右両端に小さな出入り口がありますが、向かって左が皇太子専用出入り口

右が皇太子妃専用出入り口です。




article_art001384_12.jpg











【中門】




s-赤坂迎賓館DSC_8061_01










【正門】



国宝 です。




          s-赤坂迎賓館DSC_8064_01




綺麗ですね!

緑のカラーコーンが無ければもっと良いのですが、必要だから置いてあると思われるので

かってにどかすことはできませんでした。

こちらには、菊のご紋が輝いていました。




s-赤坂迎賓館DSC_8066_01










正門から建物を振り返りました。

やっと、建物の両サイドが収まる位置に来ました。

でも建物の詳細は全くわかりません。 やっぱり大きいですネ。

尚、 ≪和風別館 游心亭≫の見学は次回の楽しみにします。






以上、大満足お値段以上の感動をさせていただきました 『国宝 迎賓館 赤坂離宮 』 でした。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。




旅・はいかい | 22:57:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 入間航空祭 Ⅲ ブルーインパルス編 ~
ブルーインパルスオープニングフライト  です。

いよいよ始まりました。




s-入間航空祭DSC_7710_01










編隊飛行で登場です。



スモークも綺麗に出ています。

残念ながら曇天なので、あまり映えませんが、これが真っ青の晴天ですともっと綺麗ですよネ。

以前は、カラーのスモークも使用していましたが、近隣の洗濯物等を汚してしまうので

今は使用していないそうです。




s-入間航空祭DSC_7765_01








こんなに接近して衝突しないのでしょうか!

ブラボーです。



s-入間航空祭DSC_7780_01










「ブルーインパルス」は松島基地の4空団11飛行隊の所属で全国各地で展示飛行を行っています。

長野オリンピックや日韓合同開催のワールドカップでも会場上空で展示飛行を行いました。

平成9年には、米空軍50周年記念で初渡米し、ネリス空軍基地で華麗なアクロバット飛行を

披露しています。

この「入間航空祭」には毎年定期的に参加されています。

現在使用機種は、3代目のT-4型 です。

乗員 2人

全幅 9.9m   全長 13.0m   全高 4.6m

最大速度 マッハ約0.9

航続距離 約1,300km


の性能を持っています。






s-入間航空祭DSC_7791_01





s-入間航空祭DSC_7803_01










普通、先頭の機はスモーク出さないのですが、こちらは出していますネ。





s-入間航空祭DSC_7825_01








「ブルーインパルス」はその日の天候によって演目が変わります。

今日は、曇天の上に雲が低く垂れ込めています。

航空ショーにとっては雨をのぞけば最悪の条件です。 (炎天下よりは良いか!)

したがって、水平系の演目しか見れませんでした。

残念!!


「ブルーインパルス」の18番、ハートマークにキューピットの矢が刺さる

”パーティカル キューピット” は観たかったですネ!









s-入間航空祭DSC_7851_01





s-入間航空祭DSC_7943_01







以上、12万5千人の観客で賑わった『 入間航空祭 』 でした。









気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。


旅・はいかい | 22:03:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
~ 入間航空祭 Ⅱ ~
頭上では展示飛行も行われています。


山火災の時などに活躍する「消火へり」




         s-入間航空祭DSC_7051_01

   









災害時には欠かすことのできない「救助ヘリ」




s-入間航空祭DSC_7071_01











単独展示飛行


入間基地は輸送機基地なので輸送機が多いですネ。




s-入間航空祭DSC_7529_01





s-入間航空祭DSC_7535_01





s-入間航空祭DSC_7623_01





s-入間航空祭DSC_7555_01











2機編隊飛行



これは戦闘機ですネ。

こんなに至近距離に近づいて大丈夫なんでしょうか。




s-入間航空祭DSC_7194_01





s-入間航空祭DSC_7257_01











3機編隊



計ったように等間隔を維持しています。




s-入間航空祭DSC_7372_01








曲芸飛行ですか。




s-入間航空祭DSC_7611_01











4機編隊飛行




s-入間航空祭DSC_7266_01











落下傘部隊の降下展示です。




s-入間航空祭DSC_7416_01





s-入間航空祭DSC_7424_01











〖その他の展示飛行〗




s-入間航空祭DSC_7592_01





s-入間航空祭DSC_7667_01











以上 『入間航空祭 展示飛行』 でした。


次は「ブルーインパルス」の曲芸飛行です。










気に入っていただけましたら
「拍手」にクリックをお願いします。

有難うございました。



旅・はいかい | 22:39:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ